FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月
ARCHIVE ≫ 2016年03月
      

≪ 前月 |  2016年03月  | 翌月 ≫

ゲーム会 感想100 究極のワンナイト人狼、他

自宅にて私、Koma氏、Kawa氏、Kざわさん、いわさん、ニュクスにてゲーム会
Momoさんも来るはずがバイクが無残なエンジンで発見されたため欠席に(笑)
以下、プレイしたゲーム

・Turn
P1140905.jpg

その名の通り、手番にタイルを90度回転させて自分の色で4マスの四角形を作るゲーム
次の手番の人は前の人が回転させたタイル及びその縦横は回せないためなかなかシビア
一番外側にある自分の色は全く役に立たないので、さりげなく自分の色を内側に集めるのが
恐らく効率的と思われるが、リーチになれば邪魔されるためなかなか難しい

P1140908.jpg

最後は一瞬の隙をついてKざわさん(青)の勝利
これはルールはシンプルながらガチの思考系でした
4人プレイだと1・3番手、2・4番手の千日手もありえそうなので3人くらいがベストかも
ルールを聞いた時点で良いゲームだと思いましたが、これは良いゲームでした

・渡る世間はナベばかり
P1140907.jpg

Kざわさんがゲームマーケットでゲットしてきたネタ臭満載のゲーム
…と思ったらガチの神経衰弱でした、しかも20種類ある邊の漢字で(笑)
これだ!!…とめくっても点が1個多かったり、「ハ」だったり「八」だったり

P1140910.jpg

最後はいわさんが残ったタイルをかき集め勝利
私も途中から覚醒したものの一歩遅く、1個差で敗北…ぐぬぬ、悔しい

・ブースト
P1140914.jpg

全員一斉にイラストカードの山をめくり、
10種類ある要素の中で共通する要素のカードがあれば宣言する瞬発系ゲーム
「果物」だと思ったら「スイーツ」だったり、「動物」だと思ったら「モンスター」だったり
単純ながら類似した要素に翻弄されまくりでした
なかなかシンプルでかつ独特の瞬発系…これは買いですね

・究極のワンナイト人狼
P1140938.jpg

海外アマゾンから取り寄せた究極のワンナイト人狼拡張をテストプレイ
まだ国内流通していないが、ルールの時点でワクワクが止まらない注目作
果たして、その内容はいかに

P1140920.jpg

そして無料配布されている究極のワンナイト人狼の自動音声アプリもダウンロードしたので、
もう司会不要、目を閉じながら次の役職が何だったか考える苦悩とはもうおさらばだ

P1140929.jpg

まずは基本の究極のワンナイト人狼で肩慣らし
途中、私、Koma氏、いわさんの3人がトラブルメーカー宣言したり、
KざわさんとKoma氏が皮なめし職人だと言い張ったり、
平和村でKawa氏に私が猛烈に疑われたり…やはり日頃の行いか(笑)、
疑心暗鬼満載で面白かった、やはりトラブルメーカーは楽しい

P1140931.jpg

究極のワンナイト人狼「夜明け」
投票した人を守れるボディガードはなかなかのキーカード
能力持ちの人狼に対し、占い師見習いなど村人側も強化できて良いバランスでした
誰か1人を人狼カードに変えるアルファウルフも新展開があって面白かった

P1140947.jpg

究極のワンナイト吸血鬼、少し複雑ですがこれは慣れれば人狼以上に面白いかも
役割カードの効果にチップのサブ効果が加わって様々な可能性が生まれるようになりました
誰か1人を噛んで吸血鬼にするという要素がテーマに沿っていて良い
アルファウルフと違って噛まれた人が吸血鬼になったことを認識できるのも面白いですね
また人狼の方と混ぜてできる、村人vs人狼vs吸血鬼もやってみたい

P1140934.jpg

ここでちょっと休憩タイム、いわさんが買ってきてくれたタコ焼き…ではなく、
タコ焼きに見えるスイーツを皆で頂きました、なんというアイデア商品、ありがとうございます

P1140936.jpg

それから100回記念ということで買っておいたドイツ産ケーキを頂きました
近くに売っているのでまた買っておきましょうかね

・スチームパンクラリー
P1140954_2016033000210962a.jpg

こちらもまだ国内流通していないが、ルールを見て面白そうだったので海外より取り寄せ
ゲーマーにはたまらないカードドラフト、シナジー効果など期待は高まるばかり
この手のゲームには珍しく、最大8人までプレイできるのも魅力
Kざわさんといわさんが帰宅し、今回は私、Koma氏、Kawa氏、ニュクスの4人プレイ
史上類を見ないエンジン全開のレースゲーム…の内容はまた書けたらプレイ記で(笑)
スポンサーサイト



