FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ レジスタンス
CATEGORY ≫ レジスタンス

レジスタンス

レジスタンス〈The Resistance〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.0

レジスタンス 日本語版レジスタンス 日本語版
(2011/07/08)
ホビージャパン

商品詳細を見る

プレイ人数:5~10人
プレイ時間:30分
対象年齢 :13歳以上
作者   :ドン・エスクリッジ〈Don Eskridge〉
備考   :アメリカのゲーム


レジスタンス側とスパイ側に分かれて戦う脱落者なしの人狼系ゲーム

人狼同様、最初に全員目をつぶりスパイ(2~4人)だけが目を開けて確認し合う

ゲームの流れはまず、親が全員の中から2~5人(プレイ人数で異なる)のチーム編成を行った後、そのチーム編成に賛成か反対かを全員同時に意思表示する

半分以上の人が賛成だった場合、チームに選ばれた人がそれぞれ「成功カード」「失敗カード」のいずれかを秘密裏に出して混ぜてから公開、全て「成功カード」であれば任務成功

ここで「失敗カード」が1枚でもあると任務失敗である

チーム編成に対し過半数が反対するか、任務が終了すると親が交代しこれを繰り返す

先に3回任務成功すればレジスタンス側の勝ち、逆に3回任務失敗すればスパイの勝ち

単純ながら誰がスパイなのかの探り合いが非常に面白い

どのチーム編成の時に失敗したのか、そのチーム編成に賛成していたのは誰なのか

スパイ側があえて「成功カード」を出して疑いがかからないよう潜伏するなんてことも

様々な情報が錯綜する熱すぎる心理戦、推理要素満載

警戒網をかいくぐり、チームを勝利に導いた時の興奮は最高潮に達する

人狼同様、最後まで全員疑心暗鬼が止まらない、終始白熱のパーティゲーム

レジスタンスの諸君、この任務は簡単ではない。そう、我々の中に…スパイがいる!
スポンサーサイト



レジスタンス:アヴァロン

レジスタンス:アヴァロン〈The Resistance: Avalon〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5

レジスタンス:アヴァロン日本語版レジスタンス:アヴァロン日本語版
(2013/04/19)
ホビージャパン

商品詳細を見る

プレイ人数:5~10人
プレイ時間:30分
対象年齢 :13歳以上
作者   :ドン・エスクリッジ〈Don Eskridge〉
備考   :アメリカのゲーム


あのレジスタンスがアーサー王伝説を舞台に帰ってきた

プレイヤー達はアーサー王の元に集まりし円卓の騎士となり、
キャメロット城に迫る悪を退けるべく任務へと向かう

しかし、その中には邪悪なるモードレッドの手のかかった者が…
5~10人の騎士達の中に数人の裏切り者が潜む

ただ唯一、騎士達の中にはアーサーの仲間である魔術師マーリンも紛れている
そして、魔術師マーリンだけは裏切り者が誰か知っている

しかし、それを口に出すことはできない
マーリンの存在が裏切り者に知れた瞬間、暗殺者がマーリンの命を奪うだろう

通常のレジスタンスのルールに、敵の正体を知るマーリンのシステムが加わった
マーリンは敵にばれないように振る舞いつつ、アーサー王側を勝利へ導くべく行動する

モードレッド側(裏切り者)は負けてもマーリンを見破れば逆転勝利することができ、
最後まで油断できないゲーム展開が見物

他にもヴァリエーションで様々な役職を追加することもでき、面白さ倍増
通常のレジスタンスをプレイしたことのある人もやって損なし

これぞ脱落者なしの人狼系の集大成…さあ、裏切り者は誰だ?

レジスタンス:アヴァロン プレイ記1

私、Koma氏、Mori氏、Ab氏、Kawa氏でレジスタンス:アヴァロンをプレイ
チームでクエストに挑戦していく脱落者なしの人狼系ゲーム
そして、本セットにてマーリンの存在が加わり、その面白さは最高潮に

resi1.jpg

クエストと言っても、選抜されたメンバーが成功か失敗のカードを出すだけである
リーダーが信頼できる数名のメンバーを選び、(そして投票で過半数が賛成だったら)
選ばれたメンバーは秘密裏に成功or失敗カードを任意で選ぶ
メンバーが選んだカードをよく混ぜ、失敗が1枚でもあれば失敗、そうでなければ成功する

