FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年10月

第8回 優雅なボードゲーム会 感想

第8回 優雅なボードゲーム会の感想

yuga8_1.jpg

今回も大量のボドゲが集合
ハロウィン仕様ということで普段持ってこないホラーなテーマのゲームを色々持ってきました
もちろん定番ものもたくさん、以下プレイされていたゲーム

・アベカエサル
yuga8_2.jpg

定番・鉄板・絶版のレースゲーム
とりあえず迷ったらコレ、というくらい何気に毎回必ずプレイされている気がする
今回はいきなり4人用コースを6人で走られていましたが、無事で済んだのでしょうか?笑

・スピードカップス
yuga8_3.jpg

めくられたカードに描かれた通りにカップを並べてベルを鳴らす瞬発系ゲーム
慌てるとついうっかりコップを倒してしまうので慎重に

yuga8_4.jpg

カードにはコップでない何かが着色されて描かれていてとてもユニーク
ハリガリ以上にリアルな体力を消耗するゲームでした
私も参加しましたが、とりあえずめちゃ楽しかったです、これは買ってよかった

・ザ・ゲーム
yuga8_5.jpg

2015年のドイツゲーム大賞にノミネートされた協力ゲーム
2~99のカードを順番に出し、コンプリートを目指す
今回、なんと初の0枚(コンプリート)が出た模様、凄い…
その後は、1手番3枚のハードモードでプレイされていました、結果はどうだったのでしょうか?

・クイズいい線いきまSHOW
yuga8_7.jpg

様々なお題に対し全員の答えのちょうど中間の答えが正解となる凄いゲーム
実はまだ私はプレイしたことがなかったり
ルールの時点で発想がいいですよね

・棺桶の中
yuga8_6.jpg

自分の棺桶のマークと一致するダイス目がでたらニンニクをたたく瞬発系ゲーム
2回たたかないと棺桶を除去できないが、1度たたくと棺桶を裏返しになるというルール
記憶力も必要な中、途中で誰かと誰かのカードが入れ替わったりしててんやわんや
なかなか難しい瞬発系ゲームでした、テーマが吸血鬼なのでハロウィンにいいですね

・ハリガリ
yuga8_8.jpg

同じ果物がちょうど5個になったらベルを鳴らす瞬発系ゲーム
増えて5個になる時と減って5個になることがあるのでなかなかもどかしい
これも一瞬で盛り上がる瞬発系、速かったのは誰でしょうか

・お邪魔者
yuga8_10.jpg

真面目な金鉱堀の中に潜むお邪魔者を暴き出す疑心暗鬼ゲームの鉄板
お邪魔者が慣れた人でないと若干金鉱堀が有利かもしれないですね
この手のゲームをやったことのない人には是非最初にやってほしいゲームです

・モールオブホラー
yuga8_9.jpg

ゾンビが溢れるショッピングモールで生き残るホラーゲーム
どんどん安全な場所がなくなる中での移動の駆け引きが熱い
まあまあの重ゲーながら、様々な交渉のやり取りがあって面白かった
これも絶版ですが、鉄板のゾンビゲーです

・ワードバスケット
yuga8_12.jpg

カードを使ったしりとりゲーム
語彙力がないとなかなか単語が出てこない時もあるが、上手く繋がった時はスッキリする
これもある意味瞬発系、だけど私はちょっと苦手です

・ツォルキン:マヤ神聖歴
yuga8_17.jpg

2012年のスイスゲーム大賞で1位に輝いたマヤ暦がテーマのタイムマネジメントゲーム
常に変化する歯車のギミックは逸材、これを作った人は間違いなく天才
これもかなりルールの多い重量級ゲームですが2回くらいプレイされていました
2回とも髑髏勝ちだった模様、このゲームで神様は大事

・ヒットマンガ
yuga8_13.jpg

親のセリフに最も近い札を探すカルタ系大喜利ゲーム
いかにも言ってそうなカードがたくさんあって見てるだけで面白い
こういう大人数のパーティゲームは重宝しますね

・ミステリウム
yuga8_11.jpg

ハロウィンをテーマにした協力推理ゲーム
ゴースト役が提示するイラストの絵だけを見て何を伝えたいのかを連想していく
今回はゴースト役2人(私含む)に推理役6人の8人でプレイしました(通常は7人まで)
ゴースト役がなかなか難しいので、2人でもちょうどいいくらいに感じました
とりあえずあれこれ考えてイラストを選ぶのは面白かったです、ずっとニヤニヤしてました

yuga8_14.jpg

これ全然無理…と最初は思ったものの意外と伝わってビックリ
最後のクライマックスは残念ながら「目玉焼き」が伝わりませんでした、すみません
まさにディクシットの進化版、素晴らしいゲームでした、また再戦しましょう

・コヨーテ
yuga8_18.jpg

全体の数字合計を予想する鉄板のブラフゲーム
いかに次の人が勘違いしそうなハッタリを言うか、はたまた堅実にいくか
色々考える要素があって手軽に楽しめるゲームですね
皆ペナルティを食らってけっこう接戦だった模様

・ノスフェラトゥ
yuga8_16.jpg

吸血鬼をテーマにした脱落者のでない人狼系ゲーム
このゲームはなんと吸血鬼と進行役がグル(というか進行役も吸血鬼)
私が進行役でやりましたが、最初はこのペースで人間を5回も噛めるのか?
という状態だったものの、途中から一気にたたみかけ吸血鬼側の勝利
最大人数の8人でやったので、人間側は絞り込むのがけっこう難しかったかもしれませんね

・人狼
yuga8_20.jpg

最近恒例の人狼ゲーム、今回も役欠けありで17人プレイ
初っ端カニの予言者宣言で幕を開けるもKawa氏が予言者宣言でカニを人狼だと告発
まあ前科があり過ぎてカニが予言者宣言した時点で怪しい空気は流れましたが(笑)
ちょっと考えましたが、カニは黙って予言者に占われるのもいいかなと思いました
その後、別の人狼か憑依者が予言者を宣言してカニを人狼でないと説明すれば、
人狼があたかも人間のカニに人狼の疑いを着せていたかのように見えなくもない
万が一カニが脱落したら次の日また別の人狼か憑依者が霊媒師を名乗ってカニを庇う手も
ということで初日に占われやすい=それを踏まえた手が色々ありそう
今回は案の定カニが脱落し、Kawa氏が人狼の襲撃に合うというベタな展開でした(笑)
それよりボディガードは?というどよめきの中、霊媒師も現れない
確かにボディガードがいない可能性を考えるならここで出る必要はなさそうですね

yuga8_21.jpg

そして人狼は初心者かもしれない、という流れから何故か白っちさんが脱落したり、
モッチさんとMomoさんが人狼の襲撃にあったり、私とキタムさんが同率で最多投票になったり
私がフリーメーソン宣言し、偽フリーメーソンはリスクが高いと言っているのに吊られたり
しかも1日目でカニに投票で指されていて人間確定と信頼していたゲンまで私を指す始末
さすが長年の付き合い、私ならやりかねないというこれもある意味信頼でしょうか(笑)
その後ケリーさん、人狼のアーヤさんが脱落し、ようやく霊媒師のまっちゃんの出番
かと思いきやちょうどそのタイミングで人狼に噛まれるまっちゃん、なんと絶妙
そしてAkiさん、オギオギさん脱落し、最後運命の投票

yuga8_22.jpg

カピバラが脱落し、ゲン、ジラ氏、Kざわさんが残り夜の襲撃で人狼が半分の条件を満たすため
人狼側の勝利、お見事

【狼チーム】
人狼:カニ、ジラ氏、アーヤさん
憑依者:カピバラ

【村人チーム】
予言者:Kawa氏
霊媒師:まっちゃん
ボディガード:ニュクス(司会進行兼)
フリーメーソン:オギオギさん、私
村人:Akiさん、Momoさん、ゲン、白っちさん、モッチさん
   Kざわさん、きたむさん、ケリーさん

