FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年12月
ARCHIVE ≫ 2015年12月

優雅なボードゲーム生活 2015年振り返り

2015年も残すところわずかとなりました
今年はまだ記事を書いていないものも含めると計48回のゲーム会と、
かなり濃いボードゲームの1年だったと思います

カフェミープルやスノーの酒場など外の場所にも足を運び、様々な新しいゲームも開拓できました
お付き合い頂いた方々、ありがとうございました
そうした影響もあり、所持ゲームがついに200の大台に乗ってしまいましたので、
来年はもう少し厳選しないといけないなと感じているところであります (←ダウトー!!)

遊ぶ仲間も増え、今年は外の場所を借りて「優雅なボードゲーム会」を開くことができ、
人狼など敷居の高い多人数ゲームもたくさん遊ぶことができました
私は家族でボードゲームというのに憧れていましたが、
ある意味自分のファミリーを持ったような気分で楽しく運営させて頂きました
来て下さった方々には本当に感謝しております

ブラフ系で私に騙された方々、瞬発系で私の必死さに引いてしまった方々、
こんなどうしようもないゲーム好きの私ですが、
また来年も遊んで頂けたらと思います

それでは皆様、来年も良いボードゲーム生活でありますように(笑)


ゲーム会 感想91 ラ・グランハ、他 (2015.12.27)
第10回 優雅なボードゲーム会 感想(後半) (2015.12.23)
第10回 優雅なボードゲーム会 感想(前半) (2015.12.21)
第9回 優雅なボードゲーム会 感想 (2015.12.03)
ゲーム会 感想90 ル・アーブル拡張「ル・グランアモー」 (2015.12.01)
ゲーム会 感想89 チケットトゥライド、他 (2015.11.17)
ゲーム会 感想88 グラスロード、他 (2015.11.13)
ゲーム会 感想87 in カフェ・ミープル (2015.11.03)
第8回 優雅なボードゲーム会 感想 (2015.10.30)
ゲーム会 感想86 ル・アーブル、他 (2015.10.24)
ゲーム会 感想85 ルーム25、他 (2015.10.16)
ゲーム会 感想84 エセ芸術家ニューヨークへ行く、他 (2015.10.14)
ゲーム会 感想83 in カフェ・ミープル (2015.10.10)
第7回 優雅なボードゲーム会 感想 (2015.10.04)
ゲーム会 感想82 おおおおかみ、他 (2015.10.02)
ゲーム会 感想81 酔いどれ猫のブルース、他 (2015.09.30)
ゲーム会 感想80 in カフェ・ミープル (2015.09.22)
ゲーム会 感想79 in スノーの酒場 (2015.09.18)
ゲーム会 感想78 ケルト、他 (2015.09.14)
第6回 優雅なボードゲーム会 感想 (2015.08.31)
ゲーム会 感想77 ヒューゴ、他 (2015.08.21)
ゲーム会 感想76 番外編 in キャンプ (2015.08.17)
ゲーム会 感想75 in カフェ・ミープル (2015.08.11)
ゲーム会 感想74 ウミガメの島、他 (2015.08.07)
ゲーム会 感想73 電力会社デラックス、他 (2015.07.30)
ゲーム会 感想72 ダビデとゴリアテ、他 (2015.07.24)
第5回 優雅なボードゲーム会 感想 (2015.07.20)
ゲーム会 感想71 ペッパー、他 (2015.07.12)
ゲーム会 感想70 ヴィラパレッティ、他 (2015.07.04)
ゲーム会 感想69 マルコポーロの足あと、他 (2015.06.24)
ゲーム会 感想68 コヨーテ、他 (2015.06.20)
第4回 優雅なボードゲーム会 感想 (2015.06.08)
ゲーム会 感想67 ジェンガ・ウルティメイト、他 (2015.05.31)
ゲーム会 感想66 ツォルキン拡張、他 (2015.05.27)
ゲーム会 感想65 ハンザテウトニカ、他 (2015.05.23)
ゲーム会 感想64 ウィザード、他 (2015.05.15)
第3回 優雅なボードゲーム会 感想 (2015.05.11)
ゲーム会 感想63 サンクトペテルブルク、他 (2015.04.25)
ゲーム会 感想62 コルトエクスプレス、他 (2015.04.11)
ゲーム会 感想61 ロイヤルス、他 (2015.03.08)
ゲーム会 感想60 シティビルダー、他 (2015.02.16)
第2回 優雅なボードゲーム会 感想 (2015.02.12)
ゲーム会 感想59 フェレータ、他 (2015.02.06)
ゲーム会 感想58 ライトライン、他 (2015.01.23)
ゲーム会 感想57 プロヒス、他 (2015.01.17)
スポンサーサイト



My Best Board Games in 2015

今年も去年に引き続き年の終わりに私のベストゲームを3つ挙げたいと思います
あくまで私が今年プレイした中で一番面白かったゲームなので今年発売のゲームに限りません
ちなみに去年のベスト3はこちら →My Best Board Games in 2014

私は何度遊んでも飽きないくらいパターンの多いゲームが好きなので一番はやっぱり重ゲー
そして定石のように戦略が偏らず脇道にそれたプレイングでも勝てるゲームがいいですね

1位 ラ・グランハ
La Granja

今までプレイした中で一番行動の自由度を感じました
農場運営ゲームということでテーマはアグリコラと被りますが、
箱庭を作るのではなく、資源を蓄えて市場の陣取り合戦を行うというのが斬新ですね
カードを挿す方向で効果が変わるというのも画期的でした

2位 ル・アーブル
Le Havre

貿易ゲームの傑作、拡張ル・グランアモーとセット発売され今年初プレイ
定期的な決算に備え食料を確保しつつ、様々な建物で資源を増やすのは難しいものの、
序盤のミスが勝敗に大きく響かなかったり、いざと言う時の借金システムは逸材でした
建物をいくらでも売買できたり、これもなかなか自由度が高いゲームですね

3位 マルコポーロの足あと
The Voyages of Marco Polo

ツォルキンの作者の旅行ゲーム
最初にキャラクターを選び、全員が異なるずば抜けた能力を持ってスタートする凄いシステム
他の人に無い特技を思う存分発揮して各地を駆け巡るというのは気持ちいいですね
ボードの状態も毎回変化し、いかに戦略が型にはまるかが大事なゲームでした

ゲーム会 感想91 ラ・グランハ、他

自宅にて、私、ニュクス、カニ、Ena氏でゲーム会
遠くから来てくれた皆様、ありがとうございます
以下、プレイしたゲーム

・プエルトリコ
P1130574.jpg

2002年にドイツゲーム賞で1位に輝いた貿易ゲーム
このゲームを直にやるのはこのブログを書き始める前以来、3年以上ぶりということですね
やりたいと思いながらもやりたいゲームが多すぎて放置していた

P1130582.jpg

私はお気に入りの建物「大学」→「病院」と購入し、無条件人員確保から砦のボーナス
ちょっと「病院」まで建てたのはやり過ぎだったかも…でも大学病院って言いたかったw

P1130583.jpg

Ena氏は建物「小さい市場」「大きい市場」の合わせ技で何を売っても+3ダブロンと強力
最後のギルドホールで8点のボーナスも大きい

P1130584.jpg

カニは序盤からの船長戦略で建物「港」も合わせ大量の勝利点チップ
公邸のボーナスも存分に活かした形に

結果、カニ48点、Ena氏46点、私44点でカニの勝利
3人プレイだと金鉱堀がないのでけっこうバランスが良いのかも、なかなかの接戦でした

・ディメンション
P1130591.jpg

時間制限付きの球体パズルゲーム
「~色と~色が接する」「~色の上にのせてはいけない」「~色は何個使う」
といった6種類の条件を満たしつつ、如何にボールを積み上げるかを競う
これは積み方のパターンが豊富で何度も楽しめそう
慣れれば条件を8種類に増やしてもいいとか

