FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年06月
ARCHIVE ≫ 2013年06月
      

≪ 前月 |  2013年06月  | 翌月 ≫

キル・ドクター・ラッキー ルール概要

キル・ドクター・ラッキーのルール概要
少し危険なテーマなのでご注意を
P1050846.jpg

館に集まりし者達、彼らは全員共通の強い意志を持ってここへやってきた
そう、この館の主、Dr.ラッキーをコ○スという目的を果たすために
…いったい何をされたのでしょうか

各自6枚のカードを受け取りゲームスタート
基本的には自分の番が来たら1部屋移動するのみ
部屋は廊下や階段を含め31部屋(次の画像参照)
部屋割り

ちなみに手番中、この1部屋移動に加えてカードを1枚使用してもよい(移動の前後どちらでも)
カードは4種類あり、ここで使えるのは「場所」カードと「移動」カード
「場所」カードはカードに書かれた場所に自分かDr.ラッキーを瞬間移動させ、
「移動」カードはカードに書かれた部屋数だけ自分かDr.ラッキーを移動させる

そして、もしDr.ラッキーと同じ部屋にたどりつけば…襲撃することができる
初期の攻撃力は全員1で、Dr.ラッキーのHPは1である
こう聞くと、一瞬でゲームが終わるかに思えるがそうではない

誰かが襲撃した時、襲撃した人から時計周りに全員「失敗」カードを何枚でも出してよい
「失敗」カードはカードに書かれた数字だけ攻撃力を下げることができる
このルールにより、襲撃を成功させることは困難を極める
P1000210.jpg

そこで襲撃する側も、襲撃する度に1枚だけ「凶器」カードを使用してもよい
「凶器」カードはカードに書かれた数字だけ攻撃力を上げることができる
P1000219.jpg

そしてDr.ラッキーのHPを0に減らすことができれば襲撃成功でゲーム終了である
ちなみに襲撃が失敗したら(攻撃力を0に減らされたら)、その人の手番は終了する

尚、襲撃に失敗した場合、その人は「悪意カウンター」を1つ受け取る
これは以後、「悪意カウンター」1つにつき攻撃力を+1上げるものである
ゲームが進めば進むほど、「悪意カウンター」が溜まり攻撃力が上がっていく
P1000212.jpg

それと同時に、自分以外の誰かが襲撃を試みた時、「悪意カウンター」をその人に渡すことで、
渡したカウンター分だけ攻撃力を下げるという「失敗」カードと同じような使い方もできる
しかしながら、次の襲撃からその人の攻撃力を上げることなるので、極力避けた方がいいだろう

ちなみにカードを何も使用せず、襲撃もせず、名前の書かれた部屋で手番を終えた場合、
新たにカードを1枚受け取ることができる(4種類のいずれかランダム)

このようにカードを集めながら悪意を溜めながら目的を果たすチャンスをうかがうゲームである
そしてDr.ラッキーは、各プレイヤーの手番が終わるごとに番号のついた部屋を順番に移動する
(ただし、廊下など番号のついていない部屋を飛ばすので、1.5部屋くらいのペースで移動する)

しかも、各プレイヤーの手番毎なので実質、プレイ人数倍の速度で移動することになる
なので追い付くことは容易でないので、基本はカードを使うか待ち伏せするしかない

ここまででも十分面白いが、このゲーム特有のユニークなルールが2つある

1つは待ち伏せしてDr.ラッキーが同じ部屋に来た場合、次の手番を得られるという点
基本は時計周りの手番だが、このルールにより手番が飛んだりする
上手く移動すれば連続で手番を行うなんてことも
それでも待ち時間を感じさせないくらいサクサク進むので、割とすぐに手番が来る

もう1つは同じ部屋もしくは違う部屋から誰かの視線が通っていると襲撃できない点
ボードが非常によくできていて2つ3つ離れた部屋からでも視線が通るような作りとなっている
どんなに攻撃力があっても、他人に見張られていたら襲撃できないのだ
なんとも現実的なシステムである

スーツの男(一番左)の視線が右端の部屋まで通っている例、これでは襲撃できない
P1000245.jpg

危険なテーマだが、やっているといつの間にか夢中になってしまう
この見張り合い、探り合い、駆け引きの末、果たして襲撃に成功する者はいるのか

7人までできて、悪意あり、笑いありの色んな意味で傑作のボードゲーム
これはもう、隠れた名作と言わざるを得ない
スポンサーサイト



カルカソンヌ

カルカソンヌ〈Carcassonne〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.0

カルカソンヌカルカソンヌ
()
ハンスイムグリュック

商品詳細を見る

プレイ人数:2~5人
プレイ時間:45分
対象年齢 :8歳以上
作者   :クラウス=ユルゲン・ヴレーデ〈Klaus-Jürgen Wrede〉
備考   :ドイツのゲーム
      2000年ミープルチョイス賞 1位
      2001年ドイツゲーム賞 1位
      2001年国際ゲーマーズ賞 ノミネート
      2001年オランダゲーム大賞 ノミネート
      2001年ドイツゲーム大賞 1位
      2002年ノルウェーゲーム大賞 ファミリー部門1位
      2004年チェコゲーム大賞 ノミネート
      2004年フィンランドゲーム大賞 ファミリー部門1位


古代ローマの要塞カルカソンヌをモチーフとしたボードゲーム

各自順番に、道や都市の書かれた正方形のタイルの山からランダムに1枚引いて既に置かれているタイルにつながるように置き、ボードを作っていくゲーム

最初は1枚のタイルが置かれた状態からスタートし、プレイヤーの任意にボードを広げていく
(ただし、描かれた道や都市が矛盾なく繋がるように置かなければならない)

その中で、タイルを置いた直後に各自が持つ7つの駒から1つをそのタイルに置いてもよい
置ける場所はタイルに描かれた道、都市、あるいは草原、修道院

置いた駒は一旦そのままだが、その置いた道や都市が完成した時(道が交差点によって分岐された時、都市が城壁で囲われた時)その道の長さ、都市の大きさによって得点できる

また修道院に駒を置いた場合は周りの8マスがタイルで埋まると得点できる
そして道、都市、修道院で得点すると、その駒は回収し再び置けるようになる

草原に置いた駒については、ゲーム終了時に隣接する都市数に応じて得点と少しややこしい
しかも駒を回収できないので、初めてやる場合は草原ルールはなしでやるのもよいかと思う

基本的には先を見越して、多く繋がりそうと思う場所に駒を置いていけばよい
運の要素もあり、自分が駒を置いた道や都市が上手く完成した時は嬉しい

他の人がタイルを置いた時にも道や都市が完成すれば得点できるなど、協力的な要素もある
こうして漁夫の利を得ながら得点を伸ばしていく平和的なゲームである

毎回、全く異なるボードができあがるのも見もの
戦略性もあるが引き運もあり、プレイ感は軽く、初心者や子供からでも十分に楽しめる

ファン投票のドイツゲーム賞と審査員のドイツゲーム大賞を両方受賞した数少ない名作
古代ローマの地を広げていくこの魅力、一度味わってみませんか?