今のところ人狼→村人→村人→人狼→村人→人狼と勝利してイーブン
なのでまあまあバランスは取れてそうですね、また次回の展開に期待
そしてまた司会を引き受けてくれたニュクス、ありがとう

yuga8_19.jpg

今回は初参加も4人お越し頂き、19人の参加でした
途中、私がまあまあの重ゲーに入ってしまい、対応があまりできなくてすみませんでした
フォローしてくれた皆様、ありがとうございました
今回はゲームも色んな人が持参してくれたので助かりました
小箱で数を稼ぐため私はあまり大箱のボードゲームを持ってきていなかったのですが、
この日くらい集まるなら小箱を減らして大箱のボードゲームを増やしてもいいかなと思いました

次回は11/28(土)13:15~20:00で第5回の場所になります
じっくり楽しめるボードゲームを増やしていきたいと思いますので、よろしくお願いします




スポンサーサイト



カードスタンド

ボードゲームお役立ちアイテムの紹介
カードを使うゲームなど、長い間持っていると手が汗ばんできたり、
枚数が多いとずっと持っているのが辛かったりすることもありますよね…ないですかね?笑
でも場所を取るゲームの場合テーブルに置くのもスペース的に難しかったり
そこで便利なものがありました

P1120186.jpg

カードホルダーです

P1120184.jpg

これがあればカードを手で持つ必要もなく場所も取らない
アグリコラカタンのようなテーブルを広く使うボードゲームの省スペースカード置き場に
また、ボーナンザゼロのような手札の枚数が多いカードゲームにいかがでしょうか

注目ゲーム 呟き7 モンバサ、シェイクスピア、コードネーム

私が気になっているゲームの紹介
まだ国内販売はされていないようですが、そのうち入手したい
いずれも今月ドイツで発表された新作人気投票スカウトアクションで上位に入った作品
過去の1位作品にはアクアスフィアロシアンレールロードキーフラワー世界の七不思議など

・モンバサ
Mombasa.jpg

スカウトアクションで2位に入った作品
投資家となってアフリカの勅許会社に投資してお金を稼ぐゲーム
手番は全プレイヤーが同時にカードを選択してオープンするプロット方式
メーカーは村の人生ロココの仕立屋などでおなじみのペガサスシュピーレ
個人的にこのメーカーのデザインはかなり好き
2~4人プレイ、プレイ時間150分と重厚な濃厚ゲームの予感、期待大です

・シェイクスピア
Shakespeare.jpg

スカウトアクションで4位に入った作品
ロンドン劇場で演劇を披露し、女王の名声を得るゲーム
様々な職人や役者を雇って、劇の完成度を上げていく
メーカーはケイラスプロスペリティなどのイスタリゲームズ
2~4人プレイ、プレイ時間が人数×20分という程よい思考ゲームと予想

・コードネーム
Codenames.jpg

こちらもスカウトアクションで同率4位
2チームに分かれ、場に並べられた単語の中からチームのコードネームがどれかを当てるゲーム
各チームのリーダーだけが答えを知っており、単語のヒントで仲間に情報を伝えていく
メーカーはツォルキン:マヤ神聖歴おかしな遺言のチェコゲームズ
2~8人プレイ、プレイ時間15分で多人数で楽しめるパーティゲーム

ゲーム会 感想86 ル・アーブル、他

ゲン宅にて私、ジラ氏、カニ、ゲン、ニュクスでゲーム会
以下、プレイしたゲーム

・マルコポーロの足あと
P1120739.jpg

2015年のドイツゲーム賞で1位に輝いたゲーム
様々なキャラクターの特徴を活かしてアジア諸国を旅する
進行は5個のサイコロを振って、それをボード上に置くことで行動を選んでいく

P1120715.jpg

今回はカニの奇跡の合計25が出ました
サイコロを5個振って25以上が出る確率は約32分の1

P1120726.jpg

とりあえずラクダの人気は半端ない
ラクダがいないと旅できないため今回もラクダを求めて殺到

P1120747.jpg

そして旅行ゲーだが、このゲームは別に旅行しなくてもいい
強力なアクションができる都市に行けばそれだけで点数を稼ぐことも
お金がかつかつのこのゲームでサイコロの出目×2のお金が入るのは大きい

P1120760.jpg

そして、なんといってもスマトラ、都市1つで3つの選択肢がある
ここに居座って得点を稼ぎまくるのは楽しい

P1120754.jpg

1戦目はニュクス82点、私81点、カニ65点、ゲン45点でニュクスの勝利
やはりダイス上乗せ無料で大量の黒ダイス確保は安定の強さ
私もダイス目自由というやりたい放題のキャラクターで旅行しない戦略でしたが1点及ばず
カニも旅行を最低限に抑えるスマトラ戦略だったが海路の出費が大きかったか
ゲンはテレポートを活かして旅を制覇したがスマトラに到達できず交易所1軒余る惜しさ
2戦目はニュクス94点、カニ74点、私71点、ゲン61点でニュクスの2連勝
ニュクスはスマトラで大量資金源を確保しつつの旅行制覇というスマトラを活かしきった形に
カニは契約特化で北京ルートも確保し大幅得点、最後資源が余ったのが少しもったいなかったか
私は旅行者2人の人海戦術だったが目的地でないルートに行ってしまったのが回り道だったが
ゲンは旅行を捨てて資源の臨時収入での契約トップを維持するも都市アクションに恵まれず

このゲームは最近けっこう連続でやっているのでまたしばらく間をあけようかなと思います
そろそろ他の重ゲーもやらないと未開封の名作ゲームがどんどん増えてしまいそうだ(笑)
とは言え何度やっても面白いゲームなのでまたそのうちやるでしょう

・ル・アーブル
P1120766.jpg

2009年の国際ゲーマーズ賞で1位を獲得した世界的名作ゲーム
港町で様々な資源を確保し、貿易でお金を稼いでいく
結果はカニ144点、ジラ氏135点、ニュクス135点、私104点、ゲン100点でカニの勝利
カニは大量の建物とそれを活かす建物ボーナスを取ったのが大きかった
ジラ氏、ニュクスも建物を多く確保しなめし皮をお金に変えたり鋼鉄を作ったり楽しそうだった
私は船で食料供給源を一番多く持っていたものの、ちょっと食料が過剰だった感じ
ゲンは大量に牛を繁殖したが、最後大量に余ってしまったのがもったいなかったか
やはり建物をある程度確保するのが重要なのかなと思いました
やり込めばテクニカルなプレイも色々できそうなのでどんどん面白くなりそう
説明込みの5人プレイで3時間弱、ほどよい重ゲーでした
余談ですが、来るのか返事が曖昧だったジラ氏がゲームが始まる直前に到着
あと10分遅かったら3時間近く待ってもらうところでした(笑)

・ライトライン
P1120782.jpg

カラフルな光の配管を繋ぎ合わせるゲーム
カードの回転を考えると繋がりそうと思っても繋がらなかったり悩ましい
ハイパーロボットのように解答を考えるルール「ヘッドライン」は逸材

