FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年08月
ARCHIVE ≫ 2015年08月
      

≪ 前月 |  2015年08月  | 翌月 ≫

第6回 優雅なボードゲーム会 感想

第6回 優雅なボードゲーム会が無事終わりました
この日はいつもより紙袋1つ減らすという減量に成功したものの、
突然の大雨で結局ボドゲを庇いながら必死で現地に向かうことに…やはり私は雨男か(笑)
車があったら便利だなぁとつくづく感じました

yuga6_1.jpg

この椅子と椅子がぶつからない完璧な机配置
私が飲み物の用意をしている間に皆がやってくれました
何も言わなくてもこの段取り、いや本当に助かります

yuga6_2.jpg

そしてこのゲーム量
カニとK澤さんのサポートにより当初とは比べものにならない充実ぶり
ちなみにゲンは持ってこようと思ってうっかり忘れた模様(笑)

yuga6_3.jpg

この写真いる?と言われそうですがただの自己満です、スルーして下さい
今回もクーラーボックスだけ持参し飲み物は現地調達
さりげなくアカシア小皿(大)を新調しました

以下、遊ばれていたゲーム

・ドブル
yuga6_4.jpg

8つほどの絵柄が描かれたカード全てに共通の絵柄が必ず1つだけあるという凄いゲーム
様々な遊び方がありますが、どれもいち早く共通の絵柄を見つける瞬発系
これは良いゲームですね、私も参加したかった(笑)

・アベカエサル
yuga6_29.jpg

古代ローマのチャリオッツ競争をモチーフにしたゲーム
これは鉄板ですね、いかに他人を妨害するか効率よくカードを出すかが大事
メンバーを変えて2回くらい遊ばれていました

・ピット・デラックス
yuga6_6.jpg

カード交換を繰り返し、いち早く手札全てを同じ作物にする熱いゲーム
「2枚!2枚!」「3枚!3枚!」と激しい交換でなかなか体力を使う
交換したら「ちょwおんなじww」…はピットあるある(笑)

・おばけキャッチ「名人技」
yuga6_7.jpg

カードが示すものをいち早くキャッチする瞬発系ゲームの究極版
意外と今回はお手つきが少なくハイレベルでした
今回から「挟む」を導入してみました(笑)

・コヨーテ
yuga6_8.jpg

全員の手札の数字合計を予想するインディアンポーカー風ブラフゲーム
いかに隣の人が勘違いするような数字を言うかが面白い
7人プレイで盛り上がっていました

・お邪魔者
yuga6_9.jpg

真面目な金鉱堀に紛れたお邪魔者を探す疑心暗鬼ゲームの名作
次々と本性を表すお邪魔者の行動が面白い
これは初めての人には是非やってほしいゲーム

・ゼロ
yuga6_10.jpg

手札合計をより0に近づける巨匠ライナー・クニツィアの名作
小さい数字を集めると取り合いになり、なかなか揃わないジレンマ
「コンコン」とノックする度に、誰か来たのかとざわつくゼロあるある(笑)

・エルフェンランド
yuga6_11.jpg

1998年にドイツゲーム大賞で1位に輝いた旅行ゲームの傑作
ニュクス19点、キタム18点、ゲン18点、ジラ氏18点、Koma氏16点、私14点でニュクスの勝利
私は様々な言いがかりをつけられ妨害を受けまくった結果、ぶっち切りの最下位でした(笑)
やはり1ラウンド目に8つの街を巡ったのがまずかったか、うーん悔しい
6人プレイで説明込みで1時間ちょっとで終わるという素晴らしい収束性に驚きました

・レジスタンス:アヴァロン
yuga6_12.jpg

脱落者の出ない人狼系ゲームの集大成
今回は初めての方もいる中、パーシヴァルも加えて盛り上がっていました
Momoさん司会ありがとうございます
これも疑心暗鬼な展開が面白い鉄板ゲームですね

・ブロックス
yuga6_13.jpg

テトリスのようなブロックをできるだけ多く並べる思考系ゲーム
今回、私も初めてプレイしてみましたが、両隣が一気に押し寄せてきて圧死(笑)
よくできたゲームとは思いますが結局狙われたら負けるんじゃ…という印象が残りました
まあ見た目の印象もあったかも、もうちょっとプレイしたらまた違うかもしれませんね

・ブラックストーリーズ3
yuga6_14.jpg

断片的なあらすじから真相を探る推理ゲームの第3弾
答えがわかった時に、なるほど~となる独特の面白さがある
ちょうどこの日は第5弾となる「ピンクストーリーズ」の発売日だったようです
早速ヨドバシでK澤さんが購入されていました、またやりましょう

・いかさまゴキブリ
yuga6_15.jpg

いち早く手札のカードをなくす、いかさま公認のゲーム
カードを落としたり、服に入れたりなんでもアリだけど見つかるとアウト
リアルマジシャンがいる中、誰が勝ったのでしょうか??

