FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年11月
ARCHIVE ≫ 2013年11月

ブルゴーニュ プレイ記1

私(黒)、ゲン(青)、カピバラ(緑)の3人でブルゴーニュをプレイ

bur1.jpg

建物や家畜など、好きなタイルを取って自分の箱庭を埋めていくゲーム
サイコロを振って出た目に対応するメインボードのタイルを取って保管するか、
保管したタイルを個人ボードにある出た目に対応するマスに置く

サイコロを2個振っているのは2ターン分を先に振っている(使用順自由)
全員同時に最初に振るので、他の人の出目を見て戦略を考えることができる

bur2.jpg

とにかく建物タイルを取りまくりぶっちぎる私(黒)
個人ボードにある各色のエリアは埋めることで勝利点を獲得できる
タイルを置いた時に追加でもう1枚置ける建物タイルなどを活用して速攻

bur3.jpg

と、余裕ぶっていた矢先、カピバラ(緑)が家畜エリアを埋め大量得点
エリアボーナスだけでなく、家畜タイルはそれぞれが直接点数になる

bur4.jpg

カピバラ(緑)に引き離される私(黒)、そしていつの間にか点差をつめているゲン(青)

bur5.jpg

ゲン(青)は追加行動をもたらす城タイル、銀の収入源となる鉱山タイルをコンプ
銀があれば、追加のタイル購入を行うことができ、序盤からの鉱山は強い

bur6.jpg

また商品タイル獲得と手番での優先権をもたらす船タイルも集めたゲン(青)
商品タイルを売却することで大幅に点差を広げる

bur7.jpg

~結果~
ゲン(青)232点、私(黒)191点、カピバラ(緑)162点

まさかのゲンが得点トラック3周目突入(笑)
100点マーカーと200点マーカーが用意されているところから妥当な点数なのだろう
やはり序盤からの鉱山タイルが強かった、そして船タイルでの商品売却の得点も大きい

カピバラも鉱山を集めていたが、家畜が2種類に分かれてしまったのが痛かったか
私も船タイルで商品は獲得していたが、売る前にゲームが終わってしまった

これはゲーム終了のタイミングが決まっているため、
欲張り過ぎてもダメで、しっかりとした計画を練る必要があると思った

ランダムに現れるタイルとサイコロということで運ゲーと思うかもしれないが、
他人のサイコロを見てから行動するため、運に依存するような感覚はない

また、サイコロの出目自体を操作できる労働者を最初から持っており、
労働者はゲーム中にも獲得可能で、出目のばらつき自体が集束する

しかしながら、出目に対するカタンのような期待値が常に存在し、
交渉や直接邪魔をするような要素がない
これは素晴らしい作品、テーマも落ち着いていて優雅なボードゲームにふさわしい

そして、このままでは終われない…倍返しだ!

ブルゴーニュ プレイ記2に続く
スポンサーサイト



ゲーム会 感想16 ブルゴーニュ、他

私、ゲン、カピバラの3人でゲーム会
I氏も来るはずだったが病欠、季節の変わり目には気をつけて…

・ワードバスケット
word0.jpg

カピバラ持参の激闘のしりとりゲーム
このゲーム、もう手札を見た瞬間から勝負は始まっているのだ
語彙力の低い私にできるのは、自分の手札で完結するコンボで全て繋げること
しかし、途中で邪魔が入るためそう上手くはいかない
なんだかんだで3人がちょうど1勝ずつして終わりました(笑)

・ラブレター
lov1.jpg

髑髏と薔薇クーに並ぶ安定のブラフゲーム
ラブレターを色んな人物を通して姫に届けてもらう
命懸けの展開に爆笑必死、これは本当に良い作品

・ブルゴーニュ
bur0.jpg

自分の庭を建物や家畜などで埋めていくゲーム
ダイスゲーで運に左右されるかと思いきや、出目を変える効果で計画性高し
面白いとは聞いていたが、ボードの色の薄さに長いこと敬遠していた
私は今回2回目のプレイとなるが、やはり満点級に面白い
途中、私とゲンが「振るぞー!」とか「いくぞー!」とか気合い入りまくりだった(笑)
今までやらなかったのを後悔、内容はプレイ記にて