フレスコ

フレスコ〈Fresco〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5

フレスコフレスコ
()
メビウスゲームズ

商品詳細を見る

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:60分
対象年齢 :10歳以上
作者   :マルコ・ロスコウスキー〈Marco Ruskowski〉
      マルセル・ハッセルベック〈Marcel Süßelbeck〉
備考   :ドイツのゲーム
      2010年ドイツゲーム賞 1位
      2010年金のルド賞(ベルギー) ノミネート
      2010年国際ゲーマーズ賞 ノミネート
      2010年スペインゲーム大賞 ノミネート
      2010年オランダゲーム大賞 ノミネート
      2010年オリジン・アワード賞 ノミネート
      2010年ドイツゲーム大賞 ノミネート
      2010年日本ボードゲーム大賞 ノミネート
      2011年ノルウェーゲーム大賞 ノミネート
      2011年フランスゲーム大賞 ノミネート
      2011年チェコゲーム大賞 ノミネート


フレスコ画の匠となって大聖堂の天井画の修復を目指すゲーム

自分の抱える職人達に、絵具の買い出し、天井画の修復、肖像画の副業、絵具の調合、劇場で気分転換などをさせながら、得点を稼いでいく

できる行動の種類は重厚系のゲームに比べると少なめだが、このゲーム特有のシステムとして「起床時間の決定」がある

朝早く起きれば、他の人より早く欲しい絵具を買うことができ、天井画の修復も先手がとれる
しかし、早朝は絵具の値段が高く、朝早くから働かせたことで職人達の機嫌が悪化してしまう

逆に朝遅く起きると、売れ残った絵具しか買うことができず、天井画の修復にも遅れをとる
しかし、絵具を安い値段で買うことができ、ゆっくり寝かせたことで職人達の機嫌も上昇する

この機嫌だが、悪化し過ぎると職人を失うことになり、また上昇すれば臨時の職人が増えるなど、状況を見て調整することが重要である
ちなみに劇場で気分転換も職人達の機嫌を上昇させる

天井画は25ヶ所の修復が必要であり、絵具で修復を行えるが場所により必要な絵具が異なる
そこで絵具の調合により、2つの絵具を混ぜて違う色を作れるというのも面白いシステムである

修復すれば報酬を得ることができ、また余った職人に肖像画の副業をさせることでも報酬が入る
こうして得た報酬でまた絵具を買い、天井画の修復をするという経営力が問われるようなゲーム

他の人がどの絵具を求めているのかなどの読みも問われる
この新規的なシステムもさることながら、ドイツらしいコンポーネントの美しさも素晴らしい

職人達を上手く使い、本当の匠となるのは誰か
駆け引きとマネジメント力が問われる超本格ボードゲーム

マンマミーア

マンマミーア〈Mamma Mia!〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.0

マンマミーア! 日本語版マンマミーア! 日本語版
()
メビウス

商品詳細を見る

プレイ人数:2~5人
プレイ時間:30分
対象年齢 :10歳以上
作者   :ウヴェ・ローゼンベルク〈Uwe Rosenberg〉
備考   :ドイツのゲーム
      1999年アラカルトカードゲーム賞 1位
      1999年ドイツゲーム大賞 推薦リスト


上手くトッピングしてレシピ通りのピザを焼いていくゲーム

各自、トッピングカードとレシピカードの7枚の手札を持つ

トッピングカードは「パイナップル」「オリーブ」「ペパロニ」「マッシュルーム」「サラミ」
順番に手持ちのトッピングカードから1種類を選び表向きに置く(同じ食材なら複数枚でも可)

そしてトッピングカードを置いた後にレシピカードも1枚置いてもよい

また次のプレイヤーが同じようにその上にカードを置く、と順番に重ねていき山を作る
こうすることで一番上のカード以外は何が置かれているか記憶しておかないとわからない

ちなみに手札は常に7枚になるようにストックから補充する

これを繰り返し、ストックのトッピングカードがなくなったら、重ねた山の底から順番に全てのカードを取り出していく

ここでレシピカードが出た時、そのレシピカードが誰が出したものか確認する
レシピカードだけは誰が出したかわかるように色がついており、またレシピカードにはピザを焼くのに必要なトッピングの構成が書かれている

そしてレシピカードに書かれた通りのトッピングカードが既に取り出されていた場合、そのレシピカードを出した人がピザを焼くことに成功する
ここでもし必要なトッピングが足りない場合、足りない分を手札から補充してもよい
そして焼くのに使用したトッピングカードは一旦取り除かれる

このようにカードを取り出す中でレシピカードが出る度にそれを焼けるかどうか判定する
重ねた山のカード全てを出し終えたら、また最初からラウンドを開始する
これを3ラウンド行い、最も多くピザを焼けた人が勝利となる

基本的には出たカードを記憶し、焼けると判断した時にレシピカードを出せばよい

しかし、ここで重要なのはピザを焼くのに手札からもトッピングカードを追加できるという点
このルールにより、焼けないと思っていたカードが焼けたりと計算を狂わせる
明らかにトッピングが足りないのに、あえてレシピカードを出すなんて手も…

記憶力、駆け引きに自信がある人には是非オススメのパーティゲームです

テラ・ミスティカ プレイ記1

私、カニ、ジラ氏での3人でテラ・ミスティカをプレイ

1ヶ月以上前の内容ですが、長文のため時間がかかってしまいました

おおまかな流れはテラ・ミスティカ ルール概要を参考に


まず各自ファンタジー系の14種族の中からボードを選択する

私が選ぶのは「エンジニア」(灰色) …種族か?笑
P1000702.jpg

カニは「マーメイド」(青色)を選択
P1000707.jpg

ジラ氏は「カオスマジシャン」(赤色)を選択
P1000706.jpg

メインボードに、各自2軒ずつ住居を建設する
※カオスマジシャンは例外として最初は住居1軒のみ
P1000708.jpg

そして各自、初期資源を受け取ってゲームスタート
P1000703.jpg

1ラウンド目、いきなりジラ氏が③のスコップ改良を選択

このアクションには「司祭駒」という通常後半にしか手に入らない資源が必要なのだが、ジラ氏は最初に「司祭駒」のボーナスタイルを取っていた
P1000714.jpg

序盤のスコップ改良はゲーム全体の負担を軽くする、さあどう影響するか

ただ、ジラ氏は「パワー」をⅡのトレイから強制使用して3個はゲーム外に、大丈夫か…
テラミスティカ4

私とカニは1~2ラウンドと順調に建造物改良アクションなどで発展を進める

中でも交易所だけは、他のプレイヤーの建造物に隣接していると必要資源が少なくて済む

更に自分の建造物に隣接した場所に誰かが建造物を建てると「パワー」という資源が得られる

画像はカニが住居→交易所、私は住居→交易所→神殿まで改築した状態である
P1000719.jpg

隣接することで互いに有益な影響を与え、早い展開へと繋げられる

更に神殿を建てたことにより私は、「パワー」「労働者駒」が貰える恩恵タイルを入手
P1000721.jpg

恩恵タイルはボーナスタイルと違って一度手に入れたら失うことはなく便利


ジラ氏はというと3ラウンド目にはもうスコップを最上級レベルまで改良…早すぎ
P1000718.jpg

スコップには通常、「労働者駒」3個必要だが、これでジラ氏は「労働者駒」1個で済むことに

開墾効率で右に出るものがいなくなったジラ氏 …あなたマジシャンでしたよね?笑


その頃、私は船舶(+1)ボーナスタイルを取り川を越える作戦に
P1000722.jpg

船舶値の数だけ川タイル(水色マス)を無視し、その先のタイルを隣接扱いにできる

これで地形変換と建設のアクションにより、川を越えた自分の色のタイル上に住居を建設
P1000726.jpg

しかしここで、それは自分の専売特許だとカニが動く

カニのマーメイドは初期状態で船舶値(1)と川越えに特化した種族なのだ
P1000732.jpg

更に一度、船舶改良のアクションを行っていたカニ、船舶値(2)状態で2マス離れた陸へ上陸、地形変換と建設のアクションも行い発展を広げる
P1000730.jpg

そして住居1軒スタートのジラ氏は真ん中から領土を広げるP1000737.jpg

スコップ改良に費やしていた分、若干出遅れ気味か…しかし後半の伸びが恐い

この真ん中の神殿を聖域にまで改築し恩恵タイルを受け取るジラ氏

通常、神殿と聖域は建てた際に恩恵タイルを1枚受け取れる

しかし、ジラ氏のカオスマジシャンは恩恵タイルに特化した種族

神殿か聖域を建てる度に、なんと恩恵タイルを2枚受け取ることができる
P1000739.jpg

またたく間に恩恵タイルのバーゲンセール状態のジラ氏、巻き返しなるか?

