FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ キャプテンソナー
CATEGORY ≫ キャプテンソナー
      

キャプテンソナー

キャプテンソナー〈Captain Sonar〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
Captain Sonar

プレイ人数:2~8人
プレイ時間:60分
対象年齢 :14歳以上
作者   :〈Roberto Fraga, Yohan Lemonnier〉
ルール量 :並
プレイ感 :普通
箱・タイプ:大
備考   :


潜水艦のクルーとなって敵船を撃沈するゲーム

基本は2チームに分かれ各チーム4つの役割を担うため4人対4人が好ましいが、
役割を掛け持つことで少ない人数で遊ぶこともできる

役割は「キャプテン」「通信士」「一等航海士」「エンジニア」の4つ
それぞれ決められたボードとボードマーカーを受け取り、
敵チームに見えないようにチーム間には大きな仕切りを設置する

キャプテンが受け取るのは海洋を表すセル状のマップボード
任意の場所に×マークを書き込みスタート地点とする
その後はターン毎に東西南北の進路を決定していく
尚、スタート地点は敵チームに秘密だが進路については開示情報となる

通信士が受け取るのは海洋を現すセル状のマップボードと透明のアクリルボード
敵チームのキャプテンが開示する進路を聞き取り、
マップボードの上に重ねたアクリルボード上に敵の進路を書き込み、
現在敵チームが海洋のどこにいるのかを推理していく
進路の制約として既に通った場所やマップ上の島には入れないため、
アクリルボードを東西南北に動かすことで敵船の場所を絞りこむことができる

一等航海士が受け取るのは船の装備ボード
毎ターン1種類の装備ゲージをためることができ、
定められた数のゲージがたまった装備はいつでも使用可能となる
装備は「機雷」「魚雷」「ドローン」「ソナー」「サイレンサー」「シナリオ装置」の6つ
機雷や魚雷によって爆発した範囲に敵船がいればダメージを与えることができる
ドローンやソナーは使うことで敵船のおおよその位置を特定できる
サイレンサーは使用すれば敵チームに情報を開示することなく4マス移動が可能
シナリオ装置は最初に使用するマップによって条件が異なる

エンジニアが受け取るのはコントロールパネルボード
船は移動する度にその進路(東西南北)によって決められた場所が故障する
エンジニアはコントロールパネル上に多数存在するアイコンの内、
どこが故障したかを任意に選択しなければならない
そのアイコンは一等航海士が持つ装備ボードの装備と一致しており、
故障している装備は使用不可能となる
適切な進路を描くことで故障を回復することもできるが、
偏った進路を描くと故障が集中しダメージを受けることもある

これらの要素を把握し、的確に敵船にダメージを与えるには連携が不可欠
どちらかが4ダメージを受ければ沈没しゲーム終了

どの装備を準備するべきか、どこを故障させるべきか、
それぞれの役割が考え、最適な行動を心掛ける必要がある
今、自分の船がどこまで特定されているかという臨場感にも似たスリル
海底の見えない敵との闘いに熱中すること間違いなし
敵を出し抜いて勝利を収められるのはどちらか、白熱の推理型シミュレーションゲームです

スポンサーサイト



プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
11/9(土)13:00~20:00
12/14(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
510位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
19位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-