・キャプテン・リノ
yuga6_16.jpg

カードを使ったジェンガ系ゲーム
いかに次の人が崩しそうな置き方をするかが難しい
キャプテン・リノの駒を動かすちょっとした要素が更なるハラハラ感を生み出す良作

・シヴィライゼーション
yuga6_17.jpg

ジラ氏が持ってきた文明発展ゲームの超大作
初プレイ時、説明込みで5時間ほどかかった超重量級
やってみると面白さが止まらなく、やりきった達成感があるゲーム
とりあえず場違いなので、開けることなく下げさせて頂きました(笑)

・ハリガリ
yuga6_18.jpg

同じ果物が丁度5個になった時にベルを鳴らす瞬発系ゲーム
増えて5になる時と減って5になる時があり、なかなか奥が深い
この「チーン!」と鳴らした時の優越感、半端ないです(笑)

・ウミガメの島
yuga6_19.jpg

産卵する場所を求めてウミガメが島をぐるぐる回るダイスゲーム
いかに他人の上に乗って運んでもらうかが大事
一か八かに賭ける逆転要素もあり、何度やっても面白いゲームです

・ファブフィブ
yuga6_20.jpg

3桁の数字をどんどん吊り上げていくブラフゲーム
3枚の数字カードを使っていかにありそうな数字を言うかが面白い
カードによってダメージが違うというなかなかスリリングなゲームです

・インカの黄金
yuga6_21.jpg

遺跡を探検し、宝石を探すチキンレース
途中、恐れ知らずのRinaさんが35金持ち帰るという圧倒的展開
しかし、最後は工芸品2つを持ち帰ったK澤さんが2金差で勝利
「そろそろ帰るかな~」と言う人が絶対に帰らないのはインカの黄金あるある(笑)

・ペッパー
yuga6_32.jpg

ペッパーカードを貰ってはいけない、トリックテイキングゲーム
9人まで遊べるこの手のゲームでは珍しい人数の幅広さ
この日も、たくさんペッパーおじさんのご来店があったのでしょうか(笑)

・ディクシット
yuga6_23.jpg

2010年にドイツゲーム大賞を受賞した連想系ゲーム
想像力を働かせ、語り部のカードを探す
ちょっと他のゲームとは違う頭を使うので、疲れていてもできる良いゲームです
ちなみに今回はディクシット3のカードを使用しました

・詐欺師
yuga6_24.jpg

高級品の数が全部で何個あるか予想する、ライナー・クニツィアのブラフゲーム
ブラフと同じく、無い高級品を多く言ったりハッタリをかますのも大事
「家が~個」←「えー!そんなに持ってるの!?」のやりとりがまず面白い(笑)
7人プレイまでできる貴重なカードゲームです

・ぴっぐテン
yuga6_25.jpg

足して丁度10になるようにカードを重ねていくゲーム
同じ数字ならそのまま維持できるなどなかなか奥が深い楽しいゲームです

・ゴキブリポーカー・ロイヤル
yuga6_26.jpg

キング要素が加わったゴキブリポーカーの究極版
特殊カードも加わりゴキブリポーカー好きにはたまらない傑作仕様
この日も3回くらいメンバーを変えてプレイされていました

・人狼
yuga6_27.jpg

最後は最近お約束となっている全体ゲーム人狼、17人でプレイ
司会をやってくれたニュクス、役職のサマリーを作ってきてくれたカニ、ありがとうございます
内容は細かくは無理そうですが、別途書けたら書きたいと思います(曖昧)

yuga6_30.jpg

夜は近くのイタリアンでご飯
最後は男6人で店の6種類のデザート全て頼むという暴挙
やはりスイーツは別腹、実はアイス食べてる時が一番幸せかもしれない(笑)

yuga6_28.jpg

今回は初参加の方も3人いて、参加者は19人でした
今回も準備その他もろもろご協力頂きすんなり終えることができました、感謝します
私は夜通し人狼の司会サマリーを作っていたせいでずっと意識が朦朧としていましたが、
休み休みゲームに参加させて頂き楽しませてもらいました
途中、普通に夢中になってはしゃいでしまってすみません(笑)
まあこんな感じでやっていますが、楽しんで頂けていたら幸いです
私が人見知りのため、急に増やすことは難しそうですが、
少しずつボードゲームの輪を広げていきたいと思います

ということでまた次回も是非お越しください♪
次回は9/26(土)13時~20時ですので、よろしくお願いします







スポンサーサイト



ハリガリ

ハリガリ〈HALLI GALLI〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.5
HALLI GALLI

プレイ人数:2~6人
プレイ時間:10分
対象年齢 :6歳以上
作者   :〈Haim Shafir〉
備考   :1991年アラカルト・カードゲーム賞 3位
      2002年日本ボードゲーム大賞 ノミネート
      2007年フィンランドゲーム大賞 ノミネート


同じ果物がちょうど5個になった時にベルを鳴らす瞬発系ゲーム

4種類1~5個の果物が描かれたカード(各カードに描かれている果物は1種類)をよく混ぜ、
各プレイヤーに均等に配る

配られたカードは各自裏向きの山札にして持ち、
最初のプレイヤーから順に自分の山札の一番上のカードを公開していく

公開したカードは自分の手前に置き、既に公開したカードに重ねるようにする
時計回りの順に公開し、見えている同じ果物の数が丁度5個になったら中央にあるベルを鳴らす

一番早くベルを鳴らした人は場のカード(山札以外)を全て取って自分の山札に加える
これを繰り返し最後まで山札が残っていたプレイヤーが勝利する

このゲームのよくできているところは公開したカードを既に自分が出したカードに重ねるという点
これにより同じ果物の数が増えて5個になることもあれば、減って5個になる場合もある
意識するパターンが増え、即座に反応することがなかなか難しい
また中には1枚のカードに5個の果物が描かれているものもあり、突然意表を突かれることも