当然、他の人狼系ゲーム同様、最初に役割(正義側or悪側)が配られており、
選ばれたメンバーに悪側が含まれていれば、失敗する恐れがある
こうして先に3回成功なら正義側が、3回失敗なら悪側の勝ちである
(尚、悪側だけは最初から仲間が誰なのかわかっている)

resi2.jpg

しかし、このアヴァロンは上に述べた通常のレジスタンスルールに追加ルールがある
正義側(以下、アーサー王側)の中に1人マーリンと名の付く役職が存在し、
マーリンには悪側(以下、モードレット側)が誰なのか最初から見えている

なら正義側が絶対勝つと思うかもしれないが、そうではない
モードレット側に1人存在する暗殺者は、アーサー王側が勝利条件を満たした時、
マーリンが誰なのかを当てれば逆転勝利することができる
つまり、マーリンは決して自分がマーリンだと知られてはいけない

resi3.jpg

1戦目は役職の間違い等もありアーサー王側の勝利、気を取り直して2戦目(笑)
Ab氏、Kawa氏、私、Koma氏、Mori氏の5人プレイ
(アーサー王側3人、モードレッド側2人)

私の引いた陣営はモードレッド側、最初にAb氏もモードレッド側であることを確認
赤字:リーダーが選んだメンバー)
(○:選ばれたメンバーに対し賛成、●:選ばれたメンバーに反対)

<第1クエスト(選抜人数:2人)>
1回目 リーダー:Ab氏
         ○Ab氏、○Kawa氏、○私、○Koma氏、○Mori氏
         →失敗(失敗カード1枚)

Ab氏がいきなり仕掛ける、別にリーダーが自分をメンバーに入れることに違和感はない
これで皆の中ではAb氏かKoma氏のどちらかがモードレッド側という認識となった
当然、失敗カードを出したのはKoma氏だと主張するAb氏(笑)

<第2クエスト(選抜人数3人)>
1回目 リーダー:Kawa氏
         ○Ab氏、○Kawa氏、●、●Koma氏、●Mori氏
         →反対多数にてリーダー変更

私もメンバーに選ばれていたが、これは反対する一手
考え方にもよるが、Ab氏、Koma氏のどちらか1人がモードレッド側と考えれば、
Kawa氏、私、Mori氏の中にも1人モードレッド側がいることになるだろう
それをあえて述べることで、自然にリーダーのKawa氏へ疑いを向けることができる

2回目 リーダー:私
         ●Ab氏、○Kawa氏、○、○Koma氏、○Mori氏
         →失敗(失敗カード1枚)

先程の流れから、Kawa氏を外しKoma氏の真偽を確かめるふりをして失敗を出す私(笑)
私が含まれていても、当然ながらKoma氏と敵対を示しているAb氏は反対
これはいける!ただ1点気になる点が…マーリンが誰かわからない
マーリンがいるならばもう1票反対が出ていてもおかしくない、このマーリン…できる

<第3クエスト(選抜人数2人)>
1回目 リーダー:Koma氏
         ●Ab氏、●Kawa氏、●私、○Koma氏、○Mori氏
         →反対多数にてリーダー変更

ここでKoma氏はまだ失敗に関与していないKawa氏を選抜、これは妥当だろう
しかしながら、Kawa氏の信用を貰えずリーダーが流れてしまう

2回目 リーダー:Mori氏
         ○Ab氏、○Kawa氏、○私、●Koma氏、○Mori氏
         →成功

上記と同様の理由で、リーダーが自身とKawa氏を選抜に選ぶのは不思議じゃない?
いや、Mori氏から見れば第1第2クエストの犯人が同一人物(Koma氏)の可能性もあり、
そうなればKawa氏も潔白とはならない、ここは懸けたか

そして、実はここで私はミスを犯している(笑)
ここで私が賛成することはAb氏とKoma氏がモードレッド側だと言っているようなもの
第1クエストの結果からその可能性は低い、気付かれるか…

<第4クエスト(選抜人数3人)>
1回目 リーダー:Ab氏
         ○Ab氏、○Kawa氏、●私、●Koma氏、●Mori氏
         →反対多数でリーダー変更

Ab氏は第3クエストで成功したメンバーに自分を加え、王手をかけるもMori氏が反対
私が賛成を出していればここで勝ちだったか
Mori氏とKawa氏の両方が反対を出すことを恐れ、様子見してしまった(笑)

