FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ ◆さ行◆◆◆◆◆◆◆◆
CATEGORY ≫ ◆さ行◆◆◆◆◆◆◆◆
       次ページ ≫

詐欺師

詐欺師〈Hochstapler〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.0
詐欺師
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:20分
対象年齢 :8歳以上
作者   :ライナー・クニツィア〈Reiner Knizia〉
備考   :ドイツのゲーム


1993年にドイツゲーム大賞を取ったゲーム「ブラフ」方式を採用したカードゲーム

各自「ダイヤ」「指輪」「時計」「ヨット」「家」「ワイン」「車」7枚のカードを持ちスタート

カードには全て0~7の数字が書かれており、誰がどの数字を持っているかは不明

親から時計周りに「カードの種類」と「いくつあるか」を宣言する

この時「カードの種類」は7種類の中から自由に宣言することができるが(前の人と同じでもOK)、「いくつあるか」は必ず前の人の宣言した数字よりも大きい数字にしなければならない

ここで自分の番が回ってきた時、前の人に異議を唱えることもできる

そうした場合、前の人の宣言した種類のカードを全員が公開し、それらの数字の合計が宣言した数を満たしていなければ前の人がペナルティを受ける

その種類のカードの合計が前の人が宣言した数以上あれば、意義を唱えた人がペナルティ

「家が8つあるよ」→「いや、家が9つはあるよ」→「うーん、指輪が11個あるかなぁ」

といった形で1人ずつ宣言していくが、前の人が何故その種類を言ったのか、何故そんなに大きい数字を言ったのか等の情報を元に他人の手札の状況を予想していく

持っている数字が0なのにあえて大きい数字を言って撹乱するなどブラフ要素満載

皆が大きい数字を宣言していたはずなのに全然合計が少なかったり、平均を考えればあり得ないような数字が飛び出たり展開によって非常に盛り上がるゲーム

記憶力も多少いるかもしれないが、いかに上手くハッタリを効かせるかが重要である

手軽で多人数でも楽しめる、ブラフゲーム好きなら持っておいて損はないでしょう
スポンサーサイト



詐欺師 プレイ記1

ルール概要も兼ねて、いつしかの詐欺師の小プレイ記

キタ(右下)、ジラ氏(右上)、カニ(左)の3人プレイ

7つの高級品カードをそれぞれシャッフルし、各自1枚ずつ受け取る

手札はこんな感じ

P1000761.jpg

なかなか高い数字揃い(この家の積み方どうなってるんだ…)

順番(時計周り)に高級品を1つ選び、全員の持っている合計数を宣言する

ジラ氏「ワインが9!」

キタ「いや、ヨットが10隻!」
※宣言する数字は必ず前の人より大きくする必要があるが、高級品の名前は変えてもよい

カニ「ヨットは11隻!」

ジラ氏「ダウト!」

※宣言した人の左隣の人は、その宣言に対し異議を唱えてもよい
 この場合、ヨットが11隻以上なければカニにペナルティが与えられる
 逆に11隻あればジラ氏にペナルティが与えられる

P1000762.jpg

異議を唱えられた高級品カードを全員が場に出す(この場合はヨット)

合計8隻…これでカニがペナルティ-1点となり、ヨットを除いてゲーム続行

7種類の高級品、つまり全部で7つのペナルティをいかに受け取らないかを競う

どちらがペナルティを受けたとしても、次の手番は異議を唱えたプレイヤーである

ジラ氏「家が10軒」 …いきなり10軒と言うならそこそこの数字か?

キタ「じゃあ家は11軒はあるね」 …どんな金持ちだよ(笑)

カニ「ダウト!」

P1000763.jpg

家は14軒、まだいけたか…カニがペナルティ

と、こんな感じでゲームが進み…

カニ「車が11!」 ← ジラ氏「ダウト!」

P1000764.jpg

車は9台、カニがペナルティ

カニ「指輪が11!」 ← ジラ氏「ダウト!」

P1000765.jpg

指輪は15個、ジラ氏がペナルティ …指輪多すぎだろ(笑)

