FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
      

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

モールオブホラー プレイ記1

私(黄)、キム(黒)、ヨーゾー(赤)、ワッキー(青)の4人でモールオブホラーをプレイ
前回、別のメンバーでやった時はルール間違いも多かったのでプレイ記としては書いてませんが、
一応、前回のプレイ内容→ ゲーム会 感想12 その2

P1030649.jpg

ショッピングモールに溢れるゾンビを前に、安全な場所を探し逃げ回るゲーム
各自3体の人間を担当し、1~6の各エリアを移動してゾンビの脅威を避ける
次々と溢れるゾンビ、各エリア毎にその場の人間よりゾンビが同数以上になると犠牲者が出る
(ちなみに4人以下でプレイする場合は2のエリアは使わない)

mall2_20140113010752f5c.jpg

4のエリア(駐車場)だけはそこに人間が何人いようとゾンビ1体毎に1人犠牲者が出る
しかし、このゲームを有利にするアイテムカードを引けるのは4のエリアだけなのである
アイテムと聞いて、自分の人間を3人とも4のエリアに置いたキム(黒)…死ぬぞ(笑)

mall3.jpg

しかしながら、最初から手持ちのアイテムカードのおかげもあって脅威を切り抜けたキム
そして、アイテムカードは3枚引いて1枚は自分、1枚は誰かに渡す
ことあるごとにプレイヤー間の投票で進行が決まるため、恩を売っておけるシステムだ
私は投票数を1票多くできるアイテムカード「脅迫」をもらう

mall4.jpg

5のエリア(警備室)にいる人間は投票を行い、そこにいる1人を警備隊長に任命する
当然、都合のいい票は自分に入れるため、そこにいる自分の人間が多ければ有利である
そして、最初に唯一5のエリアにいた私が必然的に警備隊長となる

mall5.jpg

ちなみに1ラウンド毎に自分の人間は1人だけしか移動できない
自分の人間が多ければ投票は有利だが、固まりすぎるとゾンビが増えた時に逃げられない
そして、6のエリアはゾンビが4体以上になれば無条件で1人犠牲者が出る
ワッキー(青)の人間が3人とも6のエリアに固まっている、これはピンチ

mall6.jpg

6のエリアにいたゾンビ2体をショットガンで吹っ飛ばし、被害を避けるワッキー
しかし、このラウンドの移動指定先が定員オーバーで4の駐車上に1人流れてしまう
ラウンド毎にゾンビの出現場所はランダムだが、移動先は出現場所がわかる前に決める
そして、各エリア毎に入れる人間の数に制限があり、溢れた者は4のエリアへと流れる
不運にも4のエリア(駐車場)にて第一の犠牲者を出してしまったワッキー

mall7.jpg

ゲームは進み、不運(?)にもキム(黒)の理不尽な投票に合い最初に全滅したワッキー(青)
自分の人間が全て死ぬと脱落…ではない、ゲームで勝利することはできなくなるが、
毎ラウンド追加のゾンビを任意で置くことができる(つまりみそボンである笑)
当然、キム(黒)の移動先へとゾンビをばら撒くワッキー(笑)

ここで私(黄)はまだ3人とも人間が生きているがアイテムがない
その上、ヨーゾー(赤)は割とキムからアイテムを貰っており、投票では協力される恐れがある
そして、移動は警備隊長から行うため、必然的に移動できる場所が今4のエリアしかない

mall8.jpg

警備隊長は次にどこにゾンビが現れるか確認してから移動先を決めることができるが、
こうなっては最早どうしようもない
せめてキムが固まっている1のエリアにゾンビが現れることに懸けたが残念

mall9.jpg

3のエリアではキム(黒)とヨーゾー(赤)の結託により私(黄)の人間が犠牲者に
そして4のエリアに私(黄)とヨーゾー(赤)の人間が流れたが、
ヨーゾーが票を増やすアイテムカード「脅迫」を使い、こちらもあえなく犠牲に
(私の「脅迫」は序盤で使用済み)

生存者残り4人となりゲーム終了
キム(黒)8点、ヨーゾー(赤)5点、私(黄)3点、ワッキー(青)0点

荒削りなゲームが多いゾンビゲーの中で、
これはプレイヤー間の駆け引きがあり、なかなか頭を使う
そこまで重くもなく、スリルと面白さの両方を味わえる良作である
今回はキムのアイテム独占戦略が強かった
私は序盤から警備隊長を取り、ゾンビ予知ができたのはいいが、
移動順が一番最初というのが、たまにキツイ時もあった
まあ5のエリア(警備室)にゾンビが溢れすぎて誰も入れなかったし(笑)

※実際は5のエリア(警備室)にいないと警備隊長もサイコロ確認はできない模様
 今回もルールを間違えていたようです、すみません
スポンサーサイト



モールオブホラー

モールオブホラー〈Mall of Horror〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.5

モール・オブ・ホラーモール・オブ・ホラー
()
Asmodee

商品詳細を見る

プレイ人数:3~6人
プレイ時間:60分
対象年齢 :14歳以上
作者   :ニコラス・ノーマンドン〈Nicolas Normandon〉
備考   :アメリカのゲーム
      リメイク「シティオブホラー


ショッピングモールに出没したゾンビを退けるべく立ち回るゲーム
各自3人の人間を担当し、ショッピングモール内の6つのエリアに配置する

ターン毎に各エリアに溢れるゾンビから逃げなければならないが、
動かせる人間は各自1ターンに1人だけ
しかも、ゾンビの出現場所を確認して移動先を決められるのは選ばれた警備隊長のみ