超単純なルールなのに何故か躊躇してしまうもどかしさ
一番にベルを鳴らせた時の優越感が半端ない、白熱のパーティゲームです

TOP絵特集 その1

私がさりげなく不定期に変えているブログのTOP画像
これって何のゲームだろう?
と気になっていた人のために(いないと思いますが笑)、タイトルと合わせて紹介

①アベカエサル
Ave Caesar

細道の妨害が熱いチャリオッツ競争
短時間でここまでヒートアップできるゲームってなかなかないですよね

②フレスコ
top2.jpg

大聖堂の天井画を修復するというなんとも優美なテーマのボードゲーム
職人達の起床時間や絵具の買い出しなど綿密なマネジメントが問われる

③ルイ14世
top3.jpg

貴族達への影響力を高め、ルイ14世に近付くべく権力争いを繰り広げる
駒の配分や賄賂などの駆け引きが熱い、肖像画の味のあるデザインに惹かれます

④ロココの仕立屋
top4.jpg

職人となって舞踏会の衣装を仕立て名声を上げるゲーム
カードを駆使したハンドマネジメントが熱い、とても優雅なボードゲームです

⑤おかしな遺言
top5.jpg

お金をより楽しく使える者に全財産を譲るという祖父の遺言の元、贅沢三昧を繰り広げる
いかに高く物を買って安く売るかという他のゲームとは真逆の考えで進めなければならない
おかしなテーマながら、とてもリッチな気分が味わえるゲームです


第6回 優雅なボードゲーム会 準備

これをストックから取り出して、これはここに配置して…
これを上に載せると終わってしまうから…
う~ん悩ましい、やっぱりボードゲームって難しい…
え?何のゲームって?

P1110979.jpg

ただのボードゲーム会の支度(笑)

前回まで荷物が多すぎて色々はち切れんばかりだったので、
今回はキャリーケースに入れながら持参ゲームを選定
大箱を0にして、小箱中箱中心にまとめてみた

P1110992.jpg

後は趣味?の小道具…ポーカーチップ、砂時計、小皿、名札、クーラーボックス
今回は紙コップも前回までの反省を活かし5色にしてみた
後はカルカソンヌ日本選手権の参加賞のミープル飴

P1110982.jpg

とまあ準備しておいて、問題は人が集まるかということですが
割とクローズな会とは言え、私が人見知りなので参加者も人任せのところもあったり
ということで常連の方々よろしくお願いします
とりあえず15人くらいは集まる…はず(汗)

第6回 優雅なボードゲーム会

8/29(土)は第6回 優雅なボードゲーム会をやります (前回の様子はこちら

yuga5_10.jpgyuga4_5.jpgyuga5_6_.jpg
yuga4_7.jpgyuga4_6.jpgyuga3_15.jpg
Yuga2_14.jpgyuga5_11.jpgyuga3_9.jpg

日時:8/29(土)13:00~20:30
場所:京都 
参加費:1000円

場所を借りて普段できない多人数ゲームをしたり、
少人数のテーブルに分かれてじっくりゲームしたり、
世界の様々な傑作ボードゲームを楽しむ会です
ちゃんとルール説明しますので初めての方でもご心配なく

今回も私の知り合いの知り合いまでのクローズな会です
参加者が各地から来られますので、交通の便が良い場所を選んでいます
参加費は会場代に当てますので、ご了承下さい
来られる方は友達も呼んでもらえると嬉しいです

会場は飲食可能です
お菓子や飲み物などもある程度持っていきます(クーラーボックスを持っていきます)
ご協力頂ける方がいると助かります

◆持ち込みボードゲーム
タブラの狼……………………多人数心理バトル、定番の人狼ゲーム
コンセプト……………………発想と閃き、画期的クイズゲーム
ディクシット…………………語り部の感覚を掴む、連想ゲーム
レジスタンス:アヴァロン…推理が熱い、脱落者無しの人狼ゲームの集大成
ニムト…………………………いかに他人にマイナスを取らせるか、数字の駆け引きゲーム
ペッパー………………………ペッパーカードを避けるトリックテイキング
コヨーテ………………………自分の数字がわからない中、全体の合計値を予測する推理ゲーム
お邪魔者………………………仲間の中に潜むお邪魔者は誰か、鉄板の疑心暗鬼ゲーム
おおおおかみ…………………イソップ童話、狼少年の嘘に騙されないように獲物を探す推理ゲーム
インカの黄金…………………遺跡の奥深くへ冒険、命運を賭けるチキンレース
詐欺師…………………………高級品がいくつあるかを予想するブラフゲーム
ゲシェンク……………………要らないギフトは他人に回そう、相場とタイミングの判断ゲーム
ボーナンザ……………………豆を育てて換金して大儲け、傑作交渉ゲーム
アベ・カエサル………………一瞬で爽快、古代ローマのチャリオッツ競走
エルフェンランド……………空想の生き物に乗って世界を旅行するゲーム
キャット&チョコレート……様々なアクシデントをどう切り抜けるか、爆笑プレゼンゲーム
スカルキング…………………獲得するトリックの数を予想する、海賊風カードゲーム
5本のキュウリ………………最後のトリックを取ってはいけない、トリックテイキングゲーム
ハリガリ………………………条件が揃ったらすかさずベルを鳴らす瞬発系ゲーム
ハゲタカのえじき……………数字のバッティングを見極める、読み合いゲーム
ザ・ゲーム……………………スリル満点、昇順降順に数字を置き切る協力ゲーム
ゼロ……………………………合計値が0に近づくようカード交換を繰り返す鮮やかなゲーム
コロレット……………………同じ色のカメレオンを集める思考ゲーム
花火……………………………生まれる一体感、協力推理ゲーム
モダンアート…………………高騰する画家の絵を見極める、競りゲーム

◆持ち込みご協力
ブロックス
ぴっぐテン
クイズいい線いきまSHOW
東京スコットランドヤード

まだ考え中のところもありますので、多少変更するかもしれません
他にも希望があれば(持てる余裕があれば)持っていきます (所持ゲーム一覧
参加者の方で何か持ち込んで頂ける方がいたら助かります

