FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ ◆ら行◆◆◆◆◆◆◆◆
CATEGORY ≫ ◆ら行◆◆◆◆◆◆◆◆
       次ページ ≫

ラスト・ナイト・オン・アース

ラスト・ナイト・オン・アース〈Last Night on Earth〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.5

ラストナイトオンアース Last night on earth THE ZOMBIE GAME [並行輸入品]ラストナイトオンアース Last night on earth THE ZOMBIE GAME [並行輸入品]
()
FFP

商品詳細を見る

プレイ人数:2~6人
プレイ時間:60~90分
対象年齢 :12歳以上
作者   :ジェイソン・ヒル〈Jason C. Hill〉
備考   :アメリカのゲーム
      2007年オリジンアワード ノミネート


B級ホラー映画をモチーフとした人間VSゾンビの半協力型ゲーム
人間側(4人)は協力しゾンビ側(1人)の魔の手から逃れるべく戦う

そのシステムは、マス目のあるマップで駒を動かすシュミレーションゲーム風
人間側は1人につきキャラクター1体だが、ゾンビ側は最大14体

圧倒的な戦力で押し寄せるゾンビの猛攻を協力して切り抜ける熱いドラマ
BGMの付属CDもあり、雰囲気はもはや映画並に
カードの絵も実写で俳優を使っていたりと斬新

そして、ダイスを使った戦闘方法も面白い
ゾンビは負けやすいが死ににくく、人間は勝ちやすいが決めてにかける
そんなゾンビの不死身さと平凡な人間のもどかしさを上手く演出している

次々と増えるゾンビに人間側は絶体絶命
今日が地球最後の夜となってしまうのか
脳裏によぎる最後の希望…自分が犠牲になれば、打開できるかもしれない
そんな命をかけた展開にボードゲームとは思えないような感動が生まれる

これぞゾンビゲーの最高傑作、ホラー映画の世界へようこそ!

スポンサーサイト

レジスタンス

レジスタンス〈The Resistance〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.0

レジスタンス 日本語版レジスタンス 日本語版
(2011/07/08)
ホビージャパン

商品詳細を見る

プレイ人数:5~10人
プレイ時間:30分
対象年齢 :13歳以上
作者   :ドン・エスクリッジ〈Don Eskridge〉
備考   :アメリカのゲーム


レジスタンス側とスパイ側に分かれて戦う脱落者なしの人狼系ゲーム

人狼同様、最初に全員目をつぶりスパイ(2~4人)だけが目を開けて確認し合う

ゲームの流れはまず、親が全員の中から2~5人(プレイ人数で異なる)のチーム編成を行った後、そのチーム編成に賛成か反対かを全員同時に意思表示する

半分以上の人が賛成だった場合、チームに選ばれた人がそれぞれ「成功カード」「失敗カード」のいずれかを秘密裏に出して混ぜてから公開、全て「成功カード」であれば任務成功

ここで「失敗カード」が1枚でもあると任務失敗である

チーム編成に対し過半数が反対するか、任務が終了すると親が交代しこれを繰り返す

先に3回任務成功すればレジスタンス側の勝ち、逆に3回任務失敗すればスパイの勝ち

単純ながら誰がスパイなのかの探り合いが非常に面白い

どのチーム編成の時に失敗したのか、そのチーム編成に賛成していたのは誰なのか

スパイ側があえて「成功カード」を出して疑いがかからないよう潜伏するなんてことも

様々な情報が錯綜する熱すぎる心理戦、推理要素満載

警戒網をかいくぐり、チームを勝利に導いた時の興奮は最高潮に達する

人狼同様、最後まで全員疑心暗鬼が止まらない、終始白熱のパーティゲーム

レジスタンスの諸君、この任務は簡単ではない。そう、我々の中に…スパイがいる!

