FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ 未分類
CATEGORY ≫ 未分類
       次ページ ≫

クリスタルパレス プレイ記1

私、Fujiさん、カニ、こーじさんでクリスタルパレスをプレイ

P1270417.jpg

万博で発明品を公表し自国の名声を上げるゲーム
最新のスカウトアクションで2位に入った2020年のNo.2期待作
8種類のアクションスペースがあるワーカープレイスメント

P1270425.jpg

アクションスペースは即時効果のあるものから、
収入を上げるもの将来的な得点に貢献するものなど様々
上の画像は特許カードで保持しておくとコストを支払うことで
試作品と変わり勝利点とボーナス効果を得ることができる

このゲームは3つの年代に渡って行うが、
試作品などのカードはどの年代に使うかによって得点が異なってくる

P1270427.jpg

尚、このゲームでワーカーはダイスであり、
手番毎に赤い正方形スペース1つずつ時計回りに置いていく
(置くダイスは印刷されている出目の数字以上でなければならない)
置いた瞬間にアクションを行うのではなく、
全員が置いた後に8種類の各ボードで最も大きな出目を置いた人から
アクションを行っていくという2段構え
先に置いた方が出目が同じだった時に優先権を得られるが、
後からより大きい出目のダイスを置かれるリスクもあるというジレンマ

P1270419.jpg

プレイヤー毎に異なる国を担当し、若干ではあるが目標の得点条件が違う
ちなみに今回の私の担当はアメリカ、こんな個人ボードを持つ
そして肝心のワーカー(ダイス)だが最初に持っているのは4つ
マルコポーロのようにダイスを振るのかと思いきや、
このゲームではダイスは振ることはない…(なんだって?!)

ラウンドの最初に自分が使用するダイスの出目全てを自由に決めることができるのである
このゲームはただ出目が高い方が強い、なのに自由に決められるとはどういうことか?
自由に決めることはできるが出目の合計値分お金を支払わなければならないのだ
最初は40金スタート、ということはそうそう高い出目にするのもリスクがある
初プレイだと相場がわからない、収入もそれほどないことを考えると無理しない方が無難か…

P1270429.jpg

などと考える私ではない、当然ダイスはオール6
私がボードゲームに求める面白さとは、いかに尖った戦略を取れるゲームであるかどうか
しかもこのゲームはいつでも借金をすることができるという
マイナス8~10点(これは何故かランダム)を食らうことで10金を得ることができる
制限は特になくお金は無限に使えると言っても過言ではない

P1270436.jpg

またアクションボードではないが、ことある毎に助手アクションというのを実行でき、
この闇市場に助手駒を置くことができる
置けば毎ラウンドボーナスを得ることができるが、
7つ目の助手駒が置かれる度に他の助手駒が吹っ飛んでいくジレンマ
私の駒も1ラウンド目に大量に置いたところをFujiさんに吹っ飛ばされていきましたw

P1270418.jpg

私が今回狙うのはこの名声トラック
アクションで得られるメガホンマーク毎に駒が1マス進むすごろく
区切りを通過するごとに自分のマーカーを置くかどうかの選択に迫られる
マーカーを置けば毎ラウンド得点が入るが、
マーカーは2個しかなく、早くから得点を得たいが、
後半の区切りに置くほど1回当たりの点数は高いというジレンマ

P1270437.jpg

結果は私68点、カニ62点、こーじさん58点、Fujiさん41点で私の勝利
序盤から飛ばしまくり、ついには借金70金(約マイナス70点)という暴挙に出ましたが、
それでも名声トラックで得た得点が高く、まさかの逃げ切り
結局名声トラックはこーじさんに抜かれましたがw
カニはワーカーを永久に取り除き大幅得点を増やす海外派遣に3つ投入(最大3つ)
ワーカー数は誰よりも少なかったはずですが、それだけ得点のメリットがあったようですね
そして全く借金しなかったFujiさんがまさかの最下位という
これは借金ゲーだったかwでも借金しない戦略も一度試してみたい

なんやかんや説明込みで4時間くらい?かかりましたが、
2回目からはもっと短縮できそう、これはなかなかやりごたえがあるゲーム、名作でした
スポンサーサイト



カラーズオブパリ プレイ記1

私、こーじさん、カニでカラーズオブパリをプレイ

P1270373.jpg

画家となって絵画を描画し名声を得るゲーム
私、こーじさん、カニの3人プレイ
見た目がカラフルでオシャレな感じですね

P1270375.jpg

最近のゲームにありがちな最初に配られる画家の能力を1つ所持してゲームスタート
今回は適当に選びましたが、本来はランダムに配られた2人から1人の画家を選びます
私のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックは絵画に必要な絵の具を3つまで置き換えられる