ブルゴーニュ

ブルゴーニュ〈The Castles of Burgundy〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10.0

ブルゴーニュ (Burgund)ブルゴーニュ (Burgund)
()
alea

商品詳細を見る

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:90分
対象年齢 :12歳以上
作者   :シュテファン・フェルト〈Stefan Feld〉
備考   :ドイツのゲーム
      2011年ドイツゲーム賞 2位
      2011年国際ゲーマーズ賞 ノミネート
      2011年ミープルチョイス賞 受賞
      2011年ドイツゲーム大賞 推薦リスト
      2011年スイスゲーム大賞 2位
      2011年トリックトラック賞 3位
      2012年フランスゲーム大賞 ノミネート


自分の土地に建物を建てたり、家畜を飼ったりして繁栄させていくゲーム

サイコロを振って出た目により、様々なタイルを入手でき、
そのタイルを自分の個人ボードに置くことができる

個人ボードに置いたタイルには効果があり、
追加行動や追加収入、得点、商品、ボーナスなど選り取りみどり

全員が同時にサイコロを振って出目を確認してから行動するため、
他人の動向を予想して手を考えることができる

またサイコロの出目を微調整できる労働者の存在が計画に保険をかける
労働者1つ消費で出目を±1することができ、手番をパスすればいつでも労働者が手に入る

そして、個人ボードへのタイルの置き方はタイル同士が隣接するように置かなければならず、
土地のエリア毎の得点などもあり、効率よく配置する必要がある

それでいて毎回ランダムに配置されるタイルにより戦略も臨機応変に対応しなければならない
何かに偏らせるべきか、まんべんなく伸ばすべきかもそのゲーム次第

初期の個人ボードにもバリエーションがあり、自分の好みのものを選べるのも面白い

長時間ゲームだが、振ったサイコロで選択肢を絞れるシステムは簡単で、
初心者にから熟練者まで幅広く楽しめるゲームだろう

落ち着いたテーマで濃密な時間を過ごせる傑作です

購入ゲーム 紹介6 ブルゴーニュ、コンテナ

最近購入したゲーム

・ブルゴーニュ
P1020153.jpg

ダイスゲーだが、戦略が多彩
自分の箱庭にタイルを埋めて発展させたり、商品を売って得点を得るゲーム
タイルの種類が実に豊富で、基本ルールはシンプルながら様々な展開を楽しめる
約2時間と長時間ゲームではあるが運の要素もあり、最後まで気を抜けない
2~4人プレイ、カタンプエルトリコが好きなら買って損のない傑作

・コンテナ
P1020095.jpg

アクション選択式で行動する競りゲー
コンテナを生産して、売買して、輸送してお金を稼ぐ
途中、借金システムによりお金を借りて行動を増やすことも…
しかし、借金すれば毎ターン利息を取られるとシビアなルール
競りは電力会社のようなオークションではなく同時提示のため、読み合いが重要
2~5人プレイ、競りゲームにして重厚系、絶版だがこれも間違いのない名作

シヴィライゼーション プレイ記1 Part2

やるぞ、本当にやるぞシヴィライゼーションを…
いいんだな?どうなっても知らんぞ!

という訳でシヴィライゼーション プレイ記1 Part1の続き(笑)

まず各文明(というか国?)を選択

civ5.jpg

私はなんとなくアメリカ
…知らないのか?この世でもっとも怒らせてはいけない国はどこかを

civ6.jpg

ジラ氏はドイツを選択
ドイツの科学力は世界一!?

civ7.jpg

カニはロシアを選択
潜伏スパイは数知れず?影の軍事国家となるか

civ8.jpg

このように最初に置いた首都(+12のタイル)から、軍隊や開拓者駒を生産できる
戦争するだけのゲームではないが、シュミレーションゲーム風である
なんとなく昔好きだったスーパーファミコンウォーズというゲームを思い出した(笑)

civ9.jpg

各ターン毎に研究を進め、色んな技術を身に付けられるところも面白い
他にも建物を建築したり、芸術を磨いたりと選択肢が多彩

勝利条件も軍事的勝利、技術的勝利、経済的勝利、文化的勝利と好きなものを目指せる

civ10.jpg

私はひたすら偉人やら芸術に手を出しまくり、
あと1手で文化的勝利というところで、ジラ氏の空襲により首都せん滅
部隊を強化しまくったジラ氏の軍事的勝利でる

カニもこのターンで研究を終え、技術的勝利となるはずだったが惜しくも間に合わず
途中ルール間違い等も多かったが、なんだかんだでかなりの接戦だった
今回は、ルール解読に必死であまり写真が撮れなかったので細かい内容はなし