それ以外のプレイヤーはゾンビの出現場所を知ることはできず、
警備隊長が決めた移動先だけを確認して自分の移動先を決定する

そして、ゾンビが出現した後、各エリアにつきゾンビの数が、
その場にいる人間の数以上になれば1人犠牲者が発生する

また、犠牲者はそのエリアにいる人間の投票によって決定するため、
自分の人間をどう動かすかが生死を分ける

1つのエリアに自分の人間を固めれば投票で有利だが、
1ターンに1人しか動かせないため固めると避難が間に合わないことも

また各エリアにつき、入れる人間の数が限られており、
溢れた人間は強制的に駐車場エリアに追いやられる

駐車場エリアだけは他のエリアと異なり、そこにいるゾンビに等しい数の犠牲者が発生する
しかし、ゲームを有利に進めるための様々なアイテムを手に入れられるのはこの駐車場だけ

至るところに仕掛けられた駆け引きの連鎖
ゾンビという脅威を回避するスリル

協力、そして裏切りの末、最後の4人の生存者となるのは誰か
恐怖のショッピングモールへようこそ

クルード

クルード〈Cluedo〉 ☆☆☆☆☆☆★★★★ 6.5

クルードクルード
(2012/07/26)
タカラトミー

商品詳細を見る

プレイ人数:2~6人
プレイ時間:45分
対象年齢 :8歳以上
作者   :〈Anthony E. Pratt〉
備考   :アメリカのゲーム


屋敷に集まった6人が殺人事件の犯人を追う
その手掛かりは全員が断片的に握っている

「事件現場」「凶器」「犯人」を示すの3種類のカード群から全員にカードを分配するが、
各種1枚ずつは配らずに置いておく
それがこの事件の真相であり、ゲームの勝利条件となる

複数の部屋が描かれたボード上で自分の担当する人間を動かしていく
そして、どこかの部屋に入ると「事件現場(その部屋)」「凶器」「犯人」の
真相をそれぞれ推理することができる

そして、時計回りに次のプレイヤーは推理されたカードが手札にあれば公開する
(推理されたカードのどれか1枚が公開された時点でこの推理は終了する)
公開されればその推理が真相ではなかったことになり、同時にそれが推理材料となる

こうして推理を進め、最も早く真相(3種のカード)を突き止めた人の勝利である
移動にダイスを使うため運要素もあるが、誰が何故そう言ったか、
何故その部屋に行ったのかなど推理要素が至るところにあり奥深い

また犯人はプレイヤーの誰かなので、6分の1の確率で
犯人が実は自分だったという展開になるがゲームとしてはそれも面白い結末だろう

いち早く推理材料を集め真相へ辿り着くのは誰か
犯人は…この中にいる

ロシアンレールロード プレイ記1

私(黄)、ゲン(青)、カピバラ(緑)の3人でロシアンレールロードをプレイ
シベリア鉄道を発展させる最新ボードゲーム

何ゲームもやって、最初はところどころルール間違い等あったものの、
なんだかんだで皆勝ったり負けたりだった
そして、多分唯一ルールを間違うことなく進んだと思われる最終戦のプレイ記

P1030388.jpg

中央にあるメインボードのアクションエリアに自分の労働者(もしくはコイン)を置くことで、
個人ボードの線路を伸ばしたり、列車を改良したり、工業を進めたりできる
アクションエリアは早いもの勝ちで、基本的には他人が選んだアクションは実行できない
コインは労働者の代用に使えるが、コインでしか行うことのできない技師雇用アクションがある
技師を雇用すれば自分だけのお抱えアクションを持つことができ、手余り対策にもなる

russian1.jpg

私はまず2段目の線路を伸ばし、早速のボーナストークンをゲット
各箇所で得られるボーナスによって、任意で選択した様々な効果を得ることができる
私は工業マーカーを2個に増やすことにより、工業化による恩恵の倍増を狙う

russian2_20140116231857687.jpg

ゲンは3段目の線路を伸ばし、ラウンド毎に貰える得点を増やす
ゲームは6ラウンド(4人なら7ラウンド)あり、地道な得点も地味に影響する
それよりコインを5枚も確保している方が脅威だったり

russian3.jpg

カピバラはと言えば、まだあんまり進んでいない?…いや、違う
既に1段目の線路に3色目(茶色)の線路マーカーが出現している
そして、1色目(黒色)の線路マーカーは遥か彼方へ、早すぎ(笑)

russian4.jpg

終盤になってくるとアクションの取り合いが激しい、労働者がゴミのようである
わずかに私が一歩リードするが最後の最後までわからない
このゲーム、最終ラウンドだけで200点前後の点数が動く

russian6.jpg

最終状態、カピバラは1段目の線路を最高の得点率である白色線路マーカーまで発展
合わせて、1段目の線路に関して得られる得点を倍にする大量の×2マーカーとのコンボ
これがカピバラがものにしたこのゲームでの勝ち筋、さっきのゲームもこれでやられた
その上、雇用技師の数でもトップ、それだけでも追加の40点ボーナスがある

russian5.jpg

だが私も負けてはいない、2段目3段目の線路でマーカーを最長部(MAX)まで延長
更に、工業マーカー(紫色)も最終段階(MAX)×2とパーフェクトでゴリ押しの60点
通常ではあり得ない、ボーナスによる追加工業マーカーまで最高値に引き上げた未知の領域
このスペックで、負ける?…否
私の鉄道は最早、メーテルを乗せてアンドロメダを目指せそうな勢いである
(※このゲームに銀河鉄道は登場しません)