~注意事項~
●当日は簡単な名札を付けてもらおうと思っています
 都度の自己紹介を省き、スムーズなゲーム進行にするためにご協力をお願いします
 本名でもニックネームでも大丈夫です、自分が呼んで欲しい名前でけっこうです
 (ひらがな、カタカナで書いてもらった方が呼び間違いがなくていいかと思います)
 どうしても名札を付けたくない場合は付けなくてもけっこうです
 一応、首にかけるか胸ポケットに装着できるものを用意しています
 名札用の紙はたくさん用意していますので、書き直して頂いても大丈夫です
 一度参加された方の名札は残すようにしていますので、また来られた際に使用できます

●不適切な発言は控えましょう
 年齢層もまちまちですので初対面の方にはなるべく敬語を使って下さいね
 誹謗中傷、悪態をつく行為はやめましょう
 大声で叫んだりするのはやめましょう
 白熱してもボリュームはほとほどに

●途中参加、途中退室可能ですが、途中参加の場合は少しお待ち頂く場合もあります
 なるべく待ち時間が無いようには配慮します

●ボードゲームは大切に使いましょう
 カードが痛んだり、駒がなくなったりすると以後そのゲームでは遊べなくなります
 遊び終わったら、内容物は元通りに戻すようご協力お願いします

何か質問や要望等ありましたら私までご連絡下さい
ボードゲームの面白さを知ってもらえたらと思います

ゲーム会 感想77 ヒューゴ、他

K澤さん宅にて、私、モッチさん、オギオギさん、K澤さん、まっちゃん、いわさんでゲーム会
以下、プレイしたゲーム

・コヨーテ
P1110918.jpg

インディアンポーカー風ブラフゲーム
いかに次の人が勘違いしそうなハッタリを言うかが面白い
今回は颯爽と3ペナルティを受け私の負け、調子に乗ってすみませんでした(笑)

・ペンギンパーティ
P1110919.jpg

巨匠ライナー・クニツィアの名作カードゲーム
どうやって他人の色を潰すか考える 協力しあって山を作るわきあいあいとしたゲーム(笑)
K澤さん-4点、まっちゃん-4点、オギオギさん-5点、いわさん-5点、私-5点、モッチさん-8点
なかなかの接戦でした、駆け引きの熱いゲームです

・ヒューゴ
P1110925.jpg

おばけのヒューゴに捕まらないように回廊を逃げ回るゲーム
ただの運ゲーかと思っていたら、駒配置の駆け引きなど割と工夫されたルール
結果は、まっちゃん-17点、オギオギさん-21点、モッチさん-22点、
K澤さん-29点、私-35点、いわさん-47点でまっちゃんの勝利
ヒューゴが尋常じゃない速さで動くという、なかなかのスリルが楽しめました

・ブラフ
P1110932.jpg

1993年にドイツゲーム大賞で1位に輝いたブラフゲーム
個人的にけっこう好きなゲーム、期待値と周囲の発言から相場を見極めるのが重要
1回目はモッチさん、2回目は私の勝利
これも早く脱落し過ぎると待ち時間があるので1人負けにしてもいいかもしれませんね

・ピット・デラックス
P1110939.jpg

交換し合っていち早く同じ作物を揃えるカードゲーム
今回は得点はなしのシンプルルールでプレイ
大昔にプレイしたことがあったけど、こんなゲームだったっけ?
というリアルタイムスピード交渉に白熱して4回もプレイしました
まっちゃんが2連勝し、もっちさん、いわさんが勝利
同じ人と交換して出したカードが何回も返ってくるのに笑いました(笑)
なかなか体力を使うゲームです

・スプラッシュ
P1110950.jpg

隣の人に鬼畜なブロックを積み上げさせるジェンガ系ゲーム
水しぶきトークンを2つ獲得してリーチをかけましたが、
最後はまっちゃんが手持ちのブロックを消化して勝利
同じ色か同じ形しか置けないという何気によく考えられたゲームです

・ウミガメの島
P1110959.jpg

ウミガメの産卵の場所を求めて島を回るダイスゲーム
例によって同じマスに行けば他人の駒の上に乗ることができ、
上に乗られるとダイスの権利を奪われる上、一緒に運ばされるという絶対服従を強いられる

P1110960.jpg

最後は全員がいわさん(黄色)の下に重なり、悠々と最終ボーナスを獲得したいわさんの圧勝
ダイスを振れば振るほどチャンスが増えるとともにリスクも増えるジレンマ
これは7人までプレイ可能なゲームの中でも買って間違いないゲームでしょう

・ワンナイト人狼
P1110970.jpg

その名の通り一夜で終わる人狼ゲーム
モッチさんが怪盗でオギオギさんが占い師という展開が3回連続で続くという奇跡
確率的には2万分の1くらい?…でも常識では考えられないことが起こるのがボードゲーム
途中、平和村があったり、平和村と思ったらそうでなかったり疑心暗鬼の連続で面白かった
でも相変わらず私は村人ばかり、いや役職引きたいですね

・ミルフィーユ de 塩キャラメル
P1110974.jpg

夜は近くの魚民でミルフィーユ de 塩キャラメルをプレイ
…じゃなかった、私もしつこいな(笑)
皆が締めにお茶漬けを食べる中、美味しく頂きました

今回はK澤さんがシューアイスに、モッチさんが洋菓子サクリスタンを持ってきてくれたりと、
とてもスイーツ(笑)な会でした、ありがとうございます
最近少しずつですが、ボードゲームの輪も広がってきているので嬉しいですね
人見知りの私が言うのもなんですが、
こうした面と向かったコミュニケーションツールが普及することを切に願うばかりです