・ツォルキン:マヤ神聖歴
P1120790.jpg

2012年のスイスゲーム大賞で1位に輝いた傑作ボードゲーム
ボードに駒を配置してアクションを行うが駒が時間経過とともに歯車で動く画期的ギミック
拡張「部族と予言」も加え、部族のキャラクター能力と予言による得点要素が追加
結果は私147点、カニ126点、ゲン86点で私の勝利
今回は私が建物戦略をとったせいで全員が建物戦略という珍しい形
ヤシュチランで大量資源確保からの建物特化は強い…割とカニもゲンも戦略を曲げない(笑)
私は建物特化でもヤシュチランに手を出さず祭壇重視で2人と被らなかったのが功を奏した模様
あと建物レベル2スタートだったのも大きかったか

今回も重量級ゲーム多めでかなりのやりきった感、面白すぎて時間が経つのも忘れてしまう
まだまだ満点級ゲーム(個人的評価9点超え)もたまっているので、少しずつ消化していきたい
とりあえずル・アーブルはもっと回したいところですね、また重ゲ会をやりましょう

購入ゲーム 紹介31 棺桶の中、スピードカップス、ハリガリX、他

最近購入したゲームの紹介
今回は個人的に好きな瞬発系ゲーム多め

・棺桶の中
P1120803.jpg

ゴキブリポーカーなどで知られるメーカー、ドライマギアの2015年の新作
自分の吸血鬼達が眠る棺桶を掃除していくゲーム
サイコロを振って出た目が自分の棺桶に当てはまる場合、いち早くニンニクを取る
後半は棺桶が裏返しになり、どれが当てはまるかを覚えておかなければならない
2~6人プレイ、瞬発力と記憶力のパーティゲーム

・ハリガリ・エクストリーム(ハリガリX)
P1120804.jpg

同じ果物が5個になった時にベルを鳴らす瞬発系ゲーム、ハリガリの上級版
今回は1枚に描かれる果物の種類が増え、同じカードがめくられた時にベルを鳴らす
またゾウ、サル、ブタといった条件付でベルを鳴らすカードもあり悩ましい
2~6人プレイ、一瞬の判断が問われる瞬発系ゲーム

・スピードカップス & スピードカップス2
P1120801.jpg

5色のカップをカードに描かれたイラスト通りに並べてベルを鳴らす瞬発系ゲーム
カードにはカップではなく5色の「何か」が描かれている遊び心満載のユニークさ
拡張のスピードカップス2を混ぜることで、通常の2~4人プレイから最大6人までプレイ可能に
瞬時の判断力に加え、カップを運ぶ手先の器用さも問われる瞬発系ゲーム

・おばけキャッチ & おばけキャッチ2
P1120798.jpg

ゴキブリポーカーの作者ジャック・ゼメ作、カードが指し示す駒をいち早くキャッチするゲーム
デザインが異なるおばけキャッチとおばけキャッチ2のバージョン違いを両方購入
この2つを混ぜることで、描かれていないものは別バージョンの駒を取るという究極ルールも可能
2~8人プレイ、どの色とどの駒が無いのかを即座に考えなければならない瞬発系ゲーム

・ブラッドバウンド
P1120802.jpg

秘密裏に選ばれる役割により2つの吸血鬼チームに分かれ、相手チームのリーダーが誰かを探る
カードの言語依存も多少あるので、日本語版を購入
プレイヤーを攻撃することで、その人の役割が徐々に明らかになっていくが、
ランダムに加えた役割の番号が若い人がリーダーとなるため、ゲーム毎にリーダーの役割は異なる
また身代わりシステムにより、誰が誰を庇ったかや誰を攻撃したかなど推理要素満載
6~12人プレイ、脱落者なしの人狼系ゲーム


第8回 優雅なボードゲーム会

10/24(土)は第8回 優雅なボードゲーム会をやります (前回の様子はこちら

yuga7_12.jpgyuga7_13.jpgyuga7_6.jpg
yuga4_7.jpgyuga6_11.jpgyuga3_15.jpg
Yuga2_14.jpgyuga6_29.jpgyuga3_9.jpg

日時:10/24(土)13:00~20:30
場所:京都 (前回と場所が変わっていますのでご注意下さい)
参加費:1000円

場所を借りて普段できない多人数ゲームをしたり、
少人数のテーブルに分かれてじっくりゲームしたり、
世界の様々な傑作ボードゲームを楽しむ会です
ちゃんとルール説明しますので初めての方でもご心配なく

今回も私の知り合いの知り合いまでのクローズな会です
参加者が各地から来られますので、交通の便が良い場所を選んでいます
参加費は会場代に当てますので、ご了承下さい
来られる方は友達も呼んでもらえると嬉しいです

会場は飲食可能です
お菓子や飲み物などもある程度持っていきます(クーラーボックスを持っていきます)
ご協力頂ける方がいると助かります

今回はハロウィンを意識したボードゲーム多めでいきますよ♪

◆持ち込みボードゲーム
タブラの狼……………………多人数心理バトル、定番の人狼ゲーム
マスカレイド…………………仮面の下の正体はいかに、正体隠匿系ゲーム
髑髏と薔薇……………………ハッタリの境地へ、傑作ブラフゲーム
ブラッドバウンド……………薔薇と野獣の氏族に分かれ、敵側のリーダーを突き止める正体隠匿系
ニムト…………………………いかに他人にマイナスを取らせるか、数字の駆け引きゲーム
コヨーテ………………………自分の数字がわからない中、全体の合計値を予測する推理ゲーム
ノスフェラトゥ………………人間の中に潜む吸血鬼を暴く、司会と吸血鬼がグルの人狼系ゲーム
ゲシェンク……………………要らないギフトは他人に回そう、相場とタイミングの判断ゲーム
ミステリウム…………………ゴーストの断片的な記憶から事件の真相を暴く推理ゲーム
ボーナンザ……………………豆を育てて換金して大儲け、傑作交渉ゲーム
モールオブホラー……………ゾンビが溢れるショッピングモールで生き残るサバイバルゲーム
アベ・カエサル………………一瞬で爽快、古代ローマのチャリオッツ競走
棺桶の中………………………記憶力と瞬発力で自分の吸血鬼達の棺桶を掃除するゲーム
キャット&チョコレート……様々なアクシデントをどう切り抜けるか、爆笑プレゼンゲーム
クー……………………………様々な人物に成り済ましてクーデターを起こすゲーム
ペンギンパーティ……………同じ色の上にカードを積み上げるトップ争い
おばけキャッチ2……………対応する駒をいち早くキャッチする瞬発系ゲームの第2弾
ハゲタカのえじき……………数字のバッティングを見極める、読み合いゲーム
スピードカップス……………カードのイラスト通りにカップを積み重ねる瞬発系ゲーム
酔いどれ猫のブルース………ジョーカーを最小限に、カルテットを作る競りゲーム
コロレット……………………同じ色のカメレオンを集める思考ゲーム
マンマミーア…………………上手くピザを焼くことができるのか、記憶力と駆け引きゲーム
ザ・ゲーム……………………スリル満点、昇順降順に数字を置き切る協力ゲーム
花火……………………………生まれる一体感、協力推理ゲーム

◆参加者持ち込み予定
スコットランドヤード東京
ぴっぐテン
クイズいい線いきまSHOW
ブロックス
ツォルキン:マヤ神聖歴
カタンの開拓者
操り人形
ゴキブリポーカー
レジスタンス:アヴァロン
お邪魔者
ハリガリ
ハリガリ・エクストリーム
ドブル
ピット・デラックス
ファブフィブ
ワードバスケット
ヘックメック
ラビリンス

まだ考え中のところもありますので、多少変更するかもしれません
他にも希望があれば(持てる余裕があれば)持っていきます (所持ゲーム一覧
参加者の方で何か持ち込んで頂ける方がいたら助かります