russian7.jpg

しかし、そこに現れるは巨大な影、あれは…
ゲンの工業マーカーは1つだが、工業化している最後の2個、
それはLv9(MAX)の列車を犠牲にすることでしか得られない最大の工業化
その効果により通常1枚しか得られない最終ボーナスカード(20~30点相当)をまさかの3枚
もう既にゲンの技術は宇宙の彼方イスカンダルへ達することのできそうな域に上り詰めていた
(※このゲームで宇宙戦艦は作れません)

russian8.jpg

結果、ゲン(青)464点、私(黄)391点、カピバラ(緑)317点
ゲンの波動砲によって、私とカピバラの鉄道は成すすべもなく砕け散ったのであった

と、いろいろ大げさに書きましたが、実際400点は割と超えます(笑)
4人だと7ラウンドになるのでもっと点が伸びるんじゃないだろうか
また4人でもプレイしてみたい

ロココの仕立屋 プレイ記1

私(黄)、カニ(赤)、ジラ氏(緑)の3人でロココの仕立屋をプレイ
舞踏会の衣装の仕立屋として、衣装作成から貸し出し、
更には舞踏会の設備への投資まで行い、名声をものにするゲーム

rokoko1_20140113210831c9a.jpg

この華麗なボードにこのゲームの全てが詰まっている
最初は自分の持つ5枚(5人)の職人カードからラウンドに使う3枚を選ぶ作業から

rokoko2.jpg

ラウンドはスタートプレイヤーから順に1枚ずつ先程選んだ職人カードを出していく
職人カードを出せば、材料調達、衣装作成、職人雇用、職人派遣、設備投資など、
様々なアクションから1つを実行できるが、出した職人によっては選択肢は制限される

rokoko3.jpg

残った職人カードは左側の山札に、そして出した職人カードは右側の捨て札へ
左側の山札がなくなったらその都度右側の捨て札が全て山札に変わるシステム

rokoko4.jpg

「職人雇用」のアクションではお金を払って新たな職人を雇うことができる
ボード横に置かれた職人カードから1枚を獲得し、自分の捨て札に置く
職人カードには「親方」「中堅」「見習い」の3種の階級があり、
出した時に「職人雇用」のアクションを選べるのは「親方」だけである
カードの上側に階級を表すイラストが描かれており、下側には追加効果が書かれている
ラウンド毎に4枚(4人)の職人が置かれるが、雇うために必要なお金は、
そこに置かれている職人が減れば減るほど安くなる
(残り物の職人ほど安く雇えるのである)

rokoko5.jpg

「材料調達」のアクションではお金を払って材料タイルを獲得できる
材料タイルには上側と下側にアイコンの区切りがある
これは獲得した時に上側(布)と下側(レースや糸)のどちらを貰うか選べる
どちらも衣装を作るのに必要だが、誰がどれを買う可能性があるかを予測する上で、
この区切りシステムによりプレイヤー同士の駆け引きがより高度になる
更に「職人雇用」と同様、そこに置かれている材料が減れば減るほど安くなる
(残り物の材料ほど安く買うことができる)

rokoko6.jpg

「衣装作成」のアクションでは、材料を使って衣装を作ることができる
ボードに客が求める衣装のラインナップが並んでいる
衣装タイルに必要な材料が書かれ、その上には必要なお金が書かれている
左側にある衣装タイルほどお金が必要だが、ラウンド毎に残っている衣装タイルは、
右側に寄せられ次のラウンドでは安くなるというシステムである
作成した衣装は5つある広間の内、どこに貸し出すかを選ぶ
また、貸し出さずに即座に売ってタイルに書かれたお金を受け取ることも可能である
※「衣装作成」のアクションは「親方」か「中堅」を出した時にしかできない

rokoko7.jpg

赤や黄、緑などの衣装を作成する中で、ふと青の生地が売れ残っていることに気付く
「あれ?青使わなくね?」…客が求めるラインナップにも青の衣装はない
ランダムに衣装タイルを引くため、たまたまかと思ったがそうではなかった

rokoko8.jpg

途中で青の衣装が登場し、ある事実にようやく気付く…そう、青の衣装は得点が高い
この衣装タイル(先程の衣装タイルの裏面)に書かれた数字だけゲーム終了時に得点する
青の衣装タイルは枚数も少ない、すぐさま青の衣装作成に手を出すジラ氏(緑)

rokoko9.jpg

しかし、私(黄)の狙いは別にあった
最初に5つの広間全てに衣装を貸し出したことにより全広間ボーナス6点を獲得する
僅差でカニ(赤)も2番手の全広間ボーナス2点を獲得

rokoko10.jpg

ジラ氏(緑)も既に次の行動に移している
青の衣装を作成したのをいいことに「設備投資」のアクションで彫像に投資
彫像に投資した人にはゲーム終了時、貸し出した衣装の色の種類×2点が入る
これは大きい、私(黄)もすぐさま彫像に投資

rokoko11.jpg

これが最終状態、各広間で一番多く衣装を貸し出していれば大幅に得点を得られる
終盤はどこに置けば自分が広間でトップになれるかの競り合いが激しい
そして花火にも投資していたジラ氏は最上階広間に貸し出した一部の衣装の得点を倍に
…この時代って花火あったのだろうか(笑)

rokoko12.jpg

結果はカニ(赤)56点、ジラ氏(緑)53点、私(黄)47点でカニの勝ち

その要因はやはりこの余った糸とレースを得点化できる職人カード
通常、余った材料は得点にならないが、こういった職人を雇えば別である
私は序盤から噴水に投資し、収入を増やしていたがそれだけでは勝てないことがわかった
やはり出費を最小限に抑え、上手くやりくりすることが収入以上に大事なのだろう
そして何より最後のボーナスをもたらす職人強し、見習いなのに(笑)

