FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年04月
ARCHIVE ≫ 2013年04月
      

≪ 前月 |  2013年04月  | 翌月 ≫

キャット&チョコレート/ビジネス編

キャット&チョコレート/ビジネス編〈Cat & Chocolate / Business is Business〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.0

キャット&チョコレート/ビジネス編キャット&チョコレート/ビジネス編
()
cosaic

商品詳細を見る

プレイ人数:3~6人
プレイ時間:20分
対象年齢 :8歳以上
備考   :日本のゲーム「キャット&チョコレート」のビジネス版
      2010年日本ボードゲーム大賞 1位(キャット&チョコレート)


社会人たるものいかなる状況であっても冷静に対処しなければならない

しかし、もし突然のハプニングに巻き込まれた時

あなたの所持品が何の役にも立たないものばかりだったら…

あの爆笑必至のパーティゲーム、キャット&チョコレートのビジネス版

「猫」や「チョコレート」に加え、役に立たないアイテムがリニューアル

通常版とルールは同様、巻き起こるアクシデント(お題)に対し

手持ちのアイテムで打開策を説明し、過半数の同意を得られれば得点する

会社の倒産?リストラ?情報流出?これさえあれば何のその

どんな危機的状況をも逆風に変えるプラス思考で万事解決

この社会の荒波を乗り越え勝ち組となるのは、あなたかもしれない
スポンサーサイト

ディクシット プレイ記1

ディクシットを私(黄)、ゲン(青)、I氏(緑)、カピバラ(白)の4人プレイ

各自6枚のカードを受け取り、いざスタート

私の初期手札、相変わらず不思議なカードばかり

P1000616.jpg

まず親は私から、選んだのは本が山積みのこのカード

ディクシット1

そしてこの絵から連想される言葉を言う、私のキーワードは「ドッサリ」

もちろん何がドッサリなのかは口が裂けても言えない(笑)

そして他のプレイヤーも自分の手札からキーワードに当てはまりそうなカードを裏向きに出す

親の私がそれらを自分のカードと混ぜた後、全員に見えるようにオープン

P1000618.jpg

まずまず…かな

そして親以外のプレイヤーの投票タイム、親のカードを当てた人は得点できる

親の私は全員に当てられなければ(そして1人でも当ててくれれば)得点

P1000620.jpg

I氏(緑)、カピバラ(白)が3番の金貨がドッサリ積まれたカードに投票(笑)

これで親の私(黄)と正解したゲン(青)だけが得点

ちなみにこの時、間違われた3番のカードを出した人にもボーナス得点が発生する

各自手札を1枚補充し親が変わる、ゲンからのキーワードは「抜け殻」

P1000642.jpg

どれも抜け殻のようなそうでないような…これは難しい(ちなみに私が出したのは4番)

P1000643.jpg

迷った末、私は2番のカードに投票、正解は3番…マジですか

次にカピバラからのキーワード「旅人」

P1000644.jpg

見事に全てある意味「旅人」…これはいいお題(私が出したのは4番)

P1000645.jpg

と思ったけど全員3番に投票し全員正解…まあこの中でどれかと言ったら、ね

こんな感じでたんたんと進み、最終結果はこんな感じ

P1000672.jpg

カピバラがぶっち切りでトップ

…ではなく実はこれ、得点表の2周目に突入していたり

ゲン(青)39点、I氏(緑)38点、私(黄)32点、カピバラ(白)20点

きわどい所でゲンの勝利!…I氏のキーワードに対する的確な読みが強かった

単純に考えてる人とそうでない人でカードの選び方が違うから難しい

しかし、だいたい個性もわかってきたので次は勝ちたい



~おまけ~

途中、環境団体に所属するI氏の出したキーワード「温暖化」(番号ふる前に撮ってしまった)

P1000638.jpg

最難問発生…みんな手札に「温暖化」持ち過ぎ(笑)

ちなみに私は一番左の砂漠のカードに投票しました

P1000639.jpg

正解はコレ、地球温暖化により北極の氷が溶けて沈む自由の女神をイメージしたそう、マジか…

ちなみにこれもゲンだけは正解していました(笑)

ワンナイト人狼

ワンナイト人狼〈One Night Werewolf〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.0

ワンナイト人狼ワンナイト人狼
()
ワンナイト人狼

商品詳細を見る

プレイ人数:3~7人
プレイ時間:10分
対象年齢 :10歳以上
備考   :日本のゲーム
      アメリカのゲーム「汝は人狼なりや?」のアレンジ


あの大人数を必要とした人狼ゲームが少人数でプレイできるようになった

役割カードを配り狼側、人間側に分かれて戦う会話だけの心理戦

一夜限り、1回の投票で誰かを吊るだけのスピード決着

狼側は吊られないよう欺き、人間側はなんとしても狼を吊ろうとあぶり出す

狼側は人狼、人間側は村人、占い師、そして怪盗の存在が波乱万丈の展開を巻き起こす

夜のターンに自分と誰かの役割カードを交換できる怪盗により

いつの間にか陣営が変わっているなんてことも…

いったい誰が人狼なのか、自分は怪盗にすり替えられてはいないか

もう疑い出したら止まらない、矛盾した発言に爆笑確実!予想外の展開に仰天連発!

