FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ ウサギとカメ
CATEGORY ≫ ウサギとカメ
      

ウサギとカメ

ウサギとカメ〈The Hare & the Tortoise〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.0

ウサギとカメウサギとカメ
()
ホビージャパン

商品詳細を見る

プレイ人数:2~5人
プレイ時間:20分
対象年齢 :7歳以上
作者   :〈Gun-Hee Kim〉
備考   :


ウサギと亀の競争に狼、狐、羊が加わった
最初にランダムに配置できるタイルでコースを作る
それによってコース途中にある川の位置をゲーム毎に変えることができる

次に各プレイヤーに5種類の動物から1枚ずつ配り公開、
配られたカードがそのプレイヤー勝たせたい動物(1匹目)となる
更に各プレイヤーには手札として5種類のいずれかが描かれたカード6枚を配る
各プレイヤーは秘密裏にその中から1枚を選び、
そこに描かれた動物が勝たせたい動物(2匹目)となる(1匹目と同じ動物でも可)

5種類の動物駒をコースのスタート位置に配置しゲームスタート
ゲームはスタートプレイヤーから時計回りに手番進行する
手番には手札から1種類の動物を1~4枚まで公開できる(その後、公開した枚数だけ手札補充)
手番を繰り返し、全体で同じ動物が4枚公開されるか、
種類を問わず8枚の動物が公開されたら、その時点で動物駒を進める
進む数は公開された動物の枚数で左右されるが動物によって個性がある

ウサギ駒は公開されたウサギ1~4枚で2マス進む
亀駒は公開された亀0枚でも1マス進む
狼駒は公開された狼の枚数より少し少なく進む
狐駒は公開された狐の枚数だけ進む
羊駒は公開された羊の枚数+1マス進む(しかし川のマスでは必ず止まる)

駒を進めた後は公開されたカードを捨て札とし、同じように手番を繰り返す
こうして動物駒が3匹ゴールしたら、その順位に応じて、
勝たせたかった動物が1位なら5点、2位なら3点、3位なら2点と得点を割り振る
尚、得点は勝たせたい動物1匹毎に計算する(最高は10点)

自分が秘密裏に選んだ勝たせたい動物が何か悟られないようにする駆け引きがあり、
またこの手のゲームでは珍しい動物による能力の違いがあるにも関わらず、
枚数がウサギ>亀>狼>狐>羊となっておりバランスが取れている良作
箱が本のような形になっているデザインも良い
軽量ゲームにしてはなかなかの逸材です

スポンサーサイト
プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
8/31(土)13:00~20:00
10/5(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
22位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-