まずい、次のKawa氏が正解を導いたら…
第3クエストの結果からKoma氏目線で私とAb氏がモードレッド側なのは確定している
Mori氏もAb氏を疑っているということは、Koma氏が仲間だと思っているということだ

2回目 リーダー:Kawa氏
         ○Ab氏、○Kawa氏、●私、●Koma氏、●Mori氏
         →反対多数でリーダー変更

ここで迷ったかKawa氏がAb氏と同じ選抜をし、同じくMori氏が反対(笑)
そして、ついにリーダーが私の番

3回目 リーダー:私
         ○Ab氏、○Kawa氏、○、●Koma氏、●Mori氏
         →失敗

resi4.jpg


無事、Ab氏が賛成票に入れ、Kawa氏の信用も得ることができ、無事失敗(笑)
よって結果、モードレッド側の勝利

    アーサー王側:Mori氏(マーリン)、Kawa氏、Mori氏
【勝利】モードレッド側:私(暗殺者)、Ab氏

Mori氏かKoma氏がマーリンだとは思っていたが、Mori氏だったか
やはり第2クエストで失敗させたのは、マーリンを隠すためだったようだ

とは言え5人プレイだと実質3分の1でマーリンを当てることができてしまうため、
マーリン以外のアーサー王側がマーリンっぽく振る舞うことも大事である
人数的には6~7人くらいがちょうどいいんじゃないかなと思った

これは、ただでさえ面白いレジスタンスにこれしかないという要素を詰め込んだ傑作
そして、他にも役職を入れるヴァリエーションがあり、更に楽しめる仕様だ

まあ当分はこの通常役職で十分かと思われる、またやりたい

レジスタンス:アヴァロン プレイ記2 Part1

私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人でレジスタンス:アヴァロンをプレイ

resi2_1.jpg

私の引いた陣営はアーサー王側、誰がアーサー王側かモードレッド側かもわからない
赤字:リーダーが選んだメンバー)
(○:選ばれたメンバーに対し賛成、●:選ばれたメンバーに反対)

<第1クエスト(選抜人数:2人)>
1回目 リーダー:メシ
         ○メシ、○クマ、○私、●トモ、○ニュクス、○ケント
         →成功

自分が選ばれているのにも関わらずトモは反対
しかし多数決によりクエストに参加した結果は成功
さて、トモの真意は…いやトモのことだから何とも言えない(笑)

<第2クエスト(選抜人数:3人)>
1回目 リーダー:クマ
         ○メシ、○クマ、●私、○トモ、○ニュクス、○ケント
         →失敗(失敗カード1枚)

さっき成功したメンバーに自分を加えたクマ
悪くないと思うが、さっきのトモの反対も気になるので私は様子見の反対票
結果は失敗…これで成功していたら私が疑われるところだったか

<第3クエスト(選抜人数:4人)>
1回目 リーダー:私
         ○メシ、●クマ、○、●トモ、○ニュクス、○ケント
         →失敗(失敗カード1枚)

私は先程クマがリーダーで失敗したことからクマを外した4人を選抜
流石にここでアーサー王側だけを選びきるのは無理だろう
ここでモードレッド側を2人入れられればいいのだが…
結果は失敗、だがメンバーに選ばれていないニュクスが賛成票に入れていることに気付く
これはニュクス相当怪しい、それともモードレッド側が2人含まれているという判断か?

<第4クエスト(選抜人数:3人)>
1回目 リーダー:トモ
         ○メシ、○クマ、●、○トモ、●ニュクス、○ケント
         →成功

もう後がない状況で最初に失敗したメンバーの内2人を入れたトモ
私はニュクスが怪しく、トモもまだ確信が持てなかったので様子見の反対
おそらくアーサー王側であるケントまでリーダーを回したかった
結果は無事成功…ということはこの3人はアーサー王側確定か

<第5クエスト(選抜人数:4人)>
1回目 リーダー:ニュクス
         ○メシ、●クマ、●、●トモ、○ニュクス、○ケント
         →反対多数によりリーダー変更(半分が反対なら変更)

とりあえず第4クエストの結果よりメシがモードレッド側は確定したと見ていい
そして、私は先程述べた理由からケントよりニュクスを怪しんでいるので当然反対
ていうかケントも自分が選ばれていないのに賛成て(笑)

