FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年04月
ARCHIVE ≫ 2014年04月
      

≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

おかしな遺言

おかしな遺言〈Last Will〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.5

おかしな遺言おかしな遺言
()
Last Will

商品詳細を見る

プレイ人数:2~5人
プレイ時間:45分
対象年齢 :13歳以上
作者   :〈Vladimir Suchy〉
備考   :ドイツのゲーム
      2012年チェコゲーム大賞 ノミネート
      2012年国際ゲーマーズ賞 ノミネート


ボードゲームにおいて、お金を効率よく稼ぐことが求められることは多い
しかし、このゲームはその逆、お金を効率よく放出することを目的とする

大富豪の祖父の遺言により、最も有意義にお金を使える者が遺産を相続できる
その証明のため贅沢の限りを尽くし、他の誰よりも早く破産することを目指すゲーム

ラウンドは「計画」「配置」「アクション」の主に3つのフェイズによって進行する
計画フェイズでは、そのラウンドに引けるカード数、下人配置数、アクション数を選ぶ
ここで大きい数字を選べば選ぶほど手番順が後になるシステム

配置フェイズでは最大2人の下人を用いて、追加カードの獲得や、
不動産の物価の変動、自分のカード置き場の拡張といった行動ができる

アクションフェイズには、手札のカードを手持ちのアクション数に応じて使用できる
カードは「白枠」「黒枠」「青枠」の3種類

白枠はお金を放出するイベントカード
使うのに1~2アクション必要で使い捨てだが、一度に多くのお金を放出できる

黒枠は継続的な支払いを確約する浪費カードと不動産カード、
そして特殊な効果を永続的にもたらす助力者カードに分けられる
どれも1アクション使って自分のカード置き場に置くことができ、
ラウンド毎にカードに応じた支払いや効果を適用できる

青枠カードは、白枠・黒枠カードによる出費を加算する同伴者カード
客、馬、犬、シェフの4種類に区分されるこのカードを、
適切なイベントカードや不動産カードと合わせて使うことで支払いが加速する

こうしてお金を散財し、いち早く破産すれば(かつ誰よりも負債を抱えれば)勝利する
ただし、不動産カードを持っていると破産することができないという制約がある
不動産カードは1アクション使って売却できるが、その価格は物価の変動により上下する
また、不動産カードだけは、毎ラウンド修繕費を支払わなければ価値(売値)が下がる

アクションを使って修繕費を支払い、安定した出費を確立するもよし
アクションを節約し、修繕費を支払わず価値が下がったところで安値で売るもよし
とにかく出費が増えるよう、通常とは真逆の考えで手を進めなければならない

斬新なテーマながら、運だけのゲームではなく、
ランダムにカード配置された盤面を見て、最も効率的な手を考える頭脳戦

贅沢三昧の優雅な生活感を楽しむことも、
真剣に思考を懲らした駆け引きを繰り広げることもできる良作
さあ、憧れのセレブ生活が今始まる

スポンサーサイト



ゲーム会 感想30 おかしな遺言、他

私、Koma氏、Kawa氏、Haya氏、Mori氏の5人でゲーム会
以下、プレイしたゲーム

ラブレター
P1040732.jpg

人が集まるまで私、Haya氏、Mori氏で3人プレイ
海外で高い評価を受ける日本産の傑作

ゲーム後半になれば誰かが8番(姫)を持っている
割と皆1番(衛兵)でも8番を指名していた(笑)
すぐに終わるけど白熱する、実にいいゲーム
接戦の末、最後は8番3番のコンボに助けられて私の勝利

・さるやま
P1040736.jpg

巨匠ライナー・クニツィア作のペンギンパーティのリメイク版
人数の幅も広く、恐ろしく単純なルールだけど奥が深い

皆すぐにルールを把握し、何をすればいいかを理解する
Mori氏-3点、Haya氏-5点、Kawa氏-9点、Koma氏-9点、私-9点でMori氏の勝利
少ない枚数なら自分のダメージ覚悟で他人を妨害するMori氏の作戦に参りました

カタン
P1040759.jpg

1995年ドイツゲーム大賞の鉄板ゲーム
1戦目は序盤から街を建てまくり、資源のアドバンテージを得た私の勝利
2戦目はロンゲストロードを確定させ、バランス良く資源を集めたKoma氏の勝利
この日はKoma氏から数々の名言が生まれた(ほとんど忘れたが…)
「僕はこれ(資源)をチャンスに変える」
普通の言葉なのに何故かベストセラー小説のタイトルのように聞こえるから不思議(笑)

・おかしな遺言
P1040782.jpg

資産を如何に早く散財するかを競うゲーム
国際ゲーマーズ賞やチェコゲーム大賞にノミネートし、BGGでも評価7超えの良作
ただ大賞は取っておらず、レビューも少なめだったので未知数なところであった
しかし、テーマが斬新で気になっていたということもあり、プレイしてみることに

やってみると土台はしっかりとしたワーカープレイスメントで、
それに加えて効率的なカード使用を求められる、良くできたゲームの印象だった
物件を高く買って安く売るなど、普通とは逆の感覚を求められるゲーム
効果が多く、初めは全てを把握するのが難しいが、慣れればかなり面白いんじゃないだろうか
時間の関係で1ゲームしかできなかったが、次回もこれをやろうということになった
今回、私も含め手探り感満載のプレイ内容だったが、ざっくりプレイ記書きます