~注意事項~
●当日は簡単な名札を付けてもらおうと思っています
 都度の自己紹介を省き、スムーズなゲーム進行にするためにご協力をお願いします
 本名でもニックネームでも大丈夫です、自分が呼んで欲しい名前でけっこうです
 (ひらがな、カタカナで書いてもらった方が呼び間違いがなくていいかと思います)
 どうしても名札を付けたくない場合は付けなくてもけっこうです
 一応、首にかけるか胸ポケットに装着できるものを用意しています
 名札用の紙はたくさん用意していますので、書き直して頂いても大丈夫です
 一度参加された方の名札は残すようにしていますので、また来られた際に使用できます

●不適切な発言は控えましょう
 年齢層もまちまちですので初対面の方にはなるべく敬語を使って下さいね
 誹謗中傷、悪態をつく行為はやめましょう
 大声で叫んだりするのはやめましょう
 白熱してもボリュームはほとほどに

●途中参加、途中退室可能ですが、途中参加の場合は少しお待ち頂く場合もあります
 なるべく待ち時間が無いようには配慮します

●ボードゲームは大切に使いましょう
 カードが痛んだり、駒がなくなったりすると以後そのゲームでは遊べなくなります
 遊び終わったら、内容物は元通りに戻すようご協力お願いします

何か質問や要望等ありましたら私までご連絡下さい
ボードゲームの面白さを知ってもらえたらと思います

ル・アーブル

ル・アーブル〈Le Havre〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10.5
Le_Havre.jpg

プレイ人数:1~5人
プレイ時間:200分
対象年齢 :12歳以上
作者   :ウヴェ・ローゼンベルグ〈Uwe Rosenberg〉
ルール量 :多
プレイ感 :重
箱・タイプ:大(長方形)
備考   :ドイツのゲーム
      2008年ポルトガルゲーム大賞 ノミネート
      2008年ミープルチョイス賞 受賞
      2009年ドイツゲーム賞 2位
      2009年チェコゲーム大賞 ノミネート
      2009年国際ゲーマーズ賞 1位
      2009年日本ボードゲーム大賞 ノミネート
      2009年トリックトラック賞 ノミネート
      2010年フランスゲーム大賞 ノミネート


港町で様々な資源を集め、貿易でお金を稼ぐゲーム

手番には粘土、木材、鉄、麦、魚、牛といった資源を獲得するか、建物に依存した行動を行う
資源は種類毎に誰かが獲得するまで経過とともに蓄積し、
獲得する際は蓄積した一種類の資源全てをもらえるため、
人気のない資源ほど一度に多く獲得できるシステム

全員を合わせ、7手番毎には「収穫」のイベントがある
「収穫」時には決まった量の食料を消費する必要があり、
このゲームでは常に食料をお金で代用することもできるが、
支払えない場合は借金を背負うことになる

この借金は必ず4金単位の借用書で受けとり、返すタイミングが任意であるため、
1金足りない時に借金を受けとると3金増えるといった、
一時的な資金増加を図ることができる

ただし、借用書を持っていると継続的な利息を払う必要があったり、
ゲーム終了時まで持っているとマイナス7金になるといったリスクもある

そして、ゲームの鍵を握るのは様々な効果をもった建物と資金の助けとなる船
手番には資源やお金を使って建物や船を手に入れることができる
ただし使用料さえ払えば、誰でも建物の効果を使用でき、
使用した人が他の建物を使用するまでは誰もその建物を使用できなくなる早い者勝ち方式

建物には資源やお金を増やすもの、得点に結び付くものなど様々
また、船には使用するという概念はなく、
収穫で支払う食料を継続的に減らせるという所有者だけの恩恵がある

こうした資源確保や収穫での支払いを繰り返し、
最終的に所持するお金と建物・船の価値がそのまま得点となる

建物は基本的に購入金額と価値が同じためお金さえあれば購入しておいて得点的な損はない
そして、手番にはお金さえあれば建物や船をいくつでも購入でき、
ゲーム中いつでも価値の半額で売却できるなど、行動の自由度は高い

また、建物や船はお金で購入する以外に、
資源を使って建築・造船することもできるので、
資源で建てて即売却してお金を増やすといったこともできる

利息のある借金や半額の価値で売却といった行動は瞬間的には損をしているようでも、
このゲームは必要なタイミングにいかに投資できるかが非常に大事で、
一時的に損失をしてもゲームを通して見ればプラスに働くこともある

直接他人を妨害することのない平和なルール、建物の使用権を取り合う駆け引き
ゲーム毎に建物の登場順が変わるといった初期配置パターンの豊富さ
資源8種類×2(表面/裏面)の計16種類の資源から生まれる選択肢の多さ
やればやるほど様々な手を試したくなる面白さがある、非常に戦略性の高いゲーマーズゲーム

ゲーム会 感想85 ルーム25、他

自宅にて私、Kawa氏、まっちゃん、Kざわさん、いわさん、Momoさんでゲーム会
今回はホームシアターをしたいという方々の希望もあり、まずはTSUTAYAで物色
以下、プレイしたゲーム

・キューブ
P1120634.jpg

まずは皆でキューブをプレイ…じゃなかったw
100インチの大画面で映画「キューブ」を鑑賞しました
何故キューブかって?私が見たことなかったというのと、キューブと言えばあのゲームの…

・ルーム25
P1120668.jpg

そう、フランス産の疑心暗鬼脱出ゲーム、ルーム25の元になった作品なのです
25の部屋から唯一の終着地点を探し、尚且つ列操作で部屋ごとエリアの外への脱出を目指す
しかし、6人中2人はどんな手を使っても脱出阻止を目的とするガードなのだ
もちろん誰がガードかは本人にしかわからない、そして行動には他人を押し出すといった手も…
様々な罠がある部屋を回避しつつ、制限時間を気にしながら探索する6人

P1120680.jpg

途中、本性を現したMomoさんに続き、終盤で正体を現したガードの私
残り2時間(2ターン)のところで、Kざわさんがまさかの自殺宣言(笑)
Kざわさん以外が終着地点におり、確かにKざわさんが脱落すればルール上ゲームクリアの状況
なんとしてもそれだけは阻止しなければ…とKざわさんを生かす手ばかり考えていたら、
Kざわさんも終着地点に辿り着いてしまい見事ゴール
完全にKざわさんの奇策にやられました、いや皆さんなら脱出できると思っていましたよ(笑)

・キャッシュ&ガンズ
P1120684.jpg

ベルギー産のスリル満点ブラフゲーム
お金を巡って8回にわたる銃の撃ち合いを行うが弾を込められるのは3回のみ
どの回で弾を込めるのか、いかに弾が入っているように見せるのか
逃げて怪我を避けるか、撃たれる危険を冒してお金の山分けに参加するか
ハッタリの攻防が熱い、生きるか死ぬかの心理戦
今回は潜入捜査官ルールも加え、ギャングに潜む警察にも注意を払う

P1120687.jpg

最初はKawa氏が警察かと思いきや、ゲームが進み全員から疑われるMomoさん
結局まっちゃんが警察で逃げ切り1人勝ち、けっこう稼いでいたから違うと思ったのに…
とりあえず私は最後まで生き残れてよかったです(笑)
ほぼ絶版?状態だったこのゲームですが、今は第2版が発売されています
第2版では銃も先だけオレンジの黒色となり、人数も最大8人までと2人増加
初対面でやるにはちょっとアレなゲームですが、また是非やりたいですね