P1270378.jpg

こーじさんのクロード・モネは黄色い絵の具を得る度に即座に描画できる(2マスまで)
ちなみにプレイヤーボードにある3列は画家としてのステータスが表されており、
絵の具レベル、調合レベル、描画レベルをゲーム中にUPさせることができる
またこのレベルを上げることで名声点を得たりワーカーを増やすこともできる

P1270379.jpg

カニのフィンセント・ファン・ゴッホは絵の具を通常12個までのところを16個まで所持可能
プレイヤーボードの右側の置き場で示されるようにこのゲームでは、
赤青黄の基本色とそれらの調合によってできる紫緑橙の二次色が存在する
どの絵の具としても代用できる白と紫緑橙を混ぜて作れる黒もある

P1270376.jpg

基本的なゲームの流れはワーカープレイスメントで、
円形に描かれたボードのマスにワーカーを配置しアクションを行う
配置できるところは外周と内周(上級アクション)、中心のマスがある
アクションは画家のレベルをUP、絵の具を得るもの、絵の具を調合するもの、
絵画カードを得るもの、絵画に描画するものなど様々

P1270377.jpg

絵画カードはこのように必要な絵の具が9つ示されており、
描画アクションによって所持している絵画カードに絵の具を置く(着色する)ことができる
ちなみに絵画カードを取る代わりに下にあるボーナスカードを取っても良い
ボーナスカードは様々な恩恵をもたらしゲーム中の行動範囲を広げることができる

P1270380.jpg

ゲーム中盤、颯爽と絵の具レベルを上げてワーカーを増やす私
しかし私のアトリエには白い絵の具しかない
白い絵の具はどの色の絵の具としても代用できるものの、
描画に使った1個につきマイナス2点(1つの絵画につき3つまで)

こーじさん「絵描く気あります?」笑

P1270383.jpg

アクションによってはマスが最大3つあり、同じ人が複数回置くことも可能
また上級アクションの模倣を使えば更に他のワーカーのコピーアクションができ、
1ラウンドに同じアクションを連打することもできる、模倣はかなり強い印象でした
それゆえにスタートプレイヤーを取るアクション(上級アクション)もかなり強い

またラウンド毎に円形のボードが1区画分回転し、
各プレイヤーは1個だけワーカーを回収せずにボードに残す(予約する)ことができる
これによりこのラウンドは大した効果がなかったけど
次のラウンドで必須のアクションを自分のものにできるのというのが面白い

P1270388.jpg

結果はカニ52点、私46点、こーじさん24点でカニの勝利
カニはワーカーが最後まで3つでしたが、黒色の絵の具×5(1個6点)が強かったですね
私は真っ先にワーカーを6つまで増やし、レベルも最大改良で30点得ていましたが、
後半はワーカーがいても点数を増やせる行動がなくボーナスカードは大事だと思いました
終了フラグを切れる状態から足の引っ張り合いで長引きましたが、1時間半くらいですかね
程よい重さの重ゲーでしたね、インスタ映えもしそうwまたやりたい

2020年のご挨拶

2020.jpg

ボードゲーム愛好者の皆様、
あけましておめでとうございます
昨年お世話になった皆様、
今年もよろしくお願い致します

去年は色々忙しく更新が滞ってしまいましたが、
今年は少しずつ更新頻度を上げていけたらと思います

とりあえず今年の目標は「積みゲーの消化」ですかね
まだ未プレイの名作達を披露していきますので、
ご協力頂ける方はよろしくお願いします

日本版The One Hundred 2019

遅くなりましたが今年の「日本版The One Hundred」の結果です
日本版The One Hundredとは各自がベスト15となるアナログゲームを記載し、
その投票合計の1~100位までを挙げたものです

この中から所有ゲーム1点、プレイ済ゲーム1点とした合計で、
ゲーマー度を測るという試みが行われています(今年は満点で222点) 