レジスタンス:アヴァロン プレイ記2 Part2

私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人でレジスタンス:アヴァロンをプレイ2戦目

19_9.jpg

私の引いた陣営はモードレッド側、最初にケントがモードレッド側であることも確認
赤字:リーダーが選んだメンバー)
(○:選ばれたメンバーに対し賛成、●:選ばれたメンバーに反対)

<第1クエスト(選抜人数:2人)>
1回目 リーダー:メシ
         ○メシ、●クマ、○私、●トモ、○ニュクス、○ケント
         →成功

今回もリーダー自身+αで選ぶ王道パターン
しかし、トモはまたもやいきなり反対…またマーリンか?笑
そして、さりげなく反対票を出しているクマ

<第2クエスト(選抜人数:3人)>
1回目 リーダー:クマ
         ●メシ、○クマ、○私、○トモ、○ニュクス、●ケント
         →失敗(失敗カード1枚)

ここで反対票を出しておいて失敗させるケント、これは上手い
さっきの成功も利用してこれはクマに疑いを向けるチャンスか?

<第3クエスト(選抜人数:4人)>
1回目 リーダー:私
         ●メシ、●クマ、○、●トモ、●ニュクス、○ケント
         →反対多数によりリーダー変更(半分が反対なら変更)

レジスタンスにおいて、モードレッド側同士が敵対して見せるのは有効
私はあえてケントを疑っているふりをして、ケントを外した選抜
しかし、ここで票がきっぱり2・4に分かれてしまう、悪手だったか

2回目 リーダー:トモ
         ○メシ、○クマ、●私、○トモ、○ニュクス、●ケント
         →成功

先程の投票結果より、私とケントが早くも疑われてしまう展開に
完全にアーサー王側の正解を導かれてしまい、なんなく成功


<第4クエスト(選抜人数:3人)>
1回目 リーダー:ニュクス
         ○メシ、○クマ、●私、○トモ、○ニュクス、●ケント
         →成功

もう先程の流れから、余裕の同じメンバー選抜
第4クエストにして早くもアーサー王側3勝

まだマーリンを当てれば逆転できるが、情報が少ない…暗殺者は私
いや整理して考えればわかるはずだ、何故なら私はブログ用にメモを取っているから(笑)
第1クエストでケントが入った選抜に反対したトモかクマがマーリンか?
いや、それなら第1クエストで反対しておいて第2クエストで賛成を出すのはおかしい
何より第2クエストの選抜でケントを選んでいるクマがマーリンはない
メシがマーリンなら第1クエストから逆順に座っているモードレッドをわざわざ選ばない
なら残る答えは1つ、第1第2クエストと潜伏しておいて第3クエストで反対し、
そして、票がアーサー王側とモードレッド側に分かれたように誘導した犯人…
(このゲームで言う犯人は私とケントですが笑)

resi2_3.jpg

マーリンはニュクスだ!逆転勝利!

    アーサー王側:ニュクス(マーリン)、メシ、クマ、トモ、
【勝利】モードレッド側:私(暗殺者)、ケント

とは言え、あくまで可能性の話でニュクス以外がマーリンであることも十分ありえた
とりあえず今回は当たってよかった
そして、実は私がまだマーリンをやったことがないので次回こそはマーリンを引きたい
まあ運なので仕方ないけれど(笑)

レジスタンス:アヴァロン プレイ記2 Part1

私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人でレジスタンス:アヴァロンをプレイ

resi2_1.jpg

私の引いた陣営はアーサー王側、誰がアーサー王側かモードレッド側かもわからない
赤字:リーダーが選んだメンバー)
(○:選ばれたメンバーに対し賛成、●:選ばれたメンバーに反対)

<第1クエスト(選抜人数:2人)>
1回目 リーダー:メシ
         ○メシ、○クマ、○私、●トモ、○ニュクス、○ケント
         →成功

自分が選ばれているのにも関わらずトモは反対
しかし多数決によりクエストに参加した結果は成功
さて、トモの真意は…いやトモのことだから何とも言えない(笑)

<第2クエスト(選抜人数:3人)>
1回目 リーダー:クマ
         ○メシ、○クマ、●私、○トモ、○ニュクス、○ケント
         →失敗(失敗カード1枚)

さっき成功したメンバーに自分を加えたクマ
悪くないと思うが、さっきのトモの反対も気になるので私は様子見の反対票
結果は失敗…これで成功していたら私が疑われるところだったか

<第3クエスト(選抜人数:4人)>
1回目 リーダー:私
         ○メシ、●クマ、○、●トモ、○ニュクス、○ケント
         →失敗(失敗カード1枚)

私は先程クマがリーダーで失敗したことからクマを外した4人を選抜
流石にここでアーサー王側だけを選びきるのは無理だろう
ここでモードレッド側を2人入れられればいいのだが…
結果は失敗、だがメンバーに選ばれていないニュクスが賛成票に入れていることに気付く
これはニュクス相当怪しい、それともモードレッド側が2人含まれているという判断か?