噂には聞いていたがやはり面白い、そして重い
ただ、1回やってしまえばルールもそこまで複雑でないため、何度でも遊べそうだ

戦争のテーマが優雅なボードゲームに反するかもしれないが、
これは数多くの要素が絡み合って様々な戦略を楽しめる素晴らしいゲームである

時間が許すなら(そして面子が許すなら笑)是非ともプレイして頂きたい作品

シヴィライゼーション プレイ記1 Part1

私、カニ、ジラ氏の3人でシヴィライゼーションをプレイ(まで至らない記事)

civ1.jpg

箱のデザインもなかなか凝っている
面白いゲームほど箱に力を入れていることも多いため期待大

civ2.jpg

そしてボードゲームならではのタイル抜き作業
いったいどれだけあるんだ(笑)

civ3.jpg

ようやく内容物の準備が整ったところで、説明書解読に移る
もはや何かの作戦会議である

civ3a.jpg

この個人ボードにある商業力と経済力を示すダイヤルが実にいい感じ

civ4.jpg

さあ、準備完了!
果たしてゲームになるのか(笑)

シヴィライゼーション プレイ記1 Part2に続く

シヴィライゼーション

シドマイヤーズ・シヴィライゼーション:ボードゲーム
〈Sid Meier's Civilization: The Board Game〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5

シドマイヤーズ シヴィライゼーション:ボードゲームシドマイヤーズ シヴィライゼーション:ボードゲーム
(2012/12/29)
ホビージャパン

商品詳細を見る

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:180分
対象年齢 :14歳以上
作者   :ケヴィン・ウィルソン 〈Kevin Wilson〉
備考   :アメリカのゲーム
      2011年トリックトラック賞 ノミネート
      2012年スペインゲーム大賞 1位


世界の様々な文明の指導者となり、発展を目指すシュミレーション風ボードゲーム
そのシステムの壮大さはまさに世界規模

軍事力を強化し、他の都市を攻め落とすもよし
芸術に専念し、偉人達を抱えるもよし
研究を進め、技術力にものを言わせるもよし
経済力で他を圧倒するもよし

4つある勝利条件のどれを目指してもいいが、
その達成はどれも容易ではない
綿密な戦略を進めた者だけが勝利を手にする

また、交渉による資源やカードの交換も可能で、
一時的な同盟関係が結ばれるなんてことも…
しかし、その約束に拘束力はない

ボードも実に広く、駒を動かして新たな都市を築いたり、
その土地から資源を確保したりと自由に勢力を伸ばしていくのが面白い

そして、敵対する駒同士が同じマスに居合わせた時の戦闘システムも見物
駒自体に優劣はなく、勝敗はプレイヤーの戦闘カードで決まる
各自が持つ戦闘カードの山札からランダムに引いたカードで勝負し、
カードにはじゃんけんのような相性もあり熱い攻防が繰り広げられる

また、戦力を強化しなくとも、芸術を磨けばカードを引くことができ、
中には戦闘を行うことなく、カードだけで敵勢力を排除するものも

いかにして自らの文明を勝利へ導くかはプレイヤー次第
プレイ時間3時間超えにして、その時間を感じさせない充実感

さあ、最も偉大な指導者として世界に名を残すのは誰だ?