そうこうしてる内にカニと私は最終ボーナスを巡る領土争いに突入

最後に最も隣接した建造物が多い者には、高得点が与えられる
(もちろん、船舶値や橋による隣接も含む)

船舶値(4)まで改良したカニ、もはや川さえ繋がっていれば4マス離れていても隣接状態に
P1000749.jpg

しかし、船舶値(0)の私も負けてはいない

通常、パワーアクション(パワーを消費するアクション)でしか建てられない橋

私のエンジニアだけは、これを「労働者駒」2個で設置可能と橋に特化した種族なのだ
テラミスティカ5

ゲーム中1人3本までしか作れない橋を土壇場で全て設置
P1000742.jpg

…ん?工事?終わったよ(笑)

これで私とカニ、両者とも全ての建造物が隣接した状態に

いったん私が上回ったが、さあ逃げ切れるか


~最終結果~
P1000752.jpg

隣接建造物数は私9つ、カニ7つ、ジラ氏4つ

領土ボーナスとして、最も多い私から順に大きい得点が入る

しかし、もう1つのボーナス得点がある、教団ボードの信仰値である
P1000751.jpg

4つの信仰値にそれぞれにつき、最も高いプレイヤーからボーナスが与えられる

ここでジラ氏が2つの信仰値で1位、また他の2つの信仰値で2位と高得点を得る

更にゲーム中に得られる様々な得点要素と合計し、最終得点計算を行う


結果は私85点、カニ90点、ジラ氏73点でカニの勝利!
P1000758.jpg

実は恩恵タイル、ボーナスタイルでもゲーム中に得点を得ることができ、カニはこの辺りを上手く使い地味に点数を稼いでいた
P1000759.jpg

ちなみに船舶改良やスコップ改良でも得点が入る

ただ、ジラ氏は初期住居1軒ということもあり、速攻のスコップ改良を活かしきれなかった形に

私は領土ボーナスを取られることを恐れて余分に地形を耕したのがわずかに誤算だったか(笑)

それでも最後まで激しい争いだった、これは実に奥深いゲーム、是非またやりたい

キャッシュ&ガンズ

キャッシュ&ガンズ〈Ca$h 'n Gun$〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.0

キャッシュ&ガンズキャッシュ&ガンズ
(2012/01)
Asmodee

商品詳細を見る

プレイ人数:4~6人
プレイ時間:30分
対象年齢 :13歳以上
作者   :ルドヴィック・モーブロン〈Ludovic Maublanc〉
備考   :ベルギーのゲーム
      2005年トリックトラック賞 ノミネート
      2006年スペインゲーム大賞 ノミネート
      2007年フランスゲーム大賞 ノミネート


銃を使用するという他に類を見ないテーブルゲーム
(もちろん本物ではありません、発射もしません)

ギャングの一員となったあなたは、手に入れたお金の分け前争いの真っ最中
誰もかれも自分のことしか考えず、山分けなんてもっての他

今こそ銃を手にとる時、聞き分けのない連中に目にものを見せてやろうではありませんか
取り分を巡り銃を取り出すギャング達
しかし、持っている弾丸は…たった3発?

8回に渡る銃の撃ち合いを行うが、何回目に弾丸を込めるかは自由

銃口を向けられれば逃げるもよし
向けられた銃口に対し、平然と立っているのもよし
なぜなら相手の銃に弾丸が入っているとは限らないのだから

逃げた臆病者には分け前などない、しかし逃げなければ撃たれることも
そして合計3発撃たれた者はゲームから離脱する

分け前を受け取れるのは、逃げずに、かつ撃たれなかった者達だけ
この8回の攻防の末、最もお金を手にするのは誰か

3発の弾丸しか無い中、いかに自分の銃に弾丸が入っているかのように振る舞うかが重要
銃弾の数に負けず劣らずのブラフトーク連発にヒートアップが止まらない
「逃げるなら今のうちだぞ」「そういう君こそ弾丸なんて入ってないんじゃないの?」

生き残るすべは度胸?運?
複数の銃口を向けられたら?逃げる?残る?
弾丸を込める相手は?お金を多く持っている人?それともさっき自分を撃った人?

ストレートな意味で激しすぎる心理戦にスリル満点、超エキサイティングなパーティゲーム
さあ、生死をかけたショータイムの始まりだ

ゲシェンク

ゲシェンク〈Geschenkt〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.0

ゲシェンク日本語版(Geschenkt) / Amigo・メビウスゲームズ / Thorsten Gimmlerゲシェンク日本語版(Geschenkt) / Amigo・メビウスゲームズ / Thorsten Gimmler
()
AMIGO / メビウスゲームズ

商品詳細を見る

プレイ人数:3~7人
プレイ時間:20分
対象年齢 :8歳以上
作者   :トーステン・ギムラー〈Thorsten Gimmler〉
備考   :ドイツのゲーム
      2005年アラカルト・カードゲーム賞 1位
      2005年ドイツゲーム大賞 推薦リスト
      2005年トリックトラック賞 ノミネート
      2006年フランスゲーム大賞 ノミネート


いらない贈り物を相手に押しつけていくゲーム

3~35のマイナス点カードの裏向きの山を1つ作り、一番上のカードを公開する
(ただし人数に応じていくつかの数字は予め抜いておく)

プレイヤーは順番(時計回り)にそのカードを受け取るかパスするか選ぶ

各自、最初に10枚のチップを持っており、パスするにはこのチップを1枚、その公開されたカードの上に置かなければならない

このチップ、実はゲーム終了時に持っていると1枚プラス1点となる

カードを受けとる場合は、そのカードの上に置かれたチップも一緒に受け取る

こうして誰かがカードを1枚受け取ったら新たに山札の一番上のカードを公開し、その人がまたカードを受け取るかパスするか選び、これを繰り返す

また受け取ったカードに連番がある場合(10、11など)低い数字だけのマイナス点で済む

そんな自分にとってマイナス点にならないカードでも、他の人が受け取らないことを見越してあえてパスするのは常套手段である

しかし、受け取りたくないマイナス点カードも、気が付けばチップが山積みになっていることも

徐々に価値が上がっていくマイナス点カードをどのタイミングで取るのか非常に悩ましい

また7人と大人数でできる数少ないカードゲームの1つ

人数によって戦略が変わり、また運の要素もあり気軽に何度も楽しめるゲーム

この贈り物…これだけつけても、要らないですか?