テラミスティカ プレイ記4

私、カニ、ゲン、ジラ氏、ニュクスでテラミスティカをプレイ

最近、面白さがメラメラと増しているボードゲーム
思い通りに進めるのが非常に難しいゲームだが、
何故か何度でも再挑戦したくなってしまう
この感覚はどこかアグリコラに似ている

P1040632.jpg

各自、住居2軒の初期配置を終え、ゲームスタート

P1040633.jpg

何を隠そう、私は昔ストⅡのダルシムが好きだった
防御力は最低だったが、あの人間離れした動きには惹かれるものがあった
こいつにもそれと同じものを感じる、私の種族は「ファキア」
船を持たないが、他の種族にはない絨毯飛行により河川や土地を超えることができる

P1040634.jpg

今回テラミスティカ2回目となるニュクスが選んだのは「カルティスト」
建築、改築を行った際に他プレイヤーが1人以上パワーを得た場合、信仰値1進める

P1040635.jpg

緑好きのジラ氏が「ウィッチ」を選択
街を得るたび得点を増やせる能力は強力、街3軒を目指したいところ

P1040636.jpg

ゲンが選んだのは「ドワーフ」
私の選んだファキアと同じく船を持たず、トンネル工事により離れた地形を開拓できる

P1040637.jpg

カニがこれ強くね?と選んだのは「アルケミスト」
得点をお金に変えたりお金を得点に変えたり自由自在
資源に困った時に融通が効くのがこの種族のいいところ

P1040641.jpg

1ラウンドが終わった状態
カニ(黒)は既に砦まで改築している、早い
ラウンドボーナスが住居建設毎に2点ということもあり、皆割と住居建設
私もボーナスタイルのスコップと自力のスコップを使い、住居をばらまく

後になってみてみるとこの時点で既に私は率が悪いなのかなぁと感じる
4労働者2金のスコップ&住居で得られる収入が5ラウンドの計5労働者
2得点あるとしてもやはり自力スコップ3労働者は極力やるべきではないのかもしれない
なにより私はこのラウンドで所持していた17金の内6金しか使っていない
これなら4労働者8金で神殿まで進めた方が、確実に5労働者以上のメリットがあった

P1040655.jpg

ゲームが進み、続々と街を作り始める
3ラウンド目のラウンドボーナスが交易所3得点だったということもあり、交易所多し
このゲームは結局得点も取らなければならないため、
上で述べたように考えることも大事だが、結局得点のために収入率の悪い手も必要なのだ
そして、得点も小さい得点を狙うより大きい得点を狙うべきで、
やはり最低でも街2軒は建てないと勝てないだろう

今回は全員上手くばらけ、街2軒は目指せる状態
ただ私のファキアの能力はどうしても建造物が離れ離れになりやすく、街と絡めるのが難しい
そういう意味ではドワーフのゲン(灰)も似たような心情だろう

P1040673.jpg

最終ラウンド、私は得点率を増やす恩恵タイル3枚で追い上げを狙う
ただ、ここで気になるのはニュクス(茶)が4つの信仰値全てで1位を取っている
それだけで32点…誰だニュクスにパワーを貰いまくったのは(笑)
カニ(黒)もアルケミストの大量パワーで独走している、逃げ切れるか

P1040684.jpg

最終状態、ニュクス124点、カニ113点、私109点、ゲン94点、ジラ氏81点でニュクスの勝利

ジラ氏(緑)がなんとか火の信仰値でニュクス(茶)を抜いたがそれでもニュクスは28点
エリアボーナスはゲン(灰)10軒、ジラ氏(緑)9軒、私(黄)8軒と続く
カニ(黒)はアルケミストの能力でお金を得点に変え、最後の追い上げ
私(黄)、ゲン(灰)もなんとか街2軒に届き100点前後には位置付けた
ジラ氏(緑)はウィッチの能力で追加で資源を払っていたためかなり損をしていたようだ
(ウィッチを使ったことがなかったので、完全に忘れてました…気付かずすみません)

ウィッチは実際無料で住居を建てられるため、住居2点の恩恵とかなり相性がいいのかなと思った
ファキアやドワーフは5人戦なら、序盤わざと住居をばらまき色んな人からパワーを貰うのも手か
アルケミストはコインがほぼ無尽蔵に出るため労働者に集中して目を向けられるのがいいところ

今回ニュクスが信仰値を伸ばした要因はカルティストの能力もあるが、それだけではない
2ラウンド目のラウンドボーナスが青4信仰値につき司祭で、ニュクスはここで2司祭を得ている
パワーアクションで得た司祭と種族の能力で青の信仰値を8まで進め、
そこで得た司祭2つとも信仰値3進めるのに使っている、このゲームはここに尽きるだろう
パワー→司祭→パワーと何も起きていないようで、最終得点ボーナスには着実に近づいていたのだ

そう考えるとラウンドボーナスはかなり大事、恩恵以上に大事かもしれない
う~ん、奥が深い…これは次もファキアでリベンジしたい

アグリコラ プレイ記3

私、カニ、ゲン、ジラ氏、ニュクスの5人でアグリコラをプレイ

この世で最も面白いボードゲーム(私の中では笑)
戦火に巻き込まれても、これだけは持って逃げるだろう

という冗談はさておき5人でプレイするのは初めて
期待に胸を膨らませ、いざ開戦

P1040535.jpg

ゲーム会 感想29 アグリコラ、他

私、カニ、ゲン、ジラ氏、ニュクスの5人でゲーム会
以下、プレイしたゲーム

アグリコラ
P1040567.jpg

重量級個人的鉄板箱庭ゲーム
私の個人評価ベスト1位、一番好きな作品である
その割にブログの紹介内容が希薄なのは初期の頃に書いたせいで…そのうち更新します

1戦目はジラ氏44点、私32点、カニ30点、ゲン23点、ニュクス17点でジラ氏の勝利
ジラ氏の働かなさと箱庭センスは健在

2戦目はカニ48点、私48点、ゲン46点、ジラ氏31点、ニュクス14点でカニと私の同着
アグリコラソロ2500回に近づきつつあるというカニが猛威を見せ、
私もゲンの職業のおこぼれ(+3点)をもらいなんとか引き分け