できたと思っても意外と「あ、しまった!」ってなるから不思議
結果、Ena氏60点、私52点、カニ51点でEna氏の勝利
これは独特なゲームですね

ここでニュクスも合流し4人プレイ

・ラ・グランハ
P1130600.jpg

今年の秋にドイツで行われた新作人気投票で堂々の1位を獲得した農場運営ゲーム
要素は多いものの自由度が高く、次に何をしようか考えるのが楽しい

P1130604.jpg

手持ちのカードを個人ボードに4パターンの挿し方ができるシステムは画期的
畑にするか、増設部にするか、助手にするか、荷車にするか好みに応じた農場作りが可能

P1130608.jpg

作物を育てたり、豚を飼ったり、なんやかんや資源を揃えることで市場での陣取り合戦が始まる
高価な組み合わせを揃えると市場の他のプレイヤー駒を吹き飛ばすことができる
途中カニの駒が降ってきて大分蹴散らかされていたが最後はニュクスが巻き返し市場を制圧

結果、ニュクス72点、カニ67点、私65点、Ena氏55点でニュクスの勝利
やはり交易品の存在は大きい、他人からお金を巻き上げるニュクスの助手も地味に強かった
カニも序盤から市場での得点を確保していたが、屋根獲得コースから脱落してしまった差か
私はお金があればなんでもできる状態だったが無駄が多かった模様
Ena氏は建物輸送と市場輸送を両立していたので、競合がいる場合は特化した方がよかったのかも
これは何度でも繰り返し遊べそうなゲーム、個人的には満点評価です

・カルタヘナ
P1130612.jpg

アイコンの描かれたカードを捨てて、ボード上のアイコンまで駒を進める双六
カニがつかんだという序盤にカードを引きまくる戦略で見事勝利
私も色々考えはあったものの及ばず、これもよくできたシステムですね

・ディアボロ
P1130617.jpg

サイコロを振って出た目に従って脳内計算を行い正解の駒をいち早く掴む瞬発系ゲーム
ニュクス→Ena氏と脱落しカニと私の一騎打ち
勝利の軍配はカニに上がる、私が瞬発系ゲームで負けるなんて…完敗です

ここでEna氏が帰宅し私、ニュクス、カニの3人になったので、もうやることは1つ
さあスコップの準備はいいか?

・テラミスティカ
P1130618.jpg

大陸をスコップで掘り返し、文字通り自分色に染める陣取りゲームの集大成
テラミスティカにおいて圧倒的センスを誇るニュクス、この男を倒さずして次には進めぬ
いざ開戦…の前にカニが持ってきてくれたカステラの存在を忘れていたのでここで間食

気を取り直してその内容は…頑張ってプレイ記書きます(笑)



ラ・グランハ

ラ・グランハ〈La Granja〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10.5
La Granja

プレイ人数:1~4人
プレイ時間:120分
対象年齢 :12歳以上
作者   :〈〉
ルール量 :多
プレイ感 :重
箱・タイプ:大(長方形)
備考   :2014年ミープルチョイス賞 ノミネート
      2015年国際ゲーマーズ賞 ノミネート
      2015年スカウトアクション 1位


ダイスを使った農場運営ゲーム

ゲームは6ラウンド行い、ラウンドは大きく収穫と輸送で構成される
各プレイヤーは作物を育てたり、家畜を飼うことのできる農場(個人ボード)を持ち、
そこで様々な資源を蓄え、市場や建物への輸送を行っていく

このゲームの鍵を握るのは1枚で4種類の使い方ができる農場カード
各ラウンドの始めにプレイヤーは1枚の農場カードを個人ボードに差し込むことができる
農場カードは個人ボードの左側へ差し込めば毎ラウンド作物をもたらす「畑」となり、
右側へ差し込めば毎ラウンドの資金源と豚小屋を拡張する「増設部」となり、
上側へ差し込めば特定の作物を市場への輸送するための「荷車」となり、
下側へ差し込めば農場に特殊な効果をもたらす「助手」として扱うことができる
このようにカードの使い方を自分で考えバリエーション豊かな農場を作っていく

そしてラウンドの要とも言える収入
人数×2+1個のサイコロを振り、出た目に応じてメインボードの下記エリアに置く
1:豚、2:カード、3:作物、4:資金、5:加工、6:輸送
こうして置かれたサイコロを手番順に1つずつ取っていき、そのエリアの恩恵を受ける
(各プレイヤーが2つサイコロを取った後、残りの1つについては全員が恩恵を受ける)
このようにゲーム毎にサイコロによって展開が変わり、臨機応変な判断が必要となる

収入の後に行うのは輸送
各自1~4匹のロバが描かれたタイル(4枚)から1つを選び一斉にオープン
描かれたロバの数だけ資源(作物など)を輸送できるが、
一度使ったタイルは全てのタイルを使うまで(5ラウンド目まで)再び使うことができない
輸送はメインボード上にある6つの建物か個人ボードにある荷車に資源を送ることができる
建物はそれぞれ必要な資源を満たせばゲーム中に継続したボーナスをもたらし、
荷車に必要な資源を満たせばメインボードの市場に駒を配置できる
市場は六角形マスの集合体で構成され、
荷車のレベルに応じて駒を置いた場所の周りのマスの(他人の)駒を除外する陣取りシステム
当然、駒が残っているプレイヤーには得点が入る

これだけでも思考要素満載だが、このゲームの面白さはなんといっても自由度の高さにある
荷車を輸送した際に獲得できる副産物である「交易品」はゲーム中いつでも使用可能で、
使用するとお金、作物、豚、加工、カードといった様々な資源・恩恵を得ることができる

また、このゲームで取り扱う資金である銀貨はいつでも消費でき、
消費することで畑で取れる作物(オリーブ、穀物、ブドウ)や家畜の豚を購入したり、
或いは作物を加工して食料やワインにしたり、豚を加工して肉にすることができる
逆にこのゲームはいつでも作物や豚を売って銀貨にすることもでき、
買値>売値の換金率のため、売買がループしない絶妙なバランスとなっている

カード・ダイスによる運要素や陣取りの駆け引きもあり、最後まで展開が変わる中、
行動の自由度でどう補っていくかが非常に面白い
これは今までにないマネジメントゲーム、傑作です

第10回 優雅なボードゲーム会 感想(後半)

第10回 優雅なボードゲーム会 感想(前半)の続き
以下、プレイされたゲーム

・赤箱ニムト
yuga10_14.jpg

思考要素の増えた環状版ニムト
通常版ニムトと違い、もらったらプラスとなるカードもあるものの、
なかなか最終合計をプラスに持っていくのが難しい
ニムトにやり慣れた方には是非やってみてほしいゲームですね

・ペンギンパーティ
yuga10_15_.jpg

巨匠ライナー・クニツィアのカードゲーム
同じ色のペンギンが繋がるようにピラミッド式に積み上げていく
シンプルなルールですが、駆け引き満載の鉄板です

・スピードカップス
yuga10_16.jpg

お題のイラスト通りにカップを並べ替えてベルを鳴らす瞬発系ゲーム
動きがあって割と疲れるものの個人的にはお気に入り、私もやりたかったw

・コンセプト
yuga10_17.jpg

2014年のドイツゲーム大賞にノミネートされたクイズゲーム
言葉を使わず様々な意味を持つアイコンだけを使ってお題を伝える
12人までできる傑作パーティゲームです

・究極のワンナイト人狼
yuga10_18.jpg

役職が追加されたワンナイト人狼のヴァージョンアップ版
自分以外の役割を交換するトラブルメーカーやフリーメーソンなど、
推理の展開も増えて楽しめる仕様です
1ゲーム10分くらいなのに1時間くらい繰り返しプレイされていました

