FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年11月
ARCHIVE ≫ 2018年11月
      

≪ 前月 |  2018年11月  | 翌月 ≫

ハンズアップ

ハンズアップ〈Hands Up!〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.0
Hands Up

プレイ人数:2~6人
プレイ時間:15分
対象年齢 :7歳以上
作者   :〈Inon Kohn〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:中
備考   :カードゲーム、瞬発系ゲーム


盗難事件が発生したらダイヤをいち早く掴み取る瞬発系ゲーム

3種類(泥棒、指紋、ダイヤ)×3色×1~3個(人)が描かれたカードの山を
各プレイヤーに均等に配り、ゲームスタート

全員同時に山の上のカードを公開し、
場に泥棒・指紋・ダイヤの3種類があり全て同じ色で同じ数、もしくは
場に泥棒・指紋・ダイヤの3種類があり全て違う色で違う数となった場合、
中央に置かれているダイヤモンドを掴み取る

取ったプレイヤー以外は場のカードを均等に分けた枚数受け取らなければならない
これを繰り返し先に自分の山札をなくしたプレイヤーが勝利する

更にヴァリエーションルールで暗闇カードと警察カードを加えることができ、
暗闇カードが場に出ていると色関係なく3種類あればダイヤモンドを取ることができ、
3色ある警察カードが同じ色の泥棒カードと同時にあればダイヤモンドを取ることができる
そして暗闇カードと警察カードがあれば色関係なく泥棒カードがあればダイヤモンドを取る

3種類出ていても色が2枚だけ同じだったり、
違う色で違う数が出ていても3種類存在しなかったり、咄嗟の判断がなかなか難しい
ついつい躊躇してしまう一筋縄ではいかないゲームです
スポンサーサイト



ディセプション プレイ記1 Part2

ディセプション プレイ記1 Part1の続き
失態に次ぐ失態で私の信頼が地に落ちたところで泣きのラスト

3ゲーム目
P1250140.jpg

ディセプション プレイ記1 Part1

私、Koma氏、いわさん、なんちゃん、
Yuさん、まっちゃん、いっぺいさんでディセプションをプレイ

1ゲーム目
P1250123.jpg

ゲーム会 感想181 適当な関係、デュプリク、他

自宅にて私、Koma氏、いわさん、なんちゃん、Yuさん、まっちゃん、いっぺいさんでゲーム会
以下、プレイしたゲーム

・オールグリーン
P1250103.jpg

ディセプション

ディセプション〈Deception〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.0
Deception_Murder in Hong Kong

プレイ人数:4~12人
プレイ時間:20分
対象年齢 :14歳以上
作者   :〈Tobey Ho〉
ルール量 :並
プレイ感 :軽
箱・タイプ:大
備考   :カードゲーム、推理ゲーム、正体隠匿系、人狼系(脱落者なし)


捜査官達の中に潜む殺人犯が誰かを推理する人狼系ゲーム

最初に秘密裏に役割が与えられ、1人は科学捜査官、1人は殺人犯、残りは調査員となる
科学捜査官以外のプレイヤーの前には凶器カードと証拠カードが4枚ずつ置かれる

ゲームの準備として調査員が目を閉じている間に、
殺人犯は科学捜査官に自分の前にある凶器と証拠を1枚ずつ指し示す
こうして科学捜査官は事件の真相を知ることになるが決して口に出してはいけない

最初に「犯罪現場」と「死因」タイル1枚、「現場の状況」を表すタイル4枚が置かれており、
各タイルにはジャンルに分かれた6つの要素が書かれている
科学捜査官はその中から事件と関連性のある要素にマーカーを置くことで、
他の捜査官に凶器と証拠が何なのか伝えようとする

3ラウンドにわたる議論を行う中で、各プレイヤーは1度だけ任意のタイミングで、
事件の解決を試みることができる
犯人の凶器と証拠を挙げ、両方正しかった場合のみ科学捜査官はそれを公表し、
即座に科学捜査官と調査員の勝利となる
どちらかでも間違っていた場合は、そのプレイヤーはゲームに参加するものの、
もう事件の解決を試みることができない

こうして誰も正しい凶器と証拠を挙げることができなければ殺人犯が勝利する
また人数が増えれば殺人犯の味方である共犯者を加えたり、
役割がバレると負けてしまうが殺人犯(と共犯者)を知る目撃者を入れるなど、
様々なヴァリエーションで遊ぶことができる

