FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ ロシアンレールロード
CATEGORY ≫ ロシアンレールロード
      

ロシアンレイレールロード

ロシアンレールロード〈Russian Railroads〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ロシアンレールロードロシアンレールロード
()
Russian Railroads

商品詳細を見る

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:120分
対象年齢 :12歳以上
作者   :Helmut Ohley
      Leonhard Orgler
備考   :ドイツのゲーム
      2013年スカウトアクション 1位
      2014年ドイツゲーム大賞 推薦リスト
      2014年ドイツゲーム賞 1位
      2014年国際ゲーマーズ賞 1位


シベリア鉄道の発展に貢献するゲーム
労働者を効率よく働かせ、3本ある線路を拡張したり、機関車を購入したり、工業を発達させる

運要素の少ないワーカープレイスメントだが、
技師タイルの存在が様々な戦略を生む

一見、ボード上のアクションが限られているように見えるが、
ゲーム毎に異なる技師によって場のアクションが追加され、
技師を雇うことによって自分だけのアクションを持つことも可能

Aの技師7枚から3枚、Bの技師7枚から4枚を選ぶため、
ゲーム開始時点で176400通りの配置パターンが存在する
(尚、アグリコラのラウンドカードの配置パターンでも576通りである)

更には手番順毎の初期ボーナスの選択肢もあり、その展開は計り知れない
400点を超える重厚ゲームでありながら、そのゲームバランスは最高
地味な作業に見えて、色んな色の線路を延ばしていくのは意外と面白い

アクション数を増やすことが有利になりやすいワーカープレイスメントだが、
このゲームはそれだけでは勝てない
先を見据えないアクション数の増加は手を余らせることもある

誰が次にどのアクションをしようとしているのか、
常に先読みし、最小限のアクションで手を進めた者が勝利を手にする
アクションを実行するワーカーの代わりに使用できるコインなどの使いどころも重要

基本的なルールは単純ながら、最終ボーナスなどの特殊効果の選択肢は多く、
様々な戦略を試したくなる、リプレイ欲満点

これはもはや単なる鉄道ゲームではない
王道たる数々の名作ドイツゲームに匹敵する作品だろう
さあ、勝利へのレールを引くのは誰だ



スポンサーサイト



ロシアンレールロード プレイ記1

私(黄)、ゲン(青)、カピバラ(緑)の3人でロシアンレールロードをプレイ
シベリア鉄道を発展させる最新ボードゲーム

何ゲームもやって、最初はところどころルール間違い等あったものの、
なんだかんだで皆勝ったり負けたりだった
そして、多分唯一ルールを間違うことなく進んだと思われる最終戦のプレイ記

P1030388.jpg

中央にあるメインボードのアクションエリアに自分の労働者(もしくはコイン)を置くことで、
個人ボードの線路を伸ばしたり、列車を改良したり、工業を進めたりできる
アクションエリアは早いもの勝ちで、基本的には他人が選んだアクションは実行できない
コインは労働者の代用に使えるが、コインでしか行うことのできない技師雇用アクションがある
技師を雇用すれば自分だけのお抱えアクションを持つことができ、手余り対策にもなる

russian1.jpg

私はまず2段目の線路を伸ばし、早速のボーナストークンをゲット
各箇所で得られるボーナスによって、任意で選択した様々な効果を得ることができる
私は工業マーカーを2個に増やすことにより、工業化による恩恵の倍増を狙う

russian2_20140116231857687.jpg

ゲンは3段目の線路を伸ばし、ラウンド毎に貰える得点を増やす
ゲームは6ラウンド(4人なら7ラウンド)あり、地道な得点も地味に影響する
それよりコインを5枚も確保している方が脅威だったり

russian3.jpg

カピバラはと言えば、まだあんまり進んでいない?…いや、違う
既に1段目の線路に3色目(茶色)の線路マーカーが出現している
そして、1色目(黒色)の線路マーカーは遥か彼方へ、早すぎ(笑)

russian4.jpg

終盤になってくるとアクションの取り合いが激しい、労働者がゴミのようである
わずかに私が一歩リードするが最後の最後までわからない
このゲーム、最終ラウンドだけで200点前後の点数が動く

russian6.jpg

最終状態、カピバラは1段目の線路を最高の得点率である白色線路マーカーまで発展
合わせて、1段目の線路に関して得られる得点を倍にする大量の×2マーカーとのコンボ
これがカピバラがものにしたこのゲームでの勝ち筋、さっきのゲームもこれでやられた
その上、雇用技師の数でもトップ、それだけでも追加の40点ボーナスがある

russian5.jpg

だが私も負けてはいない、2段目3段目の線路でマーカーを最長部(MAX)まで延長
更に、工業マーカー(紫色)も最終段階(MAX)×2とパーフェクトでゴリ押しの60点
通常ではあり得ない、ボーナスによる追加工業マーカーまで最高値に引き上げた未知の領域
このスペックで、負ける?…否
私の鉄道は最早、メーテルを乗せてアンドロメダを目指せそうな勢いである
(※このゲームに銀河鉄道は登場しません)