・ハイテンション利休
P1120696.jpg

利休のわびさびを理解しつつ、茶器を利休に献上するバッティングゲーム、Kawa氏の持参
バッティングシステム自体はよくあるハゲタカのえじき方式ですが、
ゲーム中に勝ったカードによって利休の最終テンションが変化し、
そのテンションに近い得点のプレイヤーが勝利するという引き際も見定める要素がある
ということでバッティングの駆け引きでは1回も勝てなかったものの、
最終得点を利休のテンションに最も近づけた私の勝利
それなりにシンプルで良いゲームだと思う、ただ箱絵的に私が買うことはなさそう(笑)

・クー
P1120701.jpg

様々な人物に成りすましクーデターを起こすゲーム
嘘をつくことにも嘘を暴くことにも恐ろしいリスクが伴う超ブラフシステム
これは地味に鉄板、とりあえず3回くらいプレイしました
3枚しかない公爵が4人現れるなんてこのゲームでは日常茶飯事
多少、政治ゲー的なところもあるけれどそれを補う程に嘘のやり取りが面白い

この日はキューブに始まり刺激的なブラフゲーム満載の1日でした
ボードゲーム初心者の方にはあまりお薦めできませんが、
慣れてきた人はこうした濃厚で危険なボードゲームも是非
映画から関連ボードゲームという流れは今回初の試みでしたが、
割と好評だったようですので、またこういう企画もやりたいと思います
映画をモチーフとしたボードゲームも多いので探せば色々ありそうですね


ゲーム会 感想84 エセ芸術家ニューヨークへ行く、他

Mayaさん宅にて私、Kざわさん、Mouさん、Mayaさん、Kawa氏、アーヤさんでゲーム会
以下、プレイしたゲーム

・コヨーテ
P1120587.jpg

インディアンポーカー風のブラフ&推理ゲーム
全体の数字を予想しながらハッタリで攪乱するのが面白い
10人までできるとはいえ、数える大変さを考えると6人くらいがちょうどいいのかも
改めて場所を使わないカードゲームは重宝するなと思いました

・おばけキャッチ
P1120595.jpg

私の好きな瞬発系ゲーム、Kざわさんの持参、ちなみにゴキブリポーカーの作者
徐々に皆慣れてきて最終的には割と接戦でしたが、なんとか逃げ切りました
写真撮り忘れましたがこの前にハリガリもやりました
瞬発系はどんどん熱くなりそうですね

・ピット・デラックス
P1120597.jpg

9枚の作物を全て同じにするまで交換を繰り返すリアルタイムスピード勝負、Kざわさんの持参
「2枚!2枚!」「3枚!3枚!」と一瞬で激しい交換合戦が始まる白熱ゲーム
今回もなかなか激しかったです、3回やってKざわさんが2連勝、Mayaさんが1勝でした

・エセ芸術家ニューヨークへ行く
P1120604.jpg

芸術家の中に潜むエセ芸術家を探すゲーム、Mouさんの持参
全員に共通のお題が与えられる中、エセ芸術家1人だけはお題が何かわからない
その中でお題に沿った絵を一筆書きで書いていく
エセ芸術家にお題が何か当てられると負けてしまうため際どい絵にする必要がある

P1120600.jpg

1回目のお題はタンポポ、ジャンルが「花」ということだけはエセ芸術家含む全員に知らされる
で、出来上がったのがこのありさま(笑)
結果は、茶色のペンのKざわさんがエセ芸術家でした
最初に花の全体像を書いたので完全に騙されました、花って言ったらこんな感じですよね

P1120603.jpg

2回目は私が司会役、お題は犬でジャンルが「動物」であることを全員に知らせる
何やら宇宙生物みたいなのができました(笑)
結果は赤いペンのKawa氏がエセ芸術家、芸術家達は今回も当てることができず
お題がわからない中で首輪を書いたのは上手かった
これは盛り上がるパーティゲーム、10人までというのも良いでですね

・犯人は踊る
P1120607.jpg

様々なカードが配られる中、誰が犯人かを当てる推理ゲーム、Mouさんの持参
行動から探偵を欺くブラフ要素もあってなかなか奥が深い
私はずっと犯人カードを持ちながら途中で探偵カードで「犯人はお前だ」みたいな演技して、
疑惑の対象から逃れつつ最後の1枚で勝ちを確信したところでまさかの情報交換
犯人カードを隣のKざわさんに渡すことになり、あっさりKざわさんに勝ちを持っていかれました
運要素もあるものの、それが色んな展開に繋がって楽しめる良作ですね

・ディクシット
P1120611.jpg

2010年にドイツゲーム大賞で1位に輝いた連想ゲーム
全員が語り部のお題に沿って出したカードの中から語り部のカードを探す
今回も色んなワードと紛らわしいイラストが頻出で盛り上がりました
Kざわさん26点、Kawa氏24点、Mayaさん23点、私22点、アーヤさん17点、Mouさん10点で
Kざわさんの逃げ切り、最初はけっこう接戦だったんですけどね(笑)

・髑髏と薔薇
P1120616.jpg

2011年のフランスゲーム大賞で1位に輝いたブラフゲーム
全員が伏せたカードの中から髑髏をめくらずに薔薇だけを何枚めくれるかを賭ける
1回目は他の追随を許すことなくMouさんのストレート勝ち
2回目はKawa氏の高確率髑髏に苦戦しながらもなんとか私の勝ち

・ワンナイト人狼
P1120618.jpg

その名の通り、1夜で終わる人狼ゲーム
Mouさんが人狼で偽占い師を鮮やかに演じきったり、
人狼のKざわさんがポーカーフェイスで全くノーマークだったり、
短時間で疑心暗鬼が生まれまくりでした

相変わらずボードゲームをやっていると時間があっという間に過ぎますね
私も色々持ってきましたが結局ほとんどお披露目できずw
でも私が持っていないゲームも開拓できたのでよかったです
エセニューヨークはよくできたパーティゲームでした、また大人数でもやりたいですね
またこうしたライトゲームに慣れた方は、カタンのような濃厚ゲームも是非
今回も私と遊んで頂いた皆様、ありがとうございました



購入ゲーム 紹介30 ミステリウム、ディメンション、他

最近、購入したゲームの紹介

・ミステリウム
P1120578.jpg

P1120622.jpg

前に注目ゲームとして呟いてから約半年
輸入してでも手に入れようと思っていましたが、入手困難で結局国内販売の新版を予約購入
ディクシットの想像要素にクルードの推理要素を加えた画期的システム
ある屋敷で起こった不可解な事件を解明するべく集まった霊能者達が、
ゴーストの断片的な記憶が垣間見えるハロウィンの7時間の間に真相を探る
幽霊役1人を含む2~7人プレイの協力ゲーム、期待作です

・ディメンション
P1120581.jpg

5色15個のボールを条件に合うように積み上げるゲーム
「~色と~色が触れてはいけない」「~色の上には積んではいけない」
「~色は~個使わなければならない」「~色より~色が多くなければならない」
といった複数の条件をいかに満たせるか
2~4人プレイ、時間制限ありの立体パズルゲーム

・酔いどれ猫のブルース
P1120308.jpg

色依存のない数字とジョーカーだけを使ったカードゲーム
オークション形式で場のカードを獲得していき、
同じ数字を4枚集めカルテットを構成することを目指す
2~6人プレイ、小箱のカードゲームでは珍しい競りゲームです

・マウスアタック
P1120584.jpg

場に公開されたネズミカードをいち早く手に入れる瞬発系ゲーム
手札として様々な服や装飾品のカードが配られ、
公開されたネズミが着ているものと種類と色が一致していたら獲得できる
2~6人プレイ、センス溢れるカードゲームです