カニ「ダイヤが9!」 ← ジラ氏「ダウト!」

P1000766.jpg

ダイヤは6個、カニがペナルティ …ジラ氏ダイヤ0だったか、そりゃ言うよね

キタ「時計が11!」 ← カニ「ダウト!」

P1000767.jpg

時計は13個、カニがペナルティ

キタ「ワインが10!」 ← カニ「ダウト!」 

P1000768.jpg

ワインは15本、カニがペナルティ …このワインの積み方もおかしい(笑)

P1000769.jpg

結果 キタ0、ジラ氏-1点、カニ-6点

カニがコンプリート目前、この日はカニが絶不調でした(笑)

何ゲームかやったけど後の写真が上手く撮れてなかったので今回はこれだけ

※真ん中に表向きに置かれているカードについて補足
 このゲーム、高級品の名前を宣言する前に自分の手札のカードを1枚表向きに捨て
 同じ種類のカードを1枚引くことができる(交換)
 ただし、最初の手番ではできない、かつ交換した場合、前の人に異議は唱えられない
 (尚、次に宣言する高級品は交換したカードにする必要はない)

この時、何を捨てたかも推理の材料となる

数字は各高級品とも0が3枚、1~5がそれぞれ2枚、6、7は1枚ずつで15枚である

なので合計は人数×3くらいが順当な線だが、誰かが0や7を持っているとそうもいかない

今までに誰が何を言ったかを覚えておくことも重要なポイントとなるだろう

ブラフもあるとはいえ、自分が0個の高級品で何度も高い数字はなかなか言えない



手軽にできる割にある程度の読み合いもあり、なかなか楽しい

箱がコンパクトでカードもオシャレな感じが好印象

しかも最大7人でもできるという、パーティゲームに是非オススメします

シティ・オブ・ホラー

シティ・オブ・ホラー〈City of Horror〉 ☆☆☆☆☆☆★★★★ 6.5

シティ・オブ・ホラーシティ・オブ・ホラー
()
Repos Production

商品詳細を見る

プレイ人数:3~6人
プレイ時間:90分
対象年齢 :14歳以上
作者   :ニコラス・ノーマンドン〈Nicolas Normandon〉
備考   :フランスのゲーム
      「モール・オブ・ホラー」のリメイク


ボードゲームにはゾンビゲーというジャンルがある

それは不死の存在という脅威に立ち向かうスリル
絶望と言う名のシチュエーションを打開するロマン
ゾンビゲーの最高傑作ラスト・ナイト・オン・アースなど、隠れた名作も多い

このゲームは各自、数人の市民キャラクターを操りゾンビから逃れるべく行動を選択していく
「給水塔」「教会」「武器庫」「病院」「銀行」「交差点」
どのエリアに避難するか選択する市民達、しかしエリアに全員が入れるだけの枠はない

また、ゾンビが現れるエリアを察知できるのは給水塔にいる者だけ
もちろん、給水塔も決して安全ではない

そして、避難するエリアを見誤った時、犠牲者が発生する
各エリアにランダムに現れるゾンビ達
大量のゾンビが溢れれたエリアは、多数決投票で誰かが犠牲にならなければならない

他人の票を味方につけるため、アイテムやワクチンの提供など様々な交渉を行う
時には協力し、また時には裏切る、生き残るために手段を選んでいる余裕などない

この絶対絶命の危機をくぐり抜け最後まで生き残ることができるのか
命を賭けた駆け引きを始めよう…さあ、恐怖溢れる街へご招待

世界の七不思議

世界の七不思議〈7 wonders〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10.0

「世界の七不思議」日本語版「世界の七不思議」日本語版
(2011/07/16)
ホビージャパン

商品詳細を見る

プレイ人数:2~7人
プレイ時間:30分
対象年齢 :10歳以上
作者   :アントワン・ボザ〈Antoine Bauza〉
備考   :フランスのゲーム
      2010年トリックトラック賞 1位
      2010年スイスゲーム大賞 1位
      2010年ミープルチョイス賞 1位
      2010年スカウトアクション 1位
      2011年ドイツゲーム大賞 エキスパート部門1位
      2011年フランスゲーム大賞 審査員特別賞
      2011年アラカルト・カードゲーム賞 1位
      2011年チェコゲーム大賞 1位
      2011年金のルド賞(ベルギー) 1位
      2011年ポーランドゲーム大賞 ノミネート
      2011年デンマークゲーム大賞 アダルト部門1位
      2011年日本ゲーム大賞 1位
      2011年スペインゲーム大賞 1位
      2011年イタリアゲーム大賞 1位
      2011年オランダゲーム大賞 2位
      2011年国際ゲーマーズ賞 1位