疑心暗鬼ゲームの最高傑作「人狼」の面白さを損なわない凝縮版

白熱しリアルワンナイトになること間違いなし

さあ、あなたは人狼の嘘を見破れますか?

キャット&チョコレート

キャット&チョコレート〈Cat & Chocolate〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.0

キャット&チョコレート/幽霊屋敷編キャット&チョコレート/幽霊屋敷編
()
cosaic

商品詳細を見る

プレイ人数:3~6人
プレイ時間:20分
対象年齢 :8歳以上
備考   :日本のゲーム
      2010年日本ボードゲーム大賞 1位


幽霊屋敷の調査に乗り出すプレイヤー達

しかし、そこには数々の恐ろしい罠が…

次々と起こるアクシデント(お題)に対し手持ちのアイテムでどう切り抜けるか説明するゲーム

アクシデントは超常現象や人外なる者の襲撃など様々

各自3枚のアイテムカードを持ちますが「猫」や「チョコレート」など使えないものばかり

説明の内容に妥当性があるか他の全員でジャッジし、過半数の同意を得られれば得点します

ここで、自分以外のプレイヤーを全てNG判定してしまえばいいと思うかもしれませんが

実はこのゲーム、最初に秘密裏に2つの陣営カードが配られています

そう、今あなたの前で話しているプレイヤーはあなたの仲間かもしれないのです

この公平にジャッジするために存在する陣営ルールが素晴らしい

必要なのはプレゼン力?発想力?それとも運?

使えないアイテムだらけの状況で、苦し紛れの言い訳になることは明白

爆笑必至のパーティゲーム、果たしてあなたはこの屋敷から無事に出られるでしょうか?

ディクシット

ディクシット〈Dixit〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.0

ディクシット(DIXIT)ディクシット(DIXIT)
(2009/03)
Asmodee

商品詳細を見る

プレイ人数:3~6人
プレイ時間:30分
対象年齢 :8歳以上
作者   :ジャン=ルイ・ルビラ〈Jean-Louis Roubira〉
備考   :フランスのゲーム
      2009年フランスゲーム大賞 1位
      2009年スペインゲーム大賞 1位
      2010年チェコゲーム大賞 1位
      2010年ドイツゲーム大賞 1位


今までになかった「想像力」を問われるゲーム
メルヘンチックとも芸術的とも取れる幻想的な絵が書かれたカードだけを使用する

親が手札のカードを1枚選び、その絵から連想される言葉を言い
親以外のプレイヤーはその言葉に最も近い絵のカードを自分の手札から秘密裏に選び
それらを混ぜたあと公開し、親以外のプレイヤーは親のカードがどれか当てるというゲーム

全員が当てたり全員がはずすと親は得点できないため、微妙なニュアンスを用いる必要がある
絵の書かれたカードのみを使うこのゲーム
この絵がまたよくできており、どれも色んな意味合いで受け取れる不思議な絵ばかり

自分の手持ちのカードから連想される言葉を言ったはずなのに
次々と他のプレイヤーの手札からその言葉を連想させるようなカードが飛び出す
人によって表現に個性が出るのもまた面白い

やっているとこの人はこういう感性なんだ、というのがわかってきます
「え、なんでそのカードなの?」「いや、これはこういう意味合いで…」みたいに
誰がどのカードを出したのかわかった後に「ああなるほど」となるのも気持ち良い

勝ち負けよりも内容を楽しめる素晴らしいアイデア、文句なしの傑作です

ゲーム会 感想1 ワンナイト人狼、他

ゲーム会でプレイしたゲームの感想

・ワンナイト人狼
キタ、Mori氏、Ab氏で3人プレイ
入れる人狼が2枚だと知り、実は3人でも十分楽しめることが発覚
ワンナイト人狼支援動画で進行も簡単に

最後は怪盗になり、交換したAb氏が人狼だったので占い師宣言してAb氏を人狼と指摘
するとMori氏が怪盗宣言してきたので、ここでMori氏も人狼だと悟る
改めて本当は怪盗だと宣言し、Ab氏と交換したことをMori氏に伝え強力を仰ぐも
結局Mori氏に信用をもらえず撃沈、いかに信じてもらうのかが大変かわかった…

・キル・ドクターラッキー
キタ、Mori氏、Ab氏、Kawa氏で4人プレイ
最近、鉄板になりつつあるこのゲーム

後半、全員のレベルが上がり過ぎて常にお互い監視し合う状態になったり
失敗カードを出し惜しみしたら、一瞬で決着がついたり
波乱に満ちていて楽しかった

・インカの黄金
キタ、Mori氏、Ab氏、Kawa氏で4人プレイ
軽くて盛り上がるバッティングゲー

初戦は最終ラウンドで最下位の状態から奇跡の逆転し爽快だった
途中、余裕勝ちだったのに欲張って落石に潰されていたMori氏
何が起こるかわからないのがこのゲーム、だから面白い