上手く回したくてもなかなか手数が足りないのがもどかしい
それだけにリプレイ欲が生まれる、またやりたい

テラミスティカ
P1040663.jpg

自分の種族の繁栄を目指すドイツゲームの集大成
最近ようやくこれの本当の面白さがわかってきた
これはカタンのようにただ建てるゲームではない、如何に点を取るか考えなければならない

1戦目はニュクス124点、カニ113点、私109点、ゲン94点、ジラ氏81点でニュクスの勝利
ニュクスはカルティストの能力で信仰値の得点を牛耳り一気に点を伸ばした

2戦目はカニが抜け、ニュクス133点、ゲン115点、私89点、ジラ氏84点でニュクスの勝利
ニュクスがカオスマジシャンでの恩恵ラッシュによる大量アドバンテージで街3軒に到達
前回初プレイだったニュクスがまさかの2連勝、テラ半端ない

・さるやま
P1040731.jpg

巨匠クニツィア作のペンギンパーティのリメイク
軽量ゲームながら先読みした色の取り合いが熱い

結果はゲン-1点、私-4点、ジラ氏-5点、ニュクス-8点

前回圧勝だったニュクスを下し、ゲンが勝利
しかしながらなかなかの接戦だった

今回はアグリコラ2戦、テラミスティカ2戦とヘビーゲームばかりで内容の濃い1日だった
それだけに充実感と達成感に満たされた1日でもある
このくらいの方が丁度いいな、次も重いゲームを何回も回したい



テラミスティカ プレイ記3

私、ニュクス、ゲン、カニ、カピバラの5人でテラミスティカをプレイ

私は恩恵ラッシュで変幻自在の「カオスマジシャン」
…初使用、というのも正直名前が好きじゃない、でも能力は嫌いじゃない

ニュクスは低コスト建築、信仰無視の「エンジニア」
…初プレイだが百聞は一見に如かず、見ただけで理解する彼の経験値は半端ない

ゲンは莫大初期資源でのゴリ押しの「スウォームリング」
…前回惜しくも最下位になってしまったゲンが同種族で再チャレンジ、リベンジなるか

カニは大量司祭&司祭スコップの「ダークリング」
…前回、勝利確実と思われたが不運にも街2軒に届かず私と同着、今度こそ街2軒なるか

カピバラは開拓力No1?住居3軒スタート「ノマド」
…初プレイ、堅実な手筋がドイツゲーム集大成での勝利へと導くか

P1040445.jpg

初期配置を終え、いざスタート
1ラウンドを終え、カニ(黒)は神殿、ゲン(青)は余りある資源で砦まで発展
カピバラ(黄)はボーナスタイルの船舶値+1で川越えし、新天地を目指す
ニュクス(灰)は川を挟むように住居を広げ橋の準備万端、いい配置だ
私(赤)はボーナスタイルの司祭駒により船舶値を上げ、住居3軒をばらまく

P1040463.jpg

今回上げるべきは土の信仰値(茶)
上げれば第4、5ラウンドでコインとスコップの臨時収入が待っている
そして、5ラウンド目に街、6ラウンド目に砦・聖域を建てられれば言うことなし

P1040464.jpg

既にラウンドボーナスに着目し司祭駒を埋めているニュクス(灰)、初プレイとは思えない
負けじと私(赤)も神殿による恩恵のついでに土の信仰値UPを図る

P1040499.jpg

終盤になり、盤面の変化が加速
全員が街を設立し、ゲン(青)は5ラウンド目にしてもう街2軒目
ニュクス(灰)は予定通り橋を建設し、定期的得点を確約
カピバラ(黄)は領土でトップだが建造物が散り散りになり、街2軒目は厳しそうか
カニ(黒)は…何故全部つなげた(笑)

P1040523.jpg

6ラウンド目、得点はどこだと言わんばかりに信仰値争いが激化
私(赤)、カニ(黒)、ニュクス(灰)、ゲン(青)が各信仰値で1位を確定させる
…これじゃあまり差がつかないじゃないか

P1040525.jpg

領土ボーナスは私(赤)10軒、カピバラ(黄)9軒、ニュクス(灰)7軒と続く

~最終結果~
ゲン115点、私113点、ニュクス91点、カニ87点、カピバラ69点でゲンの勝利

ゲンは今回、孤立せずにパワーを貰いつつの戦略がやはり良い結果へと繋がったか
私はあわよくば街3つ狙えるかという淡い希望も考えていたが、淡い希望だった(笑)
ニュクスは橋の得点ボーナスがもう少し早ければ更に得点を伸ばしていただろう
カニはやはり初期配置の2軒が少し近すぎたかもしれない、という印象
カピバラは展開力は十分、建造物に恩恵などで得点の付加価値をつけていれば相当いったと思う

1位2位と3~5位で点差が開いているように見えるが、これは街1軒と2軒の差だろう
やはり勝つためには街2つは目指したいところ、1つ10~20点くらいの価値はあると思う
そして、建造物にいかにラウンドボーナスや恩恵による付加価値をつけられるかが決め手になる