<第4クエスト(選抜人数:3人)>
1回目 リーダー:トモ
         ○メシ、○クマ、●、○トモ、●ニュクス、○ケント
         →成功

もう後がない状況で最初に失敗したメンバーの内2人を入れたトモ
私はニュクスが怪しく、トモもまだ確信が持てなかったので様子見の反対
おそらくアーサー王側であるケントまでリーダーを回したかった
結果は無事成功…ということはこの3人はアーサー王側確定か

<第5クエスト(選抜人数:4人)>
1回目 リーダー:ニュクス
         ○メシ、●クマ、●、●トモ、○ニュクス、○ケント
         →反対多数によりリーダー変更(半分が反対なら変更)

とりあえず第4クエストの結果よりメシがモードレッド側は確定したと見ていい
そして、私は先程述べた理由からケントよりニュクスを怪しんでいるので当然反対
ていうかケントも自分が選ばれていないのに賛成て(笑)

2回目 リーダー:ケント
         ●メシ、○クマ、○、○トモ、●ニュクス、○ケント
         →成功

最後はケントが第4クエスト成功の3人に自身を加え、無事成功
さっきの投票で一瞬ケントがモードレッド側かと焦った
しかし本当の勝負はここからである
モードレッド側はニュクスとメシ、マーリンを暴かれれば逆転負けしてしまう

resi2_2.jpg

結果、トモがマーリンだと当てられモードレッド側の勝利

    アーサー王側:トモ(マーリン)、クマ、ケント、私
【勝利】モードレッド側:ニュクス(暗殺者)、メシ

やはり第4クエストで、絶妙なメンバーを選ばせてしまったのが悪かったか
何より私がトモを疑って割と反対票を出していたため、マーリンを装えなかった
途中までのメシの潜伏も上手かった、これは完敗

お邪魔者 プレイ記1

私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人でお邪魔者をプレイ

金鉱堀となって道カードを上手くゴール(金塊)まで繋げるゲーム
しかし、メンバーの中には2~3人のお邪魔者が潜む
※正式には6人プレイ時のお邪魔者は1~2人ですが、物足りないので増量(笑)

ojama1.jpg

お邪魔者は最初に秘密裏に配られたカードにより決定しており、
もちろん誰がお邪魔者かはわからない
自分の役割カードにSaboteur(お邪魔者)と書かれていれば、
もうそこから笑いをこらえるのに必死である(笑)
お邪魔者の目的はその名の通り、ゴールの邪魔をすること
しかしながら、すぐにお邪魔者とばれてしまっては、
動きを制限するカードが飛んできかねないため最初は潜伏が大事

ojama2.jpg

1ラウンドは序盤からゴールとは真逆の方向にそれてしまったものの、
途中から方向修正しなんとか金塊に到達(ゴールは3つあり、2つは偽物である)
お邪魔者はニュクスとメシ

ojama3.jpg

2ラウンドは、あっさりと道が直進しなんなくゴール
金鉱堀側、まっすぐのカード引きすぎ(笑)
お邪魔者は私とクマ

ojama4.jpg

3ラウンド目、中盤、役に立たないカードを敢えて害の無い所に置くトモ
一見、お邪魔者扱いされそうだが、何度もこのゲームを一緒にやった私にはわかる
これはトモのどちら側かわかりづらくするオシャレ堀、お邪魔者とは限らない
しかし、今回はメシが大量の道破壊カードを持っておりゴールできず
お邪魔者は私、メシ、クマ

3ラウンドの合計得点で決まるのでここで点数計算
1戦目、メシ7点、クマ7点、トモ6点、私6点、ケント3点、ニュクス2点

気を取り直して2戦目

ojama5.jpg

1ラウンド目、いきなりゴールと90°違う方向へ伸びる道、どこへ行こうと言うのだね(笑)
途中トモが輪を描き出し上のゴールへと行けない状態に
しかし、幸いにも道が繋がった方にゴールがあり無事到達
お邪魔者はニュクスとトモ

ojama6.jpg

2ラウンド目、ここまで真面目に道を伸ばしてきたケントがなかなか道を繋げない
ここにきてついにお邪魔者を引いたか…それとも手札が悪いのか
まだお邪魔者が本性を現していない状態で私(金鉱堀)の手札は他人の制限カードのみ
早くも攻撃するか、それとも捨てるか…私は迷った末ニュクスに制限カード使用
確信は持てないが3回連続で地図カードを使ったニュクスは怪しい
ニュクスが金鉱堀ならそんなことをするはずがない、トモならともかく(笑)
しかし、序盤から制限カードを使った私がお邪魔者扱いされることに
オシャレ堀を続けるトモも制限されるが、終盤にきてメシが本性を現す
行き止まりカードも使われ終了、クマ「お邪魔者5人!?」…まあそうなるよね(笑)
お邪魔者はニュクス、トモ、メシ

ojama7.jpg

3ラウンド目、お邪魔者の私の初手に3枚の地図カード、これは詐欺いける
初っ端から地図カードでゴール(金塊だった)を確認するが、偽物と伝える
作戦通り、本物のゴール(金塊)と反対方向へと進む金鉱堀達
メシも道破壊カードにより、金鉱堀の邪魔をし勝利を確信
と思いきやケントが長手方向直進の道カードを残しており、まさかのゴール
これはいけると思ったのに…お邪魔者は私、メシ

2戦目は、メシ7点、クマ6点、トモ5点、ニュクス4点、ケント3点、私2点

今回はメシのお邪魔者&道破壊が強烈だった
そして、ケントの金鉱堀率は異常(笑)
何度やっても疑心暗鬼になるこのゲーム
人数を必要とするが、軽くて初心者でも入り込みやすい鉄板ゲームだろう
道を繋げるだけなのに、トモのように人によって個性が出るのも魅力である
また人が集まる時があれば、これは何度もプレイしたい

ロシアンレイレールロード

ロシアンレールロード〈Russian Railroads〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ロシアンレールロードロシアンレールロード
()
Russian Railroads

商品詳細を見る

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:120分
対象年齢 :12歳以上
作者   :Helmut Ohley
      Leonhard Orgler
備考   :ドイツのゲーム
      2013年スカウトアクション 1位
      2014年ドイツゲーム大賞 推薦リスト
      2014年ドイツゲーム賞 1位
      2014年国際ゲーマーズ賞 1位