2回目 リーダー:ケント
         ●メシ、○クマ、○、○トモ、●ニュクス、○ケント
         →成功

最後はケントが第4クエスト成功の3人に自身を加え、無事成功
さっきの投票で一瞬ケントがモードレッド側かと焦った
しかし本当の勝負はここからである
モードレッド側はニュクスとメシ、マーリンを暴かれれば逆転負けしてしまう

resi2_2.jpg

結果、トモがマーリンだと当てられモードレッド側の勝利

    アーサー王側:トモ(マーリン)、クマ、ケント、私
【勝利】モードレッド側:ニュクス(暗殺者)、メシ

やはり第4クエストで、絶妙なメンバーを選ばせてしまったのが悪かったか
何より私がトモを疑って割と反対票を出していたため、マーリンを装えなかった
途中までのメシの潜伏も上手かった、これは完敗

レジスタンス:アヴァロン プレイ記2 Part2

私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人でレジスタンス:アヴァロンをプレイ2戦目

19_9.jpg

私の引いた陣営はモードレッド側、最初にケントがモードレッド側であることも確認
赤字:リーダーが選んだメンバー)
(○:選ばれたメンバーに対し賛成、●:選ばれたメンバーに反対)

<第1クエスト(選抜人数:2人)>
1回目 リーダー:メシ
         ○メシ、●クマ、○私、●トモ、○ニュクス、○ケント
         →成功

今回もリーダー自身+αで選ぶ王道パターン
しかし、トモはまたもやいきなり反対…またマーリンか?笑
そして、さりげなく反対票を出しているクマ

<第2クエスト(選抜人数:3人)>
1回目 リーダー:クマ
         ●メシ、○クマ、○私、○トモ、○ニュクス、●ケント
         →失敗(失敗カード1枚)

ここで反対票を出しておいて失敗させるケント、これは上手い
さっきの成功も利用してこれはクマに疑いを向けるチャンスか?

<第3クエスト(選抜人数:4人)>
1回目 リーダー:私
         ●メシ、●クマ、○、●トモ、●ニュクス、○ケント
         →反対多数によりリーダー変更(半分が反対なら変更)

レジスタンスにおいて、モードレッド側同士が敵対して見せるのは有効
私はあえてケントを疑っているふりをして、ケントを外した選抜
しかし、ここで票がきっぱり2・4に分かれてしまう、悪手だったか

2回目 リーダー:トモ
         ○メシ、○クマ、●私、○トモ、○ニュクス、●ケント
         →成功

先程の投票結果より、私とケントが早くも疑われてしまう展開に
完全にアーサー王側の正解を導かれてしまい、なんなく成功


<第4クエスト(選抜人数:3人)>
1回目 リーダー:ニュクス
         ○メシ、○クマ、●私、○トモ、○ニュクス、●ケント
         →成功

もう先程の流れから、余裕の同じメンバー選抜
第4クエストにして早くもアーサー王側3勝

まだマーリンを当てれば逆転できるが、情報が少ない…暗殺者は私
いや整理して考えればわかるはずだ、何故なら私はブログ用にメモを取っているから(笑)
第1クエストでケントが入った選抜に反対したトモかクマがマーリンか?
いや、それなら第1クエストで反対しておいて第2クエストで賛成を出すのはおかしい
何より第2クエストの選抜でケントを選んでいるクマがマーリンはない
メシがマーリンなら第1クエストから逆順に座っているモードレッドをわざわざ選ばない
なら残る答えは1つ、第1第2クエストと潜伏しておいて第3クエストで反対し、
そして、票がアーサー王側とモードレッド側に分かれたように誘導した犯人…
(このゲームで言う犯人は私とケントですが笑)

resi2_3.jpg

マーリンはニュクスだ!逆転勝利!

    アーサー王側:ニュクス(マーリン)、メシ、クマ、トモ、
【勝利】モードレッド側:私(暗殺者)、ケント

とは言え、あくまで可能性の話でニュクス以外がマーリンであることも十分ありえた
とりあえず今回は当たってよかった
そして、実は私がまだマーリンをやったことがないので次回こそはマーリンを引きたい
まあ運なので仕方ないけれど(笑)

レジスタンス:アヴァロン プレイ記3

私、ニュクス、カニ、ジラ氏、ゲン、カピバラの6人でレジスタンス:アヴァロンをプレイ

~1戦目~
P1040388.jpg

未だに一度もマーリンをやったことのない私
頼む、マーリン来いマーリン来い…という願いも敵わずただの人(笑)
私が親スタートでまず自分と左隣のジラ氏でクエストに挑戦して成功するも、
次のジラ氏が左隣のカニでなく私の右隣のニュクスを選ぶ、少し怪しい
しかし、次のカニが親で失敗し考えを改める、これはジラ氏マーリン、カニ悪か?
そうは思いつつも途中で確実に悪側がいる状況で承認を出したゲンを疑ってしまう
結果、悪側が3勝しカニ、カピバラの勝利