購入ゲーム 紹介28 エルフェンランド、ヒューゴ

最近購入したゲームの紹介

・エルフェンランド
P1110676.jpg

チケットトゥライドなど、旅行ゲーを作らせたら右に出る者はいない、アラン・ムーンの名作
1998年のドイツゲーム大賞に輝き、大賞作品としては珍しい最大6人プレイ
今回はファンタジーの世界を舞台に空想上の生き物達に乗って旅をする
協力あり、駆け引きありの思考ゲームのようです、期待大

・ヒューゴ
P1110675.jpg

おばけのヒューゴに捕まらないよう回廊を逃げ回るダイスゲーム
シンプルなルールで2~8人プレイと人数も幅広い
スリル満点のパーティゲームです

ゲーム会 感想76 番外編 in キャンプ

今年もついにこの日がやってきた
私、キム、ヨーゾー、ワッキーの4人でここ数年の恒例行事となりつつある某所でのキャンプ
不運にも壮絶な悪天候に見舞われた去年
用水路は氾濫し、地すべりでリアルにゲームオーバーになっていてもおかしくなかった
1年を経て、ようやくどう考えても去年は中止するべきだったという話になりました(笑)

出発するまでの間、以下ゲームをプレイ

・ザ・ゲーム
P1110803.jpg

2015年ドイツゲーム大賞にノミネートした協力ゲーム
意外とやり始めると集中してしまうから不思議
中盤、キムがもうジョーカーしか出せないというから何かと思えばまさかの99
昇順カード置き場終了のお知らせかと思いきや89に回復したりなかなかの綱渡りだった

P1110805.jpg

最後はなんとか残り7枚、まあまあの好成績でしょう
そろそろコンプリートの日も近いか

・おばけキャッチ
P1110809.jpg

カードが示す駒にいち早くタッチする、瞬発系アクションゲーム
超スピードのワッキーにパワープレイのキムが襲い掛かる ※そういうゲームではありません
最後は私17枚、ワッキー14枚、キム12枚、ヨーゾー4枚でなんとか逃げ切り
これはごく短時間で終わりたい時に重宝しますね

P1110811.jpg

ここからは場所を移してキャンプ場へ
お、丸テーブルある、これならゲーム持ってきてもよかったんじゃ…
というのはコアなボードゲーマーの発想ですね、ただの妄想なので気にせずに(笑)

P1110815.jpg

そしてBGG…じゃなかったBBQ(笑)
必要なものはレンタルできるコースっていうのは準備が楽でいいですね

P1110904.jpg

豚肉は落ちた油で火力が増すのでご注意を

P1110903.jpg

締めは焼きそば、放っておくとプレートにこびりつくので洗うのが大変
というのは去年までで学習したので、時間が経つ前にキムがこそぎとってくれました

P1110906.jpg

そしてこれも恒例になりつつある、マシュマロ焼き
去年、ヨーゾー情報により実行に移したら意外にも美味しかった

P1110830.jpg

後で検索してみると割とメジャーだったり
気になる人は「焼きマシュマロ」で調べてみてね

P1110908.jpg

ちなみに今年は他の種類にも挑戦してみたり
味は…まあ普通のマシュマロで十分ですかねw

P1110845.jpg

近くのホテルの浴場を借りて、風呂上がりにアイス
自販機のアイスなんて何年振りだろう
でも昔、最後に食べたのはこのカスタードプリン味…だったような気がする

P1110848_1.jpg

皆でアイスを食べてくつろいだ後、今回のお金を精算
これで楽しい休日も終わり…ではない

P1110876.jpg

本番はこれからである、夜は浜辺で花火をプレイ ※ボドゲではありません
去年、天気のせいでできなかった鬱憤を晴らすべく、やる気満々

P1110868.jpg

なんだか花火をしてるとハリー●ッターを思い出すのは私だけですかね笑

P1110885.jpg

最後の灯

P1110857.jpg

据置式、とてもカラフル

WS000004.jpg

おぉ、激しい

WS000006.jpg

ゲームの呪文とかでありそうですよね

WS000002.jpg

最後は据置式を手で持ってやるっていう ※良い子はマネしないように

そんなこんなで楽しい時間を過ごしました
この日も雨男の私のせい?で雨が降ったりやんだりだったので、
花火の量も控えめでしたが、とりあえず無事決行できて良かったです
夜は意外と星も見えるくらいで夜空も綺麗でした、また来年も晴れるといいですね

今年は夏も早く終わりそうですが、花火をやりたいのに残念ながらできなかった人は、
2013年にドイツゲーム大賞に輝いた傑作協力ゲーム「花火」をお薦めしますよ(笑)

カルカソンヌ 雑記

カルカソンヌ…2001年のドイツゲーム大賞に輝いたゲームであり、
ボードゲームユーザーの数はカタンに次ぐほどのヒット作

数年前より世界大会が行われていて、今年も日本代表を決める日本選手権が開催される
今日はその日本選手権に参加してきます

実は日本選手権予選で優勝して出場権を獲得していた私
まあまぐれ感は半端ないわけですが(笑)…出るからには好成績を目指したい
ということで今回は意気込みのみです、頑張ってきます!