シベリア鉄道の発展に貢献するゲーム
労働者を効率よく働かせ、3本ある線路を拡張したり、機関車を購入したり、工業を発達させる

運要素の少ないワーカープレイスメントだが、
技師タイルの存在が様々な戦略を生む

一見、ボード上のアクションが限られているように見えるが、
ゲーム毎に異なる技師によって場のアクションが追加され、
技師を雇うことによって自分だけのアクションを持つことも可能

Aの技師7枚から3枚、Bの技師7枚から4枚を選ぶため、
ゲーム開始時点で176400通りの配置パターンが存在する
(尚、アグリコラのラウンドカードの配置パターンでも576通りである)

更には手番順毎の初期ボーナスの選択肢もあり、その展開は計り知れない
400点を超える重厚ゲームでありながら、そのゲームバランスは最高
地味な作業に見えて、色んな色の線路を延ばしていくのは意外と面白い

アクション数を増やすことが有利になりやすいワーカープレイスメントだが、
このゲームはそれだけでは勝てない
先を見据えないアクション数の増加は手を余らせることもある

誰が次にどのアクションをしようとしているのか、
常に先読みし、最小限のアクションで手を進めた者が勝利を手にする
アクションを実行するワーカーの代わりに使用できるコインなどの使いどころも重要

基本的なルールは単純ながら、最終ボーナスなどの特殊効果の選択肢は多く、
様々な戦略を試したくなる、リプレイ欲満点

これはもはや単なる鉄道ゲームではない
王道たる数々の名作ドイツゲームに匹敵する作品だろう
さあ、勝利へのレールを引くのは誰だ



ゲーム会 感想22 アーサー王、他

私、ゲン、カピバラの3人でゲーム会
以下、プレイしたゲーム

ロシアンレールロード
P1030388.jpg

労働者を効率よく働かせ、シベリア鉄道の発展を競うゲーム
ハンス社が誇る重量級の最新作ということで早速ドイツから輸入
得点が400点越えの争いになる割にプレイ感は意外と軽い印象
面白すぎてもはや何回プレイしたかわからない(笑)
一見、ボードからは想像もつかないほど戦略の幅広し
これは文句なしで面白い、またプレイ記書きます

クー
P1030454.jpg

色んな人物になりすましクーデターを起こすゲーム
やればやるほど深みが増しているような気がするこのゲーム
ルールの中で嘘をつくのは本当に面白い

さるやま
P1030517.jpg

同じ色に隣接するようカードを積み上げるゲーム
巨匠クニツィア作のペンギンパーティというゲームの日本版リメイク
手札のカードを置き切ることを目的とするが、
置ける場所の制限があるため色の潰し合いになること必至
他人の邪魔をする必要があるが、出す色の順番もよく考えなければならない
軽いゲームながら実によくできている
6人までプレイでき箱もコンパクト、とても重宝するゲームである

アーサー王
P1030519.jpg

円卓を回し、権力争いをするゲーム
私とゲンの2人プレイ

駒を動かし円卓に書かれた数字分得点するが、
どれをどう動かすのがいいのかがよくわからなかった
重いというよりかは、戦略が難しいという印象
徹夜で体力的に限界だったということもあるが、
戦略の指標が見えず、楽しみ方がわからないまま終わってしまった
一説によれば、拡張ルール(本体同梱)を採用すれば面白くなるようなので、
次にやる時は拡張込で(できれば4人くらいで)プレイしてみたい
暫定評価は様子見という感じ

とりあえず今回の収穫はなんといってもロシアンレールロードだろう
個人的にはロココの仕立屋と合わせて、最近の中では最高の当たり作品である
これらと比較してしまうと、同じくドイツから輸入したアーサー王は、
少し期待外れという印象にならざるを得ない
ともあれ、これもデザイン・システムともに特徴あるゲームなので大事にしていきたい

ゲーム会 感想21 ロココの仕立て屋、他

私、カニ、ジラ氏の3人でゲーム会
以下、プレイしたゲーム

シヴィライゼーション
P1030247.jpg

様々な文明の指導者となり、発展を目指すゲーム
1戦目は私「ローマ」、カニ「アメリカ」、ジラ氏「ロシア」

P1030261.jpg

私は序盤から「ストーンヘンジ」を確保し芸術点を伸ばすも、
近隣のカニとの冷戦状態を保つため軍事力強化にも追われる

P1030263.jpg

カニもコインを貯め、経済的勝利も視野に入れるも、
孤立して着々と研究に勤しんだジラ氏の技術的勝利

P1030280.jpg

2戦目は私「アメリカ」、カニ「エジプト」、ジラ氏「中国」
私は偉人、銀行などでコインを集め経済的勝利を目指す
一度は10コインまで伸ばしたが、カニに都市を攻め落とされ経済力激減

P1030281.jpg

カニは文化的勝利まであと一歩だったが、
またしても後から来たジラ氏が芸術点でカニを追い抜き、文化的勝利

P1030287.jpg

3戦目は私「ローマ」、カニ「ドイツ」、ジラ氏「エジプト」
私はリベンジのローマ、今回は「ストーンヘンジ」に加え、
「空中庭園」「姫路城」までも確保し、盤石の防御体制に