~2戦目~
P1040389.jpg

頼む、マーリン来いマーリン来い…はい、普通に悪側でした
また私が親から1クエスト成功2クエスト失敗からの流れだったが、
迷いながらも3クエスト目で悪側を外した選抜をしたカニがマーリンっぽい
結果、正義側が3勝したが、カニ=マーリンを見抜き私、ニュクスの悪側が勝利

~3戦目~
P1040390.jpg

頼む、マーリン来いマーリン来い…お、なんか書いてるけど暗殺者(笑)
今回はパーシヴァルを入れて正義側を少し強化
パーシヴァルは最初からマーリンが見えている
カピバラ親から始まり、1クエスト成功2クエスト失敗のおきまりパターン
クエストに失敗した親ニュクス=マーリンの可能性は低いと見るが、
その失敗クエストにカピバラは承認していたり、
ジラ氏、カニの選抜には悪側のゲンが入っていたりとマーリンがわからない
3クエスト目でカピバラが迷いながらも悪側を外した選抜をし、正義側が3勝
カピバラならマーリンでも長考しかねないと思い暗殺対象に選ぶも、
まさかのパーシヴァル、そしてマーリンはニュクス、これは2人ともファインプレー
正義側のカピバラ、ニュクス、ジラ氏、カニの勝利

~4戦目~
P1040392.jpg

今度は悪側にモルガナも加えての4戦目
パーシヴァルはマーリンとモルガナの2人が見えるがどちらかはわからない
頼む、マーリン来いマーリン来い…キターーー(゜∀゜)ーーー!
しかし、悪側は私の左隣のジラ氏と右隣のニュクスで私が親スタート
今まで通り自分と左隣を選ぶ簡単レジスタンスにしなければ逆に疑われるだろう
そして、私とジラ氏のクエストで案の定失敗
次のジラ氏親は一旦流れるも、次のカニ親で悪側のジラ氏とニュクスが両方選抜
流石にこれは悪側も控え、クエスト成功…あれ、これ私が疑われるんじゃね
親がゲン→カピバラと流れ、次の親ニュクスが4人選抜し失敗、これはヤバい

…と、ここでカニがまさかのパーシヴァル宣言、ニュクスがモルガナであると摘発
大事なクエストを失敗させたニュクスはマーリンかモルガナなので悪側になるということだ
そして、カニは当然口には出さないがマーリンが私だとわかったことになる
マーリンの私にとってこれほど心強いものはない、あなたが神か(笑)

だが、問題はここからである、正義側のゲンとカピバラにはマーリンが見えていない
第3クエストでニュクスは自分とジラ氏も含めており、出た失敗は1枚
確率的には私よりジラ氏の方が正義側に見えているだろう
これはまずい、第4クエストで私はカニ、ゲン、カピバラの確定3人選抜で成功させるも、
第5クエストでカニが選んだ正義側4人にゲン、カピバラが否決…何故パーシヴァルに反対した
カピバラを説得し、なんとか第5クエストを成功させるもマーリンの私が暗殺され終了
悪側のニュクス、ジラ氏の勝利、悪側の連携が息ピッタリでこれは厳しかった

実際、悪側のミスがなくジラ氏を悪側と判断するのはなかなか難しかっただろう
付け入る隙が唯一あったとすれば第3クエストでカニはニュクスのマーリン判断のため、
ゲン、カピバラの親を否決して流したことからゲンとカピバラがマーリンではないことになり、
1失敗の状況で第2クエストのニュクス入り選抜に承認を出していたジラ氏もマーリンでない、
よってマーリンは私だとゲンとカピバラが気付いてくれれば…などというのは神業に近い

やはりカニがパーシヴァルを宣言しない方がカニ=マーリンに見えたのだろうか
それともカニがパーシヴァルと宣言した瞬間に、
私が「んん!?パーシヴァルは私だが…あっ!」みたいなボケを入れればよかったか(笑)
そうすればカニがマーリンでパーシヴァルの振りをしているように見えたかもしれない

なんにせよ奥が深い、深すぎる…そして初マーリンで敗北は悔しい、悔しすぎる
次こそはなんとしてもマーリンで悪を根絶やしにしてくれる(笑)