ゲーム自体は非常にスムーズで大きな嘘をつく必要もなく、人狼が苦手な方にもお薦め
最大12人と大人数で遊べるのも魅力、スリル溢れる推理ゲームです

ゲーム会 感想180 in カフェGAIA

奈良のカフェGAIAにてゲーム会
以下、プレイしたゲーム

・セット
P1250080.jpg

優雅な結婚式

私事ではございますが11/11に結婚式を挙げました
準備等で忙しくブログの方も単調になってしまっていたことをお詫びします
え、元から!?…これからものんびりとやらせて頂きます

IMG_3053_1.jpg

購入ゲーム 紹介91 フォールドイット、エルドラド拡張

最近、購入したゲームの紹介

・フォールドイット
P1240734.jpg

4×4の16種類のイラストが描かれた布を折って、
お題のイラストだけが見えるようにするゲーム
見せるイラストは2〜4つで、決して隣同士のイラストではない
最大5人プレイ、立体的思考が必要な瞬発系ゲームです

・エルドラド:勇者と悪魔
P1250011.jpg

エルドラドの拡張セット
新しいボードと探検カードが追加される他、新しく追加される家畜カードと勇者カード
また新しい地形、トンネルを通れば近道できるかもしれないが呪いを受けることに
基本セット同様最大4人プレイ、更に冒険が楽しくなりそうな拡張セットです

・エルドラド:プロモカード
P1250076.jpg

こちらもエルドラドの拡張セット
3種類のプロモカードを追加できる
通常セットでやり慣れたら入れてみたいですね

アウグストゥス

アウグストゥス〈Rise of Augustus〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.5
Rise of Augustus

プレイ人数:2~6人
プレイ時間:30分
対象年齢 :8歳以上
作者   :〈Paolo Mori〉
ルール量 :並
プレイ感 :普通
箱・タイプ:大
備考   :ビンゴゲーム、同時進行


古代ローマを舞台に名声を集めるビンゴゲーム
様々な人物・地域で影響力を高め得点していく

各プレイヤーは3枚の達成カードを持ってゲームスタート
達成カードには様々な種類のシンボルがいくつか描かれている
ゲームは袋からランダムに1枚ずつシンボルチップを取り出していき、
プレイヤーは達成カード上にあるそのシンボルを駒で埋めることができる

こうして1枚の達成カードのシンボルが全て埋まったら、
そのカードに書かれている報酬を得ることができる
報酬はゲーム展開を有利に進めることができるもの、
他人の妨害をするもの、得点を増やすものなど様々
そして新たに1枚の達成カードを5枚の選択肢から選んで獲得できる

これを繰り返し、誰かが7枚の達成カードを埋めたらゲーム終了
最も得点の高いプレイヤーが勝利する

単純なビンゴ形式であるが、特定の種類の達成カードを集めるとボーナス得点があったり、
達成した時の報酬を考えてどこから駒を埋めるかなど、戦略的要素も高い
しかしながらビンゴというシステム上、同時進行であるため
プレイ人数が増えてもそれほど時間が増えないのがよい

ルール導入の手軽さ、プレイ時間、思考性、どれを取ってもバランスのいい良作
ほどよい運要素もあり、初心者から熟練者まで一緒に遊べて重宝するゲームです

ハワイ

ハワイ〈Hawaii〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
Hawaii.jpg

プレイ人数:2~5人
プレイ時間:90分
対象年齢 :13歳以上
作者   :〈Greg Daigle〉
ルール量 :多
プレイ感 :重
箱・タイプ:大
備考   :ボードゲーム、ワーカープレイスメント、資源非公開
      ランダムボード


ハワイ島で1つの部族を担当し、村を発展させるゲーム

まず10種類のタイルを繋ぎ合わせたボード(ハワイ島)を作ってゲームスタート
タイルには様々なアクションを示すアイコンが示されている

ラウンドの始めには各タイルにランダムに数字チップが配置される
スタートプレイヤーから順に駒をタイルに動かして、
そのタイル上のチップを取ることでそこに描かれたアクションができる

アクションには村を拡大するもの、資源収入を増大するものなど様々
尚、動かす駒は各プレイヤー1つずつしかなく、
次の手番ではその駒を移動させてアクションを行う

資源には貝、足、フルーツがあり、
移動するのには足、アクションを行う際には貝が必要となる
フルーツはその上位互換で貝としても足としても使える

どこにでも駒を配置できる単純なワーカープレイスメントと違い、
このゲームは自分に得となるアクションを考えるだけでなく、
自分の駒が今いる位置と行いたいアクションタイルの距離、
そしてそこに置かれているチップの数字を考慮しなければならない