P1030291.jpg

しかし、ジラ氏も「アポロ神殿」「自由の女神」を確保し、研究を加速

P1030294.jpg

そうはさせまいと、いち早く戦闘機の技術を会得したカニがジラ氏に仕掛けるも、
技術により戦力強化されたジラ氏を落としきれず

P1030300.jpg

ジラ氏が後一歩で技術的勝利となるところで、私の文化的勝利

ロココの仕立屋
P1030315.jpg

舞踏会の衣装の仕立屋となり、名声を上げるゲーム
期待の最新作、お手並み拝見である

デッキ構築型ということで、ドミニオンのようなゲームを想像したが、
やってみるとかなり違う印象だった
山札から好きなカードを持って来ることができる上、
他にも重要なアクションが多々あり、デッキ構築はシステムのほんの一部という感じ
あくまで、生地の材料調達や衣装作成でいかに効率よく進めるかがメイン
様々な得点要素あり、ルールも簡単、テーマもシステムに合っておりなかなかの良作
これは買って正解だった、またプレイ記書きます

髑髏と薔薇
P1030338.jpg

髑髏をめくらずに薔薇をめくるブラフゲーム
軽くて安定の盛り上がりを見せるこのゲーム
やはり何度やっても面白い


とりあえずロココの仕立屋が思っていたほど重くなく、
最初から楽しめるゲームでよかった
まあ最近やたらシヴィライゼーションをやっているせいで、
感覚が麻痺してしまっているのかもしれないが(笑)

ゲーム会 感想20 アベカエサル、他

私、キム、ヨーゾー、ワッキーの4人でゲーム会
以下、プレイしたゲーム

アベ・カエサル
P1030642.jpg

古代ローマの戦車競走をモチーフにしたゲーム
初の3~4人用コースでプレイ、青コース右回り、白コース右回り

人数が少なくなって渋滞も減るかと思いきや何のその、
1人用レーンが多く、いかに足止めするのかの駆け引きが熱かった

しかも、少し外周を回っただけで3周するのがギリギリとなる展開
これは下手したら6人プレイよりシビアかもしれない

1ゲーム目 1位ヨーゾー、2位私、3位ワッキー、4位キム(辿り着けず)
2ゲーム目 1位ヨーゾー、2位キム、3位私、4位ワッキー(辿り着けず)

モールオブホラー
P1030649.jpg

ホラーなテーマにはどこかロマンがある
さあ、ついにこの時がやってきた
走る戦慄、恐怖のゾンビゲーの始まりだ

人によって好みの傾向は異なるが必ずその人に合ったボドゲがある
このメンバーは割とゾンビゲーの食い付きがよい(笑)
これはもうプレイ記を書くしかない

ラブレター
P1030691.jpg

様々な人物を介し、姫に手紙を届けるゲーム
という名のサバイバルである(笑)

軽くて短時間の割になかなか盛り上がった
とりあえずヨーゾーの姫率は半端なかった(笑)

クー
P1030698.jpg

色んな人物に成り済まし、クーデターを起こすゲーム

やはり4人プレイは安定の面白さ
私は嘘をつき過ぎて序盤で脱落多し(笑)


今回はあまり時間もなかったので割と軽めのゲーム中心だった
しかし、やはりゾンビゲーの集中力は半端ない(笑)
これは次もゾンビゲーを用意しておこうと思った

P.I.

P.I. ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.0

P.I.(ピーアイ)P.I.(ピーアイ)
()
Treefrog Games

商品詳細を見る

プレイ人数:2~5人
プレイ時間:45分
対象年齢 :13歳以上
作者   :マーチン・ワレス
備考   :イギリスのゲーム


探偵となって未解決事件の真相を追う推理ゲーム
各自が追う事件は異なり、その鍵は右隣の人が握る

場に示された事件現場、犯人、犯罪、3種類の手掛かりから的を絞っていく
手番毎に右隣の人の持つ秘密の情報を、ボードにある手掛かりを突き付けて聞くことができる

予想する手掛かりが的中しているかだけでなく、
それが近いかどうかもわかるシステムがより細かな推理要素を生み出す

そして、先に事件を真相へ導いた者が勝利するため、推理材料を集めるスピードも重要

クルードのように全員が同じ事件を追うわけではないため、
個人プレイ的な推理が求められるが、こちらは駒移動もなく運に左右されない

この謎に包まれた難事件を解決できるか
2~5人プレイ可能、高濃度推理ゲーム

ロココの仕立屋

ロココの仕立屋〈Rokoko〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.0

ロココの仕立屋 (Rokoko)ロココの仕立屋 (Rokoko)
()
Eggertspiele

商品詳細を見る

プレイ人数:2~5人
プレイ時間:90分
対象年齢 :12歳以上
作者   :Matthias Cramer
      Louis Malz
      Stefan Malz
備考   :ドイツのゲーム


舞踏会の衣装を作ったり、装飾に投資したりして名声を上げるゲーム

各自、所持する職人カードの山札(最初は5枚)から1ラウンドに使用する3枚を選ぶ
その後、スタートプレイヤーから順番に1枚ずつ上記で選んだ職人カードをプレイする

職人カードでは材料調達や衣装作成、装飾投資、職人雇用、職人派遣などのアクションが行える
どの職人カードでも上記のようなアクションの選択肢があるが、
職人によっては選択肢の制限があるものや追加の効果をもたらすものもある

使用した職人カードは一旦捨て札として置かれ、
山札がなくなった時には新しい山札として補充されるドミニオン方式
ただし山札から選んだ職人をプレイするため、運要素は少ない

職人雇用により様々な効果を持った職人カードを増やすことが可能だが、
戦略に不要な職人カードは職人派遣によって除外することが仕事効率UPに繋がるだろう

また、スタートプレイヤーに近いほど獲得できる材料や職人の選択肢が多いが、
売れ残ったものほど低価格で獲得できるというジレンマがある

そして、場には客が求めている衣装のラインナップが並んでおり、
衣装作成には1つ或いは複数の材料と資金が必要で、
それらを効率よく調達することが求められる

得点要素も衣装作成だけでなく、作った衣装の種類でのボーナス、
広間毎に衣装を貸し出した数のボーナスなど様々
舞踏会後の花火に投資しておけば、一部の衣装による得点を倍加することも