テラ・ミスティカ ルール概要

テラ・ミスティカのルール概要

耕したり建設したりして領地拡大を目指すゲーム

まず各自ファンタジー系の14種族の中からボードを選択し、その色の建造物をボードに置く

例えば「ノマド」(黄色)ならこんな感じ
種族ボード

そしてメインボード(中央)の自分の色のタイルに各自、自分の建造物から「住居」を2つ置く
※ノマドは例外として「住居」を3つ置く
全体

そして各自、人数+3枚のボーナスタイルから好きな1枚を選び受け取る
ボーナスタイル

ボーナスタイルはプレイヤーの収入や行動範囲が増えたり有益な効果をもたらす

その後、各自、初期資源を受け取りゲームスタート
(初期資源は種族ボード、名前下に記載されている)

例えば「ノマド」の場合、「労働者駒」2個、「お金」15コインを受け取る
初期資源

この赤色と茶色の円については後述する



ゲーム進行は以下のような流れで行う

 A:収入
 ↓
 B:アクション
 ↓
 C:教団報酬

このA~Cを1ラウンドとして6ラウンド繰り返し、その後、得点計算を行いゲーム終了である



A:収入

ここでは自分の持つ「手のひらマーク」に基き、収入として資源を得ることができる

資源とは「労働者駒(白色立方体)」、「お金(数字コイン)」「司祭駒(各種族色の人型駒」「パワー(紫色チップ)」の4つである

例えば次の場合、種族ボードの「住居」をどけた場所に「手のひらマーク」が4つ見える
収入

手のひらの上に「労働者駒」、これは収入時に「労働者駒」を4つ受け取れることを意味する

このように建造物を建てていくことで、後半はより多くの収入が得られるようになる
収入(後半)

他にもボーナスタイルやゲーム中盤で入手できる恩恵タイルなどに「手のひらマーク」が書かれている場合があり、これらを所持していれば更に収入を増やすことができる
ボーナスタイルによる収入

恩恵タイルによる収入



B:アクション

スタートプレイヤーから順に、①~⑧のアクションからどれか1つ選び実行する

 ①地形変換と建設
 ②船舶改良
 ③スコップ改良
 ④建造物改良
 ⑤司祭派遣
 ⑥パワーアクション
 ⑦特別アクション
 ⑧パス

アクション

実行したら次に左隣りのプレイヤーが同様に①~⑧のアクションから1つ選び実行する

これを全員が⑧のパスを選ぶまで繰り返す(1つのラウンドで同じアクションを何回してもよい)

繰り返すと言ってもアクションには通常、資源が必要なのでいつかはパスを選ぶことになる



①地形変換と建設

このゲームの主要アクション

まずメインボードの自分の建てている建造物に隣接する地形タイルを1つ選び

その地形タイルの色を変更するand(or)その地形タイルに「住居」を建設する、というもの

何故地形タイルの色を変更する必要があるのか?

実は、建造物は自分が既に建てているタイルに隣接し、かつ自分の色のタイル上にしか建たない

地形タイルの色変更には資源が必要で、それは各種族ボードの変換サークルに基づく

例えば、「ノマド」の変換サークルでは緑色と黄色の間にスコップが3本ある
変換サークル

これはタイルの色を緑色から黄色に変更するのにスコップ3本分の資源が必要ということである
(スコップの資源については後述する)

尚、資源が足りなければ、スコップ1本分の資源を支払いとりあえず灰色まで変えておく、など自分の色以外の色に変更することも可能である

また、「住居」を建てるのにも別途、資源が必要である

例えば、「ノマド」の場合、「労働者駒」1個と「お金」2コインが必要である
住居

このアクションでは、資源さえ支払えればタイル色変更と住居建設を両方行うことも可能
変換前
         ↓
変換後

ゲームスタート以後はこのアクションによってしか新しい「住居」を建てることができない



②船舶改良

上の説明でも使ったが、このゲームには度々「隣接」という言葉が登場する

しかし、メインボードをよく見てもらえばわかるように、このゲームには先程の変換サークルに存在しない色のタイル、河川タイルが存在する

ここはタイル色変換もできず建設もできない、まさに陸地を分断する川なのである

ではこの川を渡ってその先に領地を広げたい場合はどうするのか?

各種族ボードには、船舶値を示す船舶トラックがある
船舶改良

この船舶改良アクションを1回行うことで、船舶値を+1上昇させることができる

ただし、例えば「ノマド」の場合「司祭駒」1つと「お金」4コインが必要である

このゲーム、船舶値に等しい数の河川タイルは無視し、その先のタイルが隣接扱いとなる

つまり、例えば船舶値(1)あれば、1マス離れた川を越えた先にも住居建設ができる



③スコップ改良

先程、タイル色変更にはスコップの数に基づいた資源が必要と述べた

これについても各種族ボードのスコップ交換トラックに表記されている
スコップ改良

この状態は、スコップ1本につき「労働者駒」3個が必要であることを表している

このスコップ改良アクションでは、資源を払うことでスコップの交換効率を上げることができる

例えば「ノマド」の場合、「労働者駒」2個、「お金」5コイン、「司祭駒」1つが必要である

こうすることで、以後のスコップの必要資源を減らすことが可能となる



④建造物改良

種族ボードに置かれている建造物は住居(ボードの一番下)以外は、この建造物改良アクションにより、既に置かれている建造物と交換する形で置く

改良(交換)順は以下の通りである

 住居→交易所→砦
    ↓
    神殿→聖域

この改良についても、各種族ボードに書かれた資源が必要である(ノマドの例)

交易所        砦          神殿         聖域
交易所砦神殿聖域

交易所だけ「お金」が3/6コインと書かれているが、これは通常は6コインだが他のプレイヤーの建造物に隣接する住居を改良する場合に3コインで済むという意味である

また神殿、聖域は改良した時に恩恵タイルを受け取ることができる
恩恵タイル

恩恵タイルは、収入を増やすものや得点につながるものなど様々



⑤司祭派遣

このアクションでは教団ボードの信仰値を上げることができる
教団ボード

教団ボードの信仰値には、風(白色)、土(茶色)、水(青色)、火(赤色)の4種類があり、これを上げることで「パワー」という資源が得られる

この司祭派遣では、「司祭駒」を消費することでいずれかの信仰値を1~3上げることができる

また、初期資源にあった赤色と茶色の丸は、この火と土の信仰値を表しており、最初にその丸の数に等しい信仰値が得られることを意味している

このように色付きの丸マークは、教団ボードの信仰値を表す

他にもボーナスタイルや恩恵タイルで、信仰値を上昇させるものもある

そして信仰値を上げた際に通過した紫色マスに書かれた数字分だけパワーを得ることができる

尚、「パワー」という資源はちょっと特殊で得てもすぐに使えるわけではない

種族ボードにはパワートレイがあり、初めから各自12個の「パワー」を持っている
パワートレイ

このパワートレイはⅠ、Ⅱ、Ⅲに分かれており、「パワー」を得たら以下の処理を行う

 【Ⅰにパワーが残っている場合】:得たパワーの数だけⅠからⅡへパワーを動かす

 【Ⅰにパワーが残っていない場合】:得たパワーの数だけⅡからⅢへパワーを動かす

 【Ⅰ、Ⅱにパワーが残っていない場合】:パワーを得ても何もおきない

⑥のパワーアクションなど、パワーを消費するアクションを実行する方法は以下の2つである

 【ⅰ】:消費するパワーの数だけⅢからⅠへパワーを動かす

 【ⅱ】:消費するパワーの数だけⅡからⅠへパワーを動かし、
     更にそれと同じ数のパワーをⅡから永久にゲームから取り除く

つまり、パワーという資源を使用するにはⅢのトレイに貯まるまでじっくり蓄える必要があり、いざという時には絶対量を減らすリスクを負うことでⅡのトレイからでも使用できる



⑥パワーアクション

文字通り「パワー」という資源を使って行動するアクションである

メインボードに、オレンジを背景とした八角形のシルエットが存在する
パワーアクション

この八角形はそれぞれ、1ラウンド中に1人だけができる行動を表している

例えば、上の例では「パワー」3つを消費して「橋」1つ建てることができる

一度実行した行動は、ラウンド終了までその八角形をフタ(×印)して使えなくする

ちなみにこの「橋」だが、これは河川タイルの一辺に置くことで、この「橋」に隣接する2つのタイルを隣接扱いにすることができる
橋

種族の効果以外では、船舶改良か橋でのみ川を超えることが可能になる



⑦特別アクション

パワーアクションと基本的には同じである

メインボード以外にもオレンジ色を背景とした八角形のシルエットがある
(ボーナスタイル、恩恵タイル、種族ボードなど)