離れたタイルに移動する場合はより多くの足が要り、
チップの数字が大きいほど払う貝が増える
他のプレイヤーとの駆け引きが重要であるが、
プレイヤー同士の所持資源は非公開

全員がパスするまでを1ラウンドとして5ラウンドでゲーム終了
ラウンド終了時のチップ合計が多ボーナス得点が入る他、
村の大きさ、村の数、建物などによって得点できる

ボードゲームをやり慣れている人なら一見収入が強そうに見えるが、
5ラウンドしかないため場の配置によってもその判断は変わるだろう
勝利の鍵となるのはアクションで獲得できる神タイルの存在
制約はあるが、上手く使えばゲーム展開を大きく変える

ゲーム毎に全く違うランダム性を持ち、
それでいて1つのラウンド内においては運要素がほとんどない戦略系
しかしラウンドが変わればチップ配置で戦略を立て直す必要がある

ルールは比較的シンプルであるが思考を燃やせる本格ボードゲーム、傑作です

購入ゲーム 紹介90 人狼スーパーデラックス

最近、購入したゲームの紹介

・人狼スーパーデラックス
P1250012.jpg

24種類の役職カードが同梱された人狼ゲーム
基本的な役職「人狼」「市民(村人)」「予言者」「霊媒師」「ボディガード」
「共有者(フリーメーソン)」「裏切り者(憑依者)」「妖狐(ハムスター変化)」
などに加え、更に特殊な役割が追加

人狼を知っている人狼の味方「内通者」
脱落するとその夜の人狼の襲撃が2回になる「人狼の子供」
脱落時に誰か1人を道連れにできる「ハンター」
襲撃されても1日だけ生き残る「タフガイ」
裏切り者を市民に更生する「カウンセラー」
罠を仕掛けて人狼を脱落させる「罠師」
投票結果を無視して脱落者を選べる「独裁者」
投票結果を無視して自分が脱落できる「影武者」
最初から全員の役職を知っている「神様」
1人だけの人狼になった時点で勝利する人狼「一匹狼」
誰か1人の能力をコピーする「アンドロイド」

など計44枚の役職カードを使用できる
大人数で遊べる人狼ゲームです、また人狼ゲーム会でやりましょう

フォーセール

フォーセール〈For Sale〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.5
For Sale

プレイ人数:3~6人
プレイ時間:30分
対象年齢 :10歳以上
作者   :〈Stefan Dorra〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:小
備考   :


購入した財産を高い価格で売却してお金を稼ぐ競りゲーム

プレイヤーは全員決められた所持金を持ってゲームスタート
財産カードの山札から人数分のカードが公開され、
それを見た上でスタートプレイヤーから時計回りに手番を行っていく

手番には任意の金額(前のプレイヤーより高い金額)を提示するか、
パスして場に公開されている最も価値の低い財産を購入する
この時の購入金額は自分が提示している金額の半額(なければ無料)

パスしていないプレイヤーで手番を続け、残り1人になったらそのプレイヤーは
提示している金額を払って公開されている最も価値の高い財産を購入する
この流れを財産カードの山札がなくなるまで繰り返す

その後、小切手カードの山札から人数分のカードを公開し、
今度は全プレイヤーともに所持している財産カードから1枚を伏せ、
それを同時に公開して価値の高い財産カードを出したプレイヤーから
価値の高い小切手カードを受け取っていく

この流れを小切手カードの山札がなくなるまで繰り返し、
最終的に小切手の合計額が最も大きいプレイヤーが勝利する

所持金を財産へ変えるのは、どこで引くかの駆け引きが面白いオークション形式
財産を小切手に変えるのはどこで強カードを切るかを探り合うバッティング形式
最後まで諦めてはいけない2段構えの仕様
競りゲーム初心者の方への導入にもお薦めの洗練されたゲームです

ロレンツォイルマニーフィコ

ロレンツォイルマニーフィコ〈Lorenzo il Magnifico〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.0
Lorenzo_il_Magnifico.png

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:120分
対象年齢 :12歳以上
作者   :〈Flaminia Brasini, Virginio Gigli, Simone Luciani〉
ルール量 :多
プレイ感 :重
箱・タイプ:大(長方形)
備考   :ボードゲーム、ダイスゲーム、ワーカープレイスメント
      カードマネジメント、拡大生産