なんじゃもんじゃ

なんじゃもんじゃ〈Toddles-Bobbles〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.5
Toddles-Bobbles.jpg

プレイ人数:2~6人
プレイ時間:15分
対象年齢 :4歳以上
作者   :〈Лебедева Алёна〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:小
備考   :


頭に手足の生えた個性的な生き物達が描かれたカードを使った記憶ゲーム
12種類5枚ずつのカードを混ぜた山札を作り、
プレイヤーは順に1枚ずつ山札からカードをめくっていく

めくられたカードが初めて見るカードだった場合、
めくったプレイヤーはそのカードに描かれた生き物に名前をつける
めくられたカードが見たことのあるカードだった場合、
誰でもその生き物につけられた名前を発言することができ、
いち早く正しい名前を言ったプレイヤーが得点する

単純なルールのようで、やってみると意外と名前が出てこないから不思議
次々と登場する生き物、次々と覚えなければならない名前
名前の付け方にもセンスが問われるユニークなゲーム
ゲーム毎にネーミングのテーマを決めるとよりいっそう面白くなる
初心者でも入りやすく、玄人でも熱い、何度やっても盛り上がるパーティゲームです

第13回 優雅なボードゲーム会 準備

第13回 優雅なボードゲーム会の準備
いつも並べているだけのワンパターンなので今回は一押しだけ抜粋

P1140983.jpg

今回の目玉はなんといっても海外アマゾンより取り寄せた究極のワンナイト人狼とその拡張
10人まで遊べる究極版で尚且つ、多彩な役職が選り取り見取り
「夜明け」と「吸血鬼」も加わり、疑心暗鬼の波が最高潮に押し寄せること間違いなし
もうこれだけで1日中遊べると言っても過言ではないですね

そして、カニが拡張を持ってきてくれるということもあり、
2015年のドイツゲーム賞で1位に輝いた旅ゲーの傑作、マルコポーロの足あとを持ち込み予定
「え~、それって重ゲーなのでは~!?」と思った方、安心して下さい…重ゲーです(笑)
もうこれだけで1日中遊んだくらい消耗すると言っても過言ではないですね

その他のボードゲームもいつも通り多数持ち込みます
ポットも借りれるのでまたコーヒー各種も持参しますよ
朝からまったり優雅な気分で楽しみましょう♪

スパイフォール

スパイフォール〈Spyfall〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.5
Spyfall.jpg

プレイ人数:3~8人
プレイ時間:15分
対象年齢 :12歳以上
作者   :〈Alexandr Ushan〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:中
備考   :


全員の中に1人だけ潜むスパイが誰かを探るゲーム

全30箇所からランダムに選ばれた「場所」がプレイヤーに知らされるが、
1人だけその「場所」がどこなのかわからない間抜けなスパイがいる

場所は「動物園」や「銀行」、「映画撮影スタジオ」など様々で、
プレイヤー達はその場所にいる・或いはその関係者という想定で会話を行い、
スパイが誰なのか探りを入れる

但し、スパイは場所がどこかわかった時点で会話を中断させ、
正しい場所を答えれば勝利することができる

そのため会話はスパイに場所がバレないよう絶妙なニュアンスを用いる必要があり非常に悩ましい
また、会話は1対1の質問形式で、最後に答えた人が任意で誰かに質問するという形を取る

そのため怪しい人にいかにボロが出そうな質問をぶつけるかなど、
限られた時間で会話の中に潜む違和感を探る必要がある

そして8分間の質疑応答の末、全員で相談した上でスパイが誰か投票し、
スパイ以外の全員がスパイを指せればスパイ以外の勝利となる

スパイは場所を知らないことがバレないよう、
スパイ以外は場所が特定されないよう、全員のぎこちない質問のやりとりに爆笑必至
人狼系の疑心暗鬼要素にユニークなシステムを取り入れた傑作パーティゲームです

第13回 優雅なボードゲーム会

3/27(日)は第13回 優雅なボードゲーム会をやります (前回の様子はこちら

yuga12_20.jpgyuga9_4.jpgyuga10_26.jpg
yuga10_7.jpgyuga11_22.jpgyuga10_22.jpg
yuga10_13.jpgyuga10_17.jpgyuga12_4.jpg
yuga10_11.jpgyuga10_1.jpgyuga12_8.jpg

