FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ ウィーン
CATEGORY ≫ ウィーン
      

ウィーン

ウィーン〈Vienna〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.5
Vienna.jpg

プレイ人数:3~5人
プレイ時間:30分
対象年齢 :10歳以上
作者   :〈Johannes Schmidauer-König〉
ルール量 :並
プレイ感 :普通
箱・タイプ:大(長方形)
備考   :


上流階級の人物となってウィーンの街で影響力を与えるゲーム

まず各自5つのダイスを振り、出目を変えずに手元に置いておき、
手番毎にボード上にダイスを配置していく
ボード上には一方通行になった通り道があり、道沿いに多数のダイス置き場が並ぶ

各ダイス置き場には1~12のいずれかの数字が描かれており、
1回の手番では1つの置き場を選び、
合計が描かれた数字となるよう手元のダイスを1~2個配置する

これを時計回りに全員が5個のダイスを置ききるまで繰り返すが、
ダイスの配置にはいくつかの条件がある

まず既にダイスが置かれている場所には配置できない
そして自分が既に置いているダイスの場所より(道沿いに)先の場所に配置しなければならない

こうして全員がダイスを配置した後、配置された場所に応じた恩恵が与えられる
恩恵はお金や得点の他、次のラウンドで使える追加のダイスや特殊なカードなど様々

ここまでを1ラウンドとして、ラウンドを繰り返していき、
誰かが25点を越えたラウンドで終了する

最終的には得点で勝敗が決まるが、
お金があればダイスを振り直したり道沿いに戻った場所にダイスを配置したり、
状況に応じて融通を利かせることができる

恩恵は道の後半になるほど強力となるが、
いきなり後半にダイスを置いてしまうと次に置ける場所がなくなってしまうジレンマもある

また誰がお金をいくら持っているか、
得点をいくら取っているかが公開情報のため、
トップが独走しにくいシステムとなっている

置き場所の駆け引きやダイス運もあり、
振った出目や周りの状況から何が最善かを考えていくのが面白い

程よい時間でプレイできる思考系ダイスゲームです

スポンサーサイト



プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
11/9(土)13:00~20:00
12/14(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
553位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
19位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-