FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ スコットランドヤード
CATEGORY ≫ スコットランドヤード
      

スコットランドヤード

スコットランドヤード〈Scotland Yard〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.0

Ravensburger スコットランドヤードRavensburger スコットランドヤード
()
カワダ

商品詳細を見る

プレイ人数:2~6人
プレイ時間:45分
対象年齢 :10歳以上
備考   :ドイツのゲーム
      1983年ドイツゲーム大賞 1位


その姿を見た者はおらず、その名前を知る者もいない

だが、確かに存在する怪盗…「X」

その逮捕に向け、5人のロンドン市警が立ち上がった

移動に必要なのは「タクシー」「バス」「電車」の交通手段

各プレイヤー駒を動かし、ロンドンの街を駆け巡るが怪盗Xの駒は…見えない

正確には怪盗Xの駒は数ターンに一度だけ置かれる

その他にわかる情報は、怪盗Xの使用した交通手段のみ

そこから怪盗Xが今どこにいるのかを推理し、5人で協力して追跡する警察達

しかし、怪盗Xも「2回移動」や「交通手段隠蔽」などの特殊行動を、ゲーム中に数回だけ使用でき、捕まえるのは容易ではない

猶予は24時間(24ターン)、それまでに警察は怪盗Xを逮捕できるのか

怪盗Xの戦略が勝つか、警察のチームワークが勝つか

最後まで攻防が熱い、1対5の半協力型ボードゲーム

スポンサーサイト



スコットランドヤード東京

スコットランドヤード東京〈Scotland Yard Tokyo〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.0

ラベンスバーガー スコットランドヤード東京 266357ラベンスバーガー スコットランドヤード東京 266357
(2014/06/28)
カワダ

商品詳細を見る

プレイ人数:2~6人
プレイ時間:45分
対象年齢 :8歳以上
作者   :〈Projekt team Ⅲ〉
備考   :ドイツのゲーム


1983年にドイツゲーム大賞を受賞したスコットランドヤードの東京版
マップが違うのみで基本的なシステムは同じ

電車、バス、タクシーのチケットを使って移動し、
警察は姿の見えない怪盗Xを追い詰める

怪盗Xの2回連続移動や、どの乗り物でも代用できるブラックチケットのフェリー移動もそのまま
本家に比べ警察が1人少ないヴァリエーションやビギナーズルールなどもある

本家に飽きた人や日本マップに興味がある人にお薦めの新版です

スコットランドヤード東京 プレイ記1

私、カニ、ジラ氏、ドゥワイで、スコットランドヤード東京をプレイ
姿の見えない怪盗Xに対し複数の警察で追い詰めるゲームの東京版
スコットランドヤードは1983年にドイツゲーム大賞で1位に輝いた名作

Game46_1.jpg

ついに、この日がやってきてしまった
私が封印したゲームをこのような形で再びプレイすることになろうとは

本家において、私達の中で行き着いてしまった1つの見解
「怪盗Xが勝つの…無理」

しかし、怪盗Xを担当するのは楽しい
そして、一度でいいから逃げ切ってみたいという願望
果たしてリメイクされたこの作品で日の目を見ることができるのか

P1070923.jpg

怪盗X:ジラ氏、警察4人:私、カニ、ドゥワイ
この版では警察側は1人1個ずつの警察駒と上の画像のような警察駒〈巡査)を使う
本家に比べ警察が1人少ないのは調整によるものだろうか(でも5、6人プレイなら警察5人)
でも巡査でチケットフリー(何回でも乗れる)だとか、強い

P1070938.jpg

後は本家同様、普通に電車・バス・タクシーのチケットを使って移動する

P1070922.jpg

怪盗Xもチケットフリーだが、移動手段を隠せるブラックチケットや2回連続移動ができる
数ターンに1回しか姿を現さないためブラックチケットは有効、警察の捜査をかき乱せる

P1070928.jpg

ゲーム開始後、3ターン目まで怪盗Xは姿を現さない
そこで当然2ターン目終わりに広範囲移動の電車マス上へと警察達を移動

P1070929.jpg

フリーチケットの巡査をできるだけ電車間で移動させながら、
怪盗Xを東へと追い詰める警察達

P1070930.jpg

スコットランドヤードの定石(?)、近付き過ぎず間合いを取る
フェリーや電車など主要ポイントの可能性だけ潰しておけば大きく逃げられることはない
そして、姿を現すタイミングで詰めよればいい

P1070937.jpg

追い詰められるジラ氏、しかしまだブラックチケット3枚と2回移動が1枚残っている
次の姿を現すタイミングから2回移動で安全圏に逃げることができればまだいけるか

P1070935.jpg

と思った瞬間、ドゥワイがドンピシャで止まりあえなく御用
やはり勝負に出ていたか、とは言えこの辺りで賭けに出ないと勝ち目はなかっただろう

そのままうろうろしていても私が北、カニが西、ドゥワイが南を固めている以上
フリーパスの巡査に詰め寄られて捕まるのは時間の問題なので勝負に出るしかない

やはり警察4人でも怪盗Xが勝つのは厳しいか
いつか怪盗Xが勝てる日は来るのだろうか

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
8/31(土)13:00~20:00
10/5(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
611位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
22位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-