ドイツゲーム大賞を始め、数々の賞を受賞している傑作中の傑作
世界の七不思議とは、実在した偉大な建造物のことである
≪Wikipedia「世界の七不思議」≫

これらの内の1つを担当し、その都市の発展を目指す
基本は配られた7枚(1人につき)の建物カードから1枚を選び建造し、残ったカードを隣に回し、逆の隣から受け取った6枚からまた1枚を建造するというドラフト式
建造は全員同時に行い、残り1枚になるまで繰り返す(最後の1枚は建造しない)

建物カードには種類があり、資源を発生させるものや得点に繋がるものなど様々
後半になると建物に多くの資源が必要となり、誰が今何を建てることができるのかを把握し、どのカードを回すべきかなど作戦を立てるのが面白い
両隣りの人の資源をお金で買うこともでき、どちらにお金を渡すかなど状況把握も問われる

この7枚のドラフトを3回(3世代)行うが、世代毎の戦争による得点や、七不思議の発展による特殊効果などもあり、その戦略は様々
それでいて全員同時進行なので何人でやっても30分程度で終わるのも魅力的
待ち時間がなく、ここまで内容が詰まったゲームも珍しい

7不思議、7つの資源、7色の建物カード、7枚のドラフト、7人プレイ可能とルールが洗練されており、イラストが大聖堂のように綺麗で鮮やかなのも素晴らしい
システム面、ビジュアル面ともに非常に優れたデザインと言える作品

さあ、古代文明の第一人者となり都市の発展に貢献しようではありませんか

ジェンガ

ジェンガ〈Jenga〉 ☆☆☆☆☆★★★★★ 5.0

ジェンガジェンガ
(2003/05/12)
トミーダイレクト

商品詳細を見る

プレイ人数:2~8人
プレイ時間:20分
対象年齢 :6歳以上
備考   :アメリカのゲーム


プレイする機会があったので、一応アナログゲームということでUP
順番にブロックを1つ抜いては積み上げていき、ブロックを倒してしまった人が負けである

調べていて作者がイギリス人であることや様々なバリエーションがあることに少し驚いた
お酒の入った時や罰ゲームを決める時など、シチュエーションによっては盛り上がるだろう

~以下、プレイ記~
私、ゲン、カピバラの3人で何故かジェンガをプレイすることに
P1000929.jpg

しかしながらゲームである以上、全身全霊を尽くす、ゲームが進み私の手番
テーブルクロスの厚みを利用し端のブロックに重心が乗っていないことを確認、安心の底抜き
なんなく成功し、それに応じたゲンも逆側の底ブロック抜きに成功、そしてカピバラのターン
P1000945.jpg

もう既に底はスカスカである、物件なら間違いなく偽装建築で訴えられるだろう
あえなくカピバラで倒壊し、ゲーム終了

…気を取り直して2戦目

堅実…勝負の世界でそれは時として重要であるが、勝敗を決するのは常に勝負手である
再度底抜きでの先制を仕掛ける私、流石にゲンも今回は上ブロック抜きと無難
そして逆側の底ブロックも私が抜こうとしたその瞬間、私の腕に戦慄が走る

これは、きている…!テーブルの傾きか、はたまた木材の重量バラツキか
完全に全体のGが…重さがこのブロックにのしかかっている

このブロックを抜くことは爆弾の起爆スイッチを押すことに相違ない
しかし、試みた以上ここで引き下がる訳にはいかない

ジェンガは片手しか使ってはいけない、逆に片手しか使わなければ何をやってもよい(多分)