私のゲーマー度は134点(プレイ済:73 所有:61)
ちなみに去年は125点でした →去年の結果はこちら

去年の積みゲーと今年の積みゲーがほとんど同じっていうw
やはり重いゲームはなかなかやる機会を設けることが難しいのが辛いところですね


1:テラフォーミングマーズ 【済】 【所】
2:ブラス:バーミンガム  【所】
3:コンコルディア 【済】
4:プエルトリコ 【済】 【所】
5:電力会社 【済】 【所】
6:アグリコラ 【済】 【所】
7:ドミニオン 【済】 【所】
8:宝石の煌き 【済】 【所】
9:サイズ 大鎌戦役 【所】
10:ウイングスパン 【済】 【所】
10:ツォルキン 【済】 【所】
12:バラージ
13:ブルゴーニュ 【済】 【所】 
13マルコポーロの旅路 【済】 【所】
15:グレイトウェスタントレイル 【済】 【所】
16:オーディンの祝祭 【済】 【所】
17:オルレアン 【済】 【所】
18:ガイアプロジェクト 【済】 【所】
19:カルカソンヌ 【済】 【所】
20:カタン 【済】 【所】
21:モダンアート 【済】 【所】
22:ラミィキューブ 【済】
23:ごいた 【済】
23:テラミスティカ 【済】 【所】
23:王と枢機卿 【済】
26:アズール 【済】
26:エルグランデ 【済】 【所】 
28:キーフラワー 【済】 【所】 
28:ディクシット 【済】 【所】
28:バトルライン 【済】 【所】
28:ラマ 【済】 【所】
32:クランク! 【済】
33:パンデミック 【済】
34:カヴェルナ 【済】 【所】
34:ラー 【済】
34:ロレンツォ・イル・マニーフィコ 【済】 【所】
37:アンダーウォーターシティーズ
37:スカルキング 【済】 【所】
37:ブラス:ランカシャー 【済】 【所】
37:世界の七不思議 【済】 【所】
41:桜降る代に決闘を
42:グランドオーストリアホテル
42:パッチワーク 【済】
42:麻雀 【済】 【所】 
45:トロワ 
45:ワイナリーの四季 【済】 【所】
45:世界の七不思議 デュエル 【済】
48:アクワイア 【済】 【所】 
48:ニュートン 【済】 【所】
48:フードチェーンマグネイト
51:クランズ・オブ・カレドニア 【済】
52:スマートフォン株式会社 
52:テレストレーション 【済】 【所】
52:天下鳴動
55:クリプティッド
55:コードネーム 【済】 【所】
55:ヌースフィヨルド 【済】 【所】
55:シリメツレツ
59:クアックサルバー 【済】 【所】
59:サンファン
59:シティ・オブ・ザ・ビッグ・ショルダーズ 
59:トラヤヌス 【済】 【所】 
63:アナクロニー  【所】
63:スルー・ジ・エイジズ 【所】
63:チケット・トゥ・ライド 【済】 【所】
63:フランチャイズ 
63:ボーナンザ 【済】 【所】
63:レース・フォー・ザ・ギャラクシー
63:レス・アルカナ
63:惨劇ROOPER
71:12季節の魔法使い
71:西フランク王国の建築家
71:ハゲタカのえじき 【済】 【所】
71:深い谷の酒場 
75:ルート
75:イスタンブール 【済】 【所】
75:クルセイダーズ 
75:ノコスダイス
75:パンデミックレガシーシーズン1 【済】
75:マジック:ザ・ギャザリング 【済】 【所】
81:ザ・クルー 
81:SCOUT!
81:エルドラド 【済】 【所】 
81:コンテナ 【済】 【所】 
81:チグリスユーフラテス 【済】
81:テラマラ 
81:ナヴェガドール 【済】 【所】 
81:ブラックアウト香港
81:ヘブン&エール 【済】 【所】
81:ボブジテン 【済】 【所】
81:ランカスター 【済】  
92:KLASK 
92:ギズモ
92:ジャイプル 【済】
92:テオティワカン
92:ノートルダム 【済】 【所】 
92:ラブレター 【済】 【所】
98:アブルクセン 【済】 【所】
98:ガンジスの藩王 
98:キングドミノ 【済】 【所】
98:ゲシェンク 【済】 【所】
98:コヨーテ 【済】 【所】
98:ストーンエイジ 【済】 【所】 
98:スペースベース 
98:テキサスショーダウン 
98:ハートオブクラウン
98:ハイソサエティ
98:ハイパーロボット 【済】 【所】 
98:ル・アーブル 【済】 【所】
98:私の世界の見方 【済】
98:適当なカンケイ 【済】 【所】