ここでも1ラウンドに1回、書かれた行動を実行できる

ただし、パワーアクションと違って「パワー」を消費する必要がない



⑧パス

このラウンドで、これ以後何もアクションをしないこと意味する

手持ちの資源が乏しく、何もできることがなければこれを選ぶしかないだろう

ただし、最初にパスを選んだプレイヤーが次のラウンドのスタートプレイヤーとなる

パスをしたら、手持ちのボーナスタイルを返却し、新しいボーナスタイルを受け取る

全員がパスを選んだら、そのラウンドは終了である



C:教団報酬

ラウンドが終了する毎に、その時点の教団ボードの信仰値に基づき報酬を受け取ることができる
得点タイル

例えば、上の例では1ラウンド目の得点タイル(一番左)に赤色の丸が4つ描かれている

そして、その横には「パワー」が4つ書かれた「手のひらマーク」がある

これは1ラウンド終了時に火の信仰値4点に付き「パワー」4つを得られることを意味する

このような流れで6ラウンドを繰り返し、その後最終ボーナスを加算してゲーム終了である



~最終ボーナス~
最終ボーナス

最終ボーナスは以下の2つである

 ●隣接した建造物の数が最も多いプレイヤーから順に得点を得る
   1位 18点、 2位 12点、 3位 6点

 ●教団ボードの各信仰値につき、最も高いプレイヤーから順に得点を得る
   1位 8点、 2位 4点、 3位 2点

ゲーム中に得られる様々な得点に、この最終ボーナス得点を加算しゲーム終了



今回、ゲーム中の得点要素や町の設立など細かい点は省いたが、主な流れは以上である

ルールはかなり多いが覚えてしまえばプレイ感はそこまで重くないと思う

「パワー」の使い方や地形の色を変えていくのが新規的で面白い

アグリコラでも感じたが、やりたいことがたくさんあるのにできないこのもどかしさが、何度もプレイしたいという欲求を生み出している

スモールワールドなどもそうだが、ファンタジー系の種族を題材にしなければもっと幅広く受け入れられる作品となったのではないだろうか

素晴らしいゲームであることは間違いないが、ドイツゲームをまだ数多くプレイしていない人は先に他の色んなゲームをプレイしてみることをオススメする

それだけ深みとコクのあるゲームである



また細かいルールについては、気が向いたら書く…かもしれません

この色んな要素の詰まったドイツゲームの集大成とも言える作品、多くのボードゲームをプレイしてきた人やボードゲームに自信がある人は是非一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

コロレット

コロレット〈Coloretto〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.5

Coloretto コロレット 海外版Coloretto コロレット 海外版
()
Abacus

商品詳細を見る

プレイ人数:2~5人
プレイ時間:30分
対象年齢 :8歳以上
作者   :ミヒャエル・シャハト〈Michael Schacht〉
備考   :ドイツのゲーム
      2003年アラカルト・カードゲーム賞 1位
      2003年ドイツゲーム大賞 推薦リスト
      2004年チェコゲーム大賞 ノミネート


カメレオンを集めて高得点を狙うゲーム

まず7色あるカメレオンカードの裏向きの山を作る
(虹色カメレオンや得点カードなど特殊なカードも含む)

時計回りに1人1枚ずつそこから引いて表向きに場に置いていく

この時、プレイ人数に等しい数の列をなすように置いていくのだが、頃合いを見て山からカードを引かずに1列のカードを全てもらうことができる
(ちなみに1列に置けるカードは最大3枚)

列のカードをもらった人はゲームから一旦外れ、全員がそうしたら最初からまた繰り返す

こうしてカメレオンカードを集めていくのだが、ただ枚数を集めればいいわけではない

最終得点では3色までのカメレオンはプラス得点となり、4色目以降はマイナス点となる

もちろん、枚数が多い方が得点は高いが集める色はなるべく3色に抑えなければならない

他の人の集めている色がばらけるように、また自分の集める色が集中するように、どの色のカードをどの列に置くか考えるのが面白い

そして、意外と同じ色を集めるのが難しい

ルールが簡単で軽い割に奥深い、そして見かけによらず何気にデザインが綺麗

3~5人、何人でやっても楽しいパーティゲーム、是非オススメです

ブラウザでワンナイト人狼をやってみた

オンラインで人狼をやる方法はいくつかありますが、最近ブラウザで簡単にできるワンナイト人狼アプリを作って下さったようなので早速プレイ

ブラウザでワンナイト人狼
http://oj.bakuretuken.com/

GMがゲームを作成し、他のメンバーはコードを入れれば参加可能です

3~6人プレイでGMもゲームに参加できます

簡単にサクサク進みワンナイト人狼の面白さを味わえました

絵柄がシンプルでかわいい点もよかったです

人狼の人数が集まらない時や少人数でプレイした時にオススメします

ベガス

ベガス〈Las Vegas〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.0

ベガス(Vegas)/alea/Ruediger Dornベガス(Vegas)/alea/Ruediger Dorn
()
alea/Ravensburger

商品詳細を見る

プレイ人数:2~5人
プレイ時間:30分
対象年齢 :8歳以上
作者   :リューディガー・ドーン〈Rüdiger Dorn〉
備考   :ドイツのゲーム
      2012年ドイツゲーム大賞 ノミネート


2012年のドイツゲーム大賞候補3作品に残った傑作

プレイした時、一瞬これが大賞を取るのではないかとさえ思った

その名の通り、ラスベガスのカジノで一攫千金を狙うゲーム

と言っても実際にカジノにあるようなゲームをするわけではない

6つのカジノタイルの横にそれぞれ数枚の紙幣カードが置かれゲーム開始

そして各プレイヤーは自分の色のサイコロを8つ受け取る

A 手番プレイヤーは自分の持つサイコロを全て振る

B 出た目の中から1つを選択する(例えば出目が①①②③⑤⑤⑤⑥で⑤を選択したとする)

C 6つのカジノタイルはサイコロの目と関連付けがされていて、選択した出目のサイコロを
  全てそのカジノタイルに置く(この場合3つのサイコロを⑤のカジノに置く)

D 左隣りのプレイヤーがA~Dを順番に行う

ベガス1

これを全員のサイコロがなくなる(カジノタイルに置き切る)まで繰り返す

その後、各カジノタイルにつき最も多くサイコロを置いているプレイヤーから順に、そのカジノタイルの横に置いてある紙幣カードを1枚受け取るというもの

ここまでを1ラウンドとし、4ラウンド行って最もお金(紙幣)が多い人が勝利となる

出目選択がかなり重要であり、ここで勝ちに繋がる選択を行えるかどうかが勝負の鍵である

また、各カジノタイルにつき複数のプレイヤーの置いているサイコロ数が同数の場合、それらは無視される(それらのプレイヤーはそのカジノの紙幣を受け取れない)

「低確率だが逆転にはこれを置くしかない」「いや、ここはサイコロを残して様子を見よう」

また「あの人はお金を持ってるから同じカジノタイルにサイコロを置いて邪魔しよう」

など、様々な戦略・選択肢があり、また運の要素も絡むことで白熱の展開が巻き起こる

2~5人プレイとあるが、このゲーム実はサイコロさえ用意できれば何人でもプレイ可能である

明快なルールに親しみやすいデザイン、幅広く受け入れられるボードゲームといえるだろう

強気で博打にでるもよし、臆して堅実にいくもよし、場を読み流れを読む者が勝負を制する

確率?期待値?そんなものは参考値

最後にものを言わせるのは運を引き寄せるあなたの腕力なのだから

優雅なSkype人狼 第二夜 Part3

■3ゲーム目 9人プレイ 配役:狼狼狂村村村占霊狩
 ~ただ1人の犠牲キタ~

 ≪参加者≫
  狼側 (3人):ダック【狼】、ネコ【狼】、カピバラ【狂人】
  人間側(7人):キタ【占い師】、ヤス【霊能者】、カニ【狩人】
          ジラ【村人】、ニュクス【村人】、ヤベ【村人】