日時:3/27(日)10:00~20:00
場所:京都
参加費:1000円

世界の様々な傑作ボードゲームを楽しむ会です
ちゃんとルール説明しますので初めての方でもご心配なく
私の知り合いの知り合いまでのクローズな会です

会場は飲食可能、途中参加・途中退場自由です
お菓子もある程度持っていきますが、ご協力頂ける方がいると助かります
ポットも借りれるようです、飲み物等も用意します

◆持ち込みボードゲーム
マルコポーロの足あと………商人となってアジアを旅し、特産物を集めて契約を達成するゲーム
サンクトペテルブルク………職人や貴族の力を借りて都心の再建に貢献していくゲーム
究極のワンナイト人狼………様々な役職が加わったワンナイト人狼の進化版
究極のワンナイト吸血鬼……単独でも究極のワンナイト人狼と混ぜても遊べる高度な吸血鬼版
コードネーム…………………限られたキーワードからメンバーのコードネームを推理するチーム戦
髑髏と薔薇……………………ハッタリの境地へ、傑作ブラフゲーム
スパイフォール………………全員の中に1人紛れた無知のスパイが誰かを推理する人狼系ゲーム
タイムボム……………………爆弾処理に奮闘するスワットと紛れ込むテロリストの疑心暗鬼バトル
ペッパー………………………ペッパーカードを避けるトリックテイキング
ニムト…………………………いかに他人にマイナスを取らせるか、数字の駆け引きゲーム
アベ・カエサル………………一瞬で爽快、古代ローマのチャリオッツ競走
コヨーテ………………………自分の数字がわからない中、全体の合計値を予測する推理ゲーム
コロレット……………………同じ色のカメレオンを集める思考ゲーム
ハゲタカのえじき……………数字のバッティングを見極める、読み合いゲーム
花火……………………………生まれる一体感、協力推理ゲーム
ザ・ゲーム……………………スリル満点、昇順降順に数字を置き切る協力ゲーム
タブラの狼……………………多人数心理バトル、定番の人狼ゲーム
バトルシープ
インディゴ

◆参加者持ち込み予定
ブロックス
ぴっぐテン
クイズいい線行きまSHOW
bokete
フォルム・ロマヌス
マルコポーロ拡張
赤ずきんは眠らない
ガイスター
バウザック
アルゴ
こっくり人狼
トランスアメリカ
アイランド
カルバ
マラケシュ
渡る世間はなべばかり
知ったか同窓会
知ったかJ-POP愛好家
Village Vanguard これ何のPOPでしょう?
ギオンフェスティバル
マネキング
Majority Party
おばけキャッチ1、2
デラックスピット
dobble
boost!
ハリガリ
バオバブ
ベストフレンドS(拡張)
似顔絵探偵
GOTCHA
Gobbit

まだ考え中のところもありますので、多少変更するかもしれません
他にも希望があれば(持てる余裕があれば)持っていきます (所持ゲーム一覧
参加者の方で何か持ち込んで頂ける方がいたら助かります

~注意事項~
●当日は簡単な名札を付けてもらおうと思っています
 都度の自己紹介を省き、スムーズなゲーム進行にするためにご協力をお願いします
 本名でもニックネームでも大丈夫です、自分が呼んで欲しい名前でけっこうです

●不適切な発言は控えましょう
 年齢もまちまちですので初対面の方にはなるべく敬語を使って下さいね
 誹謗中傷、悪態をつく行為はやめましょう

●途中参加・途中退室可能ですが、途中参加の場合は少しお待ち頂く場合もあります
 なるべく待ち時間が無いようには配慮します

●ボードゲームは大切に使いましょう
 カードが痛んだり、駒がなくなったりすると以後そのゲームでは遊べなくなります
 遊び終わったら、内容物は元通りに戻すようご協力お願いします

●会場は清潔にしましょう
 お菓子や飲み物等はこぼさないいよう注意して下さい
 出たゴミ等は各自で持ち帰るようお願いします

何か質問や要望等ありましたら私までご連絡下さい
海外ボードゲームの面白さを知ってもらえたらと思います

コードネーム

コードネーム〈Codenames〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.5
Codenames.jpg

