FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ コードネーム
CATEGORY ≫ コードネーム
      

コードネーム

コードネーム〈Codenames〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.5
Codenames.jpg

プレイ人数:2~8人以上
プレイ時間:15分
対象年齢 :14歳以上
作者   :〈Vlaada Chvátil〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:中
備考   :2016年ドイツゲーム大賞 1位


2チームに分かれて自分のチームのコードネームを推理するゲーム

場に5×5の25枚の単語カードを並べ、
その中には各チームの人数に関わらず、
それぞれ自チームのコードネームとなる8~9枚の単語が存在する

各チームの1人はスパイマスターとなり自チーム・相手チームのコードネームを知るが、
決してそれがどれかを話してはならない

ゲームの流れとしてはチームのターンが交互に繰り返され、
ターンが訪れたチームのスパイマスターは1つだけヒントを出すことができる

ヒントは「海外」・「2」や「食べ物」・「3」といったように、
「自チームのコードネームを連想できそうなキーワード」・「そのコードネームの枚数」の
組み合わせを宣言することができる

ターン進行チームのスパイマスター以外のプレイヤーは、
そのヒントを踏まえて単語カードの中から自チームのコードネームを答えることができ、
正解すれば続けて別のコードネームを答えてもよく、
(最大でもスパイマスターが宣言した数字+1枚まで)
間違えれば相手チームのターンとなる

こうして先に自チームのコードネームを全て当てたチームが勝利となる

また25枚の単語の中に1つだけ、
どちらのチームが答えても即敗北となる「暗殺者」が割り当てられており、
それもスパイマスターには知らされているため、
チームメイトが間違ってもそれだけは答えないようヒントに注意しなければならない

1つのヒントでいかに多くの情報を伝えるか、メンバーの発想力が問われ非常に奥深く、
人数制限もなく大人数でこそ様々な気付きが生まれると思われるゲーム
単語だけで展開される推理と駆け引きは必見、アイデア賞です

スポンサーサイト



コードネーム:ピクチャーズ

コードネーム:ピクチャーズ〈Codenames:Pictures〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.5
Codenames_Pictures.jpg

プレイ人数:2~8人以上
プレイ時間:15分
対象年齢 :14歳以上
作者   :〈Vlaada Chvátil〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:中
備考   :


2チームに分かれて自分のチームのコードネームを推理するゲームのイラスト版

場に4×5の20枚のイラストカードを並べ、
その中には各チームの人数に関わらず、
それぞれ自チームのコードとなる7~8枚のイラストが存在する

通常のコードネームと同じく、
各チームの1人はスパイマスターとなり自チーム・相手チームのコードイラストを知るが、
決してそれがどのイラストなのかを話してはならない

ゲームの流れはチームのターンが交互に繰り返され、
ターンが訪れたチームのスパイマスターが1つだけヒントを出す

ヒントは「四角」・「2」や「しま模様」・「3」といったように、
「自チームのコードイラストを連想できそうなキーワード」・「そのコードイラストの枚数」の
組み合わせを宣言することができる

ターン進行チームのスパイマスター以外のプレイヤーは、
そのヒントを踏まえてイラストカードの中から自チームのイラストがどれかを答えることができ、
正解すれば続けて別のイラストを答えてもよく、間違えれば相手チームのターンとなる
(最大でもスパイマスターが宣言した数字+1枚まで)

こうして先に自チームのコードイラストを全て当てたチームが勝利となる

また20枚のイラストの中に1つだけ、
どちらのチームも答えてはいけないイラストが存在する暗殺者ルールも基本ルール同様
スパイマスターはチームメイトがそのイラストを答えないようなヒントを心掛けないといけない

また、いかに1つのキーワードで複数のイラストに結び付けることができるか、
スパイマスターの手腕が問われるゲームである

通常のコードネームでは、推理対象が単語だったため、
場に並べられた単語の英訳、日本語訳や
その単語自体を含むキーワードが不可という制約があったが、
イラスト版の場合はそのような制約がないため初めはこちらの方が入りやすいかもしれない

またイラストとなったことで、人それぞれの感性の違いも色濃く現れ、
意外な展開に成功・失敗に関わらず盛り上がること間違いなし
ルールはシンプルながら様々な角度で考えさせる要素満載
万人にお薦めできるパーティゲームです

コードネーム:デュエット

コードネーム:デュエット〈Codenames Duet〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.5
Codenames Duet

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:15分
対象年齢 :11歳以上
作者   :〈Vlaada Chvátil, Scot Eaton〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:中(長方形)
備考   :


2チームに分かれて自分のチームのコードネームを推理するゲームの協力版

場に5×5の単語カードを並べるのは通常のコードネームと同じだが、
その中に2チームそれぞれに与えられたコードネームが存在する

各チーム見つけるべきコードネーム(正解)が9個、
絶対に答えてはいけない単語(暗殺者)が3個、
答えても何もおきない単語(一般人)が13個ある

お互いに相手チームの正解、暗殺者、一般人が見えており、
チーム交互に手番を行い断片的なヒントのみで正解を伝えていく

通常のコードネームと同様、1手番に言えるヒントはキーワード1つとその枚数のみ
これを交互に繰り返し両チームのコードネーム全ての回答を目指す
尚、コードネーム9つの内3つは両チーム重複しているため正解すべき単語は15個
制限時間は両チーム合わせて9手番

1手番約1.5枚ペースで答えていく必要があり余裕は少なく、
暗殺者が各チーム3つ(1つは両チーム重複)と難易度は高い
通常のコードネーム以上の連携と緊張感が味わえる良い変化だと思う

また互いに回答者でありスパイマスター(ヒントを出す側)であるため、
2人プレイでもルールに変化をつけることなく、存分に楽しめるところも良い
少人数でも遊べるようになったコードネームの進化版です

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
521位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
21位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-