重心が変わるよう、片手で中心の底ブロックも一緒にずらしてしまえばいい
問われるのは、集中力…私ならできる

慎重に真ん中のブロックの角度を変え、底ブロック抜きに成功!
P1000953.jpg

抜かれているブロック数は少ないが、既に塔はピサの斜塔
次の手番のゲンにとってこれ以上のプレッシャーはないだろう

しかし、立ちあがりこの挑戦を受けるゲン
この難攻不落の城を崩せるとでもいうのか(崩してはいけませんが…)
P1000959.jpg

なんとかブロックを抜くことに成功し、最上部へ置いた直後…
P1000960.jpg

最早なすすべもなく倒壊、ゲーム終了
たかがジェンガ、されどジェンガ…ジェンガを笑う者はジェンガに泣くのである

真剣にこれのために集まろうとは思わないが、これはこれでそれなりには面白い
多人数で年齢問わず楽しめるパーティゲームであることには間違いない

スコットランドヤード

スコットランドヤード〈Scotland Yard〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.0

Ravensburger スコットランドヤードRavensburger スコットランドヤード
()
カワダ

商品詳細を見る

プレイ人数:2~6人
プレイ時間:45分
対象年齢 :10歳以上
備考   :ドイツのゲーム
      1983年ドイツゲーム大賞 1位


その姿を見た者はおらず、その名前を知る者もいない

だが、確かに存在する怪盗…「X」

その逮捕に向け、5人のロンドン市警が立ち上がった

移動に必要なのは「タクシー」「バス」「電車」の交通手段

各プレイヤー駒を動かし、ロンドンの街を駆け巡るが怪盗Xの駒は…見えない

正確には怪盗Xの駒は数ターンに一度だけ置かれる

その他にわかる情報は、怪盗Xの使用した交通手段のみ

そこから怪盗Xが今どこにいるのかを推理し、5人で協力して追跡する警察達

しかし、怪盗Xも「2回移動」や「交通手段隠蔽」などの特殊行動を、ゲーム中に数回だけ使用でき、捕まえるのは容易ではない

猶予は24時間(24ターン)、それまでに警察は怪盗Xを逮捕できるのか

怪盗Xの戦略が勝つか、警察のチームワークが勝つか

最後まで攻防が熱い、1対5の半協力型ボードゲーム

サムライ

サムライ〈SAMURAI〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.5

サムライサムライ
()
Hans im Gluck(RioGrande)

商品詳細を見る

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:45分
対象年齢 :10歳以上
作者   :ライナー・クニツィア〈Reiner Knizia〉
備考   :ドイツのゲーム
      1998年ミープルチョイス賞 3位


日本を舞台にした陣取り(駒取り)ゲーム

六角径のマスで構成されたボードに六角タイルを順番に1個ずつ置いていき、
各地にある駒の置かれた城マスを囲んでいく

六角タイルには数字が書かれており、駒が(複数人のタイルによって)囲われた時、
囲っているプレイヤーの内、タイルに書かれた数字の合計が大きい人が駒を獲得する

こうして駒を集めていき獲得した駒が多いほど勝てる可能性がある、というもの
可能性がある、というのは駒が3種類あり集め方によって得点が変わる特殊なシステム
駒を多く集めれば必ずしも勝てるわけではないので要注意

駒を囲うためには最大6枚のタイルが必要で、三つ巴四つ巴の争いになることもしばしば
常に手持ち5枚の六角タイルの内、どれをどこに置くのか単純なルールながら悩ましい

小さい数字のタイルを沢山使って駒を取るもよし
他人が囲いかけているところに大きい数字を置いて漁夫の利を得るもよし

手持ちのタイルを見ながら戦略を練るのが実に面白い
1ターンに複数枚出せるタイルといった特殊タイルもあり、使いどころが重要

ライバルを蹴落として駒を獲得した時など、城を攻め落としたような気分になる
しかし、ゲームを通して各自の使うタイル構成は同じ

誰がどの駒を狙っているのかを見極め、活路を見いだせるか
時は戦国時代、最も大きな戦績を収めるべく、いざ出陣!

シヴィライゼーション

シドマイヤーズ・シヴィライゼーション:ボードゲーム
〈Sid Meier's Civilization: The Board Game〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5

シドマイヤーズ シヴィライゼーション:ボードゲームシドマイヤーズ シヴィライゼーション:ボードゲーム
(2012/12/29)
ホビージャパン

商品詳細を見る

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:180分
対象年齢 :14歳以上
作者   :ケヴィン・ウィルソン 〈Kevin Wilson〉
備考   :アメリカのゲーム
      2011年トリックトラック賞 ノミネート
      2012年スペインゲーム大賞 1位