プレイ人数:2~8人以上
プレイ時間:15分
対象年齢 :14歳以上
作者   :〈Vlaada Chvátil〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:中
備考   :2016年ドイツゲーム大賞 1位


2チームに分かれて自分のチームのコードネームを推理するゲーム

場に5×5の25枚の単語カードを並べ、
その中には各チームの人数に関わらず、
それぞれ自チームのコードネームとなる8~9枚の単語が存在する

各チームの1人はスパイマスターとなり自チーム・相手チームのコードネームを知るが、
決してそれがどれかを話してはならない

ゲームの流れとしてはチームのターンが交互に繰り返され、
ターンが訪れたチームのスパイマスターは1つだけヒントを出すことができる

ヒントは「海外」・「2」や「食べ物」・「3」といったように、
「自チームのコードネームを連想できそうなキーワード」・「そのコードネームの枚数」の
組み合わせを宣言することができる

ターン進行チームのスパイマスター以外のプレイヤーは、
そのヒントを踏まえて単語カードの中から自チームのコードネームを答えることができ、
正解すれば続けて別のコードネームを答えてもよく、
(最大でもスパイマスターが宣言した数字+1枚まで)
間違えれば相手チームのターンとなる

こうして先に自チームのコードネームを全て当てたチームが勝利となる

また25枚の単語の中に1つだけ、
どちらのチームが答えても即敗北となる「暗殺者」が割り当てられており、
それもスパイマスターには知らされているため、
チームメイトが間違ってもそれだけは答えないようヒントに注意しなければならない

1つのヒントでいかに多くの情報を伝えるか、メンバーの発想力が問われ非常に奥深く、
人数制限もなく大人数でこそ様々な気付きが生まれると思われるゲーム
単語だけで展開される推理と駆け引きは必見、アイデア賞です

祝100000アクセス

ブログのアクセス数が100000を超えました
(チェックしたら100001でした…惜しい笑)

100001access.jpg

…だから何だと言われそうですが、
細々と続けていたこのブログが6桁に達したのは大変嬉しいことです
私がブログを書いていることは一緒に遊ぶ人くらいにしか教えていませんでしたが、
私の見知らぬどこかの誰かにも見て頂けているのでしょうか

その時の気分で書き綴っているだけの内容ばかりですが、
これからも全力で優雅なボードゲーム生活を続けていきますので、
ご哀願賜りますよう、よろしくお願い申し上げます

マイクロロボット

マイクロロボット〈Micro Robots〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.0
Micro Robots

プレイ人数:∞
プレイ時間:20分
対象年齢 :8歳以上
作者   :〈A.Kuhnekath〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:小(正方形)
備考   :


ルールが変わって帰ってきたハイパーロボットの別バージョン
今回は端以外に壁のない6×6のマス目上で1つのロボットが動く
早い者勝ちでゴールまでの最短ルートを考えるルールは従来同様だが、
ロボットの動かし方が新しくなった

6×6のマス目にはそれぞれ1~6の数字が6色のいずれかの色で描かれており、
ロボットの動かし方は現在ロボットがいるマスと同じ列(斜め不可)にある、
現在ロボットがいるマスと同じ数字か同じ色のマスまで動かして一手と数える

これにより壁や障害となる他のロボットがなくても、
意図した方向へ動かすのは一筋縄ではいかない
ゴールは色サイコロと数字サイコロを同時に振って決め、振った瞬間からゲームスタート

6×6のマスは3×3のマスタイル4つをランダムに繋げて作り、
裏表仕様(裏と表は混在せず)のため512通りのボードが出来上がる
またゴールまでに経由しなければならないマスもサイコロで決める上級ルールもあり、
人数無制限で初心者から上級者まで楽しめる仕様

また本セットに同梱されているロボットは透明のものとなっており、
ヴァリエーションでハイパーロボットの追加のロボットとして使うこともできる
その場合は透明ロボットは1手を使い端以外の壁を貫通することも可能

コンパクトになって持ち運びやすくなった上、楽しみ方は色々
従来同様、人数制限も無制限と手軽に大人数で時間を潰せて重宝するパズルゲームです

購入ゲーム 紹介41 究極のワンナイト吸血鬼、マイクロロボット、他

最近、購入したゲームの紹介

・究極のワンナイト人狼:夜明け
P1140896.jpg

新たな役割が加わった究極のワンナイト人狼の拡張セット
ミスティックウルフやアルファウルフなど人狼側にも能力持ちが加わった他、
ボディガードや占い師見習い、魔女など村人側にも様々な役職が追加
他人をランダムで村人か人狼か皮なめし職人に塗り替える館長が波乱を呼ぶ
3~10人プレイ、究極のワンナイト人狼が更に盛り上がりそうな仕様です