ラストナイトオンアース プレイ記1 Part1

私、ゲン、I氏の3人でラストナイトオンアースをプレイ

B級ホラー映画をモチーフとしたボードゲーム
ドイツゲームのような優美なコンポーネントとは無縁だが
同梱されているCDのBGMもマッチし、臨場感抜群
アメリカのゲームならではの独特の面白さがある

ゾンビ側(I氏)と人間側(私、ゲン)に分かれて戦うシュミレーション風ゲーム
人間達はゾンビ溢れる街から脱出するために、ゾンビ達はそれを阻止するために戦う

~シナリオ:トラックでの脱出~

他にも様々なシナリオが容易されており、何度でも楽しめるようになっている
ちなみにボードはこんな感じ
last1.jpg

ゾンビターン(ゾンビ)とヒーローターン(人間)を交互に行い、ゲームを進めていく
それぞれゾンビデッキ、ヒーローデッキがあり、引いたカードで様々な影響を及ぼせる

ちなみに人間は4人、ゲンがジョニーとジェニー(ややこしいな)、私がビリーとベッキー

尚、人間の初期手札は0~1枚
以降は建物内にいれば、ターンの移動の代わりにカードを1枚引くことができる
last3.jpg

まずはゾンビターンから
ゾンビ側(I氏)は毎ターン手札4枚になるまで引くことができ、何枚でも使える
カード1枚1枚の効果も決して弱くなく、やりたい放題である

いきなり『"My God,~"』を使いランダムに選んだ1つの建物をゾンビで埋め尽くすI氏
P1010742.jpg

ゾンビ「あ゛ーーー」
last5.jpg

ジェニーがいる建物が一瞬でゾンビに埋め尽くされる

「ジェニー!逃げろー!」

ゾンビは全員1ターンに1マスしか動けないが、人間達はサイコロの出目だけ動ける
ちなみに人間もゾンビも縦横斜め移動が可能だが、ゾンビだけは建物の壁を無視できる
(窓を割って入ってくるということだろうか…)

命からがら隣の建物に逃げこんだジェニー、しかしそこにもゾンビの魔の手が…
last6.jpg

隣の建物でベッキーと合流したジェニー
同じマスにいれば、持っているカードを交換することができる

安心したのも束の間、『Lights Out』を使い建物の電気を切るI氏
どうやらゾンビが電線を噛んだようだ…
P1010743.jpg

サイコロでどんな出目が出てもこの建物では動きを止めなければならなくなった
ジェニー、ベッキー…ピンチ

体力の少ないジェニーを逃がし、建物でカードを引くことに専念するベッキー
実はベッキーには先程引いたライター『Lighter』がある
P1010732.jpg

これがあれば『Lights Out』の効果を無視できるのだ(なんと都合良い…)

このシナリオの達成条件は『Keys』と『Gasoline』のカードを持って、
15ターン以内に真ん中のトラックに2人以上が到達する必要がある
多少の危険を侵してでもシナリオ達成アイテムを引かなければ…

だが、I氏がそれを許すハズがない
『New Spawning Pit』を使い、ベッキーの真下に出現ピットを配置するI氏
P1010744.jpg

ゾンビ側は毎ターン、サイコロの出目により新しいゾンビを発生させる
発生場所は通常、ボード端に描かれた出現ピット(赤い×印)なのだが、
これによりベッキーのいる建物からいきなりゾンビが発生するようになるのだ
last9.jpg

これはヤバイと思い、『Lighter』を使用して更に隣の建物に逃げ込んだベッキー
しかし、とにかくカードを引かなければ…来るなら来い!

そして、危機が迫っているのはベッキーだけではない
ビリー(左)、ジョニー(上)にもゾンビの魔の手が…
last8.jpg

もう覚悟を決めるしかない、建物内で使える武器を探すジョニー(上)とビリー(左)

ゾンビ「あ゛ーーーーー!」

取り囲まれるベッキー
last13.jpg

そしてビリー
last12.jpg

そして…絶対絶命のジョニー もうゾンビがマスに入り切ってない(笑)
last11.jpg

彼らの運命はいかに…

→ラストナイトオンアース プレイ記1 Part2に続く

ラストナイトオンアース プレイ記1 Part2

ラストナイトオンアース プレイ記1 Part1の続き

【ゾンビ側】
 ゾンビプレイヤー:I氏
【人間側】
 ビリー、ベッキー:私
 ジョニー、ジェニー:ゲン

ゾンビに追い詰められたベッキー、ビリー、そしてあり得ないばかりに囲まれたジョニー
last11.jpg

映画なら

ジョニー「この街はどうなってやがる!!」

…という捨てゼリフを吐いたかもしれないところからスタート(笑)

ゾンビとの戦闘は1体ずつ(同じマスにいる全員と)行う
人間は2個、ゾンビは1個のサイコロを振り
人間は2個の内どちらかでもゾンビより大きい目を出せば勝利である

但し、勝利してもゾンビを殺せるわけではなく、そのターンをしのぐだけに過ぎない
人間が勝利し、かつ振ったサイコロの内2個以上が同じ出目の時のみゾンビを殺せる
(2個以上というのは、カードでサイコロが3個以上に増える場合があるため)

