FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年10月

購入ゲーム 紹介89 テラフォーミングマーズ、ハワイ

最近、購入したゲームの紹介
前々から欲しかったゲームを2つ
そして積みゲーが増えすぎてやばい

・テラフォーミングマーズ
P1250009.jpg

宇宙開発企業を担い火星を人が住める星に改良するゲーム
膨大なカードを用いて様々な資源を手に入れ開拓するマネジメント系
評判もさることながらBGGでの平均評価8超え、世界4位という驚異的作品(記事UP時点)
最大5人プレイ、プレイ時間120分のボードゲーム、これは間違いないゲームと期待

・ハワイ
P1240739.jpg

ハワイの島を巡回し村を発展させるゲーム
ランダムに初期配置されるボード上で駒を動かし、資源やコテージを集めていく
運要素が少なくプレイヤー間の駆け引きに重きを置いた思考系
最大5人プレイ、プレイ時間90分の戦略ボードゲームです
スポンサーサイト

ハリガリリング(リングディング)

ハリガリリング(リングディング)〈Ring L Ding〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.5
Ring L Ding

プレイ人数:2~6人
プレイ時間:10分
対象年齢 :4歳以上
作者   :〈Jeanie Gadish, Geannie Gadish, Haim Shafir〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:中
備考   :


カラフルなゴムのリングをいち早く指にはめ込む瞬発系ゲーム

使用するのは6色のリングとお題カード…とベル
お題カードにはどの指にどの色・順でゴムを通すのかが描かれている

お題カードがめくられたら、その条件通りにゴムを指に通し、
最も早くベルを鳴らせたプレイヤーに得点が入る

条件には1本の指だけでなく、2本3本とまたいで通す場合や、
1本の指に複数のゴムを通す場合、その組み合わせなどがあり複雑

他の瞬発系とは違い、お題が出た瞬間の認識能力だけでなく、
指先の器用さが問われるという独特の難しさがある

一瞬のミスが命取りになる、頭と指さばきのスピード勝負
子供から大人まで夢中になって楽しめるゲームです

ハーフパイントヒーローズ

ハーフパイントヒーローズ〈Half-Pint Heroes〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.0
Half_Pint_Heroes.jpg

プレイ人数:2~7人
プレイ時間:60分
対象年齢 :9歳以上
作者   :〈Roland Goslar, Johannes Goslar, Soren Schaffstein〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:中(長方形)
備考   :


ポーカーの要素を取り入れたトリックテイキングゲーム

使用するのは5色1~13までの数字カード
通常のトリックテイキングゲームなら規定枚数を手札として配るが、
このゲームはラウンド毎に1枚のカードが山札から公開され、
そこに示されている手札枚数を各プレイヤーに手札として配る

更に公開されたカードには場札の枚数も示されており、
その枚数となるよう山札から公開される

ゲームの流れは時計回りの順にカードを出していき、
最も強いカード…ではなく最も強い役を出した者が1トリックを取る
このゲームは同時に複数枚のカードを手札から出すことができる上、
場札のカードと組み合わせて役を作ることができる

カード1枚同士(もしくは同じ役)であれば数字の大きさで優劣が決まるが、
基本はポーカーと同様、役の強さが優先される
このルールにより手札と場札でかなり出し方にパターンが生まれ、
よりいっそう奥深さが増している

また他のトリックテイキングゲームでもあるような、
ラウンド毎に自分のトリック数を予想し当てることで得点できたり、
他人が予想を外すことに賭けることで得点できたりと様々な得点方法がある
これを10ラウンド行い最も得点の高いプレイヤーが勝利する

配られた手札の数字が小さくても、場札と組み合わせてとんでもない役ができたり、
5ラウンド連続で予想を当てると勝利にリーチがかかったりと様々な展開が楽しめる
トリックテイキングが好きな方、ポーカーが好きな方、どちらにもお薦めのカードゲームです

エルドラド

エルドラド〈The Quest for El Dorado〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.5
The Quest for El Dorado

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:60分
対象年齢 :10歳以上
作者   :〈Reiner Knizia〉
ルール量 :並
プレイ感 :普通
箱・タイプ:大(正方形)
備考   :


秘境エルドラドをの探検をモチーフにしたデッキ構築型レースゲーム

各自同じ構成のカード8枚の山札(デッキ)を持ちゲームスタート
手番は時計回りで毎回山札から引いた4枚のカードを手札として持つ
へクス(六角形)マスで構成されたコース上で駒を進めていくが、
コースは一本道ではなく格子状である程度幅があり6方向に進行可能

駒を進めるには手札のカードを使う
ボードにあるへクスマスには森や川、砂漠など様々なマスが存在し、
その地形に合致したカードを使用することでそのマスへ進行できる
また、1手番には手札のカードを何枚でも使うことができる

そして、このゲームの醍醐味はデッキ構築にある
上で手札のカードで駒を進められると書いたが、
駒を進める代わりに手札のカードを使ってより強力なカードを買うこともできる
買ったカードはすぐには使えないが未来の山札に加えられいずれ使用可能となる

盤面を見て購入するカードを考え、自由に計画できる面白さ
進路の取り合いなどレースならではの駆け引き
コースをランダムに組み替えることができ何度でも遊べるリプレイ性

どれをとってもバランスの良く、重すぎず軽すぎないところが良い
戦略系が好きな方、レース系が好きな方にはもちろん、
初心者から熟練者までお薦めのボードゲームです

ブースト!