狼がリアルドクターコンビ、これは面白い(笑)

そして私が3回連続占い師という、第一の犠牲者に占い師多すぎ…



【1日目昼】 生存:ダック、ネコ、カピバラ、ヤス、カニ、ジラ、ニュクス、ヤベ

また占い師の私が無残な死体となってゲームスタート

カピバラの第一声「また占い師だったりして…w」…その通りでございます(笑)

そして、ヤス「ワニです」→カピバラ「カピバラです」→ネコ「ねこです」

→ダック「アヒルです」→ジラ「じゃあアライグマ」…なんだこの流れ

という茶番もさておき、占い師が誰も現れない…ここで初日占い師死亡説が濃厚に

一手パスしようという流れから全員違う人に投票することに…それはどうなんだ

連続の引き分け投票の末、人狼アプリより「ゲーム終了」通知



…え?引き分けってそういうこと!?

私も初めての展開だったので知りませんでした…真に申し訳ありません

というわけでまさかの1日目昼にゲーム終了、村は今日も平和でした(私の犠牲により)






■4ゲーム目 9人プレイ 配役:狼狼狂村村村占霊狩
 ~名探偵ヤベ、現る~

 ≪参加者≫
  狼側 (3人):ニュクス【狼】、ネコ【狼】、カニ【狂人】
  人間側(7人):ヤベ【占い師】、クランチ【霊能者】、ダック【狩人】
          カピバラ【村人】、キタ【村人】、ジラ【村人】

気を取り直して再スタート

今回初の初日占い師生存…って、どんな確率だよ(笑)



【1日目昼】 生存:ニュクス、ネコ、カニ、ヤベ、クランチ、ダック、カピバラ、ジラ

平凡な村人の私が初日犠牲者になり迎える昼

ヤベが堂々の占い師宣言、まあさっき(Part1の時)ヤベはこれで狼だったわけですが(笑)

クランチに白を出し、偽者が現れない状況で余裕のヤベ「占って欲しい人います?」

占い指定に対し、立候補するカニとカピバラ…まあ狼はさすがに名乗り出ないよね

先着順で狂人のカニを占うとヤベ、これはカニ好都合か

投票はまたもつれにもつれ、3回の同票の末、なんと狼のニュクス吊り



【1日目夜】 生存:ネコ、カニ、ヤベ、クランチ、ダック、カピバラ、ジラ

ニュクスが吊られ、狼一人と追い込まれたネコはここで占い師のヤベ噛み

しかし狩人のダックが占い師のヤベを護衛、占い師1人だとやはり守られるか…



【2日目昼】 生存:ネコ、カニ、ヤベ、クランチ、ダック、カピバラ、ジラ

犠牲者がでないことで、より占い師の信憑性が増すヤベ

カニ「狩人成功だね」 ←この発言が物凄く狩人っぽかった(笑)

ヤベは予定通りカニを占い、白だったと宣言

そして更に霊能者のクランチが前の日に吊られたニュクスが黒だったと宣言する

ここでヤベが1日目の投票の中でニュクスがカピバラとジラに投票していると指摘

ヤベは狼が狼に投票してないと考えるとグレーなのがネコとダックしかいないと推理

ここでダックが狩人宣言、まあそりゃそうなるよね(笑)

もうほぼ一択…ネコ吊りでゲーム終了!!



これは人間側の圧勝、1日目に狼のニュクスが吊れたのも幸先がよかった

最後は最早カニが狩人宣言しても覆らなかっただろう、霊能者宣言なら戦えたか?

初参加も4人いる中、この日は前回に比べて攻防が激しく面白い展開が多かった

次は人数少なくても一度、共有者や妖狐なども入れてみたい

もちろんバランスの取れた形で…次回はどんな展開が待ち受けるのか(笑)


  →優雅なSkype人狼 第三夜 Part1 に続く

優雅なSkype人狼 第二夜 Part2

■2ゲーム目 9人プレイ 配役:狼狼狂村村村占霊狩
 ~3人目の霊能者~

 ≪参加者≫
  狼側 (3人):カピバラ【狼】、ネコ【狼】、ニュクス【狂人】
  人間側(6人):キタ【占い師】、ジラ【霊能者】、コマ【狩人】
          カニ【村人】、ダック【村人】、ヤベ【村人】

動物系狼タッグ(笑)そして初日犠牲者の私がまたもや占い師…



【1日目昼】 生存:カピバラ、ネコ、ニュクス、ジラ、コマ、カニ、ダック、ヤベ

恒例の私が無残な死体となってゲームスタート(笑)

カニが霊能者の能力を噛まれた人も(役職まで)わかると思って聞いた発言がとんだ展開に

完全に霊能者宣言したと勘違いされ、しかも初日に出てきたことで皆から怪しまれるカニ

カニから普通に言い訳があると思って、私がフォローしたのも逆効果だったか…

ここでカピバラが占い師宣言するも、よりによって疑われまくっているカニを白判定(笑)

カニ=狂人説が濃厚になる中、カニ吊り…まあこれで本物の霊能者が確認する流れか



【1日目夜】 生存:カピバラ、ネコ、ニュクス、ジラ、コマ、ダック、ヤベ

本物の占い師が現れなかったことでキタ=占い師ではないかと気付くカピバラとネコ

そしてとりあえず前ゲームで猛威を奮ったヤベが噛まれる(笑)



【2日目昼】 生存:カピバラ、ネコ、ニュクス、ジラ、コマ、ダック

ここでカピバラがジラを白判定…白出しばかりの占い師って実はちょっと怪しかったり

そして霊能者宣言したのは狂人ニュクス、しかもカニを白判定…場はニセ者だらけに

ここで本物の霊能者ジラが対抗するかと思いきや沈黙…今出ないとまずくないか?

ネコ、コマ、ダックがグレー(情報なし)の状態で投票、なんと狼のネコ吊り…!!



【2日目夜】 生存:カピバラ、ニュクス、ジラ、コマ、ダック

ジラが黙っていたおかげか、狼目線でカニ=狂人&ニュクス=霊能者説濃厚に

ということで本物の霊能者っぽいニュクス(狂人)を噛んでしまうカピバラ(笑)



【3日目昼】 生存:カピバラ、ジラ、コマ、ダック

ダックが第一声に投票先を決めた宣言…が、ここでカピバラがダックを黒判定

投票先が変わったとダック、いったい誰に投票しようとしていたんだ(笑)

ここで動く霊能者ジラ、カニ=白、ネコ=黒とゲームの真相をここで語る

通常なら黒判定があるまで霊能者が潜伏するのはありだと思う

しかし、今回は2日目にニセが出ている状況、村人のダックとコマの信頼を得られるか

冷静に考えればカピバラ‐ダックが白‐黒、黒‐白のどちらかなので

2人狼が残っていないと考えればジラは白、本物の霊能者だとわかる

結果はカピバラとジラがダックに投票し、ダック吊り…

そしてコマはカピバラ=狂人説を考えたのかジラに投票していた(笑)



【3日目夜】 生存:カピバラ、ジラ、コマ

またもや、終わりかと思いきや狩人のコマが残っているため迎える夜

ここでカピバラがジラを噛み、コマがそれを守れば人間側に勝機がある

しかし普通にコマ噛み(まあもうジラ=霊能者、コマ=狩人ですもんね)