また、人間は振ったサイコロがどれもゾンビの出目と同数以下だと敗北する
(つまりゾンビ側がサイコロで6を出すと人間側はまず敗北する)
敗北した人間はただちに1ダメージを受ける(ちなみに人間のHPは2~3)
HPがなくなった人間は即、死亡する

大ピンチのジョニー、だが彼はタフである
last26.jpg

移動しなければHPを回復できる上、サイコロで同数であってもゾンビに勝利する
補助カードも相まってなんとゾンビ5体の猛攻を切り抜ける

そして、既にHPが残り1のベッキー
last14.jpg

だが、彼女には拾った銃『Revolver』があった
last15.jpg

銃は、移動とは別に毎ターン1発撃つことができ、離れたマスにいるゾンビを殺すことができる
(これにより銃と戦闘で1ターンに2体のゾンビを撃退することができる)
ただし、サイコロの出目次第によっては外れることもあり、また弾切れになることもある

銃も上手く命中し、なんとかこのターンをしのいだベッキー

ここで問題は、あと一撃で即死するだけでなく、ゾンビ化を宣告されたビリー
last25.jpg

I氏の使った『I feel kind strange』により、負傷すればゾンビとして復活してしまう
しかも、生前のHPを保持し最大3マスまで移動可能な最強ゾンビになってしまうのだ
P1010739_20130827205830e0e.jpg

ビリー「うぅ、さっき噛まれてから、なんだか意識が…」

だが、ここで死ぬわけにはいかない
何より、噛まれてゾンビ化などというバイオハザ…B級映画的展開にしてなるものか

ビリーが密かに引いていたカード『At Last...』
P1010735_201308272058276a1.jpg

これにより場のゾンビカードを無効化することができる
絶対絶命の中の希望の光
当然『I feel kind strange』を消し去り、ゾンビ化を阻止

そして、ビリーに迫っているゾンビは残り1体、これで最後だ
last16.jpg

ビリー「俺、この街を無事出られたら、保安官になるんだ…」

果たして無事切り抜けることができるのか

→ラストナイトオンアース プレイ記1 Part3へ続く

ラストナイトオンアース プレイ記1 Part3

ラストナイトオンアース プレイ記1 Part2の続き

【ゾンビ側】
 ゾンビプレイヤー:I氏
【人間側】
 ビリー、ベッキー:私
 ジョニー、ジェニー:ゲン

ビリーが、ここさえしのげば…という山場を迎えたところからスタート
last16.jpg

しかし、運命は時として残酷である
最後の最後でサイコロの出目にめぐまれず、敗北
全員カードも底を尽きかけの状況…無念にもビリー、死亡

誰がこの状況を予想しただろうか
きっと前回のブログを読んだ誰しもが予想したに違いない(笑)

だが悲しんでいる暇などない
夜明け(15ターン)までに街を脱出し、この街で起こったことを伝えなければ

キャラクターが死亡すると所持カードは全て失われるが、新たなキャラクターが登場する
ランダムに引いたキャラクターはなんとアンダーソン保安官
last17.jpg

アンダーソン「なんだって!ビリーが!?」

映画ならそんなセリフとともに登場したかもしれないアンダーソン保安官
現実なら保安官のくせに今までどこにいたのかとバッシングを受けるレベルだろう
そんな彼は、HP3で初期装備に『Revolver』所持と無駄に高パラメータである

しかし、悠長に言っている時間はない
危機を切り抜けたベッキーとジョニーもほとんどゾンビは殺せておらず、依然ピンチである

アイテム探索のため、移動して近くの建物へ向かうジョニー
教会へ入ろうとしたその瞬間…

ゾンビカード『Locked Door』…!!
P1010740.jpg

残念ながらその扉には鍵がかかっているとI氏
これではジョニーはこのターン建物に入ることができない

そう思った瞬間…ジョニーが手札から『Keys』を公開
P1010731.jpg

なんと既にシナリオ達成条件でもある『Keys』を引いていたジョニー
これは持っているだけで『Locked Door』の効果を無視できる
先程まで無駄に集団リンチにあっていたわけではない(笑)

無事、教会へと入り、残るシナリオ達成条件『Gasoline』を探す
last18.jpg

そして、ついにベッキーが『Gasoline』をGET
P1010734.jpg

これでシナリオ達成条件の2つが揃った、まだいける!

