FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ モンバサ
CATEGORY ≫ モンバサ
      

モンバサ

モンバサ〈Mombasa〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10.0
Mombasa.jpg

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:150分
対象年齢 :12歳以上
作者   :〈Alexander Pfister〉
ルール量 :多
プレイ感 :重
箱・タイプ:大
備考   :2015年スカウトアクション 2位
      2016年ドイツゲーム賞 1位
      2016年国際ゲーマーズ賞 1位


投資家となってアフリカ大陸の4つの勅許会社の株式を集め、お金を稼ぐゲーム

ゲームの流れとしては、様々な種類のカードからなる手札から、
各自、任意の3枚を選びアクションスロットA、B、Cに裏向きで置く
そして全員が同時にそれらのカードを公開し、
他人が置いたカードを見た上で、スタートプレイヤーから順に手番を行っていくというもの

手番の行動は以下の6つ(いずれか1つを選ぶ)
①置いた商品カードを使う
②置いた探検カードを使う
③置いた簿記係カードを使う
④置いたダイヤモンド商人カードを使う
⑤ボーナスマーカーを置く
⑥パス

これを時計回りの手番順で行っていき、
全員がパスした時点で1ラウンド終了となる

各カードには基本的に、そのカードの意味を表すアイコンと数字が描かれており、
商品カード(コーヒー、綿花、バナナ)を使えば、
手札として使う新たなカードを獲得したり、4つある勅許会社の株式を得ることができる

探検カードを使えば、4つある勅許会社の内1つを選び、
その会社の規模を拡大させ、ゲーム終了時の株式の価値を上げることができる
この会社規模の拡大については、アフリカ大陸を舞台とした陣取り形式となっており、
ゲーム中に株式の価値は領土の取り合いによって上下することとなる

簿記係カードは個人ボードにある帳簿トラックで駒を進めることができる
帳簿トラックは足場の無い空白のコースとなっており、
ゲーム中、様々な行動で手に入る帳簿点によってその空白を埋める帳簿タイルを配置でき、
帳簿タイルに記載された条件を満たすことによって帳簿トラックで駒を進めることができる

ダイヤモンド商人カードは個人ボードにあるダイヤモンドトラックで駒を進めることができる
こちらは特に条件はなく、カードに描かれた分だけトラックを進めるだけである

個人ボードにはこの帳簿トラックとダイヤモンドトラックの2つが存在するが、
どちらのトラックも、ある一定以上進めることで、
ラウンドの最初にカードを置くアクションスロットの数を増やすことができる(D、E)

このようにゲーム中に増加するアクションスロットだが、
このA~Eのどこにカードを配置するかによってもゲームの展開が大きく変わる
個人ボードには、A~Eのアクションスロットに対応するA~Eの休息スロットがあり、
ラウンドでパスした際、アクションスロットのカードは対応する休息スロットに移動するが、
この休息スロットへの移動の前に、プレイヤーは休息スロットA~Eから1つを選び、
そこにあるカードだけを(全て)手札に回収する

つまり、あるラウンドで置いたカードは次のラウンドで(回収できないため)使うことはできず、
今後のラウンドでどのような行動をしたいかによって、
どのアクションスロットにどのカードを置くかを考えなければならない

またアクションスロットのカードを公開した後からも駆け引きの連鎖
他人のカードを見た上で、どのカードから使用するのが得策かを考えたり、
或いはカードの使用の代わりにボーナスマーカーをメインボードに置いて、
そこに記載されたアクションを行うというワーカープレイスメント要素まで存在する

最終的にはお金を多く持っていたプレイヤーの勝利と目標はいたってシンプル
所有の株式の価値が上がるよう探検カードで会社の規模を拡大するもよし、
株式の変動を読み、価値のある株式の保有に走るもよし

各会社とも株式を増やせば配当となるボーナスを手に入れることができ、
4種類・裏表あるボーナスをランダムに4つの会社に割り当てるためゲーム毎に展開が変わり、
獲得可能な帳簿タイルの種類も合わせると、登場カードを除いても約461兆通りの初期配置

更にゲーム毎に無限大に登場パターンが変わるカードディスプレイや、
初期手札と初期株式の状態をランダムに配られた2枚から任意で選ぶなど、
ゲーマーにとってはたまらない要素が多数盛り込まれている

スロットシステムを使った独特のカードマネジメントは必見
プレイヤーの手腕が試される株式ゲームの傑作です

スポンサーサイト



プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
11/9(土)13:00~20:00
12/14(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
553位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
19位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-