FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ ゼロの恐怖
CATEGORY ≫ ゼロの恐怖
      

ゼロの恐怖

ゼロの恐怖〈Null & Nichtig〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.5
Null Nichtig

プレイ人数:3~5人
プレイ時間:30分
対象年齢 :8歳以上
作者   :〈Reiner Stockhausen〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:小(長方形)
備考   :ドイツのゲーム
      


0をもらうと大変なことになるトリックテイキングゲーム
使うのは0が2枚と1~11が各1枚の13枚セットが5色分(計65枚)

全員にそれぞれ13枚ずつのカードが配られ、
各自そこから3枚を公開して自分の前に置いてゲームスタート

最初のプレイヤーから順番に1枚ずつ手札のカードを表向きに場に出し、
1周して最も大きな数字を出していた人がそれらのカードを総取りする
尚、マストフォロー(色の縛り)、切り札(数字に関係なく勝つ)といったルールは無い

しかし、カードを総取りすれば勝てるわけではない
このゲームは総取りしたカードを色毎に分けて自分の前に公開していく
最初に公開していたカードも含め、同じ色は上に重ねていく
(重ねる順番は総取りするカードから時計回り)

つまり自分の前には最大5枚(5色なので)のカードが公開される
そして、一番上に見えている数字の合計が自分の得点となる
そのため、いかに高い数字でカードを総取りしても、
他の人が小さい数字を出していると自分の得点が下がってしまうというジレンマ

この流れを全員の手札がなくなるまで繰り返すため、
ゲーム中にどれだけ大きい数字を取っていたとしても、
終盤で0を受け取ってしまうとその色の得点が一瞬で0になってしまうという恐怖

いつ、どのタイミングで総取りすれば自分の点数が上がるのかや、
誰の点数を下げるべきかといった考える要素は満載
単純ルールながら一筋縄ではいかないスリリングなカードゲームです

スポンサーサイト



プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
487位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
17位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-