・キャット&チョコレート ビジネス編
キタ、Mori氏、Ab氏、Kawa氏で4人プレイ
出されたお題に対し、手持ちのカードでいかに潜り抜けるかプレゼンするゲーム
皆のジャッジで決まるため全然解決になってないのにOKになるなんてことも
やはりプレゼンと言えばAb氏、最多のお題4つOKでダントツだった

・髑髏と薔薇
キタ、Mori氏、Kawa氏で3人プレイ
ブラフゲームの鉄板と言えばこれ

途中、Kawa氏の特殊能力によりMori氏がいつ引いても髑髏が出る状態に
Kawa氏の未知なる才能を見た気がする
しかしながらこのゲーム、髑髏を引かせた時のしてやったり感は半端ない

・カタン
キタ、Mori氏、Kawa氏、Mura氏で4人プレイ
このゲームを通らずしてドイツゲームは語れまい

初戦はMori氏とKawa氏が拮抗しギリギリMori氏の勝ち、チャンカ戦略の自分は蚊帳の外だった
2戦目Mura氏にやたら盗賊を置かれたが、まさかの連続⑫レンガ発生でロンゲストロード勝ち
3戦目またしてもMori氏とKawa氏が拮抗し自分は序盤ノーマーク、おかげで漁夫の利を頂きました

・ハゲタカのえじき
キタ、Kawa氏、Mura氏で3人プレイ
インカの黄金よりも更に軽いバッティングゲー
これは出たカードを覚える記憶力も必要だが、やはり駆け引き
いかに消費を抑えて高得点を取るか考えるのが面白い

・ニムト
キタ、Kawa氏、Mura氏で3人プレイ
これの醍醐味はやはりハメ技
小さい数字があるとつい企んでしまう
定石はわからないけど残す数字は偏らせない方がいいのかなと思った

・テラ・ミスティカ
キタ、Mura氏で2人プレイ
今年あちこちで騒がれているゲーム
色んなゲームの要素が盛り込まれているが、醍醐味はスコップ
理屈は全くわからないけどスコップで掘ると地形の色を変えられるこのシステム

最後は私が黒い地形を10個築くもMura氏が最終ターンで赤い地形を11個作り地形は逆転
しかしスコップで地形を変える度に勝利点を得る能力のおかげで結果は104対104で同点
2人でも熱いゲームだったが3人~4人くらいが丁度いいのかなと思った
軽くはないが思っていたほど重くもなかった、これは良いゲーム



また詳しいプレイ記についても追々書きたいと思います

電力会社プレイ記1

電力会社を私(黄・下)、ゲン(青・左上)、I氏(赤・右上)の3人でプレイ

おおまかなルールは電力会社ルール概要を参照

ボードはドイツマップを選択

画像15

最初の発電所購入、私はとりあえず石油火力発電所を購入

資源が多く必要だけどこれだけで2つの都市を発電できて強力

ゲンは石油・石炭複合火力発電所購入…石油でも石炭でも発電できて便利

環境団体に所属するI氏はゴミ火力発電所購入…化石燃料に手を出さないとはさすが(笑)

画像16

次の発電所購入で私は石炭火力発電所も購入、これも2都市発電タイプ

しかし見計らったようにゲンも石炭火力発電所購入、まずい…石炭の価格が高騰する

ここでI氏が新たに市場に出た風力発電所を購入、これもまた強力

画像17

発電所カードに必要資源のシンボルがない

そう、風力発電所は購入さえしてしまえば発電するのに資源が必要ないのである

I氏が節約モードに入る中、私は必要資源が多いため自給自足が精一杯の状況に

画像18

そうこうしている内にゲンが石炭市場を独占、私は更なる苦汁を強いられることに

画像19

I氏はと言えば、もはやゴミ火力発電所すら捨て完全エコ発電体制に…なんだコレ(笑)

画像20

追いつめられたキタ電は、ついにアレに手を出す…原子力発電所を購入(一番左)

原子力発電に必要なウランは序盤高いが後半になるほど手の届く価格に、そして発電効率も良い



 幹部「社長!市民は反対しておりますぞ!」

 キタ「やむを得ん、我々の存続のためにはこれしかないのだ」



環境団体の視線を無視し、核に手を出すキタ電…これで巻き返しを図る

画像21

一方、エコ発電で順調に都市数を伸ばすI電

離されることなくピッタリその後ろにつくゲン電

それを追いかけるキタ電

都市数が多くなるほど資源購入や都市建設が後手になるため状況は拮抗、事態は終盤戦へ

画像22

I氏は発電数を伸ばすため4都市発電可能なゴミ火力発電所を購入

相変わらずの環境重視、それでもゴミはI氏しか使用していない独占市場、強い

画像23

私も次々と市場に登場する強力な発電所を購入

もう発電所の煙突から出ている煙がなんだか凄いことに(笑)

ただ、序盤で資金不足に追われたキタ電は都市がまだ12都市しかなく、資源を持て余す状態

ここで終盤にしか市場に現れない唯一の発電所が波乱を呼ぶ

画像24

未来発電所?もう発電所の描写からツッコミどころしかない(笑)

建物のてっぺんに雷マーク、まさか雷発電?