レジスタンス:アヴァロン プレイ記4

私、カニ、ゲン、ニュクス、I氏の5人でレジスタンス:アヴァロンをプレイ
(この日はレジスタンスアヴァロンを家に置いてきてしまったので別の物で代用してます)

P1040961.jpg

メモを取ってなかったのでかろうじて記憶している最終戦
(多少間違っているかもしれません)

何度かプレイした上で、5人プレイだとマーリンが当てられる率が高いため、
正義側にパーシヴァルを入れてニュクス親スタート

ちなみに私は悪側でゲンも悪側だとわかっている
席順:ニュクス→I氏→私→カニ→ゲン

第1クエスト
リーダー:ニュクス
ニュクス、ゲン選抜
全員賛成で可決
失敗1枚

この時点でとりあえずニュクスかゲンのどちらかが悪側という認識
(私はゲンが失敗させたことを知ってるが)

第2クエスト
リーダー:I氏
I氏、カニ、ゲン選抜
私、ニュクス、カニが反対し否決

ゲンが入っていたが、レジスタンス目線で見れば、
私、I氏、カニの内1人が悪側なので、私が入っていない時点で反対するのは自然

リーダー:私
私、カニ、ゲン選抜
ゲン、ニュクス、I氏が反対し否決

5人戦でマーリンとパーシヴァルがいるならば、
これは平凡な正義側1人をいかに騙すかどうかが勝負
あえて悪側2人を入れることで正義側を混乱させる狙いだが流れる

リーダー:カニ
カニ、ニュクス、私選抜
ゲン、ニュクス、I氏が反対し否決

ここでニュクスが反対、一瞬マーリンかと疑う
マーリンでないのならば、悪側が悪側を入れない考えから私は正義側になり、
カニが怪しいと判断したということか
いや、ニュクスのことだから私も白判断はしていまい、様子見か

リーダー:ゲン
ゲン、I氏、カニ選抜
ニュクス、私、カニが反対し否決

ゲンはレジスタンスの振りをするならニュクスを外すのは当然
そして、私はI氏とカニが入っていれば反対する意思を貫く
ここでボロを出すわけにはいかない

リーダー:ニュクス
ニュクス、私、カニ選抜
全員賛成
成功

リーダーが4回流れたため、これは全員賛成せざるを得ない
私はここであえて成功させ、I氏を悪側と疑わせる策に出る
結局アヴァロンではマーリンさえ見つければ悪側の勝ちであり、
ゲンが疑われる状況なら私が完全白を振る舞えば、それを見破れる者がマーリンと判断できる

リーダー:I氏
I氏、ゲン選抜
私、カニ、ニュクスが反対し否決

私はもうここで先程成功した3人を信じる正義側を演じなければならない
そうなるとI氏が選抜に悪側2人を選んでいるようになってしまうかもしれないが、
それは前のゲームでもI氏は悪側で実際にやっていたので、ないことはない

リーダー:私
私、ニュクス選抜
私、ゲン、ニュクスが賛成で可決
成功

ここでゲンがニュクス入り選抜に賛成を出すが、
そこは悪側が2人含まれているという説明で言い訳できないことはない
というより既に割と疑われているゲンが攪乱するためにやったと見えるだろう
ここで失敗を出せば私が悪濃厚になるためここは更に潜伏

リーダー:カニ
ゲン、ニュクス、I氏選抜ニュクス、I氏、私が反対し否決

カニはここで正義側にまだ余裕があるため、あえて失敗を2枚出させると宣言
これは私は賛成すべきだったかもしれない
ブラフでカニが自分で反対を出すのを警戒してしまった

リーダー:ゲン
ゲン、I氏、カニ選抜
ニュクス、私、カニが反対し否決

ここは今までと同じ理由で私は反対
レジスタンスにおいて悪側同士が敵対するのは有効

リーダー:ニュクス
ニュクス、私、カニ選抜
I氏、カニ、ゲンが反対し否決

第2クエストで成功したメンバーだが、カニが反対
ここでカニが反対する理由をよく考えるべきだったかもしれないと後で反省

リーダー:I氏
I氏、カニ、ニュクスを選抜
私、ゲンだけが反対し可決
成功

手番が来るや否や、I氏は颯爽と3人を選択
よってクエストが3つ成功

完全にノーマークだったI氏が特に考えることもなく、
あっさり正義側を選びきり成功するなんて…

これは流石にI氏をマーリンと疑わざるを得ない
マーリンはI氏だ!

