FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ チャオチャオ
CATEGORY ≫ チャオチャオ
      

チャオチャオ

チャオチャオ〈Ciao, ciao〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.5
Ciao Ciao

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:30分
対象年齢 :10歳以上
作者   :〈Alex Randolph〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:中(正方形)
備考   :ドイツのゲーム
      


ブラフ要素を盛り込んだすごろくゲーム

自分の手番にサイコロを振って、9マスある橋で自分の駒を進めていく
渡り切ったら次の駒を使用し、先に3駒渡らせたプレイヤーが勝利する

これだけだとただのすごろくだが、このゲームの醍醐味はサイコロの振り方にある
サイコロは1方向からしか中身が見えない筒の中で振り、
振った者(手番プレイヤー)だけが中身を確認する

そして、出目の数字を宣言してその数だけ駒を進めることができるのである
例えば出目が1でも「3」だと宣言すれば3マス進むことができる
そう、つまり嘘の数字を言ってもよい

しかし嘘をつくことにはリスクもある
誰かが指摘した場合は、筒の中身を見せて出目が正しいことを証明しなければならない
証明できなければ今進めている駒を失ってしまう
逆に証明できれば、指摘したプレイヤーが今進めている駒を失うことになる

駒を失った場合はそれぞれのプレイヤーのストックから駒を追加しスタート地点に置く
駒には限りがあるため、全ての駒を失えば脱落ということになる

それならば全て正直に言えばいいのでは?と思うかもしれないが、
このゲームで使うサイコロは6面だが数字は1~4の4面のみ
残り2面には「×」と書かれており、この出目が出た場合は必ず嘘をつかなければならない

いかに嘘がばれないような数字を言うか、緊張感あふれる心理戦
自分の駒がある程度進んでいると、他人の嘘を指摘するのもハイリスク
…もし間違えれば、時間をかけて進めた駒を失ってしまう
逆にそれを見越した大胆な嘘が飛び出すことも

単純明快なすごろくだが、非常にスリリングで最後まで気を抜けない
ルールが簡単でブラフ系が苦手でなければ誰にでもお薦めできる作品です

スポンサーサイト



プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
8/31(土)13:00~20:00
10/5(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
611位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
22位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-