画像25

ゲンがこの無条件に6都市発電できる未来(雷)発電所を購入し事態は一転

ゲン電が15都市発電可能な大企業となり勝利に王手をかける

しかし、ここで黙っているキタ電ではない

無題3

ゲン電が石炭を必要としていることに目をつけ、キタ電が石炭を買い占め

突然のオイルショック状態により、ゲン電の石炭火力発電所が稼働停止に

キタ電の陰謀により流れが変わる

…かに見えた

無題2

ここで突然I電が不穏な動きを見せる

ここまで完全な環境施策を取り続けたI電が市場に出た石油火力発電所をすかさず購入

しかも石油火力発電所の中で最高発電力を誇る6都市発電

これでI電が17都市発電可能に、更にはエコ発電で貯めていた資金で一気に17都市建設

予想外の事態に私、ゲンとも呆然



自動的に最終ラウンドとなり17都市発電したI氏の勝利!

…今回の敗因は環境団体が土壇場で有限資源(化石燃料)に手を出したことでした(笑)



バリエーション豊富な発電所選びの楽しさと

最後までわからない展開が面白かった

次こそはリベンジしたい…核の力を使ってでも(笑)

電力会社ルール概要

電力会社のルール概要

ルール概要とプレイ記を両方書くと長くなるので大まかな説明のみ

まずプレイヤーは50エレクトロ(紙幣の単位)を受け取りゲームスタート

電力会社10

ボードはこんな感じ、けっこう大きいです

これがドイツマップで裏面がアメリカマップになっています
(ゲームを始める前にどちらか選択します)

電力会社2

まずプレイヤーは発電所カード(以下、発電所)を1枚購入できます

このように8つの発電所が常に並びますが、購入できるのは上段の4枚のみ

下段の4枚は次に購入できるようになる発電所を表しています

価格はカード左上の数字を最低価格として購入するプレイヤーが任意で決定します

そして時計周りに次のプレイヤーがそれより高い価格を宣言すると、次のプレイヤーにその発電所の購入権が移ります

このようにオークション形式で最も高い値を宣言した人がその発電所を購入します

もちろんオークションで負けても残った発電所から1人1枚は購入できます
(発電所を買わないという選択肢もあり)

初めてプレイする方はとりあえず最低価格で買っておけばいいでしょう

購入した発電所は自分の前に置きます(所持できるのは最大3枚まで)

4枚目の発電所を購入する場合、1枚捨てます

電力会社3

次に発電に必要な資源を資源市場表から購入します

資源は石炭(茶色)、石油(黒)、もやせるゴミ(黄色)、ウラン(赤色)

資源の価格は資源市場表に書かれた数字(コインマーク)で決まりますが、右にいくほど価格が上がっているのがわかります

プレイヤーは左側に置いている資源から順に購入するため、同じ資源でも後に買う人ほど価格が高騰するのです

電力会社4

購入した資源は先ほど購入した発電所の上に置きます

プレイヤーは自分が持つ発電所に描かれた資源のみを、描かれている資源マークの数×2まで所持することができます
(これは石油マークなので、石油を6つまで所持できます)

また、この資源マークの横に書かれた家マークの数字は、その資源を消費して発電可能な都市の数を表しています
(この場合、石油を3つ消費して2都市まで発電可能であることを表しています)

電力会社5

次に電力を供給する都市を建設します

このように地名の書いているところにお金があれば何軒でも建てることができます
(都市は1つ10エレクトロ)

ただし2軒目以降は既に建てている都市から次に建てる都市までの電力網代を払う必要があります

画像でライプツィヒ→ハレに建てる場合10+10で20エレクトロで済みますが、ライプツィヒ→ドレスデンと建てると10+13(電力網代)+10で33エレクトロかかります

ちなみにこのゲーム、第1~第3ステージという区切りがあり、始めのうちは(第1ステージでは)1つの地名には1つの都市しか建てられません

電力会社6

この都市接続表で常に各プレイヤーの都市数はチェックします

もし誰かが7軒目の都市を建てたらゲームは第2ステージという扱いになり、1つの地名に2人目のプレイヤーが都市を建設できるようになります
(1つの地名に2人目が都市を建てる場合は15エレクトロ)
※尚、1人のプレイヤーが1つの地名に2軒建てることはできません

建設が終わると次に収入を得られます

各プレイヤーはここで先ほど述べたように、発電所に従い資源を消費して自分の建てている都市に電力を供給します

ここで供給できた都市の数に応じて収入が得られます
※ちなみに資源が余分にあっても発電所が発電できるのは記載された都市数までです

収入を得た後は資源市場表に一定数の資源の補充と、発電所カードを更新します(一番大きな数字を山札の底に置き、新しい発電所カードを引く)