今回も割とあったが、これは経験者でも色々ミスしてしまう難しいゲームである
だが、それがいい…やはり重いゲームはこうでなくては

七王国の玉座 プレイ記2

私、ニュクス、ゲン、カニ、カピバラの5人で七王国の玉座をプレイ
5人なので、今回は南のマーテル家の領地は使わず

私(黒)は戦闘最強?のグレイジョイ家「いか」
『われらは種を蒔かず』…そう、欲しいものは全て奪う

ニュクス(黄)は玉座を牛耳るバラシオン家「しか」
『氏神は復讐の女神』…反乱の因子が今、牙をむく

ゲン(緑)はバランス重視のタイレル家「ばら」
『強く育つ』…王家に加担する一族が王位を狙う

カニ(赤)は中央に挟まれたラニスター家「らいおん」
『わが咆哮を聞け』…残念ながらこのゲームでは聞けそうにない

カピバラ(白)は広い北部を領地とするスターク家「おおかみ」
『冬きたる』…この世界では長い冬を知る者だけが生き残る

P1040400.jpg

海を制するはウェスタロス大陸を制する
いち早く船を大量生産しカニ(赤)の陣地へ進出する私(黒)
海戦で猛威を振るう戦闘カードにヴァリリア鋼の剣は強し

P1040405.jpg

南方ではニュクス(黄)とゲン(緑)がマーテル家の領地を2分して占領
5人だと南が広い、これはなんとか南へ向かわないと
しかし、ゲン(緑)も船を強化しており南の海のガードは堅い

P1040406.jpg

そして、北から攻めてくるのは野人だけではない
私(黒)の領土の薄さを見逃さず、カピバラ(白)が船伝いに領地を奪取する
南からもカニ(赤)が私(黒)の支配する中央都市(三重県?)へ幾度となく攻め入る

P1040427.jpg

全て埋まる南方、ヴァリリア鋼の剣と使い烏は手にしたニュクス(黄)がリーチをかける
ゲン(緑)とカニ(赤)が一手遅らせるべく、ニュクスの作戦を阻止しにかかるも、
船の隣接を使った派兵でピッタリ7つの城(砦)を制する

P1040429.jpg

最後にAP4の最強カードも残し、計算通りと言わんばかりのニュクス(黄)が勝利
前回は兵力が散り散りとなって攻めあぐねたが、
今回は同様のバラシオン家できっちり借りを返した

借りを返すと言えば、ラニスター家にはもう一つ標語があった
『ラニスターは借りを返す』いつか借りを返す日が来るに違いない(笑)
ただ、やはり位置的なところでラニスター家はなかなか難しそうである

今回は5人ということもあり、余っている南への対策が難しかった
私(黒)が西の海を、カピバラ(白)が東の海を南下するべきだったかもしれない

そういう戦況判断をしてどこを攻めるのかというのもこのゲームの醍醐味だろう
とは言え、やはり6人の方がバランスがいいように感じた
重ゲーにしてなかなか珍しいゲームである、もちろん5人でも十分面白い

ゲーム会 感想28 七王国の玉座、他

私、ニュクス、ゲン、カニ、カピバラの5人でゲーム会
以下、プレイしたゲーム

七王国の玉座
P1040401.jpg

王位を巡り領土を争うウォーゲーム
前回の反省を活かし、5つの一族が火花を散らす
今回は2回目ということもあってプレイ時間2時間半(1人30分?)
内容は簡単にプレイ記にて

テラミスティカ
P1040451.jpg

自分の種族の繁栄を目指す開拓ゲームの集大成
MAXの5人プレイでルール説明30分+3時間半程かかった
初プレイも2人いたしまあこんなもんかな
内容はプレイ期にて

ここでカニが帰宅し4人に

ラブレター
P1040528.jpg

爽快ブラフゲーム
海外でも高い評価を受ける日本産の傑作(ちなみに画像は海外版)
手持ちのカードがバレないように次々とカードを更新し生き残るゲーム

P1040530.jpg

接戦の末、ゲンの勝利
途中、皆の読みが鋭くなりすぎて死亡率が上がったが、
やはり4番の守りは固し、「鉄壁…よって無敵」はこの日の決めゼリフ(笑)

・さるやま
P1040533.jpg

巨匠クニツィアのペンギンパーティのリメイク
カラフルな猿をピラミッド上に積み上げるゲーム
カードが並べやすい六角なのがよい
1戦目は初プレイのニュクスが圧勝し、2戦目はカピバラの勝利
私は2連続でダントツの最下位、
皆から「戦闘力たったの5か、ゴミめ」という目で見られる

・ボンバーマン
最早ボードゲームですらないが、ゲンの薦めでやることに
プレステのボンバーマンは若干3Dがかっていて新鮮だった
とりあえず先程の鬱憤を晴らすかの如く私が圧勝、
この日、唯一の勝利だった
ボドゲで勝たずボンバーマンで勝ってどうする(笑)

この日もなかなか達成感のあるゲームができてよかった
ただ、重いボードゲームをやっているとすぐ時間が過ぎてしまう
とりあえず次も皆が知っているゲームを含めるのがいいかなと思った

シティビルダー

シティビルダー〈Suburbia〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.0

シティビルダー 完全日本語版シティビルダー 完全日本語版
(2013/10/12)
アークライト

商品詳細を見る

プレイ人数:1~4人
プレイ時間:90分
対象年齢 :8歳以上
作者   :テッド・アルスパッチ〈Ted Alspach〉
備考   :2012年ミープルチョイス賞 ノミネート
      2013年メンサ賞 受賞