ゲーム会 感想83 in カフェ・ミープル

私、Kざわさん、Kawa氏、まっちゃんでカフェ・ミープルに行ってきました
今回は個人的暫定評価(持っているゲームもあるけど)をつけていこうと思います
以下、プレイしたゲーム

・カリスト
P1120509.jpg

ライナー・クニツィアのパズルゲーム「カリスト」
凄い作者なのは間違いないですが、
日本語版で「ライナー・クニツィアの~」と付けるのは逆に安っぽく見えるのは私だけでしょうか

P1120506.jpg

パッと見ブロックスっぽいと思ったら、ほぼブロックスでした(笑)
ただ、こちらは自分の辺と接するように置かなければならないというもの
中盤で行き詰っても1度だけ新たなスタート地点を作れる救済措置は良いルールですね
1戦目は私-6点、まっちゃん-12点、Kざわさん-16点で私の勝利
2戦目はまっちゃん-9点、Kざわさん-10点、私-16点でまっちゃんの勝利
暫定評価7.0

・通路
P1120513.jpg

私が米Amazonで買おうかずっと渋っているゲーム
自分の手番に迷路のようなタイルを1つ繋げて自分の駒を進めていく
繋がっているコースは可能な限り先まで行かなければならず場外に行くか、
他人とぶつかったら脱落という簡単ルール

P1120516.jpg

1戦目はひたすら逃げ回り私の勝利
2戦目は残り1枚になるまで生き残ったものの、
私(黒)とまっちゃん(青)が同時に場外に飛ばされKざわさんの勝利
8人までプレイできるということで重宝しそうなゲーム
暫定評価7.5

・ラビリンス
P1120528.jpg

レビュー数が20を超えるなかAmazonで5つ星の満点評価を維持する不屈の名作
と言いつつも私は実はプレイしたことがありませんでした、Kawa氏も合流し4人プレイ

P1120526.jpg

手番になったら地面タイル1列を動かして、自分の駒を目的のアイテムへ近づける
ランダムに選ばれる目的のアイテムを先に全て集めて帰ることで勝利する
動かせる列と動かせない列があるのが非常に悩ましかった
1戦目はまっちゃん、2戦目はKawa氏の勝利
途中、壁だらけで身動きが取れなかったり、割と頭を使うゲーム
個人的には目的のアイテム運が大きいのと逆転が割と難しいのが少し残念でしたかね
暫定評価7.0

・インディゴ
P1120534.jpg

こちらもライナー・クニツィア作品
やはり大きく「ライナー・クニツィアの~」と書いていない方が謙虚で好きですね

P1120531.jpg

「通路」のようにコースの描かれたタイルを繋げていくが、
こちらは自分の駒でなく、得点となる宝石を自分の陣地へ引き寄せるのが目的
1戦目はKざわさん11点、まっちゃん8点、私8点、Kawa氏5点でKざわさんの勝利
2戦目はまっちゃん10点、私8点、Kawa氏6点、Kざわさん6点でまっちゃんの勝利
目と鼻の先まで来た、と思ったら明後日の方向に飛ばされたり、
展開の移り変わりが色々で面白かった
暫定評価7.5

・ストライク
P1120537.jpg

ダイスを振ってゾロ目が出ればダイスが増えるゲーム
超シンプルなルールながら、ついつい夢中になってしまう
2回やって2回ともKawa氏の勝利…だったかな
全く頭を使わずに楽しめるゲームです
暫定評価7.0

・ブロックス3D
P1120538.jpg

立体になったブロックス
テトリスのようなブロックをたくさん置くことを目的とするが、
自分の面と触れるようにブロックを置いていかなければならない
高さ制限があり、最後に上から見える自分の色の数だけ得点できる
先に置けばその上に置かれてしまうこの悩ましさ
1戦目はKawa氏がトップ

P1120540.jpg

地盤の種類がいくつもあり、色んなパターンを楽しめる仕様
こちらは上の画像の左側に行くほど高さ制限が高くなるという階段ルール
ここでとんでもない事態が発生
Kざわさんの1手目でKawa氏が詰むというまさかの一撃死
こんなに恐ろしいゲームだったとは…初期配置は重要ですね(笑)
今回はまっちゃんがトップでした
暫定評価7.0

・宝石の煌き
P1120545.jpg

2015年のドイツゲーム大賞にノミネートした傑作
宝石を集め発掘ルートを確保する
1戦目はKawa氏が貴族タイル2枚を確保し勝利
2戦目はルビー1点集中で私の勝利
カタンもそうですが、この加速的に効率が上がっていく系のゲームは爽快感がありますね
暫定評価8.5

・ロンド
P1120555.jpg

ライナー・クニツィアのチップ配置ゲーム
このシュミット・シュピーレが出すデザインは好感が持てるものが多い

P1120549.jpg

手番に色付きチップを対応する色の数字マスに置いて得点していく
但し、今置かれているチップのどれかに繋がるように置かなければならないのが悩ましい
高い得点を狙いたいけれども、中途半端に置けば利用されてしまうジレンマ
1戦目は私63点、まっちゃん61点、Kざわさん58点、Kawa氏54点で私の勝利
2戦目はKざわさん67点、Kawa氏64点、私61点、まっちゃん60点でKざわさんの勝利
この点差が広がらないルールでジリジリと得点していくのが私は好きでしたね
暫定評価8.0

P1120554.jpg

なかなか面白いゲームだった、と思って終わろうとした瞬間裏面の存在に気付く
これは…数字配置がまた違う
プレイしていませんが、こちらは全体的に数字が大きく激しい得点争いになりそうですね

・ザックンパック
P1120564.jpg

2009年のドイツゲーム大賞の推薦リストにも選ばれたゲーム
どんなゲームかと思いきや、トラックに形の違う荷物を綺麗に詰め込むというもの
ランダムに選ばれた荷物を高さ制限のあるスペースにいかにピッタリ入れるかを競う
詰め込むのに時間制限はないが、トラックの選定は早い者勝ちで瞬間の判断力が問われる

P1120562.jpg

認識からの瞬発系ということで個人的にはかなり面白かったです
このスペースと高さ制限の違うトラックに積むという独特の感じも素晴らしい
高さ含め空間ができてもマイナス点というなかなか一瞬での判断が難しいゲーム
あまり出回ってないようですが6人までとプレイ人数も幅広いので、また入手したいですね
暫定評価8.0

・交易王
P1120566.jpg

ライナー・クニツィアのカードゲーム
タイトルに交易とついていますが、プレイヤー同士で直接交易することはないです
自分の船の積み荷と同じ色のカードを出してお金を稼いでいく
途中お金を使えばステータスを挙げることができるが、
最終お金で勝敗が決まるため、どこで見切りを付けるかが難しいゲーム
引き運あり計算ありの良作でした、正統派ですね
暫定評価7.5

この日はなんと一日で10種類、計19ゲーム遊ぶというヘビーローテーションでした
やったことのないゲームを次々と説明してもらえてルールに全く困らないです
次はもう少し重めのゲームも開拓してみたいですね
ここに来るたびに欲しいゲームが増えるというサイクル(笑)
とりあえず積ゲーもぼちぼち消化します
今回もご一緒して頂いた皆様、ありがとうございました
またよろしくお願いします





酔いどれ猫のブルース

酔いどれ猫のブルース〈Katzenjammer Blues〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.5
Katzenjammer Blues

プレイ人数:2~6人
プレイ時間:20分
対象年齢 :10歳以上
作者   :ライナー・クニツィア〈Reiner Knizia〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:小(長方形)
備考   :