ここまでが1ラウンドという扱いで基本的にはこれを繰り返します

電力会社7

またラウンドの最初にはプレイの順番が変わります

プレイの順番はこのプレイ順番表で表され、多く都市を建設している人ほど早くなります

ここで重要なのはプレイの順番が早い方が実は不利だということです

最初の発電所購入のみ、この順番で購入権がありますが、その後の資源購入と都市建設は、このプレイ順番表の逆順になります

つまりプレイ順番表で早い位置にいる程、高騰した価格で資源を買わなければならなかったり、建てたい地名に他のプレイヤーが先に都市を建ててしまうことがあります

なのでこの辺りの駆け引きが重要と言えます

電力会社13

尚、第2ステージと違い第3ステージになるタイミングは、発電所の山札から第3ステージカードを引いた時となります

第3ステージになると1つの地名に3人目のプレイヤーが都市を建てることができます
(ただし3人目は20エレクトロかかります)

また購入できる発電所のレベルも上がるので、ここからが本番です

そして誰かが17軒目の都市を建てたラウンドが最終ラウンドになるのですが、17軒目を建てた人が勝利するわけではありません

最終ラウンドで最も多く都市に電力を供給できた人が勝つのです

つまり17軒以上の都市を建てたとしても資源不足だったり、発電所の能力で他のプレイヤーより劣っていると勝つことができないのです

なので後半になると発電都市数の多い発電所が物凄く高騰したり、他人を勝たせないように資源を買い占めて枯渇させたり、激しい争いになることは間違いありません

さあ、この現実的とも言える競争の中であなたは最高の電力会社を築けるでしょうか

電力会社

電力会社〈Power Grid〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5

電力会社 完全日本語版電力会社 完全日本語版
(2010/09/04)
アークライト

商品詳細を見る

プレイ人数:2~6人
プレイ時間:120分
対象年齢 :12歳以上
作者   :フリードマン・フリーゼ〈Friedemann Friese〉
備考   :ドイツのゲーム
      2004年国際ゲーマーズ賞 ノミネート
      2004年トリックトラック賞 ノミネート
      2004年ミープルチョイス賞 2位
      2005年ドイツゲーム大賞 推薦リスト
      2007年ポーランドゲーム大賞 1位
      2008年チェコゲーム大賞 ノミネート
      2009年スペインゲーム大賞 ノミネート
      2010年金のルド賞(ベルギー) ノミネート
      2010年オランダゲーム大賞 1位


ドイツゲーム大賞こそ取ってはいないものの

BGGにて10位以内の評価を維持する名作中の名作

プレイ時間さえ短ければ各賞を総ナメにしていたのではないでしょうか

発電所を作り都市への発電網を広げていくゲーム

発電所を購入し、発電するために必要な資源を購入し

発電した電気を供給する都市を購入します

そして発電することで得た収入でどんどん勢力を拡大させていきます

発電所は48種類もあり発電所選びもこのゲームの醍醐味の一つ

発電所によって発電に必要な資源が異なり(石炭、石油、燃やせるゴミ、ウランの4種)

プレイヤーが必要とする資源が被ると資源の価格が高騰するという現実的なシステム

カタンのように建設と見返りを繰り返す発展系のゲームですが

都市を多く建てている人ほどターンが後回しになるという帳尻合わせが

完璧なゲームバランスとプレイヤー同士の駆け引きを生み出しています

発電所購入も他人が買おうとした発電所に価格を上乗せすることで購入権を得るという

他のゲームにないオークションシステムも見ものです

プレイ時間が2時間程度かかりますが

実際やってみると発展させるのに夢中で気が付いたら過ぎているという印象でした

この手の重厚系ゲームで6人までできるというのもかなり珍しいでしょう

もし時間が充分にある時なら選んで間違いないゲームです

大賞予想2013

今年も7月頃にドイツゲーム大賞が発表されるので大賞予想



私は今年のドイツゲーム大賞に上がってくるのは

ツォルキン:マヤ神聖歴/Tzolk'in: The Mayan Calendar」と予想します

pic1413480_t.jpg  pic1627267_t.jpg

未プレイですがボードに歯車を使った斬新な発想が面白い

少し重そうなのでこっちがエキスパート賞の可能性もありますが

テラ・ミスティカよりはプレイ時間が短いのでこちらかなと思いました



エキスパート賞には
テラ・ミスティカ/Terra Mystica」と予想します

pic1356616_t.jpg  pic1604554_t.jpg

未プレイですが英語でルール説明してる動画を友達が訳してくれたので

カタンのような発展系でかつバリエーション豊富な印象を受けました

各方面での評価も高いのでこれかなと思います

ちなみに購入したので誰かやりましょう



他にも「十二季節の魔法使い/Seasons」や「キーフラワー/Keyflower」なども

ノミネートされそうですね

先日、日本ボードゲーム大賞を取った「ラブレター/Love Letter」は選考に入るのかな

個人的には「シティ・オブ・ホラー/City of Horror」も面白かったです

多分ノミネートされそうにないですが(笑)



