FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ パニックラボ
CATEGORY ≫ パニックラボ
      

パニックラボ

パニックラボ〈Panic Lab〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.5
Panic Lab

プレイ人数:2~10人
プレイ時間:10分
対象年齢 :8歳以上
作者   :〈Dominique Ehrhard 〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:小
備考   :


研究室から逃げ出したモルモットをいち早く捕まえる瞬発系ゲーム

使用するのは正方形タイルとダイスのみ
正方形タイルには研究室3つ(3色)、状態変化3つ(3種)、ダクト3つと、
モルモットが描かれたタイルで構成され、それら全てをランダムに輪になるように並べる
尚、モルモットは2つの形状、2つの色、2つの模様の計8種類存在する

ダイスは全部で4つ
どの色の研究室からどの方向(時計回りor反時計回り)に逃げたかを表すダイス(6パターン)
逃げたモルモットの形状を表すダイス(2パターン)
逃げたモルモットの色を表すダイス(2パターン)
逃げたモルモットの模様を表すダイス(2パターン)
これらのダイスを同時に振り、48通りのモルモットが示されることになる

そして示された研究室タイルから最も近い位置にいる示されたモルモットに先に触れれば1点
間違っていればペナルティとして1点を返却する
こうして先に5点を獲得したプレイヤーの勝利

通常、タイルを1周見渡せば正解がわかるかに見えるが、
このゲーム特有の2つの要素がより複雑なパターンを生み出している

1つはダクトタイル、あるダクトタイルを通ったモルモットは裏ルートを通り、
次のダクトタイルから出てくると見なされる

また3つの状態変化タイルはモルモットの形状・色・模様を変化させる3種類があり、
そのタイルを通ったモルモットは示された特徴が真逆に変化すると見なされる

これにより、場合によっては環状に並べられたタイルを2周以上目で追うことも
次々と変化する情報に頭がパニックになること間違いなし
瞬発系好きは必見、目まぐるしく目が回る作品です

スポンサーサイト



プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
8/31(土)13:00~20:00
10/5(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
611位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
22位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-