人口最多を目指し、都市開発するゲーム
公共施設や飲食施設などを建設し、収益の改善と人工の増加を図る

100枚ある施設タイルから常に7つが公開されており、
基本は手番毎にその7つから1つを購入するだけ
(もしくは初期施設の購入、購入済み施設への投資、湖の配置もできる)

施設タイルは6角形のヘクスタイルになっており、
購入した施設は自分の(購入済みの)施設に隣接するように配置する

配置した施設によって、自分の収入レベルや評判レベルを上げたり、
即座に資金を受け取ったり、人口(得点)を増加させたりできる

また、各手番の終わりには自分の収入レベル、評判レベルに応じて、
資金を受け取り、人口(得点)が増加する
こうして次々と施設を配置し、最終的に人口の数を競う

4色(4種類)ある施設の中には配置した時に、
隣接する色によって利点・欠点が発生するものがあり配置順を考えるのも重要

また、自分や他人の持つ特定の施設の数によって効果が変化するものもあり、
全体の場を見渡すことも疎かにしてはならない

購入できる施設は、人気のないものが値下がりしていくため、
いつ買うのかタイミングを見計らう必要がある
欲しい施設が安くなるのを待っていたら、先に購入されてしまうなんてことも

最初に20種類ある目標タイルからゲーム毎に2~4枚が公開され(選ばれ)、
目標を達成(最終状態をそれにすること)によって人口(得点)が大幅に増加する
また、公開された目標タイル以外に各自1枚の目標タイルを秘密裏に保持する

ゲーム毎に使う施設タイル、目標タイルが変わり、
そのパターンは場の状態だけで6×10^93通り以上、ほぼ無限と思っていい
このパターンの多さから、おそらく一生遊べるゲームだろう

序盤は収入を増やして終盤で追い上げるもよし
中盤から人口を増やしまくるもよし
多くの目標を目指し、大量のボーナス得点を狙うもよし
ゲームが終わるタイミングもある程度変化するため、
自分にとって都合のいいタイミングで終わるかどうかという運の要素も少しある

購入して配置するだけというルールは簡単で、
それでいて配置の自由度があり、自分の都市を作っていく感覚は楽しい
最初は、施設の効果を1つ1つ読む手間がいるが、
慣れれば多種多様に並んでいるラインナップから選ぶのはわくわくする

収入、評判、場の状況と考える要素は多いが、それだけ達成感があるボードゲーム
さあ、最高の都市を築くのは誰だ

ゲーム会 感想27 シティビルダー、他

私、Mori氏、Kawa氏の3人でゲーム会…という程でもないが、
3人でカラオケに行った後ボードゲームでもしようかという流れに
私は手ぶらだったが、すぐ近くのYバシのドイツゲームコーナーで物色
迷った末2013年の話題作でもあるシティビルダーを購入
BGGで平均評価8弱を有し、約50位に入る人気作

ただシティビルダーという翻訳のネーミングセンスが気に入らず遠ざけていた
かと言って海外版だと言語依存が大きく、買うなら日本語版しかないと思っていた
面白いことはわかっていたし、ルールも知っていたので説明から入り早速プレイ

P1000004.jpg

次々と並ぶ施設やお店のラインナップから毎ターン1つを購入し、
自分の都市を発展させ、人口を増やすゲーム

Mori氏が序盤から人口(得点)増加率を上げる「公園」を大量に建て、借金覚悟の立ち上がり
ギリギリの財政は湖で耐え忍ぶ戦略
Kawa氏は「緑の建物数だけ得点」や「青の建物数だけ収入増加」といった、
条件付き効果のある建物を多用しアドバンテージを得る
私は収入を増やせる青の建物に絞り、豊富なお金を蓄えるが、
人口増加率を大幅に上げるような建物がなかなか現れず、得点(人口)が伸び悩む

P1000003.jpg

Mori氏の借金が限界を超え、
もう人口減少が始まるかというところでラウンドタイルを引かれる
私は莫大な富により、人口増加を図る寸前だったがここでゲーム終了

P1000002.jpg

Mori氏(黒)が独走し、Kawa氏(紫)、私(黄)と続く展開…かに見えたが、
このゲーム、最後の最後で都市の状態によって貰える様々なボーナスがある
これを1つ達成するだけでも大幅に得点が変わる
(お金が一番多い、~色の建物が一番多い、~が一番少ない、など)

P1000001.jpg

このボーナスを私が2つ、Kawa氏が1つ達成し、Mori氏は0
Mori氏「そういや、そんなんあったな」
…私の説明が悪かったです、すんません

結果、私88点、Kawa氏78点、Mori氏74点で私の勝利

ほぼ最後のボーナスで決まる展開となった
ゲーム中の得点も疎かにはできないが、
やはり最終ボーナスを1つも取れないと結構キツイかもしれない
しかしながら、毎回全く違うゲーム展開とそれに対応する力が問われる良ゲーである
4人までしかプレイできないがこれは買ってよかった、またやりたい