まあほとんど未プレイなので全部外れるかもしれませんが

毎年こういう予想をするも面白いかなと思います

もしボードゲーム通な方がおられましたら予想してみて下さい

ドイツゲーム大賞

ドイツゲーム大賞と聞いてピンと来ない方のために補足です
ドイツゲーム大賞は年に1度ドイツで行われ
その年の最も面白いボードゲームを決定する大きな選考です

ドイツゲーム大賞はドイツ以外の国のゲームも含んで審査されます
大賞作品(1位)とノミネート作品(佳作)がいくつか選出されますが
ここに選ばれることはとても名誉あることだと言えるでしょう

ドイツゲーム大賞は審査員が厳選な評価の上で決定するため
家族でも楽しめるような万人受けのゲームが選ばれる傾向にあるように思います

ドイツゲーム大賞とは別にゲームファンの投票で決められるドイツゲーム賞というのも
年に一度あり、こちらはゲーマー向けの難しいゲームが選ばれる傾向にあります

・ドイツゲーム賞のロゴ
ドイツゲーム賞

それぞれ違うイベントなので、もちろん両方を受賞する作品もあります
ちなみに2011年からドイツゲーム大賞の選考にエキスパート賞という部門ができたため
難易度の高いゲームもエキスパート賞として選ばれるようになったようです
尚、ドイツゲーム大賞には他にも子供向けゲームのキッズ部門というのもあります

・ドイツゲーム大賞のロゴ(赤:ゲーム大賞、黒:エキスパート賞、青:キッズゲーム大賞)
ドイツゲーム大賞

これらのいずれかのロゴマークが入ったボードゲームをもし見つけたら
それは非常に評価の高い作品だということです

最近では様々な国でゲーム大賞のイベントが行われていますが
ボードゲーム大国のドイツがその規模では一番大きいと言えます
つまりドイツゲーム大賞作品はその年の世界一のゲームと言っても過言ではないのです
ボードゲームファンならチェックしておいて損はないでしょう

 →過去のドイツゲーム大賞作品

アルカトラズ・スケープゴート プレイ記1

私、カニ、ジラ氏でアルカトラズ・スケープゴートのプレイ

今回は私、カニ、ジラ氏の3人でプレイ、なので脱獄できるのは2人だけ
ボードはこんな感じの4×3枚でゲーム毎に配置がランダムに変わります

アルカトラズ1

1枚1マスでこの12マス(12部屋)上でプレイヤー駒(画像の円柱)を動かす(斜め移動可)
青い立方体は看守駒でこれが多い部屋は行動が制限されます
ボード配置、プレイヤー駒の初期位置、看守駒の初期位置はランダムで決定し今回はこんな感じ

ゲーム進行はターン制で自分の番に部屋移動やアイテム獲得などの行動ができる
そして達成条件(アルファベットの書いたカード)のある部屋で必要なアイテムを消費すると
そこに書かれたアルファベットの達成条件を満たすことができる
(そのカードは取り除かれ新たな達成条件カードがランダムでいずれかの部屋に置かれる)

その時、協力の有無にかかわらずアイテムを消費したプレイヤー以外も報酬としてランダムに、
いずれかのアルファベットの達成条件を満たすことができる(山札から引く)
なので自分が達成条件を1つ満たすせば他の人も達成条件を何か1つ満たすことになる

ただしこのゲーム、ターンが一巡する度に生贄(スケープゴート)を決定しなければならず
生贄となった人は行動数が増えたり、ターンを一番最初に行える代わりに、
ターンが一巡するまで、達成条件を満たすことができない(報酬の達成条件もなし)
尚、生贄は毎ターン全員の投票で決定し同数の場合は前の生贄が決定権を持つ

基本は達成条件を満たすためのアイテム(シンボルの描かれた丸いチップ)を集めていき、
ゲームクリア条件は全員-1人(3人の場合は2人)で達成条件A~Fを満たせばOK
達成条件に不要な1人は必ず置き去りとなり、不要であれば優先的に生贄が置き去りとなるルール

アルカトラズ4

ターンが一巡する毎に1人ずつ追加される看守
看守が増えると行動が制限される上、21個の看守が置かれた時点でゲームオーバー
初期配置で看守12人+ターンの最初に1人追加なのでタイムリミットは実質8ターン

しかも、生贄となった人は他の人と差をつけられぬよう
脅迫カードを使用することができる(脅迫カードを引くのは生贄でなくても引ける)
脅迫カードは他人のアイテムを奪う、看守を増やすなど様々

アルカトラズ7

時間が進み達成条件を増やすもどうしてもAの達成条件が現れない
常に場の達成条件が3つになるよう補充されるが、
補充される達成条件はランダムなので運もあったり

実は1枚目の画像にAがあるのですが、
序盤、生贄になったカニが脅迫カードでAの達成条件を消し去っていました(笑)