・キテレツカップリングパーティ
yuga10_19.jpg

様々な特徴のカードを使って周りに好まれるキャラクターを作成するパーティゲーム
なんでも必ず奇人変人ができあがるとか
一度やってみたいですね

・シヴィライゼーション
yuga10_20.jpg

歴史上の指導者となって自分の文明を発展させる大作ボードゲーム
陣取り要素、戦争要素、マネジメント要素など考える要素満載
まさかこの会でこのゲームがプレイされるとは思いませんでしたw
経験者3人も交え4人プレイでなんとか3時間くらいでは終わっていた模様

・ブロックス
yuga10_21.jpg

自分の色のブロックの角が接するようにできるだけ配置するパズルゲーム
いかに他人の陣地に潜り込むかが難しい
これは4人プレイが丁度よさそうですね

・ミステリウム
yuga10_22.jpg

ハロウィンをテーマにした協力推理ゲーム
ゴーストと霊媒師に分かれ言葉を使わずイラストカードだけを使ったゴーストのヒントを元に、
霊媒師達がゴーストの伝えたい事件の真相を暴く
今回も前半戦はクリアしたものの、最後のクライマックスは残念ながら失敗
やはりMAX人数だと選択肢が6つなので結構難しいのかも、また挑戦したい

・ゴキブリポーカー
yuga10_23.jpg

様々な害虫を他人に押し付けるカードゲーム
このゲームは負のスパイラルに陥ったら最後
ブラフゲームの鉄板といえばこれですね

・スカル
yuga10_24.jpg

2011年のフランスゲーム大賞で1位に輝いた髑髏と薔薇のリメイク
ルールはそのままでイラストが新しくなった模様
度胸とハッタリが勝負を左右するブラフゲームです

・ブラフ
yuga10_25.jpg

1993年にドイツゲーム大賞で1位に輝いたダイスゲーム
他人の宣言した数字を元に、全体のダイス目を予想する
運ありブラフありで何度でも楽しめるゲームですね

・なんじゃもんじゃ
yuga10_26.jpg

頭に足の生えた不思議な生き物に名前を付ける記憶ゲーム
初めて出たイラストには名前をつけ、それ以後はその名前を言うシンプルルール
これは良いゲームですね、私も買おうか迷い中w

・ヒットマンガ
yuga10_27.jpg

マンガの一コマのような吹き出しのイラストが言っているようなセリフを考え、
親が言ったセリフのカードを取る大喜利カルタ
大人数でできて盛り上がるパーティゲームですね、けっこうセンスが問われます

・ロバの橋
yuga10_28.jpg

2012年にドイツゲーム大賞にノミネートした記憶ゲーム
ランダムに選ばれた3つの単語を使って話を作り、時間差で周りに思い出してもらう
意外と覚えるのが難しい、これは印象に残るように面白い話を作るのがコツなのかも
最後はモッチさんがほぼノーミス?の大量得点で圧勝でした

・人狼
yuga10_30.jpg

最後はお約束?の人狼ゲーム、今回も役欠けありの20人プレイ
まっちゃんの予言者宣言から始まり、ジラ氏吊り→カニ噛みという自然な立ち上がり?を見せ、
きたむさん吊り→モリさん噛みの後の3日目にしておかさんが真の予言者であると宣言
確かにいきなり偽予言者が出ている状況での潜伏は説明が通らなくもない、これは急展開
混乱する村人達に迷ったらここと村人宣言のEさんが本当に吊られるという、何故指したw
んきたさん噛みの後の4日目にまっちゃんがニュクスを占い人狼という強手、これは面白い
吊られながらも投票でまっちゃんを指すという人狼同士で完璧な芝居をうつニュクス
Oguさんが噛まれ、霊媒師Rikaさんは当然ニュクスが人狼だったと真実を言う流れ
流石におかさんが吊られ、村人窮地かと思いきやRikaさん噛みを守るボディガードいわさん
6日目についに人狼のオギオギさんが吊られ、いよいよ人狼側ピンチ
そしてまたしても霊媒師のRikaさん噛みを阻止するボディガードいわさん
最後はおかさんの白判定から疑われたまっちゃんが吊られ村人チームの勝利
ここまで人狼→村人→村人→人狼→村人→人狼→人狼→村人勝ちとイーブン
そろそろハムスター人間(狐)とか入れてもよさそうですね
そして必ずと言ってもいいほど役職を引く私(憑依者)、人狼の皆様すいませんでしたw

【人狼チーム】
人狼:まっちゃん、オギオギさん、ニュクス
憑依者:私(司会進行兼)

【村人チーム】
予言者:おかさん
霊媒師:Rikaさん
ボディガード:いわさん
フリーメーソン:Koma氏、Momoさん
村人:ジラ氏、モリさん、んきたさん、Eさん、カニ、Oguさん
   モッチさん、Yuさん、しっぽさん、Kざわさん、きたむさん

yuga10_31.jpg

今回は参加者が過去最高の24人とクローズなゲーム会にも関わらず多くの方に参加頂きました
この日はKざわさんの持ってきてくれたクリスマスソングのBGMもあり和やかでしたね
人数が多く、テーブルが4つに分かれたにもかかわらず私がインストに回らずに済み、
ルール説明にご協力頂いた方々、ありがとうございました

おかげ様で記念すべき第10回を迎えることができましたが、
今回でこの場所は改装のため使えなくなるとのことでした
前々回の場所も会議室ということでクレーム等もあり、
せっかく良い環境を見つけたと思った矢先だったのですが残念です

ゲーム数もインスト係も増え、私も割とゲームに参加できるようになってきたのですが、
交通の便を考慮した場所というのはなかなか難しいものですね

とはいえ安定した参加者の方も増え、約1年間続けることができて嬉しい限りです
参加者が全員近い年齢というのも雰囲気を保つ上でよかったのかもしれませんね

ということで、楽しかった優雅なボードゲーム会もこれで終わり…ではないです
また新たな場所を見つけて続けていきたいと思いますので、
来年もどうぞよろしくお願い致します




第10回 優雅なボードゲーム会 感想(前半)

第10回 優雅なボードゲーム会の感想

yuga10_0.jpg

今回は私の持参ゲームの3倍ほどのゲームが集まりました
持ってきて頂いた方々、ありがとうございます
今回は朝から終日ゲーム会という初の試みにて、少し長めのゲームも持参
以下、プレイされていたゲーム

・アベカエサル
yuga10_1.jpg

言わずもがなボードゲームの鉄板、そして絶版
数字カードだけを使ったシンプルなレースゲーム
狭い道の妨害合戦で何度やっても盛り上がり、6人でも短時間で終わる名作ですね
初プレイの方も味を占めた途端に妨害しまくりでしたw

・ピット・デラックス
yuga10_2.jpg

カードを交換し、手札のカードを同じ種類にすることを目指すリアルタイムスピード勝負
何故かさっき交換に出したカードが戻ってくるから不思議(笑)
実はまだ私がベルを鳴らしたことがないゲーム、特訓せねば