だがまだ安心できない、真ん中のトラックに『Gasoline』を入れ、
『Keys』を所持し2人以上トラックの上にいる状態でターンを終えなければならない

達成アイテムを引いたことを察知したゾンビ側(I氏)は当然トラックにゾンビを集結させる
ここでアンダーソン保安官が探索したカード『Old Bessy』
last20.jpg

なんとこのカードにより1つのマスにいるゾンビ全員を足止めできる
last21.jpg

しかも、サイコロを振って5か6が出るまで毎ターンこの効果が続く
3体のゾンビを抑える老犬ベッシー、これでトラックには来れまい

もうベッキーは『Gasoline』をトラックに入れ終わった(残り2ターン)
これで『Keys』を持ったジョニーがトラックまで来れれば…

トラックまでは3マス、しかしジョニーが出した目は…2
不運にもゾンビターンを迎えさせてしまうことが確定する

ゾンビは基本1マス移動だが、『Shamble』といった最大6マス移動カードもあり危険
P1010737.jpg

まだ何が起こるかわからない
だが、ここで動いたのはジェニー(いたのか…)とアンダーソン保安官
last22.jpg

このゲーム、ゾンビの移動にはもう1つルールがあり、
隣接するマスに人間がいる場合、必ずその人間のいるマスへ移動しなければならないのだ
これでトラックの周りとジョニーを徹底的にガードするジェニーとアンダーソン保安官

ゾンビを引きつけるアンダーソン保安官
last23.jpg

アンダーソン保安官「俺に構わず、行けーー!!」

そんな妄想が駆け巡る中、
ゾンビが食い止められている内に『Keys』でトラックのエンジンをかけるジョニー
last24.jpg

無事、トラックで街を脱出(真ん中:ベッキーとジョニー)
シナリオ達成条件、クリア(残り1ターン)
アンダーソン保安官…そして、何故かジェニーも置いてけぼりだった(笑)

なにはともあれ人間側(私、ゲン)の勝利!
途中、ゾンビ側(I氏)もかなり人間側を追い詰めていたのに残念

単純なダイスゲーながら、必ず熱いドラマが生まれるこのゲーム
気が付けばゾンビ映画の主人公になったような緊張感が味わえる

また、今回は3人だったので1人で人間2役となってしまったが、
1人1役になればもっとキャラクターに感情移入でき、
仲間の為に犠牲になれるかどうかの瀬戸際など、より感動の展開が見られるかもしれない

当初は粗削りのようなゲームかと思ったがとんでもない、噂にたがわぬ名作である
まだ人間側しかやったことがないので、次はゾンビ側でもプレイしたい

ルイ14世

ルイ14世〈Louis XIV〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.0

ルイ14世ルイ14世
()
alea

商品詳細を見る

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:100分
対象年齢 :12歳以上
作者   :リューディガー・ドーン〈Rüdiger Dorn〉
備考   :ドイツのゲーム
      2005年ドイツゲーム賞 1位
      2005年国際ゲーマーズ賞 ノミネート
      2005年トリックトラック賞 ノミネート
      2005年日本ボードゲーム大賞 ノミネート


時は17世紀フランス、権力者が全てを動かす時代、あなたにはある使命があった
絶対的君主であるルイ14世に近づき、地位を確立するという使命が
その為にはルイ14世に近しい人物に誰よりも影響を与えなければならない

12人の貴族達に影響マーカーを置いていき、各貴族につき最多数を目指すゲーム
多く置いた者が報償を貰えるというベガス方式だがこれは意図して置くため運要素がない

貴族によっては賄賂次第で最多数でなくとも報償を貰える者がいたり、
一定以上のマーカーを置けば報償を貰える者がいたりと戦略は単純にはいかない

ただの駆け引きだけでなく、お金や他人の状況を把握し置き場所を選定する必要がある
更に、マーカーの置き方やタイミングに影響をもたらす様々な特殊カードも相まって、
その攻防はゲームが進むにしたがって激化

今狙うべき貴族はどの人物なのか、いったい何が起こることが考えられるか
その全てを見極め、ルイ14世に取り入ることができるのは誰か

テーマと内容にマッチしたコンポーネントも素晴らしい
重厚にして華麗、ドイツ屈指のボードゲームをご覧あれ

ルーム25

ルーム25〈Room 25〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.0

ルーム25 多言語版ルーム25 多言語版
(2013/08/21)
ホビージャパン

商品詳細を見る

プレイ人数:1~6人
プレイ時間:25分
対象年齢 :10歳以上
備考   :フランスのゲーム
      映画「キューブ」「バトルランナー」「トロン」等のSF映画から
      影響を受けた作品