電力会社 プレイ記3

私(黄)、ニュクス(紫)、カニ(赤)、ジラ氏(緑)、ゲン(青)、カピバラ(黒)で電力会社をプレイ
MAXの6人プレイで使用するのはアメリカマップ

P1040343.jpg

6人なので1色使わないエリアを決める、今回は西の青エリアを使用せず

P1040344.jpg

1ラウンドが終了し、驚愕の発電所市場に気付く
固まっていたのか、シャッフルの仕方が悪かったのか、
序盤から強力な発電所が続出

P1040358.jpg

私は最初に需要の少ないゴミ火力発電所を取ったあと、
風力発電所を始め、省エネ発電所で資金を蓄える作戦

P1040359.jpg

しかし、ニュクスも追うようにゴミ火力発電所を購入し、ゴミの値段が高騰…ゴミなのに
そして、6都市発電可能な石炭火力発電所を手中に収める、これは強い
このゲーム、多少出遅れても最後のクライマックスでいかに発電都市数を増やせるかで決まる
その為には、レギュラーとなる3つの都市(5~7都市発電)を集められるかが重要なのである

P1040360.jpg

ジラ氏も最後のキーとなりうる5都市発電の石炭火力発電所を購入
価格が低下してきたウランに目を付け原子力発電所にも手を出し、チャンスを待つ

P1040361.jpg

カピバラ(黒)は風力発電所の中で最も強力な4都市発電可能のものを手に入れ、
5都市発電可能な原子力発電所も購入
ただ、都市数がトップのため高騰した値段で資源を買わざるを得ない、これがどう転ぶか

P1040363.jpg

カニは原子力発電所(4都市発電)とゴミ火力発電所(4都市発電)を購入し安定の供給力
ただ、最後に4都市発電の発電所がレギュラーとなりうるかがきわどいか
できれば後1つは6~7都市発電が欲しい所
そして、いつの間にかウランの値段に並ぶ金額になるゴミ

P1040365.jpg

ここであることに気付く、ゲンが石油火力発電所を独占している
敵対勢力がおらず石油を安値で購入し続けさせてしまっているのだ
そして、邪魔をしようにも石油火力発電所が出回っていない…しまった

P1040369.jpg

ただ、ゲンも現状では13都市発電しかできないため、
最後の発電(誰かが14都市建設)時に発電数で勝てない可能性が高い
少しでも発電数の多い発電所にする必要があるとゲンが石炭火力発電所を購入
だが、その隙は見逃さない、他5人が全力で石炭を買占めゲンの発電を阻止

P1040378.jpg

更に次のラウンドでは石油までも買占め、事態は混沌へ
まだ第2ステージということで、都市に2人までの発電所建設制限を利用し、
トップを走る東のゲン(青)とカピバラ(黒)の建設できる場所を、
私(黄)、カニ(赤)、ジラ氏(緑)、ニュクス(紫)の4人で封鎖
しかし、第3ステージになりついに14都市建設を許してしまう

P1040383.jpg

結果、ゲンとカピバラが14都市発電し、所持金の差でカピバラの勝利

6人だと14都市建設で終了するため、終了ラウンドが早く序盤の発電所選びが勝負を分けた
石油火力発電所の少なさに目を付けたゲンといち早く14都市発電可能な態勢を整えたカピバラ、
それに比べゴミ火力発電所で被っていた私、カニ、ニュクスは少し出遅れ気味だったかもしれない
ジラ氏は石炭火力発電所以外の発電所の発電都市数が2~3と、発電所に少し恵まれなかったか

今回は序盤からレベルの高い発電所ばかりで波乱の展開だった(たぶん私のせいだが笑)
次からはもっとよくシャッフルしておきます
まあたまにはこういう急展開もありということで

七王国の玉座 プレイ記1

私、ニュクス、カニ、ジラ氏、ゲン、カピバラの6人で七王国の玉座をプレイ

P1040334.jpg

各自、担当する家を選びゲームスタート
私(茶)は南東のマーテル家、紋章から呼び名は勝手に「たいよう」
ニュクス(黄)は東のバラシオン家、「しか」
カニ(赤)は西のラニスター家、「らいおん」
ジラ氏(緑)は南西のティレル家、「ばら」
ゲン(黒)は北西のグレイジョイ家、「いか」
カピバラ(白)は北のスターク家、「おおかみ」

P1040316.jpg

このように各自、紋章の書かれた指示マーカーを任意で配置し行動決定する
(マーカーの裏には大きく5種類の行動のどれかが描かれている)
このマーカー配置タイムが同時進行なのがよい
それから、一斉オープンした後は順番に手番進行するが、
「はい、次、ばら!…次、しか!…次、いか!…」という感じでスムーズ

P1040291.jpg

私(茶)は、序盤ジラ氏(緑)と同盟を組み、南は戦闘を保留
資源の交換等はないが、戦略を進める上でこういった交渉は自由である

P1040297.jpg

北東ではいきなりカピバラ(白)とニュクス(黄)が海上でどんぱちを始める
まあ確かに海を制するのはかなり大事である
船がいる海を挟んで離れた陸地は隣接扱いになるのだ(その船の所有者のみ)

P1040319.jpg

また、北西でもカピバラ(白)とのカニ(赤)が領海権を争い火花を散らす
そんな間にゲン(黒)が戦力をじわじわと蓄える

P1040318.jpg

ニュクス(黄)は海をカピバラ(白)に、陸をカニ(赤)とジラ氏(緑)に阻まれ分断
それでも、中央の未開地を真っ先に占領し反撃をうかがう

P1040307.jpg

そうこうしている間に「玉座」「剣」「使い烏」を全てジラ氏にとられてしまう
「王座」のトラックは手番順を表し、
「剣」のトラックは戦闘で引き分けた時の判定基準を表し、
「使い烏」は特殊な指示マーカーを使える量を表す
南に広く展開しているジラ氏は資源が多く、度々変化するトラックでは有利