・おばけキャッチ
yuga10_3.jpg

カードが示す駒をいち早くキャッチする瞬発系ゲーム、私の得意部門
途中から私だけ後ろのベルを鳴らしてからキャッチするという謎の提案…筋肉番付かw

・ドブル
yuga10_4.jpg

全てのカードにそれぞれ何か1つ共通のイラストがあるという凄いゲーム
でもいざやってみると全然見つけられなかったり、悩ましい瞬発系

・動物さがし
yuga10_5.jpg

お題の札に描けれていない色と種類の動物を探すカルタ
おばけキャッチ同様、瞬時に判断することが難しい
これは私もなかなか探すことができませんでした、おばけキャッチより難しいかも
プリッツさんとOguさんがやたら取っていた印象

・ハリガリ
yuga10_6.jpg

同じ色のフルーツがちょうど5個になったらベルを鳴らす瞬発系ゲーム
一番に鳴らせた時の爽快感は半端ないですね、お気に入りです

・プエルトリコ
yuga10_7.jpg

午前中、隣のテーブルではずっとこちらがプレイされていました
2002年にドイツゲーム賞で1位に輝いた貿易ゲームの傑作
約2時間の重量級ゲームながら、手番の待ち時間が少ないというシステムは逸材
トウモロコシやインディゴ、コーヒーなどの原料を収穫し、出荷したり売却したりする
とにかくお金がかつかつなルールだけに、何度も再チャレンジしたくなるゲームです

・お邪魔者
yuga10_8.jpg

人狼系ゲームの導入にはまずこれ、定番の疑心暗鬼ゲーム
全員で協力して道を繋げるふりをしつつ、徐々に少数派のお邪魔者が牙をむく
かなりきわどかったものの、最後は真面目な金鉱堀が道を繋げ切り勝利
私はお邪魔者でしたが胡散臭過ぎましたね(笑)
MAXの10人プレイで盛り上がりました

・カリスト
yuga10_9_.jpg

巨匠ライナー・クニツィア作の辺接触版ブロックス
できるだけ多く自分のブロックを埋めるパズルゲーム
途中で新たにスタートできる救済ルールが良いですね

・カルタヘナ2
yuga10_10.jpg

島から海賊を脱出させる駆け引きゲームの第2弾
私はやったことがありませんが、通常版より若干難しい模様
またこれは是非やってみたい

・スカイアイランド
yuga10_11.jpg

様々なタイルを競り落とし、自分の大陸を作るゲーム
これも未プレイですが、ルールを読む限りかなりよくできた名作の模様
競り要素を加えたカルカソンヌ?とにかく面白そうでした

・フリッツの宝探し
yuga10_12.jpg

どんなゲームか内容は知りませんが、
日本では流通していないゲームらしいです
レアゲーということですね、惹かれます(笑)

・レジスタンス:アヴァロン
yuga10_13.jpg

脱落者の出ない人狼系ゲームの集大成、これは鉄板ですね
8人プレイで2回やってモードレッド側1勝アーサー王側1勝
1回目はまっちゃんのモードレッド2人選抜に上手くやられましたね
2回目は初プレイのおかさんの的確な選抜にマーリンを絞れず
ちなみに私のいた陣営は2回とも敗北…すみませんでしたw

yuga10_29.jpg

ちょっと今回は(作業的にも)長いので記事を分けます
いや、朝からだとけっこう色んなゲームが回りますね

→第10回 優雅なボードゲーム会 感想(後半)に続く




購入ゲーム 紹介35 デッドオブウィンター、ステイアウェイ、他

最近購入したゲームの紹介
今回はホラー系多数

・デッド・オブ・ウィンター
P1130560.jpg

今年の冬はこれが熱い!世界最大評価サイトBGGにて暫定20位以内にランクインするという、
ゾンビゲー史上類を見ない最高評価の日本語版が満を持して今月発売
ゾンビ化が進行した世界の終焉を生き残る協力サバイバルゲーム
食料を確保し、武器を集め、最後の砦を守りきることを目指すと同時に、
各プレイヤーにはそれぞれ秘密裏に与えられた真の目的がある
あなたの未来を閉ざすのは亡者の群れか、極寒のブリザードか、それとも仲間の裏切りか…
2~5人プレイ、プレイ時間120分の大作ボードゲームです

・ステイアウェイ
P1130561.jpg

とある島からの救難信号、派遣された捜索隊を待ち受けていたものは得体の知れない恐怖だった
そう、既に捜索隊の中に1人「それ」に寄生された者が存在する
「それ」となったプレイヤーは、徐々に寄生の輪を増やしていくことができるが、
「それ」が誰なのかは寄生された者にしかわからない
全員が寄生される前に根源となる「それ」を駆除することを目指す疑心暗鬼ホラーゲーム
4~12人プレイ、プレイ時間60分のカードゲームです

・究極のワンナイト人狼
P1130563.jpg

フリーメーソンや狼の手下など、様々な役職が追加されたワンナイト人狼の逆輸入版
プレイ人数が増加し、ヴァリエーションが増えても変わらず短時間で楽しめる仕様
3~10人プレイ、プレイ時間10分、より深みを増した人狼ゲームです

・ゾンビダイス
P1130567.jpg

ゾンビとなって散弾銃によって倒れるまで脳みそを食らうという馬鹿ゲー
何度もダイスを振り直し、多くの脳みそアイコンを出すことを目的とするが、
散弾銃が3つ出てしまうと終了してしまう、人数無制限の度胸試しダイスゲームです

プレイする面子を選びそうな癖のあるゲームばかりですが、また機会があれば誰かやりましょう

動物さがし

動物さがし〈Solche Strolche〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.5
Solche Strolche

プレイ人数:2~8人
プレイ時間:15分
対象年齢 :4歳以上
作者   :〈Reinhard Staupe〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:小
備考   :


動物のイラストだけを使ったカルタゲーム

登場するのは赤、緑、黄、青、紫のいずれかの色が着色された馬、牛、ヤギ、犬、猫
取り札には1匹の動物が描かれており、5色×5種類の25枚のカードが存在する
また、それに対応する25枚のお題札にはそれぞれ4匹の動物が描かれており、
対応する取り札の動物に使われていない4色と4種類で構成される

つまりお題札がめくられたら、
そこに使われていない色でかつ描かれていない動物の取り札を探すことになる
お題札を1枚ずつめくっていき、取り札をいち早く取った人がお題札を1点として受け取る
取り札はそのまま置いておくため、場には25枚のカードが置かれたままゲームが進行する

25枚のお題札をめくり、もっとも得点の高い人が勝利する
お題札に対象となる動物そのものが描かれていないため、
消去法で色から消すか、種類から消すかが非常に悩ましい
また場のカードの数が減らないため、常にお手つきをしないよう注意しなければならない

文字が一切登場しないイラストだけの変わったカルタ
慣れてきたら取り札とお題札を入れ替えるという上級ルールもあり、
2段階に楽しめる仕様となっている

カルタなので大人数で遊べるところも魅力
手軽にできて意外と頭を使う、子供から大人まで楽しめるパーティゲームです

日本版The One Hundred 2015

今年も「日本版The One Hundred」の結果が出ました
日本版The One Hundredとは各自がベスト15となるアナログゲームを記載し、
その投票合計の1~100位までを挙げたもの
こちらから集計内容を見ることができます

この中から所有ゲーム1点、プレイ済ゲーム1点とした合計で、
ゲーマー度を測るという試みが行われています(最高得点は202点) →計算表はこちら

企画者コメントによると10点超えたら片足突っ込んでる状態、
30点超えたら十分ゲーマー、100点超え?もう抜け出せませんねw…とのこと

私のゲーマー度は126点(プレイ済:69 所有:57)
ちなみに去年は105点でした →去年の結果はこちら
割とゲームが去年と変わっているようですが、
それなりには時代についていけているようで安心?しました(笑)