ゲーム会 感想15 ザ・ボス、他

私、カニ、ジラ氏の3人でゲーム会

この日は、前々から買おうと思っていたシヴィライゼーションを
ジラ氏が買ったということで、期待を膨らませ2時間半かけてカニ邸へ

・シヴィライゼーション
civ0.jpg

各々の文明を発展させ、4つある勝利条件のいずれかを目指すゲーム
プレイ時間4時間の超重量級ということで初回は5時間を覚悟

今回は久々にルール説明をする必要がないかもしれないと思ったらなんのその
説明書を読んでいないどころか、コンポーネントも未開封のジラ氏…なんでだよ(笑)

まずは3人で膨大な数のタイルの抜き取り作業とルール解読タイム
準備+ルール解読+1ゲームで7時間ほどかかりました

でもやはり期待通り超面白いゲームでした
帰宅5分後に私も即購入(笑)

4人の方がバランスよさそうだったので、次は是非4人でやりたいという話になった
…が、このヘビーゲームに挑戦してくれる猛者はいるだろうか

最初はルールミス等もあり、内容もあまり撮れていませんが、
一応、プレイ記(プレイに至るまでの奮闘記?笑)書きます

・ラブレター
lov0.jpg

姫に恋文を届けることを目的としたシンプルゲーム
でも届ける前に死ぬ確率高すぎ(笑)
BGGを見たらなんとランキングで100位以内に入っていた…凄いゲームです

・マスカレイド
mas0.jpg

役職交換ありの正体隠蔽系ゲーム
手番に相手と自分の役職を交換(もしくは交換のふり)ができるため意外な展開多し
自分の役職を指差し「これが詐欺師だ!」「いやこれだ」「いやこのカードこそが…」
と、みんな我こそが真の役職である宣言、いったい何人いるんだよ(笑)
3人でも面白かったけど、人数増えた方が面白そうだなと思った

・ザ・ボス
boss0.jpg

マフィアのボスとなって、様々な都市からお金を巻き上げるゲーム
しかし慎重にならなければ、その都市のマフィアに病院送りにされたり殺されることも
それにしてもカンザスシティ恐すぎ
これも地味ながら面白かったけど、3人より4人の方がバランスがいいかもしれない
そして、なかなかお金を増やすのが難しいため、次はもっと博打に出た方がよさそうだ

花火 プレイ記1

私、キム、ヨーゾー、ワッキーの4人にて花火をプレイ

私以外は初プレイ、1回目はルールの説明不足もあり、割と序盤から誤爆連発
それでも、途中から体勢を立て直す

~結果~
hanabi1.jpg

16点、平均くらいだと思うが、正直あそこからここまで持ち直すとは思わなかった
この時、既に私は何か可能性を感じていたのかもしれない
も、もう一回!


2回目は、順調に小さい数字の花火が打ち上がるが、途中からなかなか進まない
カードの引きが悪い、色んな意味で
ヒントを回復するヒントなどで、なんとか繋いでいくがそれも回らなくなってきた

ヒントが出された時に生まれる推理要素
それは、教えられたカード以外はそのヒントに当てはまらないという情報だ

そんなことは今までの花火をやったメンバーでも、皆わかっていた
しかし、今回の花火はここからだった

これは情報というよりその人の性格というべきか、考え方と言うべきか
自分にヒントを出されない状況をどう捉えるか、だった

これまでは単に自分が重要なカードを持っていないだけか、
ヒントを与えてくれる余裕がないだけ、くらいに思っていた

なので、せめてヒントを出すチャンスがどれだけあったかどうかを推理要素とするよう
引いたカードの新旧も当然わかるようにはしていた

しかし、場が進まない状況で捨てていいカードの情報も与えられないならどうか
この状況が1つの推理要素なのではないか
何故自分にヒントが出されないのかを考えた時に言えることがもう1つある

それは打ち上げられるカードを持ってはいるが、与えるヒントが難しいということ
例えば、打ち上げることのできる黄色の3を持っている人がヒントを貰えない

これは黄色の3以外に黄色のカードと3のカードがあることを意味する
(これは1枚だけを対象としたヒント=打ち上げろ、であることが大前提である)
とすれば、その人の立場からは逆に考えることができる