ゲーム毎に雇用できる職人の順番も異なり、
どんなカード構成、どんな戦略を目指すかなど試行錯誤するのが面白い

ワーカープレイスメントのような場のアクションの取り合いはないが、
場の状況、他人の状況を考え、上手くマネジメントしていくことが重要となる

さあ、この一大行事の立役者となるべく、最高の仕事を全うしよう
この華麗なる舞踏会を成功させる鍵は、あなたの手腕なのですから



ゲーム会 感想19 クー、他

私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人でゲーム会
今回は東京、大阪、京都、岡山、三重、滋賀と遠方メンバー

以下、プレイしたゲーム

花火
19_1.jpg

規則正しく花火を打ち上げる協力ゲーム
私、トモ、ニュクス、メシ、クマの5人プレイ
25点?楽勝だろ?…というおなじみのフラグをちらつかせながらスタート(笑)

相変わらず経験豊富なニュクスの読みは健在
途中、ノーヒント状態のクマが必死で回りにヒントを出しまくるサポート展開
まあそんなに重要なカード持ってなかったし…いや、いい仕事でした

19_2.jpg

なんだかんだで大きなミスもなく21点と高得点、これは好ゲーム

ゴキブリポーカー
19_3.jpg

害虫を他人に押しつけるブラフゲーム
私、トモ、ニュクス、メシ、クマの5人プレイ

1戦目はトモが害虫3種のトリプルリーチ状態になり、流石に耐えきれず
2戦目はかなり接戦だったが、
後半、メシの怒濤のようなラッシュを受けきれずクマが落とされる

それにしてもゴキブリ多すぎだろ(笑)

ブラフ
19_4.jpg

ダイスの出目数を予想するブラフゲーム
私、トモ、ニュクス、メシ、クマの5人プレイ

メシの星予想が絶妙だった、被害を最小限に抑える意味でも星予想は強いかも
途中、クマがダイス1個でかなりの健闘を見せたが、
センス溢れるニュクスが押し切り勝利、2連勝

アベ・カエサル
19_7.jpg

ローマの戦車競争をモチーフとしたレースゲーム
私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人プレイ
左回り赤コース、黄コース、右回り赤コース、黄コースと4ゲーム

トモの皇帝レーンでの牛歩戦術強し、はよ行けよ(笑)
しかし、止められたら止め返す「倍返しだ!」と、レーンの塞ぎ合いで混戦状態
ケントはゲーム毎に追い上げ型、独走型と堅実に戦略を試す
そして、案の定、勝利への算段を整えたケントが最終戦で勝利

1ゲーム目 1位ニュクス、2位トモ、3位クマ、4位メシ、5位ケント、6位私
2ゲーム目 1位メシ、2位クマ、3位トモ、4位ケント、5位私、6位ニュクス
3ゲーム目 1位ニュクス、2位私、3位トモ、4位メシ、5位ケント、6位クマ
4ゲーム目 1位ケント、2位ニュクス、3位私、4位メシ、5位トモ、6位クマ

クー
19_8.jpg

色んな人物になりすましてお金を稼ぎ、クーデターを起こすゲーム
私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人プレイ

序盤からみんな嘘つきすぎ、人のことは言えないが
ダメージ覚悟で指摘したダウトに摘発者続出だった(笑)

この手のゲームにおいてクマの誘導は半端ない(笑)
そして最後、3枚しかない山札が全部刺客というまさかの展開に爆笑
人数が増えると政治ゲーになりがちという話を聞いていたが、
6人でも全然面白かった、これは万能ゲーかもしれない

レジスタンス:アヴァロン
19_9.jpg

円卓の騎士の中に潜むモードレット側対アーサー王側の人狼系ゲーム
私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人プレイ

全てを知る者マーリンの存在により攻防は激化
こちらは書けたらまたプレイ記書きます

キャット&チョコレート:ビジネス編
19_10.jpg

社会におけるトラブルを役に立たないアイテムで切り抜けるゲーム
私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人プレイ

名古屋コーチン最弱説勃発、苦し紛れのいい訳にギリギリの判定多し
こちらも書けたらプレイ記にて

お邪魔者
19_11.jpg

金鉱堀対お邪魔者の疑心暗鬼ゲーム
私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人プレイ

トモがオシャレ堀りにより金鉱掘、お邪魔者双方からの要注意人物に
こちらも書けたらプレイ記で

ワンナイト人狼
19_12.jpg

少人数で遊べるようになった人狼ゲーム
私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人プレイ

人数が増えると情報量の少なさに難易度高し
しかし、ちょっとした言動が敗北につながることに
何故かクマとトモの疑われ率高し(私もか)、そして疑われないケント(笑)
1人狼で無言で回避できたゲームも多かったので、
人数が増えると寡黙は割と強いかもしれないと思った


今回は珍しく人が集まったので割と軽めのゲームを選んだが、
また機会があればカタン電力会社のような
多人数でもできる本格ボードゲームもやってみたい

2014年のご挨拶

HAPPY.jpgNEW.jpgYEAR.jpg

このブログに通りかかった皆様
新年あけましておめでとうございます

今年も地道にボドゲブログの方を書いていきますので、
ご愛願の程、よろしくお願い致します

今年はもう少し、目新しい情報も書ければと思います
プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
11/9(土)13:00~20:00
12/14(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
484位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
15位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-