作業が大変なので今年はリンクを貼りませんが、
もし気になるゲームがあればこのブログのカテゴリも参考にしてみてください

1:カタン 【済】【所】
2:宝石の煌き 【済】【所】
3:カルカソンヌ 【済】【所】
4:アグリコラ 【済】【所】
5:ドミニオン 【済】【所】
6:マルコポーロの足あと 【済】【所】
7:プエルトリコ 【済】【所】
8:テレストレーション 【済】【所】
9:ツォルキン 【済】【所】
10:ラー 【済】
11:エルグランデ 【済】【所】
12:カヴェルナ
13:キーフラワー 【済】【所】
13:テラミスティカ 【済】【所】
13:パッチワーク
13:パンデミック 【済】
17:アクワイア
17:世界の七不思議 【済】【所】
19:バトルライン
19:ブルゴーニュ 【済】【所】
19:電力会社 【済】【所】
22:ごいた
22:ディクシット 【済】【所】
24:モダンアート 【済】【所】
24:ラミィキューブ
26:ラブレター 【済】【所】
27:ボーナンザ 【済】【所】
28:コンコルディア
29:ディスタウファー
30:オルレアン
31:ル・アーブル 【済】【所】
32:パンデミック:レガシー 【済】
32:ブラフ 【済】【所】
32:ミステリウム 【済】【所】
32:ラ・グランハ 【済】【所】
32:ロシアンレールロード  【済】【所】
37:ニムト 【済】【所】
37:髑髏と薔薇 【済】【所】
39:ブラス
39:ブルームサービス 【済】
41:ごきぶりポーカー 【済】【所】
41:ナンジャモンジャ 【済】
41:王と枢機卿 【済】
44:キャメルアップ 【済】【所】
44:コヨーテ 【済】【所】
44:ザ・ゲーム 【済】【所】
44:スカルキング 【済】【所】
44:ブロックス 【済】
44:レース・フォー・ザ・ギャラクシー
50:コロレット 【済】【所】
50:チケット・トゥ・ライド 【済】【所】
50:デウス
50:ハゲタカのえじき 【済】【所】
50:枯山水 【済】
55:ウボンゴ3D
55:グラスロード 【済】【所】
55:ゲシェンク 【済】【所】
55:バロニィ 【済】
55:交易王 【済】【所】
60:アルルの丘
60:イスタンブール 【済】【所】
60:チグリスユーフラテス
60:トラヤヌス 【済】【所】
60:ハートオブクラウン
60:ハイパーロボット 【済】【所】
60:レーベンヘルツ新版
60:花火 【済】【所】
60:私の世界の見方 【済】
60:倉庫の街 【済】【所】
60:村の人生 【済】【所】
60:麻雀 【済】【所】
60:街コロ 【済】【所】
73:アンドールの伝説
73:グレンモア 【所】
73:ケイラス 【済】【所】
73:ストーンエイジ 【済】【所】
73:ゼロ 【済】【所】
73:レジスタンス:アヴァロン 【済】【所】
79:アブルクセン 【済】
79:コンテナ 【済】【所】
79:スカイアイランド
79:タイムボム
83:ナヴェガドール 【済】【所】
83:ノイシュヴァンシュタイン城
83:ハンザテウトニカ 【済】【所】
83:ペンギンパーティ 【済】【所】
83:ユニオンパシフィック
83:惨劇RoopeR X
89:アルケミスト 【済】【所】
89:ヴォーパルス
89:ギャラクシートラッカー
89:ギンコポリス
89:クイズいいセン行きまSHOW!
89:くだものあつめ 【済】
89:サンファン
89:ドメモ
89:トロワ
89:ネイションズ 【所】
89:ビブリオス 【済】
89:マンハッタン 【済】
89:人狼 【済】【所】

イスタンブール

イスタンブール〈Istanbul〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.0
Istanbul 2014

プレイ人数:2~5人
プレイ時間:60分
対象年齢 :10歳以上
作者   :〈Rüdiger Dorn〉
ルール量 :多
プレイ感 :中
箱・タイプ:大
備考   :2014年ドイツゲーム大賞エキスパート部門 1位
      2014年金のルド賞(ベルギー) 1位
      2014年スイスゲーム大賞 1位
      2014年ドイツゲーム賞 2位
      2014年国際ゲーマーズ賞 ノミネート
      2014年ミープルチョイス賞 ノミネート
      2014年チェコゲーム大賞 ノミネート


商人となって様々な商品を売買して、ルビーを集めるゲーム

ボードはランダムに配置されるタイルを1マスとした4×4のマス目で構成される
タイルは様々な場所を示し、
噴水タイルをスタート地点にして自分の商人を動かしていく

このゲームの特徴として各プレイヤーは1つの商人駒と5つの助手駒を持ち、
最初は商人駒の下に5つの助手駒を重ねて1つの駒のようにしておく

手番が来たら縦横に最大2マスまで商人駒(と重なっている助手駒)を動かし、
移動を終えたマス(場所)に依存したアクションを行うことができるが、
その時に助手駒を1つその場所に置く必要がある

また商人駒の移動先に既に自分の助手駒が置かれている場合、
助手駒を1つ置く代わりにそこにある助手駒を回収してアクションを行う

アクションには商品やお金、カードを得るもの、
そして商品やお金をルビーと交換するものなどがある

このように移動+助手の配置or回収を繰り返し、様々な行動を行っていくが、
異なる場所に行きすぎると助手が少なくなってしまうジレンマ
噴水タイルのマスに戻れば助手を全て回収できるが、それで1手番を消費してしまう

また他人がいるマスに入る時にはお金を払わなければならず、
無駄な出費を減らすために他人とのルートを避ける駆け引きがある
そして最終的にルビーを先に5個集めたプレイヤーが勝利と目的も明快
王道ボードゲームならではの初期タイルの配置パターンの変化もある

シンプルなルールで他人との絡み、戦略的要素があり、
時間も60分程度と簡潔にまとめ上げられている優秀作
初心者から上級者まで幅広く楽しめる思考系ボードゲームです

第10回 優雅なボードゲーム会 準備

第10回 優雅なボードゲーム会の準備

P1130429.jpg

今回の持ち込みゲームをざっと並べてみました
いつもより数は少な目?と言っても容量は地味にいつもより多かったり
果たして持っていけるのだろうか…
そして今回は参加者の方の協力もあり、過去最大量のゲームが集まる予感
持ち込んでいただける皆様、ありがとうございます

いつもより3時間長く時間を取っていますので、
思考系ゲーム、パーティ系ゲーム共に少し長めのプレイ時間のものを持ち込みます
この日は一日じっくりボードゲームを楽しみましょう

購入ゲーム 紹介34 モンバサ、シェイクスピア、イスタンブール、他

最近購入したゲームの紹介
予約していたエッセン新作2つも届きました

・モンバサ
P1130412.jpg

投資家となってアフリカの勅許会社に投資してお金を稼ぐゲーム
10月にドイツのエッセンで発表された新作の中で最重量級ゲームと判断し購入
新作投票スカウトアクションで2位、プレイ時間150分という仕様がそれを物語る
世界最大評価サイトBGGでの平均評価がある程度固まった現状で8超えという化物
2~4人プレイ、果たして遊んでくれる人はいるのだろうか…汗

・シェイクスピア
P1130415.jpg

様々な職人や役者を雇い、演劇の質を高めるゲーム
優雅なテーマと侮るなかれ、プレイ時間90分で計画性必須の思考系
スカウトアクション4位、BGG平均評価7.5超えと安定の高評価
美しいアートワークは必見、1~4人プレイ…1人プレイはしませんよ笑