「自分は今打ち上げられる5種類のカードの内どれかを持っている可能性がある」
かつ「自分はその数字と被るカードとその色と被るカードを持っている」と言える

序盤ならまだしも捨て札や場にカードが出揃った状況なら、
この5種類の内、自分がどれを持っている可能性があるのか相当絞れるのだ

但し、必ずしもこうとは言い切れない
ヒントを出さない理由が何かなど、人の考え方にもよるからだ

しかし、ヨーゾー、ワッキーは既にその考え方に一致している、もうその域に達している
キムも堅実に場を見渡すことを怠らず、慎重にカードを切っておりミスがない

~結果~
hanabi2.jpg

誤爆0、ヒント余り3の余裕の24点

途中、何度かワッキーに危ない橋を渡ってもらったが、
終盤は気持ちのいいくらいスムーズな流れだった

後半で私が1、2、3でなく黄色でないカードを1枚持っており、
捨て札と回りの手札の状況から青の4か5であることがわかっていた
場の青のカードは1~3まで打ちあがっていた

そして先ほどの推理要素を用いて青の4と5両方を持っている可能性もわかっていた
私の左隣りのキムが青の4を持っており、完全に2分の1だった

ただ、山札に青の5のカードがある可能性も残っており、
私が青の4を出し、キムが青の5を出して25点という展開に賭けてしまった

結果は私が青の5を持っていたが、私が迷っていたカードはやはり青の4だった
あの時、一か八か2分の1で青の4を出していれば25点満点だったかもしれない
ということは、今回も私のせいか(笑)

何にせよ、今までで一番の成績であることは間違いない
素晴らしい結果である、キム、ヨーゾー、ワッキーに感謝
そろそろ、25点満点を見る日も近いか

ラストナイトオンアース プレイ記2 Part4

ラストナイトオンアース プレイ記2 Part3の続き

【ゾンビ側】
ゾンビプレイヤー:私(茶色)、ワッキー(緑色)
【人間側】
キム:アンダーソン保安官(ゾンビ化)、ベッキー、ジョセフ神父
ヨーゾー:ジェニー、サリー

ジェニーが洋館ごとゾンビを吹っ飛ばそうとしたところからスタート
ちなみに今回のシナリオは「洋館を守れ」(笑)
それはさておき、出目3以上で爆発マーカーに引火し、最大でゾンビ4体を殺せる

last224.jpg

ヨーゾーが振ったサイコロは「1」…ここにきてまさかの不発
前のブログを見て予想はついていたかもしれませんが(笑)

last225.jpg

たたみかけるゾンビ、またもや洋館内に8体、あと1体入ればゾンビ側の勝利である
ジェニー(画像中央)も4体もゾンビに囲まれピンチ
ここでキムがベッキーを洋館の外に出す作戦に出る
ゾンビの移動は縦横斜め1マスで壁無視だが、必ず人間のいる方に行かなければならない
そのルールを利用し、こちら(ゾンビ側)の勝利条件を満たさないようにしようと言うのだ
確かに、その手を使えば粘ることができるかもしれない

lsat226.jpg

だが、ワッキーがそれを許さない…『Locked Door』でドア封鎖

last227.jpg

すかさずキムがジョセフ神父の能力「ハラキリ」…何故か皆そう呼んでいました(笑)
HPを1減らすことで、ゾンビカードを無効化できるという素晴らしい能力
丁度アンダーソン保安官がゾンビ化した頃に発見された生存者である

last228.jpg

とにかく無事ベッキーは外へ(画像右)、外にいたゾンビも撃破
これで次のゾンビターンで5体のゾンビが外へ…と思いきや真ん中に変なおじさんが

last229.jpg

新たな生存者ジェイク・カートライト、山札からカードを引く際に2枚見て好きな方を選べる
え、ジェニーはどうしたのかって?
とりあえず5つ前の画像で察して下さい(笑)

last230.jpg

出現場所が悪かった、周りに人間が複数いる場合、ゾンビは好きな人間の方へ動けるのだ
当然、ベッキーではなく洋館の中にいるジェイク・カートライトの方へ移動

last231.jpg

更に私の引いたカード『Cornered』、次のターンまでゾンビ側のダイス2個追加
※ただし、この間は人間側が同じ出目でも勝利することができる

last232.jpg

当然、キムは「ハラキリ」を選択(笑)…しかしこれでもう能力は使えない

last233.jpg

私が新たに引いたカード『I Feel Kinda Strange』と『Uuuurrrggghh!』
駄目押しのダイス2個追加、そして…

last235.jpg

ヒーローターンで最後の望みをかけるもゾンビを撃退することができず
9体のゾンビが洋館内に侵入、ゾンビ側(私、ワッキー)の勝利!