このままでは誰も脱獄できない、そして…
看守が残り1人、これがラストターン

ターンの最初には生贄を決定しなければならず、全員に緊張が走る
最後のターンで生贄となった人は必要不可欠な達成条件を満たしていない限り脱獄できない

前のターンに脅迫カードを2枚も引いていたジラ氏
もし生贄に選ばれればそれを使い全員を道ずれにすることは明白


しかしそれはこちらも同じ


私も他人のターンを完全に飛ばすという最強の脅迫カードを切り札に取っている
どちらにせよAの達成条件が出ていない今、ゲームクリアは絶望的なわけですが、
私を生贄にしようものなら、この無謀な脱獄計画に終止符を打とうではありませんか

生贄の投票結果は私、ジラ氏がお互い相手に投票、そしてなんとカニが自分自身に投票
この場合、前のターン生贄だったカニに決定権があり、カニは自身を生贄に選択
カニは私とジラ氏の持っていないFの達成条件を満たしている
つまり、生贄でも脱獄メンバーに入れる可能性はある

しかし、私かジラ氏がAの達成条件を満たしたとしても、
私かジラ氏がFの達成条件も満たしてしまったら生贄であるカニの置き去りが決定してしまう
が、確かにこれしか手はないのかもしれない、カニに後光が差す

…まあそもそも誰がAの達成条件を消したのかという話もありますが(笑)

生贄のカニからターン開始でカニからアイテムの全力フォロー
(同じ部屋にいる場合、交渉で無条件にアイテムの受け渡しは可能)

アルカトラズ9

見事ジラ氏がDの達成条件を満たし私へランダム報酬が入る、恐る恐る達成条件カードを引く

「Aだ!」

まさかのA、この時点でAの達成条件を持っているのが私だけ
これで私の脱獄メンバー入りが確定し、唯一Fの達成条件を保持するカニと脱獄が可能となった

更に次の達成条件がたまたま私のすぐ近くに発生、私が持っていない…B
協力してくれたジラ氏からの報酬の御礼にジラ氏にも可能性を残そうではありませんか
私のターンでBも達成、これでランダム報酬でジラ氏にFが入れば私とジラ氏で脱獄の可能性も…

しかし、ジラ氏が引いた報酬の達成条件、F…ではなくジラ氏も持っていなかったA
これはまさか…Aの達成条件を持つのが私だけではなくなった?

アルカトラズ10

最終ターン終了(写真下 私、写真右上 ジラ氏、写真左上 カニ)
達成条件Fを満たしているのがカニのみとなり、生贄でも脱獄メンバー入りが確定

そして、最後まさかの展開で私とジラ氏が2人とも達成条件Aを獲得
つまり私とカニ、ジラ氏とカニのどちらでも達成条件を全て満たすことになる
私かジラ氏が生贄なら、生贄が優先的に置き去りになるものの2人とも生贄ではない
この場合、達成条件→お金→アイテム→体力の順で比較していき数が多い方が脱獄する模様

私とジラ氏の状況は、
2人ともF以外のA~Eの達成条件をピッタリ満たしている
持っているお金2…アイテム0…体力0…全て同じ

まさか…

説明書に「それでも決まらない場合は他のプレイヤー達が幸運なる者を決定する」
みたいな記載がありましたが、流石に優劣の付けようがない

・・・

ということで今回は「全員で脱獄」ということで合意
おそらくこのような展開は二度とないでしょう、非常に面白いゲームでした
教育上は決してオススメしませんが(笑)、ボードゲーム好きなら是非オススメの一品です!