ダビデとゴリアテ

ダビデとゴリアテ〈David & Goliath〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.5
David Goliath

プレイ人数:3~6人
プレイ時間:60分
対象年齢 :8歳以上
作者   :〈Steffen Benndorf〉
備考   :1998年アラカルト・カードゲーム賞 2位
      1998年ドイツゲーム大賞 推薦リスト


5色1~18までの数字カードを使ったトリックテイキングゲーム

均等かつランダムに配られた数字カードの手札から、
各プレイヤー1枚ずつ順にカードを場に公開して出していき、
最初のプレイヤーが出した色で最も大きな数字を出したプレイヤーが総取り(獲得)する
そして、プレイヤーは手札にあれば必ず最初に出された色のカードを出さなければならない

という基本的なトリックテイキングの流れに、もう1つの要素が加わっている
それは最も小さい数字を出したプレイヤーは、
場に出されている中で最も大きな数字カードを1枚だけを獲得できるというもの
つまり最も大きな数字を出したプレイヤーは自分のカード以外を総取りすることになる

そして、これが重要になる得点計算のルール
同色で3枚以上集めたカードは1枚1点となるが、
同色で2枚以下に抑えたカードはその数字がそのまま得点となる

これにより、いかにタイミングよく大きい数字を出してカードを集めるかだけでなく、
いかに小さい数字で数を絞った集め方をするかも考えなければならない

また獲得したカードは全員に公開のため、
他人の集めている同色のカードを3枚以上にするためにはどう出すべきかなど、
周囲の状況からのカード選択が問われる

石を投じて屈強な巨大戦士ゴリアテを倒した羊飼いの少年ダビデのように、
小さい者が賢く的確に大きな者を仕留めることの重要性に着目したシステム

ゴリアテのように数でのゴリ押しで勝つか、はたまたダビデのように狙いを絞って勝つか、
数字カードだけとは思えない非常に奥深い作品です

ゲーム会 感想75 in カフェ・ミープル

私、まっちゃん、Momoさん、Rikaさんでカフェ・ミープルに行ってきました
カフェ・ミープルに行くのは2年前のあの時以来
京都の新京極六角(三条、河原町近く)に新オープンしたので満を持して?入店

最初はそこに来店していた人達と8人くらいでドブル、コヨーテとプレイしました
お店で知らない人とボードゲームができると思っていませんでしたが、
こういう仮に1人で来ても暇を持て余さない感じもいいなと思いました

・カタン
P1110787.jpg

1995年にドイツゲーム大賞で1位に輝いた歴史的名作
一緒にコヨーテをやった人の子供もやりたいということで、
私、まっちゃん、Momoさんと4人でプレイしました
その子が、お手本のような説明だと絶賛してくれたので天狗になっていたら、
案の定、チャンスカードでポイントを引きまくったその子に敗北(笑)
まっちゃんも道戦略で後1点という勝利目前だったものの残念

・クゥワークル
P1110788.jpg

2011年にドイツゲーム大賞で1位に輝いたパズルゲーム
6色6種類のマークのタイルがある中、手元の6個から場に繋げて得点を稼ぐ
繋がった同じ列には同色か同種類のタイルしか置けないのが悩ましい
麻雀みたいな感覚で面白かった、こういうのは割と好き…なんとか逃げ切り勝利
これは買ってもいいかも、と思いましたがけっこうなお値段…どうしましょうかね

・カルカソンヌ
P1110789.jpg

2001年にドイツゲーム大賞で1位に輝いた城壁作成ゲーム
これも先程の子がお父さんに勝てるようになりたい、というのでプレイ
先週の惨敗もあったのでそろそろ威厳を見せておかないと…
ということサラっと草原へ侵入不可能となる妨害(大人げない行為)を行い、私の勝利
いや、その子も本当に筋が良かったのでけっこう危なかったですw

・ラ・ボカ
P1110790.jpg

ここからは私、まっちゃん、Momoさんの3人プレイ
出来るだけ早くブロックをカードの絵通りに並べる協力パズルゲーム
これ実は向かい合った相手とこちらでカードの絵が違っており、
尚且つ向かい合った2人同時にカードの絵通りの構成を作るというもの
なんと良くできたゲーム、難しそうなものも意外と完成できて面白かった

・ケルト
P1110791.jpg

2008年にドイツゲーム大賞で1位に輝いたゲーム
カードを使って5列あるコースで駒を進めるライナー・クニツィアの傑作
早く進めようと無計画にカードを出すと途中でストップしてしまうジレンマ
いかに他人の一歩先を行くか見極める駆け引きがある
1戦目はまっちゃん49点、Momoさん21点、私19点でまっちゃんのぶっち切り
これは面白過ぎる、ということでもう1回プレイ
2戦目はMomoさん30点、私26点、まっちゃん16点でMomoさんのスピード勝ち
とりあえず石は強い、けどそれ以上にどのコースを進めるかの選択肢が熱い
毎回、コース上の配置も変わるということでこれは何度でも遊べそう
4人までしかできないことと、箱が緑色ということで避けていましたがこれは必買いですねw

・ブラフ
P1110792.jpg

1993年にドイツゲーム大賞で1位に輝いたダイスゲーム
この日は最初から上級ルールを入れて大接戦で盛り上がりました、やはりこれは鉄板ですね

・ザ・ゲーム
P1110793.jpg

Rikaさんも合流して4人プレイ
2015年にドイツゲーム大賞にノミネートした協力ゲーム
昇順、降順にしか数字カードを置くことができず、次々と出せるカードが絞られるハラハラ感

P1110794.jpg

途中、もうダメだ…と思う瞬間が何度もありましたが、蓋を開けてみれば結果は残り3枚
私の活躍はありませんでしたが、皆のファインプレーに助けられました
この前の潰し合いとはえらい違いでした(笑)

・枯山水
P1110795.jpg

Momoさんがやりたいということで最近日本で話題の庭園作成ゲームをプレイ
デザイン的に拒絶していたものの、その真価はいかに
基本的には手番に庭園タイルを1枚引いて配置していくだけだが、
様々な得点要素、減点要素があり、考え出すとそこそこ重いプレイ感

P1110796.jpg

Momoさんの最終形、もうミッ●ーマウスにしか見えないw
でも一応これ、円を作れば得点になるところをちゃんと押さえている
そして、こけなしの最大長方形の得点も大きく、連結の矛盾もなく完璧