・究極のワンナイト吸血鬼
P1140894.jpg

少し熟練者向けと思われる究極のワンナイト人狼からの派生セット
秘密裏の役割カードとは別に各自秘密裏のチップも持ち、
1回目に目をつぶり各役割がチップを入れ替える行動を行う夕暮れ時と、
その後各自チップを確認してから2回目に目をつぶり通常の夜を行うという、
2回に渡る夜の行動の末、チップと役割の両方を考慮して議論~投票で決着をつける
3~10人プレイ、究極のワンナイト人狼と合わせて人狼vs吸血鬼も楽しめる上級仕様です

・マイクロロボット
P1140892.jpg

コンパクトになったハイパーロボットの新バージョン
今度は壁までの移動で1手ではなく、各マス目に1~6の数字と6色の色がついており、
同じ色か同じ数字のマスまでの縦横移動で1手となる
目的地までのルートを考える通常ルールの他、経由マスも考える上級ルールもあり、
ハイパーロボットと合わせて遊ぶこともできるという豊富なヴァリエーション
プレイ時間20分、人数無制限の早押しパズルゲームです

・フォレロッテ
P1140890.jpg

サイコロを振って役を作り得点を稼ぐゲーム
振れば得点を増やせることもあるが、振り過ぎると何も得られないチキンレース
手番毎にカードをめくり、得点倍増のチャンスもあり最後まで気を抜けない
2~10人プレイ、プレイ時間30分のダイスゲーム

究極のワンナイト人狼 司会進行アプリ

究極のワンナイト人狼用司会進行の自動音声アプリがあるようです

One night

こちらの究極のワンナイト人狼購入ページの真ん中あたりにアプリのダウンロードURLがあります
http://beziergames.com/collections/all-uw-titles/products/one-night-ultimate-werewolf
(海外サイトに飛びます)

Web版であればダウンロード要らずでそのままブラウズ上で音声を流せます
http://onenightwerewolf.com/
(海外サイトに飛びます)

One night app

上の画像にあるようなキャラクターリストから今回使用するキャラクターを選択し、
PLAYを押すだけで司会進行がスタートします
投票までのタイマー機能もあるので便利です
BGMも流れるのでなかなか雰囲気があります(物音をごまかすのにも重宝します)

尚、究極のワンナイト人狼の他、究極のワンナイト人狼:夜明け、究極のワンナイト吸血鬼、
ボーナスパックといった拡張の役割も含まれています
私はWeb版しか試していませんが、他も同様と思われます

英語音声になりますが、プレイにさほど支障はないでしょう
究極のワンナイト人狼を買ったけれど、役割が多くて覚えきれない、司会の順番を間違える、
とお悩みの方々、一度試してみては是非いかがでしょうか

アンユージュアルサスペクツ

アンユージュアルサスペクツ〈Unusual Suspects〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.5
Unusual Suspects

プレイ人数:3~18人
プレイ時間:20分
対象年齢 :8歳以上
作者   :〈Paolo Mori〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:中
備考   :


人を見かけだけで判断する協力推理ゲーム

ランダムに選ばれた12枚の人物カード
そこには様々な特徴の外見だけが描かれている
それらを全員に公開し、その中で唯一の犯人を絞っていく

プレイヤーの1人が目撃者となり、目撃者は12枚の中のどれが犯人かを知っている
しかし目撃者は犯人の顔を全く覚えていないが、
何故か犯人の趣味趣向だけは知っているという設定で進行する
(目撃者役は犯人がどれかを言ってはいけない)

そこでプレイヤー達は質問カードを使って目撃者に問いかけ、
趣味趣向から犯人をつかもうとする

質問カードには「その人は旅行好きですか?」「その人はタバコを吸いますか?」など様々
目撃者役は、その質問に対し犯人の見た目の印象だけで「はい/いいえ」と答え、
それを聞いた目撃者役以外のプレイヤーは、犯人でないと思われるカードを除外していく

完全に見た目だけの判断となるため、目撃者が何故そう思ったのかを考えていくのが面白い
こうしていかに少ない質問で犯人を絞り込めるかを記録する
ゲーム毎に容疑者も変わり、目撃者が変われば判断も変わるため、
何度でも繰り返して遊ぶことができる