例によって、狩人は最後まで狼のカピバラを守っていた(笑)



ということでカピバラが最後まで欺きぬき、狼側の勝利

今回はニセ占い師にニセ霊能者と波乱万丈の展開でした(笑)

しかも初日で本物の占い師が死んでたり、霊能者疑惑が3人だったり予想外だらけ

まあでも最後の投票でどちらに転ぶ可能性もあり、なかなか面白かったのではないでしょうか



  →優雅なSkype人狼 第二夜 Part3に続く

優雅なSkype人狼 第二夜 Part1

Skype人狼の企画2回目

今回は10人と少なめでしたが、前より展開は面白かったです

参加してくれた皆様ありがとうございました

今回はGMも2回目で前より落ち着いて見ることができました

ややこしいので表記を参加名にしました
(ひらがなは見やすいようにカタカナにしました)



■1ゲーム目 8人(9人)プレイ 配役:狼狼村村村村村占狩
 ~信じる者に裏切られ~

(初めての人もいるので練習プレイ、余計なことを言わないということで私も参加)

 ≪参加者≫
  狼側 (2人):コマ【狼】、ヤベ【狼】
  人間側(7人):キタ【占い師】、ニュクス【狩人】、カピバラ【村人】、ジラ【村人】
          ダック【村人】、ネコ【村人】、犠牲者A【村人】
          (犠牲者Aさんは初日に噛まれるダミーです)

狼はコマとヤベのエンジニアコンビ(笑)

そしてGMの私が占い師、どうしよう…



【1日目昼】 生存:コマ、ヤベ、キタ、ニュクス、カピバラ、ジラ、ダック、ネコ

いきなり占い師宣言するヤベ、ダックを白だと報告…これはヤバイ

GMなので宣言するか迷いましたが、仕方なく私も占い師宣言

初日に占ってジラに白が出たと報告するも後出しで怪しまれGM即吊り(笑)

そして白判定を出しているのに私に投票していたジラ、こらこら



【1日目夜】 生存:コマ、ヤベ、ニュクス、カピバラ、ジラ、ダック、ネコ

占い師と思われているヤベが白出ししたダック噛み、これも上手い

これでよりヤベが占い師であるという信憑性が増すだろう

早くも人間側が窮地に、そして次に人間が吊られたらほぼゲーム終了



【2日目昼】 生存:コマ、ヤベ、ニュクス、カピバラ、ジラ、ネコ

ネコに白を出すヤベ、しかし3回の再投票の末、ギリギリのところでコマ吊り

特に疑われてなかったのに名簿下の人を吊る流れの勘違いから被弾(笑)

土壇場の決定にコマ「マジすか」



【2日目夜】 生存:ヤベ、ニュクス、カピバラ、ジラ、ネコ

カピバラが噛まれ、依然状況は変わらず

そして霊界チャットでは私が占い師宣言して、カピバラ「えぇええw」



【3日目昼】 生存:ヤベ、ニュクス、ジラ、ネコ

ここでジラに黒出しするヤベ、狼の猛攻が止まらない

誰もがヤベを信じている、ここまでか…いや、まだ希望はある

1日目の投票でジラは私に投票していた、ここを追求できるかどうか

1日目でよほどの賭けに出ていない限り、ジラ‐私の2人狼の可能性は低い

実はニュクスも1日目で私に投票しており、同じことが言える

ネコは1日目ジラに投票しているが、ヤベから2日目に白判定されている

ヤベが本当の占い師ならネコも白なので、ヤベ‐ネコは白‐白、黒‐白しかない

ネコは白、私が黒ならジラ、ニュクスも白率濃厚、この矛盾を見抜けるか…!!

結果は全一致でジラ吊り(笑)



【3日目夜】生存:ヤベ、ニュクス、ネコ

ゲーム終了…かに思えたが、まさかの狩人生存のためゲームは続行

ここでヤベがネコを噛み、それをニュクスが守れば人間側に勝機がある

…がストレートにヤベが狩人のニュクスを噛み、ゲーム終了

しかも狩人は最初から最後までヤベを守っていた(笑)

というかずっと占い師が噛まれないことを不思議に思わなかったのだろうか

まあそれも私が最初に疑われ過ぎたのが原因か…



1ゲーム目は見事、狼が人間を欺き勝利

さすがに2回目だけあってヤベの的確な攻めが半端なかった

コマの発言も完全に村人に同調していて、ある意味最強コンビだった

2日目にコマが吊れたのは奇跡としか言いようがない(笑)

なにはともあれ最後までどちらに転ぶかわからない展開で面白かった



  →優雅なSkype人狼 第二夜 Part2に続く

ゲーム個人評価 人数順

ゲーム個人評価 五十音順に引き続き、最大プレイ人数順でまとめてみました
プレイ人数の幅広さもTVゲームにはないボードゲームの醍醐味と言えるでしょう
星の数についてはゲーム個人評価 五十音順と同じです
プレイ回数を重ねる内に評価を変えることもあります

ちなみにはプレイ時間を表しています

ゲーム個人評価 五十音順 評価順

~2015/8/1更新~

2人まで】
アンギャルド            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
ガイスター             ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 15分
どうぶつ将棋            ☆☆☆☆☆☆★★★★ 15分
ファーストラック          ☆☆☆☆☆★★★★★ 10分
フィヨルド             ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分

3人まで】
百科審議官             ☆☆☆☆☆☆★★★★ 30分

4人まで】
アーサー王             ☆☆☆☆☆☆★★★★ 60分
アーボレータム           ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
アクアスフィア           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 120分
アルカトラズ・スケープゴート    ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 60分
ヴィニョス             ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 135分
ヴィラ・パレッティ         ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
おばけだぞー            ☆☆☆☆☆☆★★★★ 15分
オペラ               未評価        120分
カタン               ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 90分
カッラーラの宮殿          ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 60分
グラスロード            ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 60分
コリドール             ☆☆☆☆☆☆★★★★ 15分
サムライ・ボードゲーム       ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 45分
CV                ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 60分
シヴィライゼーション:ボードゲーム ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 180分
シティビルダー           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 90分
ストーンエイジ           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 60分
ズライカ              ☆☆☆☆☆☆★★★★ 30分
それは俺の魚だ           ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 20分
大聖堂               ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 120分
炭鉱讃歌              ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 70分
チャオチャオ            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 25分
ツォルキン:マヤ神聖歴       ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 90分
ティキトップル           ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 20分
ディメンション           ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
トーレス              未評価        60分
ドミニオン             ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 30分
ドミニオン「異郷」         ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 30分
ドミニオン「陰謀」         ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 30分
ドミニオン「海辺」         ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 30分
ドミニオン「収穫祭」        ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 30分
トラヤヌス             ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 90分
トランプトリックゲーム       ☆☆☆☆☆☆★★★★ 30分
パスティーシュ           未評価        40分
果てしなき世界           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 90分
パフューム             ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 45分
バロニィ              ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 45分
パンデミック            ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 45分
フィンカ              ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 45分
ブルゴーニュ            ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 90分
ブルッヘ              未評価        60分
フレスコ              ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 60分
プロスペリティ           ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 60分
ペルガモン             ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 45分
宝石の煌き             ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
街コロ               ☆☆☆☆☆☆★★★★ 30分
街コロプラス            ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 40分
マルコポーロの足あと        ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 100分
ムラーノ島             ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 60分
村の人生              ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 75分
メディナ              ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 90分
藪の中               ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 15分
郵便馬車              ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 60分
ライスラ              ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 60分
ラブレター             ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 20分
ルイ14世             ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 100分
ロシアンレールロード        ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 120分