演奏家を集めてカルテットを作るゲーム
使用するのは色依存のない1~5の数字カードとジョーカーのみ

最初にこれらのカードからランダムに6枚が配られ手札となる
ゲームの流れは場に公開される数枚のカードを競りにかけ、
価値の高い宣言をした人がその価値分を支払い手札に加えるというもの

この時、手札に同じ数字が4枚あればカルテット完成(その4枚を捨てること)で、
そのカードの数字に応じた得点を得ることができる
これを繰り返していき最も得点の高い者が勝利する

このゲームでカードを競り落とすのに支払うのは手札のカード
なので手札を減らして手札を増やす、ということになる
また、その価値は枚数>同値>数字の順に決定する
まず支払う枚数が多い程価値が高く、
枚数が同じなら支払うカードが全て同じ数字である方が価値が高く、
支払うカード全てが同じ数字ならその数字が大きい方が価値が高くなる

尚、ジョーカーはどの数字としても扱う(競りにもカルテットにも使用できる)が、
使用したジョーカー及びゲーム終了時に手札に残ったジョーカーは記録され、
その枚数が最も多い者は大幅なマイナス点を食らう
強力なジョーカーをどう使うのか、悩ましいシステムとなっている

大きい数字はカルテットで高得点を出せるが、
小さい数字も枚数を集めれば競りで有利になる
シンプルながら考えどころの多い優秀作
手軽に競りを楽しみたい方にお薦めのカードゲームです

ノートルダム

ノートルダム〈Notre Dame〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.0
Notre Dame

プレイ人数:2~5人
プレイ時間:75分
対象年齢 :10歳以上
作者   :ステファン・フェルト〈Stefan Feld〉
ルール量 :多
プレイ感 :普通
箱・タイプ:大(長方形)
備考   :ドイツのゲーム
      2007年ドイツゲーム大賞 推薦リスト
      2007年国際ゲーマーズ賞 ノミネート
      2007年トリックトラック賞 ノミネート


ペストが蔓延しないよう注意を払いながらパリの街を統治するゲーム

各自、行動の選択肢を表す9枚のカードを持ち、そこからランダムに3枚を引く
そして、その中から1枚を手札に加えて残り2枚を左隣に渡す
また、右隣から受け取った2枚から1枚を手札に加えて左隣に渡す
最後に右隣から受け取った1枚も合わせ、
各ラウンド3枚の手札から2枚を選んでその行動を実行していく

常に2~3枚という選択肢から、複雑さは削ぎ落とされているが、
9種類の行動がある中、自分に取ってどれが有用か、
どれを他人に回すべきかといった効率を考えていくのが面白い
この流れを9回(9ラウンド)行い名声点をより多く集めた者が勝利する

行動には働き手を増やすもの、お金を稼ぐもの、馬車で移動するものなど様々
ゲーム中、同じ行動をすればする程、その効果は大きくなり、
それが周知の状態で進むため、誰がどの行動をするのが強いのかがわかりやすくなっている

また1ラウンド毎に発生するペストにも気を配らなければならない
ゲーム毎にランダムに登場するネズミは都市のペスト蔓延につながり、
状況をみてネズミ駆除をしないと働き手と名声点を同時に失うことになる

他にもお金があればラウンド毎に特殊な技能を持った3人から1人を雇用できるなど、
自分の好みや場の状況に合わせて都市を発展させていくことができる

多少の運と駆け引きもあるが、9つの行動に依存した多様な戦略があり、
ゲーム毎に様々な手を試したくなるリプレイ欲が強い作品
思考系ゲームが好きな人、他人との駆け引きを堪能したい人にもお薦めの傑作です

第7回 優雅なボードゲーム会 感想

第7回 優雅なボードゲーム会の感想
今回は場所を変えたので色々心配でしたが無事終わってよかったです

yuga7_1.jpg

この日は大量のゲームに加え、ダイスタワーカードシャッフラーも持参してみました
以下、遊ばれていたゲーム

・おおおおかみ
yuga7_2.jpg

最近、身内で大人気の推理ゲーム、この会のメンバーだけで既に購入者4人(笑)
配られた2枚の役割カードの強い方の役割を担当し、獲物となる対象が誰か推理する
この日も経験者、初心者入り混じって盛り上がっていました
カードの裏面の狼のイラストが?マークに見えるのもそういうデザインでしょうか
考えどころがたくさんあり、私も改めてよくできたゲームだと思いました
ルール、アートワークともに作りこまれた名作です

・アベカエサル
yuga7_3.jpg

ローマのチャリオッツ競争をモチーフにしたレースゲーム
ダイスを使わないペース配分の駆け引きで一瞬で白熱する鉄板作品
今はこの旧版、新版ともに絶版となっていますがリメイクのQ-JETが売っています

yuga7_4.jpg

この日も失格者(ゴールできず)続出、外周を回り過ぎるとたどり着けない悩ましさ
全員が同じカード構成のため、最初飛ばせば後で減速するバランスのとれたシステム
そして裏面は3~4人用コースになっていてここを5~6人で走るのが一番面白いとか(笑)
裏面も含め3ゲームほどプレイされていました

・ハリガリ
yuga7_5.jpg

一瞬で決着がつくシンプルな瞬発系ゲーム
素早くベルを鳴らせた時の優越感が半端ない私のお気に入り
MAXの6人プレイで熾烈な争いが繰り広げられていました

・コヨーテ
yuga7_6.jpg

割と最近のゲームですが、初心者には是非お薦めしたいブラフゲーム
最大10人まで遊べて重宝する、いかに次の人が勘違いしそうな数字を言うかが大事
合計がわかった時のスッキリ感が良い、これも定番ですね

・ベガス
yuga7_7.jpg

2012年のドイツゲーム大賞にノミネートしたダイスゲーム
出目運もあるものの、ダイス配置の駆け引きが熱い
拡張「ブルーバード」も加え大ダイス&100,000$紙幣入りの7人プレイ
最後まで一歩も引かない高額の取り合いが行われていました

・アルゴ
yuga7_8.jpg

相手の数字を当てるカードゲーム
Amazonで好評価だったので前々からちょっと気になっていたゲーム、まっちゃんの持参
結局、私はできませんでしたがドメモみたいな感じ?ですかね?

・レジスタンス:アヴァロン
yuga7_9.jpg

脱落者のでない人狼系ゲームの集大成、毎回確実にプレイされていますね
9人プレイでパーシヴァルも加えて盛り上がっていました
大人数だとなかなかマーリンを当てるのが難しいですが、この日は的中もあった模様
そろそろこの会でもモルガナやモードレッドを入れる時が来るか
最近レジスタンス(旧版)の拡張セットを2種類ほど買ったのでそちらもやってみたいですね

・ゼロ
yuga7_10.jpg

巨匠ライナー・クニツィアのカードゲーム
カード交換で手札の数字合計を0に近づけるシンプルなルール
たくさん集めることでも0にできるが、小さい数字ほど集まらないジレンマ
これはシンプルで鮮やかなゲームですね

・ペッパー
yuga7_11.jpg

ペッパーカードだけは受け取ってはいけないトリックテイキングゲーム
全員が1枚ずつカードを出してトップが総取りする定番ルールで、
1(ペッパー)をもらうと大幅なマイナス点に繋がってしまう
全然大丈夫、と思っていたら一気にペッパーカードが集中することもあるので要注意

yuga7_14.jpg

この日も最後は大変なことになっていた様子(笑)
手軽にできて最大9人までできるのでこれも貴重なゲームですね

・カタン
yuga7_12.jpg

1995年にドイツゲーム大賞で1位に輝いた陣取りゲーム
初期ボード配置で2兆6千億通りあるのは言わずもがな
100回以上プレイしても飽きない歴史的名作
多分このゲームが好きかどうかで好きなゲームタイプが分かれますね
これをやりこんだ暁には新たな道が切り開けることでしょう