世界の様々な文明の指導者となり、発展を目指すシュミレーション風ボードゲーム
そのシステムの壮大さはまさに世界規模

軍事力を強化し、他の都市を攻め落とすもよし
芸術に専念し、偉人達を抱えるもよし
研究を進め、技術力にものを言わせるもよし
経済力で他を圧倒するもよし

4つある勝利条件のどれを目指してもいいが、
その達成はどれも容易ではない
綿密な戦略を進めた者だけが勝利を手にする

また、交渉による資源やカードの交換も可能で、
一時的な同盟関係が結ばれるなんてことも…
しかし、その約束に拘束力はない

ボードも実に広く、駒を動かして新たな都市を築いたり、
その土地から資源を確保したりと自由に勢力を伸ばしていくのが面白い

そして、敵対する駒同士が同じマスに居合わせた時の戦闘システムも見物
駒自体に優劣はなく、勝敗はプレイヤーの戦闘カードで決まる
各自が持つ戦闘カードの山札からランダムに引いたカードで勝負し、
カードにはじゃんけんのような相性もあり熱い攻防が繰り広げられる

また、戦力を強化しなくとも、芸術を磨けばカードを引くことができ、
中には戦闘を行うことなく、カードだけで敵勢力を排除するものも

いかにして自らの文明を勝利へ導くかはプレイヤー次第
プレイ時間3時間超えにして、その時間を感じさせない充実感

さあ、最も偉大な指導者として世界に名を残すのは誰だ?

シヴィライゼーション プレイ記1 Part1

私、カニ、ジラ氏の3人でシヴィライゼーションをプレイ(まで至らない記事)

civ1.jpg

箱のデザインもなかなか凝っている
面白いゲームほど箱に力を入れていることも多いため期待大

civ2.jpg

そしてボードゲームならではのタイル抜き作業
いったいどれだけあるんだ(笑)

civ3.jpg

ようやく内容物の準備が整ったところで、説明書解読に移る
もはや何かの作戦会議である

civ3a.jpg

この個人ボードにある商業力と経済力を示すダイヤルが実にいい感じ

civ4.jpg

さあ、準備完了!
果たしてゲームになるのか(笑)

シヴィライゼーション プレイ記1 Part2に続く

シヴィライゼーション プレイ記1 Part2

やるぞ、本当にやるぞシヴィライゼーションを…
いいんだな?どうなっても知らんぞ!

という訳でシヴィライゼーション プレイ記1 Part1の続き(笑)

まず各文明(というか国?)を選択

civ5.jpg

私はなんとなくアメリカ
…知らないのか?この世でもっとも怒らせてはいけない国はどこかを

civ6.jpg

ジラ氏はドイツを選択
ドイツの科学力は世界一!?

civ7.jpg

カニはロシアを選択
潜伏スパイは数知れず?影の軍事国家となるか

civ8.jpg

このように最初に置いた首都(+12のタイル)から、軍隊や開拓者駒を生産できる
戦争するだけのゲームではないが、シュミレーションゲーム風である
なんとなく昔好きだったスーパーファミコンウォーズというゲームを思い出した(笑)

civ9.jpg

各ターン毎に研究を進め、色んな技術を身に付けられるところも面白い
他にも建物を建築したり、芸術を磨いたりと選択肢が多彩

勝利条件も軍事的勝利、技術的勝利、経済的勝利、文化的勝利と好きなものを目指せる

civ10.jpg

私はひたすら偉人やら芸術に手を出しまくり、
あと1手で文化的勝利というところで、ジラ氏の空襲により首都せん滅
部隊を強化しまくったジラ氏の軍事的勝利でる

カニもこのターンで研究を終え、技術的勝利となるはずだったが惜しくも間に合わず
途中ルール間違い等も多かったが、なんだかんだでかなりの接戦だった
今回は、ルール解読に必死であまり写真が撮れなかったので細かい内容はなし

噂には聞いていたがやはり面白い、そして重い
ただ、1回やってしまえばルールもそこまで複雑でないため、何度でも遊べそうだ

戦争のテーマが優雅なボードゲームに反するかもしれないが、
これは数多くの要素が絡み合って様々な戦略を楽しめる素晴らしいゲームである

時間が許すなら(そして面子が許すなら笑)是非ともプレイして頂きたい作品
プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
8/31(土)13:00~20:00
10/5(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
596位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
22位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-