P1110797.jpg

まっちゃんの最終形、1か所こけが切れてしまったものの、
円、半円による得点、そして石を斜めに3つ(これも得点)と上手くまとめ上げている

P1110798.jpg

Rikaさんの最終形、得点になるこけが多いにも関わらず連結の矛盾がない綺麗な形
そして手元のカード指示通りの石配置も達成し、大量得点

P1110799.jpg

私の最終形、連結の矛盾が4か所あり、手元のカードも完全無視の石配置
円も半円しかなければ、こけも少ない…プレイ中皆から何やってんの?と思われていたようだが、
実は得点要素に「対称性」という横1列毎の鏡模様ボーナスがあり、それを3列全てコンプリート
お店の方も、これは見たことがない!と驚かれていました

ただ、連結の矛盾1つにつき-2点で対称性ボーナスは1列5点なのでそんなにでもなかったりw
撮り忘れましたが1位Momoさん、2位Rikaさん、3位まっちゃん、4位私でMomoさんの勝利
やはり●ッキーの円得点は大きかったか、強奪による搾取も強かった(主にまっちゃんから)
そして、やっぱり矛盾なく連結させるのが大事、あと徳を積むシステムも面白かった
箱庭系ということでアグリコラと比べてしまうと見劣りしてしまうものの、
これはこれで上手くまとまっていて、またやってもいいと思いました
後、和風なところで外人受けもしそうですね

P1110784.jpg

ただ、日本語のタイトルですら避けている私なので箱的には多分買わないだろうなと思いました
なかなか渋いデザイン、でもこの日本っぽさは味があっていいと思います
あと、Momoさんが箱の写真を撮ろうとして「あ、顔認証した!」で笑いましたw

・お好み焼き
P1110800.jpg

帰りは4人でお好み焼きをプレイ…じゃなかった(笑)
久々に食べたお好み焼きは美味しかったです
マヨネーズいる?と聞かれて、ニキビができるから…と断ったら
「女子か!」と皆からツッコまれました、だってできるんだものw

この日も長い時間、私の道楽に付き合って頂きありがとうございます
新オープンしてから初のカフェ・ミープルでしたが、
何時間いても最大1500円(平日なら1200円)、ワンドリンク付きでも1800円で、
数百種類のゲームが遊べるということでお得だと思いました
とりあえずボードゲームを持参する必要は全くないですね(笑)
そして、こんなにあるのにどれを聞いても丁寧にルール説明をしてくれるお店の方に感心
それだけでも価値があると思いました、私の目指すところはここですね
前より行きやすくなったので、またフラっと行ってみたいなと思います



テレストレーション プレイ記2 Part3

テレストレーション プレイ記2 Part2に続いて内容を紹介

P1110214_20150805000914720.jpg

言葉→絵→言葉→絵→と交互に繰り返しお題を伝える傑作伝言ゲーム
そろそろこのネタも尽きてきたので…再プレイかなw

P1110221_1.jpg

今回のお題は「クレーン車」…けっこう難しいぞ

P1110229.jpg

一瞬ブルドーザーかと思いきや、先端が掘るやつじゃないのでこれは…

P1110237.jpg

クレーン車、素晴らしい

P1110245.jpg

これも上手い、クレーン感あるw

P1110253.jpg

しかし、消防車であるw

P1110261.jpg

めっちゃ放水してるw

P1110271.jpg

消防車ですからw

P1110279.jpg

やはり火があってこそ

P1110288.jpg

ということで最後は消防車(笑)…残念

P1110215_1.jpg

次のお題は「趣味」…これを絵で表すってけっこう難問

P1110223.jpg

私の力作、1分で思いつく限りのジャンルを書いてみたw

P1110231.jpg

おぉ、伝わった!

P1110239.jpg

これも放課後の趣味みたいな

P1110247.jpg

しかし文武両道w

P1110255.jpg

何これw暗号かw

P1110265.jpg

そして火事wなんでそうなったw

P1110273.jpg

大炎上であるw

P1110282.jpg

最後は当然、火事(笑)…さっきの消防車どこ行ったw

今回も大分笑わせてもらいました
途中、謎の暗号が出てきたけど何が出てくるのかわからないのがこのゲーム
また機会があれば(人が集まれば)やりましょう♪

ゲーム会 感想74 ウミガメの島、他

K澤さん宅にて私、まっちゃん、K澤さん、いわさん、Koma氏、Momoさんでゲーム会
以下、プレイしたゲーム

・ブラックストーリーズ
P1110707.jpg

断片的なヒントから真相を追及する推理ゲーム
手掛りは少ないものの、いくらでも質問ができるルールにより意外と答えが出る
終わった後、そうだったのかとスッキリできるのも良い、クイズゲームみたいな感じですね

・Q-JET
P1110711.jpg

アベカエサルのリメイク版
ややコースが調整されているところもあるものの、ほぼ旧版のアベカエサルと同じ
相変わらずの渋滞頻発でした
結果は1位いわさん、2位私、3位まっちゃん、4位Koma氏、5位Momoさん、6位K澤さん

P1110716.jpg

そしてお約束の裏面、4人用コースを6人プレイ
本家同様、ちゃんとスタート位置が6レーンあるのが素晴らしい
結果は1位まっちゃん、2位K澤さん、3位いわさん、4位私、5位Koma氏、6位Momoさん