途中、チェーンソー無双が始まるかと思ったが、上手くゾンビ化できたのが幸いだった
しかしながら、あの後も爆発マーカーに引火させられていれば逆転していただろう
そして、後から登場したジェイク・カートライトの出現場所もこちらに都合がよかった

今回はルールも大雑把で解釈などに手こずるところもあり、やりにくかったかもしれない
もう一度やれば、あれこれ戦略を考えてもっと楽しむことができると思う

何にせよ運の要素もかなりあるので、これは雰囲気を楽しむゲームである
戦略が悪かったというよりかは、運が悪かったと言うべきだろう

実写の俳優を使ったり、BGMがあったりと雰囲気にこそ力を入れた珍しいゲーム
国内ではなかなか売っていないレアモノなのでやっておいて損はないだろう
まだやったことのないシナリオもあるので、また残りもそのうちやりたい

ラストナイトオンアース プレイ記2 Part3

ラストナイトオンアース プレイ記2 Part2の続き

【ゾンビ側】
ゾンビプレイヤー:私(茶色)、ワッキー(緑色)
【人間側】
キム:アンダーソン保安官、ベッキー
ヨーゾー:ジェニー、サリー

ついにキムがアレを引いてしまった
ゾンビゲーには必ず登場すると言われる対ゾンビ最強武器

last217.jpg

そう、チェーンソー『Chainsaw』である
戦闘ダイス+1個に加え、戦闘で勝利するだけでゾンビを殺すことができる
しかも、破損判定がなく戦闘に敗北しない限り壊れることがない
強力武器を手に入れて立ちはだかるアンダーソン保安官…銃使えよ(笑)

last218.jpg

そして、ヨーゾーもジェニーの『Pump Shotgun』装備で2丁拳銃状態へ

last219.jpg

洋館にあれだけ溢れていたゾンビがあっという間に半分に
もう残るは私とワッキーのゾンビが2体ずつのみ
これを撃退されてしまったら…体勢を整えられ勝ち目が薄くなってしまう
それはワッキーもわかっている、ヤツをなんとかせねば
動ける3体のゾンビを全てアンダーソン保安官へ…完全にラスボスである(笑)

HP3かつチェーンソー持ちのアンダーソン保安官を倒すのは厳しい
しかし、私には奥の手があった

last220.jpg

『I Feel Kinda Strange』…人間が負傷した時に使える凶悪カード
次に負傷すれば死亡の有無に関わらず、その人間はゾンビ側となって復活する

1体目のゾンビ戦でキムが出目に恵まれず負傷し、すかさずゾンビ化予告
こうなっては回復も関係ない、そして2戦目…

last221.jpg

まさかの負傷、HP3を持つ最強ゾンビの誕生である、生前のHPを保持し移動力最大3マス

last222.jpg

更には返しのターンで『Bickering』を使い、ベッキーとサリーの動きを封じるワッキー
同じマスに複数いる人間全員のターンを飛ばす、こちらも凶悪カード
洋館内で唯一動けるのはジェニーのみ、これで勝ったか…

last223.jpg

しかし、ジェニー(画像右)の視線はもはやゾンビの方向を向いてはいない
あれは…爆発マーカー!?

確かに、ここで爆発させられれば周囲にいる4体のゾンビ全てに影響が及ぶ
しかも、負傷ではなく死亡判定のためHP3の最強ゾンビでも関係ない

あの時ヨーゾーの仕掛けた爆発マーカーがまさかこんなところで…
そして、動けるジェニーの『Pump Shotgun』は射程2

全て計算通りだと言わんばかりに標準を定めるスナイパーヨーゾー
出目は3以上で引火、確率は3分の2

ジェニー「この距離で…当たらないはずがないわ!」

さあ、起死回生なるか…

→ラストナイトオンアース プレイ記2 Part4に続く

ラストナイトオンアース プレイ記2 Part2

ラストナイトオンアース プレイ記2 Part1の続き

【ゾンビ側】
ゾンビプレイヤー:私(茶色)、ワッキー(緑色)
【人間側】
キム:アンダーソン保安官、ベッキー
ヨーゾー:ジェニー、サリー

1ターン目で2体のゾンビが瞬間移動し、キムのベッキーが死にかけたところから
余談だけど、ビリーだったら死んでたよ(笑)