5人まで】
アグリコラ             ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 120分
アグリコラ「泥沼からの出発」    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 120分
アブルクセン            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 25分
アルカトラズ・厳重警備       未評価        60分
アルケミスト            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 50分
いかさまゴキブリ          ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 20分
ヴァルドラ             ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 60分
ウィーン              未評価        30分
ウサギとカメ            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
エルグランデ            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 90分
王と枢機卿             ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 45分
おかしな遺言            ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 60分
おかしな遺言拡張          未評価        75分
カオス               未評価        40分
カルカソンヌ            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 45分
カルカソンヌ「メイフラワー号」   ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 45分
キャプテン・リノ          ☆☆☆☆☆☆★★★★ 15分
グリモリア             ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
グレンモア             未評価        70分
ケイラス              ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 120分
コロレット             ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
コンテナ              ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 90分
ザ・ゲーム             ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 20分
砂漠を越えて            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 45分
サンクトペテルブルク「第2版」   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 45分
サンチアゴ             ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 75分
シヴィライゼーション「富と名声」  ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 180分
ストーンエイジ「文明への第一歩」  未評価        60分
スノードニア            ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 90分
スパイリウム            ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 60分
スモールワールド          ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 80分
セブンドラゴン           ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 10分
ゼロ                ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 20分
ゼロの恐怖             ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
倉庫の街              ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 45分
倉庫の街「波止場の倉庫」      未評価        45分
ダークダーカーダーケスト      ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 120分
ダンジョンレイダース        ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 20分
チケットトゥライド         ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 60分
ツォルキン「部族の予言」      ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 90分
テラ・ミスティカ          ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 100分
テラミスティカ「氷と炎」      ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 90分
テンプル騎士団:秘密の宝      ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 60分
東海道               ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 45分
トリックマイスター         ☆☆☆☆☆☆★★★★ 45分
ナビゲーター            ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 90分
ネイションズ            未評価        200分
ノートルダム            ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 60分
呪いのミイラ            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
パトリツィア            ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 50分
花火                ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 25分
パルミラ              ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 45分
ハンザ・テウトニカ         ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 60分
P.I.              ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 45分
プエルトリコ            ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 90分
フェレータ             ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 60分
ブクブク              ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
プラエトル             ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 75分
フランシスドレイク         未評価        120分
ベガス               ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
ポートロイヤル           ☆☆☆☆☆☆★★★★ 30分
ボーナンザ             ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 45分
ホビットの冒険           ☆☆☆☆☆☆★★★★ 20分
魔法にかかったみたい        ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 45分
マンマミーア            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
村の人生「酒場」          ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 75分
村の人生「港町」          ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 90分
モダンアート            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 45分
もっとホイップを          ☆☆☆☆☆☆★★★★ 20分
よくばりハムスター         ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 20分
ラー                ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 60分
ラジャ               ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 90分
ルイス・クラーク探検隊       ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 90分
ロイヤルス             ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 60分
ロココの仕立屋           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 90分
ロストレジェンド          ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 70分

6人まで】
アイムザボス            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 60分
アベ・カエサル           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 30分
アロザ殺人事件           未評価        30分
インペリアル            未評価        120分
ウィザード             ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 45分
エルフェンランド          未評価        60分
カタン15周年記念版        ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 90分
キーフラワー            ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 120分
キャッシュ&ガンズ         ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
キャット&チョコレート       ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 20分
キャット&チョコレート「学園編」  ☆☆☆☆☆☆★★★★ 20分
キャット&チョコレート「ビジネス編」☆☆☆☆☆☆☆★★★ 20分
キング・オブ・トーキョー      ☆☆☆☆☆☆★★★★ 30分
クー                ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 15分
クルード              ☆☆☆☆☆☆★★★★ 45分
ゲットラッキー           ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 20分
ゴキブリポーカー          ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 20分
ゴキブリポーカー・ロイヤル     ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
5本のキュウリ           ☆☆☆☆☆☆★★★★ 25分
コルトエクスプレス         ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 40分
ザ・バクダン            ☆☆☆☆☆☆★★★★ 30分
ザ・ボス              ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 40分
七王国の玉座(第2版)       ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 180分
シティ・オブ・ホラー        ☆☆☆☆☆☆★★★★ 90分
新世界               ☆☆☆☆☆☆★★★★ 45分
スカルキング            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
スコットランドヤード        ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 45分
スコットランドヤード東京      ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 45分
ダイアモンド            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
大噴火               ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 45分
ダビデとゴリアテ          ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 60分
チーズがいっぱい          ☆☆☆☆☆★★★★★ 15分
ディクシット            ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 30分
ディクシット2           ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
ディクシット3           ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
ディクシット4           ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
電力会社              ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 120分
トゥモロー             ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 90分
髑髏と薔薇             ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
ねずみの競争            ☆☆☆☆☆☆★★★★ 20分
ハゲタカのえじき          ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 15分
パニックステーション        ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 40分
ハリガリ              ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 15分
バルバロッサ            ☆☆☆☆☆☆★★★★ 30分
ビーバーバンデ           ☆☆☆☆☆☆★★★★ 20分
フォー・セール           未評価        30分
フラッシュポイント         ☆☆☆☆☆☆★★★★ 45分
ブラフ               ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 15分
プロヒス              ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 20分
ペンギンパーティ          ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 15分
ポルターファス           ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 20分
マッチボール            ☆☆☆☆☆☆★★★★ 20分
魔法にかかったみたい(アレアの宝箱)未評価        45分
モールオブホラー          ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 60分
ヤギ戦争              ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 15分
ユーフォリア            ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 60分
ラスト・ナイト・オン・アース    ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 90分
ルーム25             ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 25分

7人まで】
操り人形              ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 90分
アンダーカバー           ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
インフェルノ            ☆☆☆☆☆☆★★★★ 20分
キャメロットを覆う影        未評価        90分
キル・ドクター・ラッキー      ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 45分
ゲシェンク             ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 20分
詐欺師               ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 20分
世界の七不思議           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 30分
バン!               ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
ボーナンザ拡張           ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 45分
マンモス              未評価        20分
ワンナイト人狼           ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 10分

8人まで】
インカの黄金            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 20分
おおおおかみ!           ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
おばけキャッチ           ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 20分
おばけキャッチ名人技        ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 20分
キャッシュ&ガンズ 第2版     未評価        30分
キャメルアップ           ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
ジェンガ              ☆☆☆☆☆★★★★★ 20分
シャドウハンターズ         ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 45分
ジャングルスピード         ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 10分
テレストレーション         ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
ドブル               ☆☆☆☆☆☆★★★★ 10分
ノスフェラトゥ           ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 20分
ぴっぐテン             ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 15分
ピッチカー             ☆☆☆☆☆☆★★★★ 30分
ヒューゴ              未評価        30分
ベガス「ブルーバード」       ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
メイデイ!メイデイ!        ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 25分
ライトライン            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 10分
ワードバスケット          ☆☆☆☆☆☆★★★★ 30分

9人まで】
エミッサリー・クライシス      ☆☆☆☆☆☆★★★★ 45分
狼の血               ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 15分
ペッパー              ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分

10人まで】
悪魔城への馬車           ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
陰謀の聖堂騎士           未評価        30分
お邪魔者              ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
究極のワンナイト人狼        ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 10分
コヨーテ              ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
小吃大胃王             ☆☆☆☆☆☆★★★★ 30分
ニムト               ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 45分
ピット               ☆☆☆☆☆☆★★★★ 30分
ピノッキオ             未評価        30分
ファブフィブ            ☆☆☆☆☆☆★★★★ 30分
レジスタンス            ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
レジスタンス:アヴァロン      ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 30分

11人まで】
ウォールストリートパニック     未評価        45分

12人まで】
お邪魔者2             ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
クク                ☆☆☆☆☆☆★★★★ 30分
コンセプト             ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 40分
髑髏と薔薇(+赤箱)        ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分

13人以上】
マスカレイド            ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
タブラの狼             ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 30分
汝は人狼なりや?          ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 45分
ゾンビダイス            未評価        20分
ハイパーロボット          ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 30分
プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
487位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
17位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-