・イスタンブール
P1130416.jpg

2014年にドイツゲーム大賞のエキスパート部門で1位に輝いたゲーマーズゲーム
と言ってもエキスパート賞では珍しくプレイ時間60分とほどよい長さでルールもシンプル
商人となって様々な産物を売買し、ルビーをいち早く集めることを目指す
今月拡張セットも発売された、まだまだ旬なゲーム
BGG平均評価7.5超え、2~5人プレイ、綺麗にまとめ上げられた作品です

・動物さがし
P1130421.jpg

5色のいずれかが着色された動物カードを使ったカルタ
全5種類の動物の内4種類が描かれ、違った色が着色されたお題の札を使い、
場のカードの中からお題の札に色と種類が一致しない動物カードを探す
2~8人プレイと人数の幅が広いパーティゲーム
慣れればお題の札と場札を入れ替える究極ルールがある模様

第10回 優雅なボードゲーム会

12/12(土)は第10回 優雅なボードゲーム会をやります (前回の様子はこちら

yuga9_17.jpgyuga7_12.jpgyuga7_13.jpg
yuga8_11.jpg
yuga8_17.jpgyuga9_9.jpg
yuga3_15.jpg
yuga8_9.jpgyuga6_29.jpg

日時:12/12(土)10:15~20:00
場所:京都
参加費:800円(フリードリンク付き)

第10会記念ということで時間延長しました、途中参加・途中退場自由です
世界の様々な傑作ボードゲームを楽しむ会です
ちゃんとルール説明しますので初めての方でもご心配なく

私の知り合いの知り合いまでのクローズな会です
参加者が各地から来られますので、交通の便が良い場所を選んでいます
来られる方は友達も呼んでもらえると嬉しいです

会場は飲食可能です
お菓子もある程度持っていきますが、ご協力頂ける方がいると助かります

◆持ち込みボードゲーム
タブラの狼……………………多人数心理バトル、定番の人狼ゲーム
ロバの橋………………………印象に残る話を作り、他人にキーワードを記憶してもらうゲーム
マフィア・デ・クーバ………マフィアの宝石を取った盗人を暴き出す人狼系ゲーム
究極のワンナイト人狼………様々な役職が加わったワンナイト人狼の進化版
コヨーテ………………………自分の数字がわからない中、全体の合計値を予測する推理ゲーム
ライトライン…………………光のラインの長さを見極める瞬間思考ゲーム
動物探し………………………お題の札に色も種類も描かれていない動物を探すカルタ
ミステリウム…………………ゴーストの断片的な記憶から事件の真相を暴く推理ゲーム
ボーナンザ……………………豆を育てて換金して大儲け、傑作交渉ゲーム
アベ・カエサル………………一瞬で爽快、古代ローマのチャリオッツ競走
ハゲタカのえじき……………数字のバッティングを見極める、読み合いゲーム
イスタンブール………………商人となって助手を効率的に働かせルビーを集めるゲーム
プエルトリコ…………………プランテーションで栽培したものを輸出し貿易で儲けるゲーム
サンクトペテルブルク………職人や貴族の力を借りて都心の再建に貢献していくゲーム
花火……………………………生まれる一体感、協力推理ゲーム

◆参加者持ち込み予定
スコットランドヤード東京…警察VS姿の見えない怪盗の壮絶バトルの東京版
ブロックス
クイズいい線行きまSHOW
ぴっぐテン
アルゴ
ペッパー………………………ペッパーカードを避けるトリックテイキング
ゲシェンク……………………要らないギフトは他人に回そう、相場とタイミングの判断ゲーム
ペンギンパーティ……………同じ色の上にカードを積み上げるトップ争い
コロレット……………………同じ色のカメレオンを集める思考ゲーム
交易王
ゴキブリポーカー……………訪れる負のスパイラル、嘘付き心理戦
髑髏と薔薇……………………ハッタリの境地へ、傑作ブラフゲーム
赤箱ニムト
キテレツカップリングパーティー
デラックスピット
なんじゃもんじゃ
ハリガリ………………………条件が揃ったらすかさずベルを鳴らす瞬発系ゲーム
ドブル
おばけキャッチ………………対応する駒をいち早くキャッチする瞬発系ゲーム
スピードカップス……………カードのイラスト通りにカップを積み重ねる瞬発系ゲーム
コンセプト……………………発想と閃き、画期的クイズゲーム
ブラフ…………………………ダイスの目の合計を推理し、予想を吊り上げていくハッタリゲーム
ブラックストーリーズ(実話編)
フリッツの宝探し
カタンの開拓者………………計画、交渉、そして運、陣取りゲームの最高傑作
お邪魔者………………………仲間の中に潜むお邪魔者は誰か、鉄板の疑心暗鬼ゲーム
レジスタンス:アヴァロン…推理が熱い、脱落者無しの人狼ゲームの集大成
おおおおかみ…………………イソップ童話、狼少年の嘘に騙されないように獲物を探す推理ゲーム
ノイシュヴァンシュタイン城
カルタヘナ2
宝石の煌き

まだ考え中のところもありますので、多少変更するかもしれません
他にも希望があれば(持てる余裕があれば)持っていきます (所持ゲーム一覧
参加者の方で何か持ち込んで頂ける方がいたら助かります

~注意事項~
●当日は簡単な名札を付けてもらおうと思っています
 都度の自己紹介を省き、スムーズなゲーム進行にするためにご協力をお願いします
 本名でもニックネームでも大丈夫です、自分が呼んで欲しい名前でけっこうです

●不適切な発言は控えましょう
 年齢もまちまちですので初対面の方にはなるべく敬語を使って下さいね
 誹謗中傷、悪態をつく行為はやめましょう

●途中参加・途中退室可能ですが、途中参加の場合は少しお待ち頂く場合もあります
 なるべく待ち時間が無いようには配慮します

●ボードゲームは大切に使いましょう
 カードが痛んだり、駒がなくなったりすると以後そのゲームでは遊べなくなります
 遊び終わったら、内容物は元通りに戻すようご協力お願いします

●会場は清潔にしましょう
 お菓子や飲み物等はこぼさないいよう注意して下さい
 出たゴミ等は各自で持ち帰るようお願いします

何か質問や要望等ありましたら私までご連絡下さい
海外ボードゲームの面白さを知ってもらえたらと思います

マフィア・デ・クーバ

マフィア・デ・クーバ〈Mafia de Cuba〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.0
Mafia de Cuba

プレイ人数:6~12人
プレイ時間:20分
対象年齢 :10歳以上
作者   :〈Philippe des Pallières, Loïc Lamy〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:中
備考   :ドイツのゲーム
      


ボスの部下の中に紛れた盗人を暴き出す人狼系ゲーム

片手が入るくらいの箱に、いくつかの役割チップと15個の宝石が入っている
役割チップは人数よって変わり、
過半数の「ボスの部下」と1~2枚の「スパイ」、1枚の「運転手」で構成される

まずボス役を決め、この箱をボスの左隣のプレイヤーから時計回りの順に回していき、
各自1枚のチップか1個以上の宝石を秘密裏に取っていく

箱が全員を回ったら最後にボスが中身を確認した上で1人ずつ尋問していくことができる

回って来た箱の中に何が残っていたか、何を取ったかなど自由に質問することができるが、
質問された側は嘘を言ってもよい(ボスの部下以外は基本的に嘘をつく)

ある程度尋問した上で、ボスは宝石を取った盗人だと思うプレイヤーを告発できる
告発されたプレイヤーは取ったもの(チップか宝石)公開し、
宝石を取っていた場合はボスに全て返さなければならない

この告発を繰り返し、ボスが全ての宝石を回収できればボスとボスの部下全員が勝利する
もし告発されたプレイヤーが宝石を取っていなかった場合は、
ボスはそのプレイヤーにジョーカートークン(ビール)を渡さなければならない