ブースト!〈Boost!〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.0
Boost.jpg

プレイ人数:2~8人
プレイ時間:10分
対象年齢 :6歳以上
作者   :〈Julien Sentis〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:小・缶(円形)
備考   :


同じジャンルのイラストをいち早く見つける瞬発系ゲーム

カードには動物、植物、建物、乗り物、果物、楽器、お菓子、ジュエリー、ケーキ、モンスター
10種類のジャンルの内どれか1つのイラストが描かれている
これらのカードを全員均等の山札として配りゲームスタート

全員同時に山札のカードを1枚めくって自分の前に公開し、
場に共通のジャンルのカードが見えていたらそのジャンルを宣言してそれらを獲得できる
これを繰り返していき、より多くのカードを獲得したプレイヤーが勝利する

公開するカードは自分の前に既にカードがある場合、その上に重ねて置くため、
カードが獲得された後に見えたカードでまた共通のジャンルが見つかる可能性もある

このゲームの特徴はなんといっても登場するカード
イラストのテイストが絶妙でケーキのようなモンスターだったり、
乗り物のような建物だったり、植物のような動物だったり、かなり紛らわしくなっている

ルールは単純ですが、イラストのマジックについつい騙されるパーティゲームです

購入ゲーム 紹介88 アナクロニー、スルージエイジズ

最近購入したゲームの紹介
というか誕生日プレゼントに前々から欲しかったゲームを頂きました

・アナクロニー
P1240978.jpg

4つの勢力に分かれ、荒廃した世界の統治を目指すゲーム
なんでも未来の自分から資源を借金することができる斬新なシステムだとか
キックスターターでの人気も高く、BGGの平均評価8超えという脅威の作品
最大4人プレイ、プレイ時間120分の近未来ワーカープレイスメント、期待大です

・スルージエイジズ
P1240980.jpg

プレイヤー達がそれぞれ1つの文明を担い、歴史的繁栄を目指すゲーム
300を超えるカードを上手く選択し、技術の発展、戦争を繰り広げていく
BGGの平均評価8.5超えで世界3位という化け物(記事UP時点)
最大4人プレイ、プレイ時間240分のシヴィライゼーション系超大作です

第42回 優雅なボードゲーム会 感想 Part4(ラスト)

第42回 優雅なボードゲーム会 感想 Part3の続き

実はここで急用のため私は帰宅、主催者なのに未届けできずすみません
写真だけは撮って頂きました、ありがとうございます

・キャントストップ
P1240954.jpg

第42回 優雅なボードゲーム会 感想 Part3

第42回 優雅なボードゲーム会 感想 Part2の続き

・ブードゥーマニア
P1240937.jpg

第42回 優雅なボードゲーム会 感想 Part2

第42回 優雅なボードゲーム会 感想 Part1の続き

・クアックサルバー
P1240934.jpg

第42回 優雅なボードゲーム会 感想 Part1

第42回 優雅なボードゲーム会の感想
以下、プレイされたゲーム

・セット
P1240901.jpg

グリッズルド

グリッズルド〈The Grizzled〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.5
The Grizzled

プレイ人数:2~5人
プレイ時間:30分
対象年齢 :14歳以上
作者   :〈Fabien Riffaud, Juan Rodriguez〉
ルール量 :並
プレイ感 :軽
箱・タイプ:中
備考   :


幼馴染たちが結束し、戦争の脅威を潜り抜け、終戦まで生き延びる協力ゲーム

このゲームは全員がパスするまでを1ラウンドとした複数回のラウンドによって行う
各ラウンドはプレイヤー達が配られた手札(脅威・苦難)を時計回りに1枚ずつ場に出す
手札はラウンド毎にミッションリーダーが任意の枚数を決め山札から配られる

脅威カードには天候や爆撃など6種類の脅威が存在し、
1枚のカードに最大3つの脅威が描かれていることも
全員がパスすればそれまでに場に出したカードは破棄できるが、
同じ種類の脅威が3つ見えるとミッション失敗で場のカードは山札に返ってしまう

無事山札がなくなればゲームクリアとなるため、
ミッションリーダーはできるだけ多くのカードを配りたいところだが、
ラウンド終了時に残った手札の枚数分山札が増加してしまうジレンマ

また脅威カードの代わりに出せる苦難カードは永続的に場に残り、
プレイヤー達に制約を強いることになる

一見、単純ながら一筋縄ではいかない過酷なゲーム
この難易度をクリアした時には爽快な気分になることでしょう
苦しみと喜びを分かち合うカードゲームです

ゲーム会 感想179 Part2 アストラン、呪われたクリーチャー、他

ゲーム会 感想179 Part1の続き

・ザ・マインド
P1240872.jpg

ゲーム会 感想179 Part1 十二人の盗賊、エルドラド、他

Mori氏宅にて私、Mori氏、セルジオさん、マックスさんでゲーム会
以下、プレイしたゲーム

・十二人の盗賊
P1240893.jpg

購入ゲーム 紹介87 ハンズアップ、ハリガリリング

最近、購入したゲームの紹介

・ハンズアップ
P1240742.jpg

順番にカードをめくっていき、条件が整ったらいち早くダイヤを盗むゲーム
盗んでいいのはダイヤ、泥棒、指紋が見えてかつ色と数が同じか色も数も違う場合のみ
最大6人プレイ、プレイ時間20分の瞬発系ゲームです

・ハリガリリング
P1240736.jpg

めくられたお題通りにカラフルなゴムを指にかけ、いち早くベルを鳴らすゲーム
色の順番だけでなく、2本、3本とまたがって指にかける場合などヴァリエーション豊か
最大6人プレイ、プレイ時間10分の瞬発系ゲームです

ゲーム会 感想178 Part2 ブースト!、コスタリカ、他

ゲーム会 感想178 Part1の続き

・私の世界の見方
P1240821.jpg
プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
7/6(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
435位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
17位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-