とある近未来、TV局はより刺激的な番組を作るべく、ついに禁断の企画に手を出してしまった
その名も「ルーム25」、囚人達を使って脱出ゲームに挑戦させるという危険なもの

選ばれた囚人達は協力して25の部屋の中に唯一ある脱出口を探すことになる
しかし、部屋には様々なトラップが待ち受けており、入っただけで即死する場合も
そして、時間制限以内に囚人達全員が脱出できなければゲームオーバー、死を意味する

あなたは囚人の1人となり、手番毎に脱出に向けたアクションを選択することとなる
「隣の部屋に移動」「隣の部屋の調査」「誰かを隣の部屋に押す」「1列の部屋を全てずらす」
これら4つの中から秘密裏に2つずつ選び行動していく

時間に猶予がない中、いかに他の囚人達と連携して脱出口を探すかが重要となる
しかし、このゲームには、もう1つの恐ろしい事実がある

脱出ゲームに選ばれた囚人達の内、最大2人は実は囚人ではなく脱出を阻止するスパイなのだ
当然、囚人達の中の何人がスパイなのか、誰がスパイなのかはわからない

スパイは何としても囚人達の脱出を阻止するだろう、たとえ囚人達の命を奪ってでも…
今、あなたの部屋にいる人は果たして味方なのか、それは行動によりいずれ明らかになる

このルール以外にも純粋な協力戦、個人戦、チーム戦など様々なヴァリエーションが楽しめる
疑心暗鬼要素を盛り込んだスリル満点の脱出ゲーム、禁断のゲームへようこそ!

レジスタンス:アヴァロン

レジスタンス:アヴァロン〈The Resistance: Avalon〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5

レジスタンス:アヴァロン日本語版レジスタンス:アヴァロン日本語版
(2013/04/19)
ホビージャパン

商品詳細を見る

プレイ人数:5~10人
プレイ時間:30分
対象年齢 :13歳以上
作者   :ドン・エスクリッジ〈Don Eskridge〉
備考   :アメリカのゲーム


あのレジスタンスがアーサー王伝説を舞台に帰ってきた

プレイヤー達はアーサー王の元に集まりし円卓の騎士となり、
キャメロット城に迫る悪を退けるべく任務へと向かう

しかし、その中には邪悪なるモードレッドの手のかかった者が…
5~10人の騎士達の中に数人の裏切り者が潜む

ただ唯一、騎士達の中にはアーサーの仲間である魔術師マーリンも紛れている
そして、魔術師マーリンだけは裏切り者が誰か知っている

しかし、それを口に出すことはできない
マーリンの存在が裏切り者に知れた瞬間、暗殺者がマーリンの命を奪うだろう

通常のレジスタンスのルールに、敵の正体を知るマーリンのシステムが加わった
マーリンは敵にばれないように振る舞いつつ、アーサー王側を勝利へ導くべく行動する

モードレッド側(裏切り者)は負けてもマーリンを見破れば逆転勝利することができ、
最後まで油断できないゲーム展開が見物

他にもヴァリエーションで様々な役職を追加することもでき、面白さ倍増
通常のレジスタンスをプレイしたことのある人もやって損なし

これぞ脱落者なしの人狼系の集大成…さあ、裏切り者は誰だ?

ラストナイトオンアース プレイ記2 Part1

私、キム、ヨーゾー、ワッキーの4人にてラストナイトオンアースをプレイ
初プレイ3人だがヨーゾーが篭城戦好きということで、下記の上級シナリオを選択

~洋館を守れ~
・洋館に9体以上のゾンビが侵入したら即ゾンビ側が勝利する
・17ターン上記の状態にならなければ人間側の勝利である
・人間側は全員追加のカード1枚引いた状態でスタート
・ゾンビ側は発生チェックを行わず毎ターン必ずゾンビが増える