プレイ人数に応じてボスが持つジョーカートークンは0~2個だが、
渡せるトークンが無い場合はその時点で宝石を一番多く持っている盗人が勝利する

他にも告発されれば即座に単独で勝利するスパイや、
自分の右隣のプレイヤーが勝利すれば共に勝利できる運転手といった役割もあり、
最後まで気を抜けず疑心暗鬼要素満載

他の人狼系ゲームと違ってプレイヤーの意思で役割を選ぶため、
プレイヤーの性格が出る独特のシステム

1ゲーム10~30分程度で終わり、手軽に何度もできる優秀作
最低人数が6人からと敷居が高いものの、最大人数が12人までと貴重
ブラフ好き、推理好きの人には是非お薦めのゲームです

第9回 優雅なボードゲーム会 感想

第9回 優雅なボードゲーム会の感想

yuga9_1.jpg

この日は私の持参ゲームの数と同じくらい参加者の方の持参ゲームが集まりました
最近は仲間内でもボードゲームを買う人が増えてきたので、私の負担が減ってきました
以下、プレイされていたゲーム

・なんじゃもんじゃ
yuga9_2.jpg

頭に足の生えた様々な生き物に名前をつけていくゲーム
初めて登場した生き物には名前をつけ、再び登場した時には一番に名前を言った人が獲得できる
なんだこれは…めちゃくちゃ面白いじゃないか
瞬発系の盛り上がり要素にネーミングセンスによる笑いもある
とりあえず瞬発記憶系ということで奮闘するも1枚差でOguさんに敗北
素晴らしいパーティゲームです

・ドッカーン
yuga9_3.jpg

場の設計図に従い1人がブロックを積み上げる中、他の人がカタパルトで砲撃するゲーム
私はプレイしていませんが、楽しそうなアクションゲームでした

・パンデミック
yuga9_4.jpg

2009年のドイツゲーム大賞にノミネートしたゲーム、病原菌が蔓延する世界をワクチンで救う
プレイヤーは研究チームの一員となって世界中に足を運び、病原菌を駆除していく
かなり効率よく手番を行わないとクリアできない思考系の1つ
今回は4人プレイで見事世界を救ったようです、お見事

・カルタヘナ
yuga9_5.jpg

カードを効率よくプレイして自分の海賊を全員島から脱出させるゲーム
ボードのマスに描かれたアイコンがカードに対応していて、プレイしたアイコンまで駒を動かす
既に駒があるマスは無視し、ゴールまでに無いアイコンのカードをプレイすれば脱出

yuga9_8.jpg

皆が次々と脱出する中、Koma氏の海賊だけが3人置き去り

yuga9_7.jpg

と思いきやここでKoma氏の秘策、アルフォート!!
確かにこれはゴールまでに無いアイコン、即ゴール…なんでだよ(笑)
いや、それにしても似てますね、完全に一致w

・ブラックストーリーズ
yuga9_6.jpg

断片的なヒントから事件の真相を推理するクイズゲーム
これは人数制限なしで場所も取らず重宝しますね
この日はやっていませんが、出題者側も楽しいゲームです

・サンクトペテルブルク「第2版」
yuga9_9.jpg

2004年のドイツゲーム賞で1位に輝いた思考系ゲーム
職人、建物、貴族による収入を効率よく確保し得点を稼いでいく
既に持っているカードや人気のないものが安く買えるなど、駆け引きと綿密な計画性が問われる
それでいてルールが少ないというなかなか珍しい作品
この第2版は裏面を使うことで通常版より1人多い5人プレイも可能
これまで国内流通はありませんでしたが、ついに来年1月に国内販売されるようです

・キテレツカップリングパーティ
yuga9_10.jpg

様々な特徴を持ったキャラクターを作成し、ターゲットに選んでもらうゲーム
私はやっていませんが、なんでも奇人変人しかできあがらないとか(笑)
キャラクターを作った上で自分が選ばれなくても、選ばれそうな人を当てればいいらしい
そんなゲーム性もありつつ、現実離れしたキャラクターで盛り上がれるパーティゲームの模様

・マフィア・デ・クーバ
yuga9_11.jpg

先月発売されたキューバのマフィアをモチーフにした変則的人狼系ゲーム
宝石と役割チップの入った箱を回していき、全員がこっそり何かを取っていく
箱の中は役割チップ:ボスの部下4枚、スパイ1枚、運転手1枚、そして宝石:15個
最初は私が優雅会のボス役(笑)このファミリーの中に宝石を盗むような不届き者がいるわけ…

yuga9_12.jpg

0じゃないか…(1巡回って返ってきた箱の中身)

しかも、運転手まで残されているということは私以外の8人中半分が不届き者

yuga9_13.jpg

1人ずつ尋問していき、確信を持ったら告発し取ったものを出させることができる
犯人はKawa氏だ!…と一発目からボスの部下を告発してしまうという暴挙、すいませんでした
しかし1回のミスはお酒を奢ることで許されるというルール(ビールタイルを渡します)
なんとか他の情報と消去法により、盗人全員を告発成功…犯人はヤス(笑)
これは短時間で疑心暗鬼満載のいいゲームですね、ちょっと慣れた方がより楽しめそうです

・ブラフ
yuga9_14.jpg

1993年のドイツゲーム大賞で1位に輝いたブラフゲーム
パイレーツオブカリビアン2でデイビージョーンズとウィルターナーがこれで戦ったのは有名
6人の最大人数で盛り上がっていました

・コンセプト
yuga9_15.jpg

2014年のドイツゲーム大賞にノミネートされた画期的クイズゲーム
言葉を使わず様々な意味を持つアイコンだけでお題を伝える発想系
内容は見ていませんでしたが、やったことのない人には是非やってもらいたい作品

・宝石の煌き
yuga9_17.jpg

2014年のドイツゲーム大賞にノミネートされたゲーム
効率よく宝石を取っていくのが難しく、かなり頭を使う思考系
女性3人も交えてプレイされていましたが、ウケはどうだったのでしょうか…

・ウィーン
yuga9_16.jpg

今年発売されたダイスゲーム
なんとなく優雅なゲームと侮るなかれ
ダイス配置とシンボル確保のジレンマ満載の思考系ゲーム

yuga9_19.jpg

最後は私のぶっち切り…と思いきや最終決算のシンボル得点と銀貨の得点でモッチさんが逆転
まさかの1点差でした、これもルールはシンプルですが頭を抱える良い作品です

・コヨーテ
yuga9_18.jpg

自分のカードの数字がわからない中他人の数字だけを見て合計値を予想するゲーム
ハッタリ要素もあり、他人の発言からの推理要素もある鉄板ですね

・ハリガリ
yuga9_20.jpg

同じ果物がちょうど5個になったらベルを鳴らすという天才的発想(?)のゲーム
いち早くベルを鳴らせた時の爽快感がいいですね
この日もなかなか白熱していました、私もやりたかった(笑)

・ディアボロ
yuga9_21.jpg

サイコロを振って出た目が指し示す色の駒を取る瞬発系
サイコロの合計を数える瞬時の計算力が大事…と見せかけて直感が大事なゲーム
とりあえずこれのために持ってきたダイストレイが役に立ってよかったです

・ドブル
yuga9_22.jpg

色々な遊び方ができる瞬発系ゲーム
たくさんのカードなのにどれも共通のイラストは1つしか描かれていないという
押し付け合いや減らし合いなど、短時間で盛り上がれる瞬発系ゲームです

・ピンクストーリーズ
yuga9_26.jpg

ブラックストーリーズと違って人が死なない平和なテーマの推理ゲーム
前に見ていた時はお題がややこしくて微妙という意見もありましたが、
カニいわく選べばけっこういいお題もあるらしい
まだやったことがないのでまたやってみたい

