FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ ブルゴーニュ
CATEGORY ≫ ブルゴーニュ
      

ブルゴーニュ

ブルゴーニュ〈The Castles of Burgundy〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10.0

ブルゴーニュ (Burgund)ブルゴーニュ (Burgund)
()
alea

商品詳細を見る

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:90分
対象年齢 :12歳以上
作者   :シュテファン・フェルト〈Stefan Feld〉
備考   :ドイツのゲーム
      2011年ドイツゲーム賞 2位
      2011年国際ゲーマーズ賞 ノミネート
      2011年ミープルチョイス賞 受賞
      2011年ドイツゲーム大賞 推薦リスト
      2011年スイスゲーム大賞 2位
      2011年トリックトラック賞 3位
      2012年フランスゲーム大賞 ノミネート


自分の土地に建物を建てたり、家畜を飼ったりして繁栄させていくゲーム

サイコロを振って出た目により、様々なタイルを入手でき、
そのタイルを自分の個人ボードに置くことができる

個人ボードに置いたタイルには効果があり、
追加行動や追加収入、得点、商品、ボーナスなど選り取りみどり

全員が同時にサイコロを振って出目を確認してから行動するため、
他人の動向を予想して手を考えることができる

またサイコロの出目を微調整できる労働者の存在が計画に保険をかける
労働者1つ消費で出目を±1することができ、手番をパスすればいつでも労働者が手に入る

そして、個人ボードへのタイルの置き方はタイル同士が隣接するように置かなければならず、
土地のエリア毎の得点などもあり、効率よく配置する必要がある

それでいて毎回ランダムに配置されるタイルにより戦略も臨機応変に対応しなければならない
何かに偏らせるべきか、まんべんなく伸ばすべきかもそのゲーム次第

初期の個人ボードにもバリエーションがあり、自分の好みのものを選べるのも面白い

長時間ゲームだが、振ったサイコロで選択肢を絞れるシステムは簡単で、
初心者にから熟練者まで幅広く楽しめるゲームだろう

落ち着いたテーマで濃密な時間を過ごせる傑作です
スポンサーサイト



ブルゴーニュ プレイ記1

私(黒)、ゲン(青)、カピバラ(緑)の3人でブルゴーニュをプレイ

bur1.jpg

建物や家畜など、好きなタイルを取って自分の箱庭を埋めていくゲーム
サイコロを振って出た目に対応するメインボードのタイルを取って保管するか、
保管したタイルを個人ボードにある出た目に対応するマスに置く

サイコロを2個振っているのは2ターン分を先に振っている(使用順自由)
全員同時に最初に振るので、他の人の出目を見て戦略を考えることができる

bur2.jpg

とにかく建物タイルを取りまくりぶっちぎる私(黒)
個人ボードにある各色のエリアは埋めることで勝利点を獲得できる
タイルを置いた時に追加でもう1枚置ける建物タイルなどを活用して速攻

bur3.jpg

と、余裕ぶっていた矢先、カピバラ(緑)が家畜エリアを埋め大量得点
エリアボーナスだけでなく、家畜タイルはそれぞれが直接点数になる

bur4.jpg

カピバラ(緑)に引き離される私(黒)、そしていつの間にか点差をつめているゲン(青)

bur5.jpg

ゲン(青)は追加行動をもたらす城タイル、銀の収入源となる鉱山タイルをコンプ
銀があれば、追加のタイル購入を行うことができ、序盤からの鉱山は強い

bur6.jpg

また商品タイル獲得と手番での優先権をもたらす船タイルも集めたゲン(青)
商品タイルを売却することで大幅に点差を広げる

bur7.jpg

~結果~
ゲン(青)232点、私(黒)191点、カピバラ(緑)162点

まさかのゲンが得点トラック3周目突入(笑)
100点マーカーと200点マーカーが用意されているところから妥当な点数なのだろう
やはり序盤からの鉱山タイルが強かった、そして船タイルでの商品売却の得点も大きい

カピバラも鉱山を集めていたが、家畜が2種類に分かれてしまったのが痛かったか
私も船タイルで商品は獲得していたが、売る前にゲームが終わってしまった

これはゲーム終了のタイミングが決まっているため、
欲張り過ぎてもダメで、しっかりとした計画を練る必要があると思った

ランダムに現れるタイルとサイコロということで運ゲーと思うかもしれないが、
他人のサイコロを見てから行動するため、運に依存するような感覚はない

また、サイコロの出目自体を操作できる労働者を最初から持っており、
労働者はゲーム中にも獲得可能で、出目のばらつき自体が集束する

しかしながら、出目に対するカタンのような期待値が常に存在し、
交渉や直接邪魔をするような要素がない
これは素晴らしい作品、テーマも落ち着いていて優雅なボードゲームにふさわしい

そして、このままでは終われない…倍返しだ!

ブルゴーニュ プレイ記2に続く

ブルゴーニュ プレイ記2

ブルゴーニュ プレイ記1の続き

私(黒)、ゲン(青)、カピバラ(赤)でブルゴーニュ2戦目
実は個人ボードは特殊なものも選択可能ということで早速使用

bur8.jpg

見よこの私(下)のボードを、完璧じゃないか(笑)
私の選んだボードは真ん中の城の周囲が知識タイル置場で囲まれた仕様
知識タイルには様々な種類があり、特殊なボーナスをもたらす

しかしながら、これで勝ちだとゲン(左上)
見づらいがタイル置場の色がバラけている
いったい何回エリアボーナスを取れるんだ…

そしてカピバラ(右上)は船タイル置場が全て繋がっている仕様
青い置場が河川のよう、一瞬テラミスティカかと思った(笑)

bur9.jpg

まず私は知識タイルを取らなければ先に進まない
(タイルは全て隣接するようにしか置くことができない)
とりあえず鉱山タイルに追加効果をもたらす知識タイルを集めるも、
鉱山タイルをゲンとカピバラに取られ苦汁を強いられることに

bur11.jpg

だが、鶏の家畜タイルをコンプリートして真っ先に100点突破、このまま逃げ切る!

bur12.jpg

と、思いきやどこからともなく汽笛が聞こえる
いつの間にか船タイルをコンプリートし、勝利への信号機を上げるカピバラ

bur14.jpg

しかし、ゲンも負けてはいない
細かく分かれたエリア各々のボーナスで追い上げる、もうタイルがゴミのようだ
そして、またもや鉱山タイルによる追加収入でタイルを獲得している、ゲンは銀好き

~結果~
bur19.jpg

カピバラ(赤)213点、私(黒)193点、ゲン(青)188点

最終的に無駄なくエリアを埋めたカピバラの勝利
やはり船&商品全て売り切りは強い

私も途中から鉱山を集めて頑張ったが、やはり序盤出遅れたのが痛かった
後半も労働者を集めまくり結局使いきれないというオチが…

ゲンは序盤から各地のエリアボーナスで稼いだが後半伸び悩んだ
何より商品タイルが大量に余ったのがもったいなかった

これは何度も書いているが面白い、そして平和である(笑)
1つのサイコロの出目でも選択肢が多く、他人の出目を見てから行動でき、
ただの運ゲーとは全く異なる深い読み合いがある

それでも自分の好みの戦略を考え、出目に期待したくなるのは楽しい証拠だろう
私は知識タイルが好きなので、次こそは黄色のエリアを埋めて勝ちたい
プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
11/9(土)13:00~20:00
12/14(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
510位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
19位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-