2チームに分かれて犯人でない容疑者をいかに多く除外するかを競う対戦モードもあり、
プレイヤーに配るコンポーネント等も特に無いため、プレイ人数は実質ほぼ無制限

どちらともとれそうな微妙な見た目に翻弄されること間違いなし、爆笑必至のパーティゲームです

クー:グアテマラ1954

クー:グアテマラ1954〈Coup: Gtuatemala 1954〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.5
Coup Gtuatemala

プレイ人数:3~6人
プレイ時間:15分
対象年齢 :12歳以上
作者   :〈Rikki Thata〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:中
備考   :


様々なカードが加わったクーの豪華版
5種類のカード3枚ずつを使うという基本システムは同じだが、
その選択肢はなんと25種類

使うカードにより極端なゲームにならないよう
「資金調達」「情報伝達」「武力」などに分類されたものから、
決められた枚数ずつ選べるようになっている

基本的に対抗アクション(ブロック)は、
同じカードで行えるようになっているため、基本セットよりもわかりやすい
攻撃の対象になった時、相手が言ったカードをそのまま(持っていると)言えば対抗できる

新しく加わったカードには、
誰かが脱落した時に効果を発揮するものや手番を追加で行うもの、
攻撃の対象にならなくなるもの、ライフを失った時に時のカードを公開しないなど様々

基本セット要らず、これ単体で遊べる鉄板ブラフゲームです

日本ボードゲーム大賞2015

情報遅いですが日本ボードゲーム大賞2015の結果が発表されました

私の投票内容
→日本ボードゲーム大賞2015に投票してきた

投票の結果(1~5位)は以下の通り

1位 ミステリウム
2位 マルコポーロの足あと
3位 枯山水
4位 海底探検
5位 パッチワーク

昨年は私が票を入れたゲームは1つだけでしたが、
今年は2つランクインということで私の好みが世間離れしていないようで安心しました
他にも7位にペンギンパーティ、9位にコヨーテと比較的ライトゲーム票が多いイメージですね
それでも中には8位にカヴェルナ(アグリコラのリメイク)といったスーパーヘビーゲームも…
日本でボードゲームが更に熱くなるといいですね

購入ゲーム 紹介40 ユーフォリア、浪費家クラブ、スチームパンクラリー

最近、購入したゲームの紹介

・ユーフォリア
P1140881.jpg

ここは過去の過ちを繰り返さないために作られた外と隔絶された世界
表面上は全ての人間が平等であるユートピア、しかしそれは自由のないディストピアだった
多くを知り過ぎた者は消え去ることとなるだろう、この歪んだ世界で権力と地位の確立を目指す
2~6人プレイ、プレイ時間60分、新たな世界観を誇る本格ボードゲーム

・浪費家クラブ
P1140885.jpg

あの破産競争ゲーム、おかしな遺言の作者の最新作
今度はお金を散財するだけでなく、選挙で票を失い、社交会で最低評価になることを目指す
おかしな遺言と組み合わせて遊ぶこともできる模様
2~5人プレイ、プレイ時間90分の斬新かつ重量級ボードゲーム

・スチームパンクラリー
P1140889.jpg

カードドラフトで手に入れたパーツでマシンを作って走るゲーム
蒸気、電気、熱の3種のダイスを動力にオリジナルのマシンに命を吹き込む
進めばパーツが壊れる荒地のコースを無事完走することができるのか
2~8人プレイ、プレイ時間60分の熱いレースゲーム

第12回 優雅なボードゲーム会 感想 Part2

第12回 優雅なボードゲーム会 感想 Part1の続き

・ベストフレンドS
yuga12_11.jpg

まだプレイしたことはありませんが、自由に回答を書いていく系のパーティゲームの模様
様々なお題に対し他人の気に入る答えを書いて選んでもらうゲームらしい
これは平和に盛り上がりそうですね

・究極のワンナイト人狼
yuga12_12.jpg

様々な役割が追加されたワンナイト人狼の逆輸入版
これも手軽にできる鉄板の人狼ゲームですね
私はプレイしていませんが、盛り上がっていた模様
色んな役職の選択肢があるのは楽しいです

・お邪魔者
yuga12_13.jpg

金塊を目指して掘り進む金鉱堀と密かに阻止を企むお邪魔者の心理戦
やったことのない人には是非お薦めしたいゲームですね
一番オーソドックスで入りやすい人狼系ゲームじゃないでしょうか