P1040329.jpg

これはちょっとのさばらせ過ぎた、が時すでに遅し
勝利条件の城or砦7軒までジラ氏とゲンがリーチ
2人とも割と戦力を蓄えており、歯止めが効かない

P1040333.jpg

そして、手番順で先手のジラ氏(緑)が先にカニ(赤)の城に攻め入る
ジラ氏は攻城兵器AP4(城or砦攻撃時以外はAP0)と騎士AP2×2で8AP
カニは騎士AP2と兵士AP1でAP3しかない
これはまずいと、「支援」の指示を与えていたゲン(黒)の騎士AP2がカニに加勢

P1040336.jpg

それでもカニAP5、ジラ氏AP8、この差は埋まらない
カニは数字4のカードを残していたが、ジラ氏も3で応戦し、
最終カニAP9とジラ氏AP11でジラ氏が城を陥落させる
右のカニのユニットの指示も「支援」だったら逆転していたが…

P1040338.jpg

結果、勝利条件を満たし、ティレル家のジラ氏(緑)が勝利

1つの指示の違いでも戦況が大きく変わるこのゲーム
しかし、運ではなく駆け引きによって決まるため、様々に転ぶ展開が面白い
今回は序盤からカピバラとニュクスは戦力を削り合い、少し出遅れてしまったか
カニも色々手を回している内にゲンに押され、中央に挟まれ地の利も悪かった(最初からだが笑)
ジラ氏は戦力を分散していたが、中盤まで攻められることもなく大きく展開を許してしまった
まあそれは私が悠長に何もしなかったせいでもあるが(笑)
ゲンも手番順が違っていたら北のカピバラの城を崩し勝利していただろう、僅差だった

シヴィライゼーションの戦闘だけに特化したようなウォーゲームなのに、
最後まで誰かが脱落するようなこともなく戦えるというのは意外だった
やはり戦闘で負けてもユニットが排除されにくいシステムが素晴らしいと思った
これはよくできた陣取りゲーム、眠らせておくにはもったいない作品でした

七王国の玉座

七王国の玉座(第2版)〈A Game of Thrones〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5

A Game of Thrones the Board GameA Game of Thrones the Board Game
(2011/11/23)
Christian T. Petersen

商品詳細を見る

プレイ人数:3~6人
プレイ時間:180分
対象年齢 :14歳以上
作者   :〈Christian T. Petersen〉
備考   :


ファンタジー小説『氷と炎の歌』を元にしたボードゲーム
6つある一族の内の1つを担当し、領地を広げていく陣取り形式
兵士となるユニットを生産し、未開地や敵地へ侵攻する
ユニット毎に様々な行動指示を与えることができ、
それは秘密裏に置くマーカーによって決定する

マーカーは同時公開で、相手が何を選択してくるかの読みが問われる
そして、マーカー決定が同時進行のため、多人数ゲームにありがちな待ち時間は少ない

敵ユニットのいる場所へユニットを移動させれば戦闘が発生するが、
勝敗はユニットの戦力値と各自1枚プレイできる0~4の数字カードの合計で決まる
ただ、使った数字カードは全て使い切るまで回収できないため、
各自どの数字カードを残しているのかがわかってしまう
つまり、戦闘で勝っても、戦闘すればするほど手の内が明らかになっていく

また戦闘で勝っても、敵ユニットを排除するのは難しく、
好条件が揃わない限り、負けた側のユニットは隣接する地域に一時退散するだけである
このことから、一気に戦力を削がれるようなことはなく、
態勢を整えてすぐにやり返しが利くのもこのゲームの魅力だろう

定期的に起こる様々なイベント、一族毎に異なる能力、
『氷と炎の歌』の世界観から楽しむことができるゲーム
さあ、このウェスタロス大陸を支配するのは誰だ


レジスタンス:アヴァロン プレイ記3

私、ニュクス、カニ、ジラ氏、ゲン、カピバラの6人でレジスタンス:アヴァロンをプレイ

~1戦目~
P1040388.jpg

未だに一度もマーリンをやったことのない私
頼む、マーリン来いマーリン来い…という願いも敵わずただの人(笑)
私が親スタートでまず自分と左隣のジラ氏でクエストに挑戦して成功するも、
次のジラ氏が左隣のカニでなく私の右隣のニュクスを選ぶ、少し怪しい
しかし、次のカニが親で失敗し考えを改める、これはジラ氏マーリン、カニ悪か?
そうは思いつつも途中で確実に悪側がいる状況で承認を出したゲンを疑ってしまう
結果、悪側が3勝しカニ、カピバラの勝利

~2戦目~
P1040389.jpg

頼む、マーリン来いマーリン来い…はい、普通に悪側でした
また私が親から1クエスト成功2クエスト失敗からの流れだったが、
迷いながらも3クエスト目で悪側を外した選抜をしたカニがマーリンっぽい
結果、正義側が3勝したが、カニ=マーリンを見抜き私、ニュクスの悪側が勝利

~3戦目~
P1040390.jpg

頼む、マーリン来いマーリン来い…お、なんか書いてるけど暗殺者(笑)
今回はパーシヴァルを入れて正義側を少し強化
パーシヴァルは最初からマーリンが見えている
カピバラ親から始まり、1クエスト成功2クエスト失敗のおきまりパターン
クエストに失敗した親ニュクス=マーリンの可能性は低いと見るが、
その失敗クエストにカピバラは承認していたり、
ジラ氏、カニの選抜には悪側のゲンが入っていたりとマーリンがわからない
3クエスト目でカピバラが迷いながらも悪側を外した選抜をし、正義側が3勝
カピバラならマーリンでも長考しかねないと思い暗殺対象に選ぶも、
まさかのパーシヴァル、そしてマーリンはニュクス、これは2人ともファインプレー
正義側のカピバラ、ニュクス、ジラ氏、カニの勝利