アグリコラ プレイ記1

アグリコラを私、カニ、ジラ氏の3人プレイ

ルール説明は長いので今回は感想のみ

詳しいルールについてはまた紹介したいと思います

〈1回目〉

私はいつもながらの畑戦略

のはずが途中で石の家戦略に変更したためどちらも中途半端に

畑の数で他の2人に抜かれるもなんとか羊、猪、馬を飼育しマイナス点を回避

このゲーム、畑や動物、家など様々な要素を集める必要があるのですが

どれか1つかけてもマイナス点になるため攻めが偏りすぎてもよくない

また各自3×4の12マスの箱庭を持ちますが

最終的にこれを全て埋めないとそれもマイナス点になります

P1050913.jpg

最終結果

私(下)   44点
カニ(左上) 39点
ジラ氏(右上) 45点

後半まんべんなく得点要素を集めたが及ばず

やはり空きスペースが3つもあったのが痛かった



〈2回目〉

写真も撮り忘れたので結果のみ

私  37点
カニ 31点
ジラ氏 39点

ジラ氏の使っていた家族を増やしまくる職業カード「乳母」が強かった

おそらく3人プレイだと特に強いカードなのでしょう



〈3回目〉

家族を増やすのが大事だとわかったので

私も職業カード「愛人」を使い、臨時で家族を増員…家族?笑

カニも進歩カード「葦の家」で家族を増員していましたが

早すぎたのか家族の食糧供給に追われ伸び悩んでいた様子

このゲーム、家族を増やすことでターンの行動回数が増えるものの

家族の人数分だけ食糧確保に追われることになります

私は気が付くと畑作業に追われ、動物を飼育することができず

P1050914.jpg

最終結果

私(下)   38点
カニ(左上) 20点
ジラ氏(右上) 40点

ジラ氏は途中物乞いカード(-3点ペナルティ)をもらったにもかかわらず

終わってみると箱庭も全て埋まり安定した形に

カニはやはり食糧確保の負のスパイラルに巻き込まれ発展できず

私は進歩カードの得点で14点を巻き返すも届かず

ジラ氏の3連勝、彼は箱庭作りの達人なのでしょう



やりたいことが山ほどあるのにできないこのもどかしさ

それがまた再チャレンジしてみたいと思わせてくれます

次こそは畑戦略で勝ちたい

そして「愛人」カードはまた使いたいですね(笑)

アグリコラ

アグリコラ〈Agricola〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10.5

アグリコラ (日本語版)アグリコラ (日本語版)
(2009/01/31)
ホビージャパン

商品詳細を見る

プレイ人数:1~5人
プレイ時間:プレイ人数×30分
対象年齢 :12歳以上
作者   :ウヴェ・ローゼンベルグ〈Uwe Rosenberg〉
備考   :ドイツのゲーム
      2007年ミープルチョイス賞 2位
      2008年ドイツゲーム大賞 複雑ゲーム特別賞
      2008年ドイツゲーム賞 1位
      2008年トリックトラック賞 1位
      2008年国際ゲーマーズ賞 1位
      2008年スペインゲーム大賞 1位
      2008年ポルトガルゲーム大賞 1位
      2008年チェコゲーム大賞 1位
      2008年オーストリアゲーム大賞 エキスパート部門賞
      2009年オランダゲーム大賞 1位
      2009年フランスゲーム大賞 審査員特別賞
      2009年日本ボードゲーム大賞 3位
      2009年ポーランドゲーム大賞 1位


アグリコラとはイタリア語で農場という意味である

畑を耕し種を蒔き、牧場を作り家畜を飼い、部屋を増築して家族を増やす
そして、増えた家族でまた働き、作物を収穫し、家畜を調理し、食料を確保する
様々な選択肢から家族の行動を選び、自らの土地を豊かにしていくゲーム

家族駒を配置し、場所に依存するアクションを行う
いわゆるワーカープレイスメントと呼ばれる進行方式
(先に家族駒が置かれている場所は選択できない、早い者勝ち方式)

アクションは資源を獲得するものや箱庭を発展させるものなど様々

このゲーム独自の特徴としてはアクションの選択肢がゲーム進行とともに増えていくことと
人気のないアクションは価値が上がっていくということ
2つの意味で盤面成長型のワーカープレイスメントなのである

また「進歩」と呼ばれる様々な発展カードにより
ゲーム中の収穫幅を上げたり追加行動を得ることができる
更に、ルールに影響をもたらす「職業」カードも加わり、その戦略は多種多様に
また、何かに特化するのではなくまんべんなく各種要素を揃えなければ減点されるシステム

厳しい制約の中で、いかに効率的な戦略を見出だせるかがこのゲームの醍醐味と言える
また他人の状況を考慮した場所選択などアグリコラならではの駆け引きも満載

何より自分の箱庭を自由に発展させていくのは見ていて楽しい
他人への直接的な妨害もなく、テーマも農業という万人にお薦めできる平和なゲーム

大量の木製駒に豊富なカードと高い値段にも頷ける充実したコンポーネント
世界的に高い人気を誇りBGGでもトップクラスの評価を維持する傑作
カタンプエルトリコが好きな人なら是非オススメしたい一品である

ハゲタカのえじき

ハゲタカのえじき〈Hol's der Geier〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.0

ハゲタカのえじきハゲタカのえじき
()
メビウスゲームズ

商品詳細を見る

プレイ人数:2~6人
プレイ時間:15分
対象年齢 :8歳以上
作者   :アレックス・ランドルフ〈Alex Randlph〉
備考   :1988年ドイツゲーム大賞 ノミネート


-5~10の書かれた15枚の得点カードをよく切って山札として真ん中に置き

各プレイヤーは1~15の数字の書かれたカードを手札として持つ

山札の一番上のカードを表にし、その後全員が同時に手札から1枚出して表にする

この時、一番大きい数(得点が-点の時は一番小さい数)を出した人がその得点をもらう

これを15回繰り返し一番得点カードの合計が多い人が勝ち

ただし、一度手札から出したカードは二度出せない

また、同じ数字でバッティングするとその得点はもらえない

全員が同じ数字ならその得点は次に繰り越されるという仕組み

絵柄が私の美的センスに反していたので避けていましたが(笑)

やはりこれも定番、3人プレイでも十分面白い

ルールがシンプルで時間も短いものの、読みと駆け引きが非常に熱い

6人までできるというのも魅力、値段も大体1500円以下とお手頃

ニムトやゴキブリポーカーのように手軽にいつでも遊べるゲーム
プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
8/31(土)13:00~20:00
10/5(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
650位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
23位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-