暗殺者ゲンの矛先はI氏へ
しかし、I氏の正体はなんとパーシヴァル…!!

何故だ…何故わかったのだ
失敗クエストに絡んでいるゲンはともかく、
私は第2第3クエストとも潜伏し成功させた

動揺する私、一体何故!?一体どこでわかったというのだ
私に関しては投票も演技も(笑)、一切疑う要素がなかったはず

I氏「そんなの全然見てなかったよ」

私「は?」

I氏いわく、最初にゲンかニュクスが悪側という判断になった時点で、
マーリンであるカニが見えており、消去法で私が悪側であることは確定していたとのこと

P1040963.jpg
(手前:私、右隣:I氏、左隣:カニ)

そうです、私がアホだったのです
あのときゲンを疑うふりをしたのも、成功した瞬間に皆と一緒に歓喜を上げたのも、
全て何の意味もなかったのです

今回、私の存在には何の意味もなく、
ただただI氏にとってはゲンかニュクスのどちらが悪かわからなかっただけ
そう、私はマリオネットのようにI氏の手のひらで踊らされていたのです

既に証拠が揃っていたのも知らず必死でアリバイを語っていた間抜けな私
裁判長I氏は私にあっさりと有罪判決を下し、こう言ったのです
「全然聞いてなかったよ」と…そんな光景が浮かびました

世の中には意味のない行動があるのだということをこの日、身をもって実感しました
私の完敗です、I氏の冷静な判断には参りました

レジスタンス:アヴァロン プレイ記5

私、カピバラ、カニ、ゲン、ニュクスの5人でレジスタンス:アヴァロンをプレイ
脱落者無しの人狼系ゲーム

アーサー王側(正義側)3人とモードレッド側(悪側)2人の疑心暗鬼チーム戦
今回の役職は以下の構成でプレイ

正義側:マーリン、パーシヴァル、アーサーの家来
悪側:暗殺者、モードレッド

Resistance_5_1.jpg

レジスタンス:アヴァロン プレイ記6

私、Mori氏、Yuさん、Momoさん、Yocchanさん、Akiさん、Atsuさん、Koma氏で
レジスタンス:アヴァロンをプレイ

マーリン、暗殺者のみのスタンダード8人プレイ
正義側5人(マーリン含む)対悪側3人(暗殺者含む)の構図

Game39_9.jpg

ちなみに私は正義側、めずらしい(笑)
誰が味方で誰が敵かさっぱりだが、頑張るしかない

Game39_11.jpg

(↓:選抜、○:賛成、×:反対)

◆第1クエスト
(選抜:3人、リーダー:Akiさん、結果:失敗)
  ↓         ↓            ↓
 Akiさん Atsuさん Koma氏  私  Mori氏 Yuさん Momoさん Yocchanさん
  ○    ×    ○    ×   ○   ○    ○      ×

 私はリーダーが自分を選抜に入れないと否決する主義
 でも今回はあえて否決、正義側には疑われるが悪側にはマーリン疑惑を抱かせる戦略で


◆第2クエスト
(選抜:4人、リーダー:Atsuさん、結果:失敗)
       ↓    ↓                 ↓     ↓
 Akiさん Atsuさん Koma氏  私  Mori氏 Yuさん Momoさん Yocchanさん
  ○    ○    ○    ○   ○   ○    ○      ○

 まさかの全員可決、失敗は1枚…早くも後がない状況に
 まずい、投票結果を見ても全く情報が足りない


◆第3クエスト
(選抜:4人、リーダー:Koma氏、結果:再選抜)
  ↓    ↓    ↓                       ↓
 Akiさん Atsuさん Koma氏  私  Mori氏 Yuさん Momoさん Yocchanさん
  ×    ○    ○    ×   ×   ×    ×      ○

 助かった、そしてこれで恐らくだがAkiさんは正義側と判断
 後1回失敗させればいい状況で選抜に選ばれているのに否決、悪側ならしないだろう
 Akiさんが正義側で考えるとKoma氏かYuさんが悪側と考えられる

 Koma氏悪側説→第2クエストは悪側3人ならもっと否決が出るはずなので悪側は2人
        →Atsuさんが悪側なら第2クエストは1人で十分、つまりAtsuさん正義側
        →なので悪側はMomoさんかYocchanさん+Mori氏、Koma氏

