FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ ロイヤルス
CATEGORY ≫ ロイヤルス
      

ロイヤルス

ロイヤルス〈Royals〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.0

RoyalsRoyals
(2014/10/16)
Peter Hawes

商品詳細を見る

プレイ人数:2~5人
プレイ時間:60分
対象年齢 :10歳以上
作者   :〈Peter Hawes〉


17世紀のヨーロッパを舞台に権力争いを繰り広げるゲーム

それぞれの国に対応した国カードと陰謀カードが存在し、
手番の始めに国カードを3枚引くか、国カードと陰謀カードを1枚ずつ引く
尚、国カードの引き方については手番毎に3枚が表向きになっているので、
裏向きの山札と表向きの3枚から任意の組み合わせで引くことができる

手番にできることのもう1つ、役職の獲得
ボード構成は4つの国、国の中の複数の都市、都市の中の1~2つの役職から成り、
手札から必要数の国カードを捨てることで役職を取ることができる
取った役職の上には自分の色のキューブを置いて示し、
基本的には既にキューブがある役職を他人が取ることできない早い者勝ちシステム

例外として陰謀カードを使えば他人のキューブが置かれている場所を奪うこともできる

このカード補充&役職獲得を繰り返し、様々な方法で得点を稼ぐ
都市にある役職を最初に取った人が得る都市ボーナス
1つの国の全ての都市にキューブを置いた人が得る国ボーナス
1つの時代が終わる(国カードの山札が尽きる)度の役職数順位ボーナス
7種類に分類される役職のコンプリートボーナス
ゲーム通算での種類毎の役職獲得数トップボーナス

誰がどのボーナスを狙っているのか
どうすればいち早く得点を稼げるか
考える要素が色々あって悩ましい

視認性が良く、ルールがシンプルで導入も簡単、
凝ったコンポーネントとデザインも素晴らしい
初心者からゲーム慣れした人まで幅広くお薦めできる良作です

スポンサーサイト



ロイヤルス ルール概要

ロイヤルスのルール概要
17世紀のヨーロッパで様々な役職に取り入り、国を陰で支配するゲーム

P1090893.jpg

ボードにはドイツ(緑)、フランス(青)、スペイン(黄)、イギリス(赤)の4つの国
プレイヤーがどれかの国を担当するわけではありません

P1090906_1.jpg
(上が国カード、下が陰謀カード)

手番にできることは2つ(①②)
①まず手札の補充
国カードを3枚引く、もしくは国カード1枚と陰謀カード1枚を引く
国カードは山札と公開されている3枚のカードの好きなところから引けます
(国カードは手番が終わるまで新たに公開はしません)
陰謀カードは山札からしか引けません

P1090910_1.jpg

国カードには1つの国を表すシンボルが、
陰謀カードには2つの国を表すシンボルがあります
国カードを3枚捨てれば任意の国カード1枚、
陰謀カードを2枚捨てれば任意の陰謀カード1枚として使うことができます
手番終了時には国カードは12枚まで、陰謀カードは4枚までしか持てません

P1090897_2.jpg

手番にできることのもう1つ
②自分の色のキューブを空いている役職(人物のアイコン)の上に1つ置きます
1つの都市には1~2人の役職が描かれています
置くためには国カード(その国のシンボル)を役職の左側の数字分捨てなければなりません

この時、対応する国の陰謀カードも合わせて捨てることで、
空いていない(既にキューブが置かれている)役職にキューブを置くこともできます
元々あったキューブは役職の上から取り除きますがその都市には置いたままにしておきます

全ての都市について、最初にキューブを置いた人はボーナスが貰えます(六角形のタイル)

P1090894_1.jpg

また、役職にキューブを置いた時は常に、
ボード外にある称号タイル(役職に対応)の上にも自分の色のキューブを置いておきます
(これにより、どの役職に何回キューブを置いたかがカウントされます)
先着順で7種類の称号タイル全てにキューブを置いた人はボーナスが貰えます(円形のタイル)

と、ここまでが②(②は任意、しかも続けて何回繰り返し行ってもよい)
②が終わったら手番が終了し、国カードの山札から3枚になるまで公開します

P1090895_1.jpg

この①②を時計回りの手番で繰り返します
国カードの山札が尽きたら(3枚公開できなくなったら)時代が終了し捨て札を山札にします
この時、各国において最も多く役職にキューブを置いている人はボーナスが貰えます
尚、同数の場合は役職の右側にある数字が大きいものを持っている方が上になります
時代は3つあり、各時代においてトップと2番手がボーナスを獲得します(四角形のタイル)

P1090909_1.jpg

またゲーム中、各国において全ての都市にキューブを置いた人はボーナスがあります
先着順で2人まで、これは役職にキューブを置いていなくても貰えます(盾形のタイル)
つまり陰謀カードで後から役職を奪われた都市でも問題ないということになります

P1090913_1.jpg

3回目に国カードの山札が尽きたら、
ゲーム中の手番数が全員同じになるまでは手番を行ってから3つ目の時代が終了
(Aさんからゲーム開始していれば、Cさんで山札が尽きてもEさんの手番で終了)
これでゲーム終了ですが、この時にボード外の称号タイルを確認します
各称号について、最も多くキューブを置いている人はボーナスがあります(その称号タイル)
トップが2人なら称号タイルを半分ずつ受け取ります(パズルになっているので分かれます)
トップが3人なら誰もボーナスはありません

P1090919.jpg

ちなみにゲーム中、獲得したボーナスは全て非公開です
ゲーム終了時、全てのボーナスを公開し合計点数が高い人が勝利します

このゲームは記憶さえしておけば他人の点数は把握することができます
他人の手札の状況もある程度はわかりますが、山札から引くことができるので、
完全に見破ることは難しくなっています
その中で、他人がどのボーナスを狙っているのか、
読みながらの駆け引きが面白いです

あらゆる要素にボーナスがあり、どれも早い者勝ちのため、
出し抜くためにどう切り替えていくか、単純なルールながら色々考えさせられる良いゲームです

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
8/31(土)13:00~20:00
10/5(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
596位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
22位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-