~4戦目~
P1040392.jpg

今度は悪側にモルガナも加えての4戦目
パーシヴァルはマーリンとモルガナの2人が見えるがどちらかはわからない
頼む、マーリン来いマーリン来い…キターーー(゜∀゜)ーーー!
しかし、悪側は私の左隣のジラ氏と右隣のニュクスで私が親スタート
今まで通り自分と左隣を選ぶ簡単レジスタンスにしなければ逆に疑われるだろう
そして、私とジラ氏のクエストで案の定失敗
次のジラ氏親は一旦流れるも、次のカニ親で悪側のジラ氏とニュクスが両方選抜
流石にこれは悪側も控え、クエスト成功…あれ、これ私が疑われるんじゃね
親がゲン→カピバラと流れ、次の親ニュクスが4人選抜し失敗、これはヤバい

…と、ここでカニがまさかのパーシヴァル宣言、ニュクスがモルガナであると摘発
大事なクエストを失敗させたニュクスはマーリンかモルガナなので悪側になるということだ
そして、カニは当然口には出さないがマーリンが私だとわかったことになる
マーリンの私にとってこれほど心強いものはない、あなたが神か(笑)

だが、問題はここからである、正義側のゲンとカピバラにはマーリンが見えていない
第3クエストでニュクスは自分とジラ氏も含めており、出た失敗は1枚
確率的には私よりジラ氏の方が正義側に見えているだろう
これはまずい、第4クエストで私はカニ、ゲン、カピバラの確定3人選抜で成功させるも、
第5クエストでカニが選んだ正義側4人にゲン、カピバラが否決…何故パーシヴァルに反対した
カピバラを説得し、なんとか第5クエストを成功させるもマーリンの私が暗殺され終了
悪側のニュクス、ジラ氏の勝利、悪側の連携が息ピッタリでこれは厳しかった

実際、悪側のミスがなくジラ氏を悪側と判断するのはなかなか難しかっただろう
付け入る隙が唯一あったとすれば第3クエストでカニはニュクスのマーリン判断のため、
ゲン、カピバラの親を否決して流したことからゲンとカピバラがマーリンではないことになり、
1失敗の状況で第2クエストのニュクス入り選抜に承認を出していたジラ氏もマーリンでない、
よってマーリンは私だとゲンとカピバラが気付いてくれれば…などというのは神業に近い

やはりカニがパーシヴァルを宣言しない方がカニ=マーリンに見えたのだろうか
それともカニがパーシヴァルと宣言した瞬間に、
私が「んん!?パーシヴァルは私だが…あっ!」みたいなボケを入れればよかったか(笑)
そうすればカニがマーリンでパーシヴァルの振りをしているように見えたかもしれない

なんにせよ奥が深い、深すぎる…そして初マーリンで敗北は悔しい、悔しすぎる
次こそはなんとしてもマーリンで悪を根絶やしにしてくれる(笑)

ゲーム会 感想26 電力会社、他

私、ニュクス、カニ、ジラ氏、ゲン、カピバラの6人でゲーム会
以下、遊んだゲーム

髑髏と薔薇
P1040262.jpg

2011年フランスゲーム大賞の傑作ブラフゲーム
全オープンで成功したり、意外な展開だらけで白熱
手始めにこれをやったせいで、みんな変なテンションに(笑)

七王国の玉座
P1040334.jpg

ジョージ・R・R・マーティンのファンタジー小説を元にしたボードゲーム
ブログでフラグは立てておいたが、案の定やってみようということに
色んなサイトを見てかなり期待していたが、これは期待以上の名作だった
ルール説明&準備1時間+プレイ時間4時間で計5時間かかったが、
同時進行が多いためか待ち時間がなく、退屈になることが全くなかった
ベースは陣取りゲームだが、自分の戦略で支配を広げていく感じがよい
皆これは面白い、ということで次回も是非これをやろうということに
今回の内容は書けたらプレイ記書きます

電力会社
P1040343.jpg

ポーランドゲーム大賞、オランダゲーム大賞など様々な賞を受賞した名作
発電所を立てて都市への発電を増やし、自分の電力会社を発展させるゲーム
カードが偏っていたのか序盤から発電力の高い発電所だらけで波乱の展開に
内容はプレイ記にて

レジスタンス:アヴァロン
P1040387.jpg

脱落者なしの人狼系ゲーム
今回は通常のマーリンに加え、マーリンを見抜けるパーシヴァル、
パーシヴァルを混乱させるモルガナも導入し、よりハイレベルな戦いへ
そして、未だにマーリンになったことのない私はマーリンを引くことができるのか
内容は多分簡単にプレイ記書きます(詳細はメモしてなかったので…)

クー
P1040393.jpg

様々な人物になりすまし、相手を蹴落とすブラフゲーム
序盤から3人しかいないはずの公爵続出
私は速攻で嘘を見抜かれ早々に離脱
最後は大使で場を把握していたゲンの勝利
6人プレイのため3枚しか残らない山札が全部大使だった時は笑った

今回は珍しく6人集まるということで、
他にも色々用意していたが重いゲームはやはり時間が過ぎるのが早い
それでも軽いゲームをいくつもやるよりかは、じっくり内容の濃い時間を過ごしたいと思う
というわけで、次もヘビーゲームができたらいいな



プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
487位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
17位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-