すぐさまヨーゾーがアイテムでベッキーを1回復
しかし、ゾンビはまだ1体も死んでいない

last209.jpg

かけつけるキムのアンダーソン保安官とヨーゾーのジェニー
リボルバー持ちのアンダーソン保安官は要注意、間合いを取らねば
そして、ジェニーもろとも手負いのベッキーを私とワッキーのゾンビが襲う

last210.jpg

キムも負けてばかりではない、戦闘に勝利した瞬間、
『Get Back You Devils』をプレイ、戦闘に負けたゾンビを無条件で殺せる強力カード

last211.jpg

しかし、まだ1体やられただけに過ぎない
次々と溢れるゾンビ、本当の恐怖はここからである

last212.jpg

続々と洋館に集結する人間達、あまり武装を許すとまずい…

そして、『Gasoline』を使い爆発マーカーを置くヨーゾーのサリー
爆発マーカーはゾンビを撃つのと同じ判定で銃撃することができ、当たれば爆発
そのマスにいる者は全員死亡し、その周囲も出目3以上で死亡する

そして、置いた場所は洋館の中…建物壊す気ですか?笑
壁を無視できるゾンビだが、さすがにこれは迂回せざるを得ない

last213.jpg

そして、更には『Pump Shotgun』で武装するサリー
射撃すれば出目3以上でゾンビを殺せる、そして出目1が出ない限り弾切れにならない
早速射撃しゾンビ1体に命中、名スナイパーヨーゾー

last214.jpg

しかしその瞬間、『Resilient』で無条件にその銃は弾切れだとワッキー

last215.jpg

すかさず『Ammo』で弾なら持っているとヨーゾー、カードの攻防が熱い

last216.jpg

だが、そんな間にもゾンビは止まらない、ついに5体のゾンビが洋館に侵入
そして、このままだと次のターンで9体のゾンビが侵入しゾンビ側の勝利が確定する
人間側はまだ残り13ターン耐えきらなければならない、これは押し切ったか…

その時であった、アンダーソン保安官の方から轟音が鳴り響いたのは

→ラストナイトオンアース プレイ記2 Part3に続く

ラストナイトオンアース プレイ記2 Part1

私、キム、ヨーゾー、ワッキーの4人にてラストナイトオンアースをプレイ
初プレイ3人だがヨーゾーが篭城戦好きということで、下記の上級シナリオを選択

~洋館を守れ~
・洋館に9体以上のゾンビが侵入したら即ゾンビ側が勝利する
・17ターン上記の状態にならなければ人間側の勝利である
・人間側は全員追加のカード1枚引いた状態でスタート
・ゾンビ側は発生チェックを行わず毎ターン必ずゾンビが増える

【ゾンビ側】
ゾンビプレイヤー:私(茶色)、ワッキー(緑色)
【人間側】
キム:アンダーソン保安官、ベッキー
ヨーゾー:ジェニー、サリー


昨日までは穏やかな日々を送っていた街「ウッディンペイル」
そこに突如として現れた亡者の群れ
それは瞬く間に生ある者を襲い、また新たな動く亡者を増やしていった

生き残った人間はたった4人、彼らにはもはや成すすべはなかった
街で最も頑丈な造りを誇る洋館に逃げ込む他には…

不思議とここにはあのおぞましい存在もいない、ここは安全なのか

「バリバリ!」

そう思った瞬間であった、彼らの表情が絶望に変わったのは…

last201.jpg

と、適当なあらすじは無視してもらってけっこうです(笑)
まだ合流していないところからスタートする人間達
真っ先に洋館にたどり着いたベッキー(画像中央)が実に暇そうである

