FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ マルコポーロの足あと
CATEGORY ≫ マルコポーロの足あと
      

マルコポーロの足あと

マルコポーロの足あと〈The Voyages of Marco Polo〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10.0
The Voyages of Marco Polo

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:プレイ人数×25分
対象年齢 :12歳以上
作者   :〈Simone Luciani, Daniele Tascini〉
備考   :2015年ドイツゲーム大賞 推薦リスト
      2015年ドイツゲーム賞 1位
      2015年日本ボードゲーム大賞 1位
      2015年国際ゲーマーズ賞 ノミネート


マルコポーロの仲間となってアジア諸国を旅するゲーム
プレイヤーは様々な都市を巡り、金塊や絹、香辛料などを集め契約を達成していく

システムの軸となるのは各自に5つずつ与えられたサイコロ
ラウンドの始めに全員が自分のサイコロを全て振り、
手番にはそのサイコロをボード上のエリアに置くことでそこに描かれたアクションを実行できる

いわゆるワーカープレイスメントと呼ばれる、場所に依存した行動解決方式だが、
完全な早い者勝ちではなく、他人が置いている場所にも追加でお金を払えば置くことができる
アクションには資源を得るもの、お金を得るもの、契約を取るもの、旅をするものなど様々
基本的にはサイコロの出目に比例して効果が大きくなるが、
大きい出目だと追加で払うお金が増えたり、小さい出目ばかりなら救済措置があったりと、
運を収束させるルールにより、非常にバランスが取れた形となっている

ゲームに勝利するためには、資源を使って契約を達成するほか、
訪れた都市に依存するアクションや、
秘密裏に決定した目的の都市を回るなど、様々な方法がある

他にも、手番の前後にできるフリーアクション、毎回カードパターンが変わるボードなど、
過去の名作ボードゲームの要素が詰め込まれている

これだけで完成されていると言っても過言ではない作りこまれたシステムだが、
更にこのゲームに独特かつ画期的な変化をもたらすのは「キャラクター」の存在
ゲーム開始時に決定したキャラクターは、プレイヤー毎に違う強力な常時効果をもたらす

各々が突出した効果を持つことにより、誰しもがフィーバーする感覚でプレイできる
選択肢豊富な思考系ダイスゲームの集大成、リプレイ欲満載の傑作です

スポンサーサイト
プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
8/31(土)13:00~20:00
10/5(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
22位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-