 Yuさん悪側説→第2クエストは悪側1人ならAtsuさんの可能性高い、そしてMori氏も悪側
        →第2クエストは悪側2人ならMomoさんとYocchanさんが濃厚


◆第3クエスト(2回目)
(選抜:4人、リーダー:私、結果:再選抜)
  ↓    ↓        ↓                   ↓
 Akiさん Atsuさん Koma氏  私  Mori氏 Yuさん Momoさん Yocchanさん
  ○    ○    ×    ×   ×   ×    ○      ○

 第1クエストで否決したYocchanさんは少しだけ正義側率が高いか
 そして第2クエストの3人を再び選抜したKoma氏がやや怪しい、と考えたものの
 自信がありませんでした…結局自分で否決


◆第3クエスト(3回目)
(選抜:4人、リーダー:Mori氏、結果:再選抜)
  ↓    ↓            ↓               ↓
 Akiさん Atsuさん Koma氏  私  Mori氏 Yuさん Momoさん Yocchanさん
  ×    ○    ×    ×   ○   ×    ×      ○

 先程の選抜でMomoさんが選ばれていないのに可決したため動揺する私
 やはり私が選んだメンバーの中に悪側がいたのだろうか、ここは一旦流して様子見
 しかし同じクエストは5回まで、強制的にYuさんかMomoさんの選抜で賛成するしかない


◆第3クエスト(4回目)
(選抜:4人、リーダー:Yuさん、結果:成功)
  ↓    ↓        ↓       ↓
 Akiさん Atsuさん Koma氏  私  Mori氏 Yuさん Momoさん Yocchanさん
  ○    ○    ×    ○   ×   ○    ×      ○

 ここでついに成功、悪側がいたならここでごまかす必要はない
 つまりこの4人は正義側確定、逆転なるか


◆第4クエスト
(選抜:5人、リーダー:Momoさん、結果:再選抜)
  ↓    ↓        ↓       ↓    ↓
 Akiさん Atsuさん Koma氏  私  Mori氏 Yuさん Momoさん Yocchanさん
  ○    ○    ×    ×   ×   ○    ○      ×

 このクエストは2人悪側がいなければ失敗しない、のでこれは可決でもよかったかな


◆第4クエスト(2回目)
(選抜:5人、リーダー:Yocchanさん、結果:再選抜)
  ↓    ↓        ↓       ↓           ↓
 Akiさん Atsuさん Koma氏  私  Mori氏 Yuさん Momoさん Yocchanさん
  ○    ×    ×    ○   ×   ×    ×      ○

 おそらくこれが正解、マーリン疑惑を持たせるならここで賛成するしかない


◆第4クエスト(3回目)
(選抜:5人、リーダー:Akiさん、結果:成功)
  ↓    ↓        ↓       ↓           ↓
 Akiさん Atsuさん Koma氏  私  Mori氏 Yuさん Momoさん Yocchanさん
  ○    ○    ×    ○   ×   ○    ×      ○

 ついに成功、これはもうクエストは終わったも同然

Game39_12.jpg

◆第5クエスト
(選抜:5人、リーダー:Atsuさん、結果:成功)
  ↓    ↓        ↓       ↓           ↓
 Akiさん Atsuさん Koma氏  私  Mori氏 Yuさん Momoさん Yocchanさん
  ○    ○    ×    ○   ×   ○    ×      ○

 当然Atsuさんも先程と同じメンバーを選抜し正義側の3勝

Game39_13.jpg

しかし本当の勝負はここから、悪側にマーリンを当てられたら逆転勝利されてしまう
マーリンはYocchanさん?私も確信が持てない

Game39_14.jpg

なんと暗殺者のKoma氏がなんとマーリンのAkiさんを当て、悪側の逆転勝利

正義側:Akiさん、Atsuさん、私、Yuさん、Yocchanさん
悪側:Koma氏、Mori氏、Momoさん

私=マーリン説もMori氏に見抜かれ惑わすことができなかった
やはり第3クエストで自信を持って可決すべきだったと反省
それにしても悪側を選抜に選んでいたAkiさんがマーリンとは、私も完全に裏をかかれました

そしてそれを当てたKoma氏
後で聞くと「悪側を選んでたことなんて完全に忘れてたよ」とのこと…恐るべし(笑)

最後の最後までどちらに転ぶかわらかないのがこのゲーム、だからこそ面白い
プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
11/9(土)13:00~20:00
12/14(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
553位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
19位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-