FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ モールオブホラー
CATEGORY ≫ モールオブホラー
      

モールオブホラー

モールオブホラー〈Mall of Horror〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.5

モール・オブ・ホラーモール・オブ・ホラー
()
Asmodee

商品詳細を見る

プレイ人数:3~6人
プレイ時間:60分
対象年齢 :14歳以上
作者   :ニコラス・ノーマンドン〈Nicolas Normandon〉
備考   :アメリカのゲーム
      リメイク「シティオブホラー


ショッピングモールに出没したゾンビを退けるべく立ち回るゲーム
各自3人の人間を担当し、ショッピングモール内の6つのエリアに配置する

ターン毎に各エリアに溢れるゾンビから逃げなければならないが、
動かせる人間は各自1ターンに1人だけ
しかも、ゾンビの出現場所を確認して移動先を決められるのは選ばれた警備隊長のみ

それ以外のプレイヤーはゾンビの出現場所を知ることはできず、
警備隊長が決めた移動先だけを確認して自分の移動先を決定する

そして、ゾンビが出現した後、各エリアにつきゾンビの数が、
その場にいる人間の数以上になれば1人犠牲者が発生する

また、犠牲者はそのエリアにいる人間の投票によって決定するため、
自分の人間をどう動かすかが生死を分ける

1つのエリアに自分の人間を固めれば投票で有利だが、
1ターンに1人しか動かせないため固めると避難が間に合わないことも

また各エリアにつき、入れる人間の数が限られており、
溢れた人間は強制的に駐車場エリアに追いやられる

駐車場エリアだけは他のエリアと異なり、そこにいるゾンビに等しい数の犠牲者が発生する
しかし、ゲームを有利に進めるための様々なアイテムを手に入れられるのはこの駐車場だけ

至るところに仕掛けられた駆け引きの連鎖
ゾンビという脅威を回避するスリル

協力、そして裏切りの末、最後の4人の生存者となるのは誰か
恐怖のショッピングモールへようこそ

スポンサーサイト

モールオブホラー プレイ記1

私(黄)、キム(黒)、ヨーゾー(赤)、ワッキー(青)の4人でモールオブホラーをプレイ
前回、別のメンバーでやった時はルール間違いも多かったのでプレイ記としては書いてませんが、
一応、前回のプレイ内容→ ゲーム会 感想12 その2

P1030649.jpg

ショッピングモールに溢れるゾンビを前に、安全な場所を探し逃げ回るゲーム
各自3体の人間を担当し、1~6の各エリアを移動してゾンビの脅威を避ける
次々と溢れるゾンビ、各エリア毎にその場の人間よりゾンビが同数以上になると犠牲者が出る
(ちなみに4人以下でプレイする場合は2のエリアは使わない)

mall2_20140113010752f5c.jpg

4のエリア(駐車場)だけはそこに人間が何人いようとゾンビ1体毎に1人犠牲者が出る
しかし、このゲームを有利にするアイテムカードを引けるのは4のエリアだけなのである
アイテムと聞いて、自分の人間を3人とも4のエリアに置いたキム(黒)…死ぬぞ(笑)

mall3.jpg

しかしながら、最初から手持ちのアイテムカードのおかげもあって脅威を切り抜けたキム
そして、アイテムカードは3枚引いて1枚は自分、1枚は誰かに渡す
ことあるごとにプレイヤー間の投票で進行が決まるため、恩を売っておけるシステムだ
私は投票数を1票多くできるアイテムカード「脅迫」をもらう

mall4.jpg

5のエリア(警備室)にいる人間は投票を行い、そこにいる1人を警備隊長に任命する
当然、都合のいい票は自分に入れるため、そこにいる自分の人間が多ければ有利である
そして、最初に唯一5のエリアにいた私が必然的に警備隊長となる

mall5.jpg

ちなみに1ラウンド毎に自分の人間は1人だけしか移動できない
自分の人間が多ければ投票は有利だが、固まりすぎるとゾンビが増えた時に逃げられない
そして、6のエリアはゾンビが4体以上になれば無条件で1人犠牲者が出る
ワッキー(青)の人間が3人とも6のエリアに固まっている、これはピンチ

mall6.jpg

6のエリアにいたゾンビ2体をショットガンで吹っ飛ばし、被害を避けるワッキー
しかし、このラウンドの移動指定先が定員オーバーで4の駐車上に1人流れてしまう
ラウンド毎にゾンビの出現場所はランダムだが、移動先は出現場所がわかる前に決める
そして、各エリア毎に入れる人間の数に制限があり、溢れた者は4のエリアへと流れる
不運にも4のエリア(駐車場)にて第一の犠牲者を出してしまったワッキー

mall7.jpg

ゲームは進み、不運(?)にもキム(黒)の理不尽な投票に合い最初に全滅したワッキー(青)
自分の人間が全て死ぬと脱落…ではない、ゲームで勝利することはできなくなるが、
毎ラウンド追加のゾンビを任意で置くことができる(つまりみそボンである笑)
当然、キム(黒)の移動先へとゾンビをばら撒くワッキー(笑)

ここで私(黄)はまだ3人とも人間が生きているがアイテムがない
その上、ヨーゾー(赤)は割とキムからアイテムを貰っており、投票では協力される恐れがある
そして、移動は警備隊長から行うため、必然的に移動できる場所が今4のエリアしかない

mall8.jpg

警備隊長は次にどこにゾンビが現れるか確認してから移動先を決めることができるが、
こうなっては最早どうしようもない
せめてキムが固まっている1のエリアにゾンビが現れることに懸けたが残念

mall9.jpg

3のエリアではキム(黒)とヨーゾー(赤)の結託により私(黄)の人間が犠牲者に
そして4のエリアに私(黄)とヨーゾー(赤)の人間が流れたが、
ヨーゾーが票を増やすアイテムカード「脅迫」を使い、こちらもあえなく犠牲に
(私の「脅迫」は序盤で使用済み)

生存者残り4人となりゲーム終了
キム(黒)8点、ヨーゾー(赤)5点、私(黄)3点、ワッキー(青)0点

荒削りなゲームが多いゾンビゲーの中で、
これはプレイヤー間の駆け引きがあり、なかなか頭を使う
そこまで重くもなく、スリルと面白さの両方を味わえる良作である
今回はキムのアイテム独占戦略が強かった
私は序盤から警備隊長を取り、ゾンビ予知ができたのはいいが、
移動順が一番最初というのが、たまにキツイ時もあった
まあ5のエリア(警備室)にゾンビが溢れすぎて誰も入れなかったし(笑)

※実際は5のエリア(警備室)にいないと警備隊長もサイコロ確認はできない模様
 今回もルールを間違えていたようです、すみません
プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
8/31(土)13:00~20:00
10/5(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
22位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-