【ゾンビ側】
ゾンビプレイヤー:私(茶色)、ワッキー(緑色)
【人間側】
キム:アンダーソン保安官、ベッキー
ヨーゾー:ジェニー、サリー


昨日までは穏やかな日々を送っていた街「ウッディンペイル」
そこに突如として現れた亡者の群れ
それは瞬く間に生ある者を襲い、また新たな動く亡者を増やしていった

生き残った人間はたった4人、彼らにはもはや成すすべはなかった
街で最も頑丈な造りを誇る洋館に逃げ込む他には…

不思議とここにはあのおぞましい存在もいない、ここは安全なのか

「バリバリ!」

そう思った瞬間であった、彼らの表情が絶望に変わったのは…

last201.jpg

と、適当なあらすじは無視してもらってけっこうです(笑)
まだ合流していないところからスタートする人間達
真っ先に洋館にたどり着いたベッキー(画像中央)が実に暇そうである

私はこのゲームまだ3回目だが、ゾンビプレイヤーは初プレイである
前々からやりたいと思っていたこともあり、期待大
(ゾンビプレイヤー2人の場合は、このようにそれぞれ2枚になるようにカードを引く)

last203.jpg

さっそくゾンビプレイヤーのワッキーが引いてきたカード『Surprise Attack』
建物内の人間がいるマスにいきなりゾンビを配置、カード名そのまんまである(笑)

last204.jpg

そして私も『My God, He’s A Zombie』人間に隣接するマスにいきなりゾンビ配置

last205.jpg

いきなり窮地を迎えるキムのベッキー
しかし、キムが安定の出目5のゾロ目を出しベッキーの勝利&ゾンビ1体撃破…

last206.jpg

と、そう簡単に終わるはずもない『Uuuurrrggghh!』を使いこちらのダイス2個追加
追加のダイスでこちらも5の目を出し、ベッキーに早くも1ダメージ

last208.jpg

そして、ワッキーもダメージを与えるのに成功し、いきなり大ピンチのベッキー
まだ1ターン目(笑)、ベッキーの運命やいかに…

→ラストナイトオンアース プレイ記2 Part2に続く

ラストナイトオンアース プレイ記2 Part2

ラストナイトオンアース プレイ記2 Part1の続き

【ゾンビ側】
ゾンビプレイヤー:私(茶色)、ワッキー(緑色)
【人間側】
キム:アンダーソン保安官、ベッキー
ヨーゾー:ジェニー、サリー

1ターン目で2体のゾンビが瞬間移動し、キムのベッキーが死にかけたところから
余談だけど、ビリーだったら死んでたよ(笑)

すぐさまヨーゾーがアイテムでベッキーを1回復
しかし、ゾンビはまだ1体も死んでいない

last209.jpg

かけつけるキムのアンダーソン保安官とヨーゾーのジェニー
リボルバー持ちのアンダーソン保安官は要注意、間合いを取らねば
そして、ジェニーもろとも手負いのベッキーを私とワッキーのゾンビが襲う

last210.jpg

キムも負けてばかりではない、戦闘に勝利した瞬間、
『Get Back You Devils』をプレイ、戦闘に負けたゾンビを無条件で殺せる強力カード

last211.jpg

しかし、まだ1体やられただけに過ぎない
次々と溢れるゾンビ、本当の恐怖はここからである

last212.jpg

続々と洋館に集結する人間達、あまり武装を許すとまずい…

そして、『Gasoline』を使い爆発マーカーを置くヨーゾーのサリー
爆発マーカーはゾンビを撃つのと同じ判定で銃撃することができ、当たれば爆発
そのマスにいる者は全員死亡し、その周囲も出目3以上で死亡する

そして、置いた場所は洋館の中…建物壊す気ですか?笑
壁を無視できるゾンビだが、さすがにこれは迂回せざるを得ない

last213.jpg

そして、更には『Pump Shotgun』で武装するサリー
射撃すれば出目3以上でゾンビを殺せる、そして出目1が出ない限り弾切れにならない
早速射撃しゾンビ1体に命中、名スナイパーヨーゾー

last214.jpg

しかしその瞬間、『Resilient』で無条件にその銃は弾切れだとワッキー

last215.jpg

すかさず『Ammo』で弾なら持っているとヨーゾー、カードの攻防が熱い

last216.jpg

だが、そんな間にもゾンビは止まらない、ついに5体のゾンビが洋館に侵入
そして、このままだと次のターンで9体のゾンビが侵入しゾンビ側の勝利が確定する
人間側はまだ残り13ターン耐えきらなければならない、これは押し切ったか…

その時であった、アンダーソン保安官の方から轟音が鳴り響いたのは

→ラストナイトオンアース プレイ記2 Part3に続く
プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
7/6(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
435位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
17位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-