・ハーゲンダッツ
P1110718.jpg

いわさんが持ってきてくれたハーゲンダッツをプレイ
…じゃなかった(笑)まさか2週連続で食べられるなんて、ありがとうございます

・ウミガメの島
P1110724.jpg

冷たい料理の熱い戦い、という名作ゲームのリメイク
欲しいけど、日本語版の箱のせいで購入を渋っているゲームの一つ(笑)
サイコロを振って他人のカメに乗ったら、そのまんま上下関係が生まれるのが面白い
最後はK澤さんと私が25点で同点トップでした
7人までできて手軽で良いゲーム、これもまたドイツから取り寄せかな

・ヘックメック
P1110726.jpg

巨匠ライナー・クニツィアのダイスゲーム
サイコロの目を選び、数を揃えて芋虫タイルを獲得していく、引き際は肝心
私は序盤で割と高得点タイルを確保したもののずるずると最下位へ、引き際は肝心(笑)
最後はタイルを多く保持した、まっちゃんの逃げ切り
これも7人までできる貴重なゲームです

・ファブフィブ
P1110728.jpg

10人までできるブラフゲーム
これも日本語版の箱で私が購入を諦めたゲームの一つ
いかにあり得そうな嘘の数字を言うかが大事
私は颯爽と脱落し、完全に蚊帳の外(笑)
これはMomoさんの圧勝、嘘か本当か全くわかりませんでした

・ぴっぐテン
P1110733.jpg

2011年に日本ボードゲーム大賞で1位に輝いたカードゲーム
ただの運ゲーかと思っていましたが、同じ数字の時に足さずに置けるルールで奥深さが倍増
強い人はやっぱりカウンティングすとかするんでしょうか

・コヨーテ
P1110734.jpg

インディアンポーカー風のブラフゲーム
自分の数字が見えない中、他人の予想から全体の数字合計を推理する
他人に持っている数字を誤認識させるためにどんな数字を言うのがベストか、奥が深い
これはゴキブリポーカー並の鉄板ゲーム

・カルカソンヌ
P1110739.jpg

2001年にドイツゲーム大賞で1位に輝いた城壁作成ゲーム
今回は拡張キットも使い、通常より1人多い6人プレイ
人数が多いと、いかに他人に相乗りするかが大事

P1110746.jpg

結果、いわさん39点、Momoさん38点、まっちゃん34点、Koma氏30点、私30点、K澤さん26点

くっ…まさか私がここまで押されるとは
やはりそろそろ利き腕を…笑
カードゲーム系に比べ要素も多く、気に入ってもらえるか不安でしたが、
意外にも楽しんでもらえたようでよかった
やはりこれも安心の大賞作品ということでしょうか

最近、優雅なボードゲーム会支部会なりつつあるK澤さん宅ゲーム会
スーパー人見知りな私なので今回も誘って頂いて嬉しい限りです
ルール説明しか取り柄がないので、また説明書読んで予習しときます(笑)



アミーゴ カードシャッフラー

ボードゲームお役立ちアイテムの紹介
カードの多いゲームやカードの偏りが大きく影響するゲームなどは切るのが大変
そこでいいものがありました

P1110680.jpg

カードシャッフラーです

電動ではなく手で回すタイプなので電池要らず
ニムトお邪魔者ボーナンザなどを手掛けるアミーゴ社のものなので、
小箱のカードゲームには幅広く対応しています

よりスピーディなボドゲライフにいかがでしょうか

ハイパーロボット 問題1

プレイ人数無制限の最短ルート詮索ゲーム、ハイパーロボット
一手で一方向に壁まで進む5色のロボット駒を動かし、何手でゴールにたどり着けるか

P1110674.jpg

今回は緑の駒を右上の緑の三角マークのマスへ
難しくしようと思いましたが、ちょっと簡単過ぎたかも
まあこれはこれで面白いかなと思うので、たまにはブログネタで使っていこうかなと思います

ザ・ゲーム

ザ・ゲーム〈The Game〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.0
The Game

プレイ人数:1~5人
プレイ時間:20分
対象年齢 :8歳以上
作者   :〈Steffen Benndorf〉
備考   :2015年ドイツゲーム大賞 ノミネート


スリリングなルールとドラマチックな展開を楽しめる協力ゲーム

使うのは2~99の数字カードが1枚ずつ
場には降順カード置き場が2つと昇順カード置き場が2つ

各自にランダムに配られる6枚の数字カード
手番毎に手札から任意のカードを選び、4つ置き場のいずれかに出していく
この時、降順カード置き場には既にそこに置かれているカードより小さい数字を、
昇順カード置き場にはそこに既に置かれているカードより大きい数字を出さなければならず、
既に置かれているカードの上に重ねるように置いていく

手番にはこのルールに従って最低2枚のカードをいずれかの置き場に出さなければならない
手番が終わったら山札(配りきれなかったカード)から手札が6枚になるように引く
(山札がなくなったら手札の補充はなく、手番に出すカードは最低1枚に変更になる)

こうして時計回りに手番を繰り返し、カードを場に置き切ることを目指す
基本的には降順、昇順にしかカードを出せないため、全ての数字を出すことは難しいが、
このゲームの醍醐味として、例外ルールが存在する

既に置かれているカードとピッタリ10離れた数字の場合のみ、
降順カード置き場であっても場のカードより大きいカードを出すことができ、
昇順カード置き場であっても場のカードより小さいカードを出すことができる

こうすることで出せるカードの幅が広がり、コンプリートの可能性が生まれる
しかし、自分の手札の数字を他人に教えることはできないため、
微妙なニュアンスでどの置き場にカードを出すべきかを伝えていく

1つ間違えば他人のカードを出せなくしてしまいかねないハラハラ感
上手く例外ルールを使ってリードできた時に皆で歓喜できるのも良い
緊迫の状況に自然と一体感が生まれる名作カードゲーム

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
487位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
17位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-