・ライトライン
yuga9_23.jpg

5種類の遊び方ができるカードゲームですが中でもこの「ヘッドライン」は逸材
場に並ぶカードを回転させて長い色を考える瞬発系パズルゲーム
シンプルですが、個人的に好きなゲームです

写真を撮り忘れましたが、他にもトリックマイスターペンギンパーティなどが遊ばれていました

・人狼
yuga9_24.jpg

最後は恒例の人狼ゲーム
今回は人狼しない人と分かれて15人プレイ
役欠けありルールで前回ボディガードを引き抜いた私が今度は予言者を引き抜くハプニング
そう、私は持っている男…村人チームの皆様すみません

今回も例によってカニが早々に投票で離脱し、ライナーさんが襲撃で脱落
その後怪しかった?Ab氏が投票で脱落し、襲撃→きたむさん、投票→カズキさんと脱落
Eさん(仮)が霊媒師を名乗るもこれまで脱落した人はみんな白(人狼ではない)
そしてボディガードを警戒してか人狼も霊媒師を襲撃しない状況
Eさん(仮)が人狼初プレイでなければ霊媒師が疑われてもおかしくなかったかもしれない
投票→ヤス、襲撃→Oguさんと続くもまだ人狼が暴けず後がない
ようやく人狼のジラ氏が投票で脱落し、一か八か霊媒師のEさん(仮)を襲撃する人狼Koma氏
ボディガードのOguさんがずっと霊媒師のEさん(仮)を守っていたのに惜しい
残り4人とまだミスの許されない状況で投票で選ばれたのはYuさん
残るは3人、まっちゃん、いわさん、Koma氏で夜のターンを迎えまっちゃんが襲撃に
ここで人狼が全体の半分となり人狼側の勝利!

(最後の夜のターンいるの?という人のために補足ですが、もしボディガードが残っていれば、
護衛に成功する可能性があるので3人でも村人チームの逆転の目があります)

【狼チーム】
人狼:Koma氏、ジラ氏
憑依者:Ab氏

【村人チーム】
予言者:私(司会進行兼)
霊媒師:Eさん(仮)
ボディガード:Oguさん
フリーメーソン:いわさん、ライナーさん
村人:カニ、きたむさん、まっちゃん、カズキさん、Momoさん、Yuさん、ヤス

予言者がいなかったのに、最後の最後までいい勝負だったと思う
次はいったいどんな役職が引き抜かれるか…楽しみですね(笑)

yuga9_25.jpg

今回は初参加の方も2人お越し頂き、21人の参加でした
いつも友達を誘って頂いている皆様、ありがとうございます
私はルール説明くらいしかできないので、ホント助かります
今回は持ってきた重めのゲームもプレイされていましたし、
私がやりたかったゲームも色々できて満足です

次回は同じ場所で12/12(土)10:15~20:00です
1周年記念?か第10回記念?にこじつけて時間増量します
気合い入れて色々持っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します







ゲーム会 感想90 ル・アーブル拡張「ル・グランアモー」

ゲン宅にて私、カニ、ゲンでル・アーブルをプレイ
今回は拡張ル・グランアモーの特別な建物入り

P1130126.jpg

アグリコラの作者の収穫3部作の1つ
相変わらずのコンポーネントの多さだが、箱庭が無い分まだ省スペースか
資源は100均で買ってきた木製小皿に収納、最近の100均はクオリティが高い

P1130124_1.jpg

手番毎に資源やお金を獲得して自分の貿易港を発展させていくが、
全員合わせて7手番毎に決算があり、まとまった食料が必要になる
手番はボード上の船を矢印のように動かすことで管理する

P1130129.jpg

同時にボード上の船を動かすことで、場の共通スペースに様々な資源が補充される
補充される資源は船を動かしたマスに描かれており、ゲーム毎にこの順番は異なる
手番が来たら以下の①②のどちらかを選んで実行する

P1130145_1.jpg

①ボード上にある7つの共通スペースから1か所を選び、置かれている資源を全て取る

P1130134_1.jpg

②建物カード上(他人のものでも可)に自分の駒を配置して、書かれているものを得る

P1130135.jpg

建物カードはプレイヤーが所有するものの他に、
街が所有する建物カードもあるのでこちらに駒を配置してもよい

建物カードは②の行動で資源を支払って建てることができるが、
お金さえあれば手番中に何枚でも購入でき、ゲーム中いつでも半額で街に売ることができる
そのため不要になった建物カードを売って新しいものを買うなど行動の自由度は高い
最終的には持ってるお金と建物カードの価値の合計が高い人の勝ち

ルールは意外とシンプルに見えるが、3人プレイで決算18回+3手番(全129手番)なので、
1人当たり43手番と長丁場なゲーム

P1130137.jpg

1戦目はゲン185点、カニ175点、私160点でゲンの勝利
やはり海運会社を持っていたのと建物の得点率をUPさせる市役所を持っていたのは強み
ただカニも大量の牛を輸出して稼いでおり、得点計算をちょっと間違えていた模様
なので本当はカニが勝っていたかも…どちらにせよ接戦だったということですね、私以外は(笑)

P1130149.jpg

2戦目はゲン216点、カニ200点、私175点でゲンの勝利
拡張ル・グランアモーの建物、漁師小屋でゲンが毎手番所有する魚を1.5倍に
最後は400匹ほどの魚をセーヌの川で3匹1点に変えるという荒業、なんというパワープレイ
私は40金ほどの借金を背負い、なんとか返済したものの追いつけず…借金戦略は微妙だったか

P1130161.jpg

3戦目は私278点、カニ271点、ゲン209点で私の勝利
今回は全種類の食料(肉、燻製、パン)を確保する食料品店が単純に強かった
私がタイミング良く建物を得点化する市役所と銀行を両方取れたところでわずかに逃げ切り
カニも漁場、燻製所、魚市場と戦略を一本化戦略でお金を稼ぎ僅差
ゲンも肉をお金に変えるステーキハウスで得点を稼いだがやはり借金が足かせに

P1130169.jpg

4戦目は私291点、カニ200点、ゲン199点で私の勝利
今回は序盤から中央市場で登場する特別な建物をのぞき見し鉄戦略に固めたのが成功
建物の数によって鉄とお金が入るル・グランアモーの建物、経済課が強すぎ
後半はもうゲンとカニも私が何点取れるか見守るモードに入っていました
ゲンもコークス工場で燃料を稼ぎ船を集め食料を節約し、最後は豪華客船まで入手
カニは大量借金を簡易裁判所も使って返済し、市役所の得点でゲンと1点差

この日はル・アーブル4回のみと終日ル・アーブルの日でした
それだけ何度でもやりたくなるゲーム、とりあえず私の中では殿堂入り(笑)
1ゲーム約2~3時間という長いゲームですが、毎回状況が変わる中、
どういう戦略に切り替えていくか、次にどんなことをしようか考える要素が色々あって面白い
序盤のミスが勝敗にあまり影響しないところもいいところですね
結局、序盤で出遅れても中盤でどういう得点方法に持っていくかで決まる印象でした
なので楽しそうな戦略を見つけるのが大事ですね
たとえ多少選択ミスしようが、借金しようが(笑)
物乞いを貰ったら勝利がかなり厳しくなるアグリコラと違い、後で返済できる借金システムは逸材
プレイ人数は3~4人が丁度よさそうですね、前回の5人プレイとは感覚が違いました
これは何度もやりたいゲーム、重ゲーですがまたおつきあい下さい

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
11/9(土)13:00~20:00
12/14(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
553位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
19位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-