第9回カルカソンヌ日本選手権

7/27に東京で行われたカルカソンヌ日本選手権に行ってきました

IMG_5022.jpg

大会は約800人の予選を勝ち抜いた代表78人でスイスドロー方式
場所はすみだ産業会館という昨年と同じ場所で行われました

お知らせ

2013年からブログを始め、2日に1回更新を心掛けていましたが、
仕事とプライベートでなかなか時間が取れなくなってきましたので、
一旦定期更新は終わりにしたいと思います

これからは不定期ですが、更新はしていきます
また落ち着いたら定期更新に戻すかもしれません

これまでご愛読ありがとうございました(終わるわけではないですがw)

2019 バネストクイズ 結果

ゲームストアバネストさんの今年のバネストクイズの結果です
結果はこちらで発表されています

B:ドリームオン!
A:カルバ:カードゲーム
N:ナンバーナイン
E:あやつり人形クラシック
S:ハンザの女王
T:ニュートン
O:ハイソサエティ

全問正解できた方はいたのでしょうか?
今回私は事情により挑戦は断念しましたが、
来年は時間が合えばまた挑戦してみたいと思います

2019 バネストクイズ

今年もまたこの時期がやってきました
ボードゲームショップ、ゲームストアバネストさんの恒例イベント
BANESTOの頭文字の写真がどのボードゲームの箱のものか当てるというもの

https://banesto.nagoya/html/newpage.html?code=44

去年は惜しくも1問不正解で、しかもやったことのあるゲームだったのが悔しかったですね
今年も時間があれば挑戦したい、とりあえず初見で2つはわかりました

ボードゲーム知識に自信がある人は挑戦してはいかがでしょうか

購入ゲーム 紹介103 13ゴースト、緑の国のアリス

最近購入したゲームの紹介
というより旧友で集まった際にノリ買って頂きましたw

・13ゴースト
P1250917.jpg

1~13の数字カードの内、自分が伏せている数字を悟られないようにするゲーム
カードの効果で相手の数字を絞っていき、時にはハッタリも有効
最大4人プレイ、プレイ時間20分の推理ゲームです

・緑の国のアリス
P1250919.jpg

緑の怪物に捕まらないように逃げまくる協力ゲーム
山札のカードがめくられ、それをどう使えば怪物から逃れられるかを考えていく
ルールブック不要でゲームと共にストーリーが進むという
最大4人プレイ、プレイ時間75分の脱出ゲームです

Board Game Arenaで遊ぶ

前回、登録手順を書きましたが、実際に遊ぶ手順です

BGA_5.jpg

上部のメニューにある「今すぐプレイ」をクリック

BGA_6.jpg

今開始待ちのゲームが表示されますので遊びたいゲームをクリック
お気に入りのゲームを優先して表示することもできます

BGA_7.jpg

「ゲームに参加する」をクリックすれば、そのゲームに参加することができます

次に自分でゲームの卓を立てる(参加者を募集する)方法を説明します

BGA_8.jpg

上部にある「ゲーム」をクリック

BGA_9.jpg

ゲームリストから遊びたいゲームをクリック
☆マークがついているものは有料会員しか卓を立てられない場合があります
(拡張を使う場合のみ有料会員である必要があることもあります)
(☆マークがついているゲームも他人が立てた卓には無料で参加可能です)

BGA_10.jpg

「このゲームをプレイする」をクリック

BGA_11.jpg

「参加を募集する」をクリック
募集する前に希望の人数やプレイ時間などは自由に変更できます

BGA_12.jpg

ゲーム中は対戦相手とチャットが可能ですが、終始無言でプレイする方も多いです
特に海外のプレイヤーとゲームする場合は何を話していいかわからないですよね
そこで無言だと気まずいけど言語に自信がないという方にお薦めの機能
なんと定型文ボタンがあります

例えば「よろしくお願いします」ボタンを押せば、
相手側には向こうの言語でそのような意味合いの言葉が表示されます
ゲームの最初に「よろしくお願いします」、ゲームの終わりに「お疲れ様でした」ボタンを押せば
とても良い印象を与えるでしょう
ちなみにネットスラングのhfやglを最初に、ゲーム終わりにggやgjとチャットされる方も多いです

意味はgl…good luck(幸運を祈る)、hf…have fun(楽しんでね)
gg…good game(良い試合だった)、gj…good job(グッジョブ、良いプレイだった)

もちろん挨拶必須ではないので参考までに
プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:13年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
4/4(土)13:00~20:00→中止

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
501位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
16位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-