私はこのゲームまだ3回目だが、ゾンビプレイヤーは初プレイである
前々からやりたいと思っていたこともあり、期待大
(ゾンビプレイヤー2人の場合は、このようにそれぞれ2枚になるようにカードを引く)

last203.jpg

さっそくゾンビプレイヤーのワッキーが引いてきたカード『Surprise Attack』
建物内の人間がいるマスにいきなりゾンビを配置、カード名そのまんまである(笑)

last204.jpg

そして私も『My God, He’s A Zombie』人間に隣接するマスにいきなりゾンビ配置

last205.jpg

いきなり窮地を迎えるキムのベッキー
しかし、キムが安定の出目5のゾロ目を出しベッキーの勝利&ゾンビ1体撃破…

last206.jpg

と、そう簡単に終わるはずもない『Uuuurrrggghh!』を使いこちらのダイス2個追加
追加のダイスでこちらも5の目を出し、ベッキーに早くも1ダメージ

last208.jpg

そして、ワッキーもダメージを与えるのに成功し、いきなり大ピンチのベッキー
まだ1ターン目(笑)、ベッキーの運命やいかに…

→ラストナイトオンアース プレイ記2 Part2に続く

ゲーム会 感想14 ラストナイトオンアース、他

私、キム、ヨーゾー、ワッキーの4人でゲーム会
以下、プレイしたゲーム

・クー
P1020559.jpg

ルールは簡単なのに、考え出すと難しい
でもルールに乗っ取って嘘をつくのは楽しい
今回も色んな人物になりきりました

・ラストナイトオンアース
P1020571.jpg

キムが気になったということでプレイ、これはお目が高い
更に、このゲーム付属のサウンドトラックCDがあると言ったら興味津々
ゾンビゲーの最高傑作(最高に大雑把という説もある笑)、そして丁度ハロウィン
恐怖の夜の始まり始まり、ということでプレイ記書きます

・花火
P1020652.jpg

今回はこのゲームに新たな歴史が刻まれました
ヨーゾー、ワッキーの名推理にキムの堅実思考が相まって凄いことに
こちらも内容はプレイ記にて書きます

注目ゲーム 呟き1 ロココの仕立屋、スパイリウム

まだ情報が少ないので、来年のドイツゲーム大賞予想とか書く気はないですが、
とりあえず内容の触りだけ聞いて個人的に期待しているゲーム
(今年の大賞予想がはずれたから堅実になっているわけではないです…)

さすがに来年のドイツゲーム大賞予想には早すぎるでしょう
今回は単にこのゲームが流行ったらいいなという程度です

ロココの仕立屋
rokoko1.jpg

rokoko2.png

舞踏会の衣装の仕立屋となり、優れた装飾で評判を集めるゲーム
デッキ構築型の要素を取り入れているということですが、
ランダムに引くドミニオンと違い、こちらは選んでカードを持ってこれるらしい

このことからも戦略がかなり重要となってきそうです
ドイツのゲームで2~5人プレイ、テーマも落ち着いた雰囲気で良い
そして、なんと2014年のボードゲーム新作を担う人気投票スカウトアクションで6位
私が言うまでもなく、注目の作品です

スパイリウム
spy1.jpg

spy2.jpg

最初、スパイのゲームかと思ってスルーしていましたが、全然違いました(笑)
この世界とは違う未来をたどった大英帝国にてスパイリウムという新物質が誕生した
上手く工員を配置し、効率よくスパイリウムを製造できるのは誰か…

聞くところかなりの重厚系とのこと、これは期待せざるを得ない
なんといっても私の一押しするケイラスの作者ウィリアム・アッティラの新作なのですから
フランスのゲームで2~5人プレイ、こちらもスカウトアクションで7位の票を集めている
ミープル(人型駒)を使っているところも高感度大

どちらも全くの未プレイなので、なんとも言えませんが(言ってますが)、
とにかく気になっているということです
既にBoard Game Geekでの平均評価がどちらも7.5越え、カタンは軽く超えています
(ここではカタンより評価の高いゲームは割とあったりしますが笑)

日本でもロココの仕立屋は今月発売、スパイリウムは既に発売されています
またプレイする機会があれば感想書きたいと思います
プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
11/9(土)13:00~20:00
12/14(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
510位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
19位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-