russian7.jpg

しかし、そこに現れるは巨大な影、あれは…
ゲンの工業マーカーは1つだが、工業化している最後の2個、
それはLv9(MAX)の列車を犠牲にすることでしか得られない最大の工業化
その効果により通常1枚しか得られない最終ボーナスカード(20~30点相当)をまさかの3枚
もう既にゲンの技術は宇宙の彼方イスカンダルへ達することのできそうな域に上り詰めていた
(※このゲームで宇宙戦艦は作れません)

russian8.jpg

結果、ゲン(青)464点、私(黄)391点、カピバラ(緑)317点
ゲンの波動砲によって、私とカピバラの鉄道は成すすべもなく砕け散ったのであった

と、いろいろ大げさに書きましたが、実際400点は割と超えます(笑)
4人だと7ラウンドになるのでもっと点が伸びるんじゃないだろうか
また4人でもプレイしてみたい

ロシアンレールロード プレイ記2

私、カニ、ゲン、ニュクスでロシアンレールロードをプレイ
運要素が限りなく少ない重厚系ワーカープレイスメントの傑作

P1090610.jpg

ボード上の様々な場所に労働者を配置し、自分の鉄道を発展させていく
各自5人の労働者を抱え、スタンバイOK

P1090613.jpg

1ラウンド数点刻みの序盤から始まり、7ラウンドで400点前後の熾烈な争いへ突入する
甘い判断は文字通り勝利へのレールから外れることになるだろう

P1090599_1.jpg

やることはいたってシンプル、個人ボードにある3本の鉄道を左から右へ伸ばしていく
最初は黒い線路駒でそれを示し、後半は灰色、茶色といった高級線路へと塗り替えていく

P1090600_1.jpg

そして線路を伸ばすと様々なボーナスが与えられる
例えば上の画像では「黒い線路駒が到達した時に」「労働者が1人増える」を表している
このようにマス内には必要な線路駒の色、マス下にボーナスの内容が描かれている
マス内に列車のシルエットがある場合はボーナスのために列車タイルも必要であることを意味する

P1090628_1.jpg

メインボード上のアクションには「列車タイルor工業化タイル獲得」というものがあり、
列車タイルとして使う場合は個人ボードの線路左に、
工業化タイルとして使う場合は個人ボード下に置く(表:列車タイル、裏:工業化タイル)
列車タイルには1~9までの数字が書かれており、(ゲームが進む毎に高い数字を獲得できる)
先程のボーナス条件はこの数字が左から数えてボーナスのマスを満たしていることが必要である

P1090630.jpg

カニはひたすら工業化タイルを配置し、工業化マーカーを進めている
工業化マーカーを進めれば、工業化タイルの種類に応じた追加アクションを実行したり、
ラウンド終了時の得点を増やすことができる
7つの選択肢がある強力な「?」ボーナスを3つ獲得し、工業化戦略に拍車をかける

P1090629.jpg

ニュクスは線路を肌色にまで改良し×2マーカーで得点を倍増させている
そしてお抱え技術者3人、自分だけの独占アクションはやはり強い
更にゲーム終了時に技術者数トップなら40点の大幅ボーナスもある

P1090631.jpg

ゲンは3列目の鉄道を発展させ毎ラウンドの得点を伸ばす
更に「?」ボーナスカードの追加労働者も確保し労働者数MAXを狙う
やはりこの手のゲームで手数を増やすのは重要

P1090636.jpg

私は「?」ボーナスで2つ目の工業化マーカーも出現させ特殊な追加アクションを狙う
工業化タイルの中には最終ボーナスカードや技術者に応じた得点獲得など、
上手く使えば急激な得点UPに繋がるものも多い

P1090637.jpg

結果、カニ415点、ニュクス365点、私357点、ゲン290点でカニの勝利

カニは3つの「?」ボーナスを確保し、3列目の鉄道で得点を稼いだのが大きかった
ニュクスも1列目の鉄道を白い線路まで改良、更に技術者4人で効率UPは早かった
私は2つめの工業マーカーで追加アクションを狙ったが進めきることができず
ゲンは人海戦術のパワープレイで全体的に発展させるも中途半端な形で終わる結果に
やはりこのゲームは割と何かに特化した方が強いという印象
そして他人と戦略が被るとアクションがなくなり、伸び悩むことになる
そういった意味でも技術者を確保しておくのは便利
また初手は技術者、2ルーブルといったアクションに手を出しがちだが、
戦略成就のためにはいきなり工業マーカーや列車or工業化タイルもありなのかなと思った

長時間ゲームだけど感覚的には意外とあっと言う間でやりたいことがやりきれないもどかしさ
これはまだまだやり足りない、次はもっと違う戦略を試してみたい、最高のゲームです

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
487位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
17位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-