・村の人生
yuga12_14.jpg

Part2が始まってから私は何をやっていたのかというとこれをやっていました
2012年のドイツゲーム大賞エキスパート部門で1位に輝いた一族繁栄マネジメントゲーム
農業したり、旅行したり、出家したり、職人になったり、権力者になったり、
自分の家族を様々な道に歩ませ功績を残すゲーム
他のゲームにはない行動すれば減る寿命の要素がテーマにマッチしていて良い
拡張「酒場」も加え、カニが酒場で大量のカードを引いたり、ゲンが権力でものを言わせたり、
私が旅を制覇したり、歴史に残る数々のドラマ(?)の末、
結果、私57点、ゲン50点、カニ49点で私の勝利
歴史に最も名前を残したカニより、教会で最多数を誇っていたゲンがわずかに上回った
やはり買い物客タイルは強し、これは私の5本の指に入る傑作ですね

・アンユージュアルサスペクツ
yuga12_16.jpg

人を見かけだけで判断する大人数協力推理ゲーム
目撃者役の証言を元に12枚並べられた容疑者のにいる犯人を推理する
と言っても証言は「犯人は旅行好きですか?」や「結婚していますか?」にYes/Noで答えるだけ
完全に見た目だけの印象のため「してそう!」「いやこの顔は違う!」といったやりとりが面白い
2チームに分けたチーム戦もできる模様、最大18人までとなかなか貴重なパーティゲーム

・コンセプト
yuga12_19.jpg

2014年にドイツゲーム大賞にノミネートされたクイズゲーム
様々な意味を持つシンボルだけのヒントでお題を答える
意外な答えがすぐにでできたり簡単そうなものが意外に出てこなかったり悩ましい
ジラ氏がまさかという正解を連発していた印象、いやキシリトールは難しかった

・精霊と紋章のシジル
yuga12_20.jpg

シンプルなルールで楽しめる思考系ゲーム
なんといってもこのアートワークが素晴らしい
同じ数字か同じマークを集めて精霊を捕まえていく
他人がどのカードを集めているのかなどの読み合いもあり、一筋縄ではいかない
実はまだ持っていないゲーム、でもこれはそのうち買うかも

・人狼
yuga12_18.jpg

今回は人狼やる人とそうでない人と分かれたので10人プレイ
人狼2憑依者1予言者1霊媒師1ボディガード1ハムスター変化1村人3
人数が少なかったので4回プレイ、内2回は私も参加しました
2、3ゲーム目の司会者をやってくれたカニ、ニュクス、ありがとうございます

1ゲーム目は憑依者のゲンが予言者、人狼のカニが霊媒師と騙り、
先に本物の予言者であるMomoさんが吊られてしまうことに
経験豊富な人狼側が上手く連携し勝利
2ゲーム目は憑依者の私がゲンを占って人狼だったと言ったら、
予言者のYuさんもゲンを占って人狼だと宣言…本物の予言者を超えた私(笑)
あえなく吊られるゲン、私はYuさんがハムスターかもしれないと弁明するも、
本物のハムスター変化のおかさんが生き残り勝利
3ゲーム目は予言者ゲンに人狼のカニが占われ速攻のカニ吊り
1日目夜に噛まれ、ただの村人の私も即退場し、
2日目人狼のMomoさんが吊られ、ハムスター変化のおかさんがまたも勝利…早い
4ゲーム目は司会の私が予言者を引き(役欠けルール)、
偽予言者も現れず霊媒師のジラ氏と憑依者のゲンが霊媒師を名乗り出る展開、
残った人からおかさん吊り→カニ噛み→ゲン吊り→ニュクス噛みと進み、
最後は割と寡黙を保っていたハムスター変化のモリが生き残り勝利

結局4回中3回ハムスター変化の勝利、やはり人数が少ないせいもあるでしょうか
でも今回も波瀾万丈で楽しかったです

この日は初参加の人も2人お越し頂き18人の参加でした
悪天候の中、参加して頂きありがとうございます
今回は新作の推理ゲーム中心に朝から多人数系で盛り上がりました
前回よりも時間を増やした割に、気が付けばもう夜と楽しい時間はあっという間ですね
次回も同じ時間で3/27(日)10:00~20:00で予定しておりますので是非ご参加ください
もちろん昼から、途中からの参加でもけっこうですよ
プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
487位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
17位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-