・ザ・ゲーム
yuga7_13.jpg

2015年のドイツゲーム大賞にノミネートした協力ゲーム
数字カードを降順昇順に出していくが、どんどん出せる数字が制限されていく恐怖
このハラハラ感は同じ協力ゲームでも花火とは違った感覚ですね

yuga7_17.jpg

初プレイということで出したカードを見せつつの簡易プレイをされていたようですが、
最後は残り3枚?と優秀、また是非挑戦してみてください

・ニムト
yuga7_15.jpg

1994年にドイツゲーム大賞にノミネートしたカードゲーム
10人プレイできて全員同時選択ルールで時間がかからないという鉄板
すみません、机出したらよかったですね

・酔いどれ猫のブルース
yuga7_16.jpg

巨匠ライナー・クニツィアの競りゲーム
同じ数字カードを4枚集めて得点を稼ぐ
使うのはなんと色依存のない1~5の数字とジョーカーのみ
ジョーカーに頼りすぎると最終的にマイナスを食らうというジレンマ
ここまで軽い競り系ってあまりないのでは、これも定番になりそうですね

・人狼
yuga7_18_.jpg

最後はお約束の人狼、21人プレイ…これって過去最高では
今回は役欠けあり(最初に司会の私が人狼以外をランダムに引く)でプレイ
Skype人狼では脅威の役職引き率でしたが今回は普通に村人欠けでした
いきなりカニが秘策を出したり、それなのに吊られそうになったり(笑)、
ボディガードのOさん(仮)がとばっちりで投票の同率トップに上がったり、
狙われるかと思いきやボディガードより先に霊媒師を名乗ったニュクスが噛まれたり、
預言者のオギオギさんが投票から怪しいとコムさんを人狼だと引き当てたり、
コムさんを若干かばったことで人狼のKさん(仮)も疑われたのか吊られてしまったり、
Shiroさんが脱落し共にフリーメーソンだったモッチさんが名乗り出て少し推理が進んだり、
後半で潜伏していたOguさんが霊媒師を名乗り、ことの真相が見えてきたりして、
残り6人という終盤を迎えついにラスト人狼のキタムさんが脱落し村人チームの勝利でした

【狼チーム】
人狼:キタムさん、Kさん(仮)、コムさん
憑依者:ニュクス

【村人チーム】
予言者:オギオギさん
霊媒師:Oguさん
ボディガード:Oさん(仮)
フリーメーソン:モッチさん、Shiroさん
村人:カニ、まっちゃん、Kawa氏、Momoさん、しっぽさん、Yuさん、ゲン、タイチさん
   モリさん、ヨーゾー、Koma氏、私(司会進行兼)

yuga7_20.jpg

今回は初参加の方も5人いて、参加者は22人でした
友達を呼んでくれた方、お越し頂いた方、ありがとうございます
こんな感じでやっていますので是非次も来て頂けたら嬉しいです
まだまだ面白いゲームが山ほどありますので、色々遊んでみてください

次回は10/24(土)13:00~20:30で第6回までの場所となります
ハロウィンっぽい?ゲーム多めでいきたいと思いますのでよろしくお願いします




ゲーム会 感想82 おおおおかみ、他

自宅にて私、いわさん、Kざわさん、Momoさん、Ab氏、モッチさん、オギオギさんでゲーム会
以下、プレイしたゲーム

・ハリガリ
P1120374.jpg

同じ果物がちょうど5個になった時にベルを鳴らす瞬発系ゲーム
この日もいきなり白熱の展開でした

P1120373.jpg

「ハリガリ」はドイツの俗語でバカ騒ぎという意味らしい
バカ騒ぎって感じでもないけれど何故か一瞬で盛り上がる不思議なゲームですね
これ、慣れてきたら5個ではなくサイコロとかで適当な数を決めても面白いかなと思いました

・おばけキャッチ「名人技」
P1120377.jpg

めくったカードに示された駒をいち早く掴む瞬発系ゲームの究極版
序盤Ab氏が恐ろしい速さで苦戦したものの最後はなんとか盛り返しましたw
とりあえず個人的に大好きなゲーム

・ピット・デラックス
P1120380.jpg

交換を繰り返し手札の作物を全て同じにするリアルタイムスピード勝負
これもなかなか終始激しいゲーム、いや熱いゲームです
交換中「またこれか~」と何度も飛び交うカードがあるのですが、
実は途中でそのカードに切り替える手もあるんじゃないかと思いました
3回やってAb氏2勝、モッチさん1勝でした

・ヒットマンガ
P1120387.jpg

親の発言から一致する吹き出しのカードを探すカルタ系ゲーム
けっこう似たような表情の絵があったりしてなかなか難しい
途中、ジェスチャーや欧米っぽく(オリジナル)といった制約も面白かったです
いわさん12点、Kざわさん12点、モッチさん12点、オギオギさん11点、Ab氏10点、私10点
途中まではよかったんだけど、後半は伸びませんでした

・キャット&チョコレート
P1120401.jpg

様々なアクシデントを役に立たないアイテムで切り抜ける大喜利ゲーム
それは無理でしょ…というような内容でも切り抜けられたり、意外と撃沈したり
今回は2陣営とも同数で引き分けということで平和に終わりました

・ボーナンザ
P1120405.jpg

育てた豆を売ってお金を稼ぐ交渉ゲーム
豆の交換によって同じ豆を揃えて換金効率を上げていく
いかに他人に有益な交渉を持ち掛けるか、いかに足元を見るかが大事
私は3つ目の畑で奮闘するも及ばず、Kざわさんは安心の取引先でした
Momoさん9点,Kざわさん8点,モッチさん8点,オギオギさん7点,いわさん6点,Ab氏6点,私5点
ということでMomoさんの勝利、7人プレイだと3つ目の畑は厳しかったか

・キャメルアップ
P1120422.jpg

2014年のドイツゲーム大賞で1位に輝いたラクダレースの賭けゲーム
これは何度やっても面白い、安心の大賞作品ですね
1戦目はKざわさんとMomoさんが同率トップ、2戦目はMomoさんの単独トップでした
私は狙い過ぎてボロ負け、とはいえ一発逆転のロマンもあるので次こそは…

・おおおおかみ
P1120433.jpg

配られた2枚のカードから役割が決まり、自分の獲物となる役割が誰か推理するゲーム
ただ誰かのカードを見た情報だけでなく、誰が何故その人のカードを見たのか、
何故そのカードを使ったのか、何故もう推理することができたのか、
といった様々な推理要素があり、改めて非常に奥深いゲームだと思いました
やることがシンプルな割に様々な展開があって盛り上がりました
これは隠れた名作、正体が徐々に見え隠れする時の反応も面白かった

P1120414.jpg

この日はKざわさんのお土産の餡切り餅があったり、いわさんのハーゲンダッツがあったり、
モッチさんのハロウィン仕様3種の味のオリーブポップコーンがあったり、
他にもお菓子盛りだくさんで超豪華でした、ホントありがとうございます
こう紹介するとハードルが上がってますますウチに来てくれる人が減りそうなので、
言っておきますが全然手ぶらでOKですからね
とりあえずウチでやるのは楽なので、またウチでもやりましょう



プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
487位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
17位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-