FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ ロータス
CATEGORY ≫ ロータス
      

ロータス

ロータス〈Lotus〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.0
Lotus.jpg

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:30分
対象年齢 :8歳以上
作者   :〈Jordan Goddard, Mandy Goddard〉
ルール量 :少
プレイ感 :普通
箱・タイプ:中
備考   :


様々な花を咲かせて貢献度を競うゲーム

各自、花びらカードの山札と駒2つを持ち、
山札から手札として4枚引いて、時計回りに進行する

自分の手番には以下の3つから2つの行動を行う(同じもの2つも可)
①手札の花びらカードを場に出す(最大2枚)
②手札の花びらカードを山札の下に戻し、同じ枚数を引く(最大2枚)
③自分の駒1つを場の花びらカードの上に置く

花びらカードを場に出す際は、同じ種類の花びらが弧を描くように置き、
特定の枚数に達したら花が完成する

花は3枚で完成するものから7枚で完成するものまで全部で5種類
最後の1枚を置いて完成させたプレイヤーは、
その完成した花に使用された花びらカードを全て獲得する(1枚1点)

また、花びらカードには各プレイヤーシンボルが1~2個描かれており、
完成した花に描かれているシンボルが最も多いプレイヤーはボーナスを得る
(この時、置かれている駒もシンボル1つとみなす)

ボーナスは5点、もしくは以下の3つのどれかを選ぶ(任意)
①手札上限5枚(手番が終わる度に上限まで山札からカードを補充する)
②場に出す花びらカードの枚数制限なし
③シンボル2つ分の新しい駒の獲得

こうした継続した効果を序盤に受け取ることによってゲームを優位に運ぶもよし
得点に特化し、ひたすら逃げ切るもよし
誰かの山札がなくなったら最後の1周だけ手番を行い、得点の最も高いプレイヤーが勝利する

手番終了時の補充は自分の山札以外に公開されている共通の山から引くこともできるため、
誰が何を引いたかを記憶しておくことも重要となる

ボーナスが手に入らなくとも、最後の1枚を置くことで点数を伸ばすことができるため、
ギリギリ完成しない枚数を置いてしまうと他人の漁夫の利となってしまう
いかに自分が完成の1枚を置けるかを考える駆け引きが面白い

よく見ると同じ種類でも1枚1枚の花びらの絵が若干違うという凝ったアートワークは必見
そんな華やかな見かけによらず思考要素満載のカードゲームです

スポンサーサイト



プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
487位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
17位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-