ルネサンス期の貴族となって名声を集めるゲーム
プレイヤーは2ラウンド毎の3ピリオド、計6ラウンドを通して一族の繁栄を目指す

各ラウンドは最初に3つ(3色)のサイコロが振られ、
その後、時計回りの順で1つずつボードに一族駒を配置し、
そこに描かれているアクションを行っていく
駒は4つ(3色と無色)あり基本は4周で

ボード上のアクションを行える箇所はランダムで登場する16種類のカードマス、
様々な資源を得られる収穫、生産、市場、宮殿マスなど
特定のマスを除き駒の配置は早いもの順であり、
欲しいアクションをいかに先に取るかという駆け引きが発生する

また、アクションは駒のアクション値によって選択できないものや、
駒のアクション値によって効果が増減するものがある
このアクション値とはその駒の色に対応するサイコロの出目に等しい

このゲーム特有の特徴こそがこのサイコロに連動するアクション値
サイコロは全員共通のものであり、その出目によってゲーム展開が大きく変わる
出目が小さければ全員資源の苦しいかつかつの戦略を余儀なくされ、
出目が大きければ全員資源を豊富に得ることができる

戦略としては領土、建物、人物、事業の4つがあり、
どれかに特化するもよし、分けて手をつけるもよし
また、来たるピリオドまでに信仰を上げておかないと、
ゲーム終了まで重いペナルティを課せられることになり、
軍事力は上げておくと最後にボーナス得点をもたらす

目を向けるべき点は多く、計画性が問われる重量級
更に指導者カードを加えた上級ルールも同梱
カード、ダイスのランダム性により何度遊んでも違った展開が楽しめるボードゲームです

メモアァール!(メモアール!)

メモアァール!(メモアール!)〈Memoarrr!〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.5
Memoarrr.jpg

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:20分
対象年齢 :8歳以上
作者   :〈Carlo Bortolini〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:中
備考   :


海の動物で構成された海賊団の火山島からの脱出をテーマにした神経衰弱風ゲーム

使用するのは5種類の動物のいずれかと5種類の背景のいずれかが描かれたカード
同じ組み合わせは存在しない5×5の25枚構成

そこらから1枚をランダムに抜いた24枚を裏向きに5×5(中心は火山)の形で場に並べ、
自分の手前の3枚のカードだけを秘密裏に確認してゲームスタート

スタートプレイヤーから時計回りの順でどれか1枚のカードを公開、
次のプレイヤーは1つ前に公開されたカードと動物か背景が一致するカードを公開しなければ、
脱落しそのラウンドから抜けることとなる

そして残り1人になったら、そのプレイヤーが財宝を受け取りラウンド終了
これを7ラウンド繰り替えし最も財宝を獲得したプレイヤーの勝利だが、
このゲーム、実はラウンド毎にカードの配置を並び替えない
配置は同じでただラウンドが終わる毎に場のカードを全て裏向きにするだけである

最初は完全に運だけのようなスタートだが、ラウンドが進めば進むほど、
未知のカードが公開され全体のカードの位置を徐々に記憶していくことができる

それなら簡単と思うかもしれないが、神経衰弱のように覚えているカードを選べるとは限らず、
前のプレイヤーがどこを公開したかによって次の選択肢に制約がかかる
的確な手順を踏まれると自分の番が回ってきた時にもう正解が存在しないことも

また上級ルールによってゲーム中にカードの配置が一部入れ替わったり、
自分だけが裏向きのカードを確認したり、連続手番を強いられたりと、
より難解にすることができ記憶力に自信のある人にもお薦めの仕様

7ラウンドまでに全てのカードを覚えきることができるのか
単純なのについつい間違えてしまうのが面白い、カードゲームです

ノッティンガムのシェリフ

ノッティンガムのシェリフ〈Sheriff of Nottingham〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★ 8.5
Sheriff of Nottingham

プレイ人数:3~5人
プレイ時間:60分
対象年齢 :13歳以上
作者   :〈Sérgio Halaban, André Zatz〉
ルール量 :並
プレイ感 :普通
箱・タイプ:大(正方形)
備考   :


保安官にバレないように禁制品を輸入するゲーム

プレイヤーの内1人は保安官(シェリフ)役となり、他のプレイヤーは商人となる
全員6枚の商品カードを持ってゲームスタート

商人たちはまず商品(手札)の交換を行う
場に公開されているカード(捨て札)や非公開のカード(山札)と
手札のカードをルールに基づいて交換することができる

そして、商人たちは輸入したい商品を手札から好きな枚数選んで秘密裏に鞄に入れ、
その商品が何なのか1種類だけ宣言する(禁制品以外)

その後、保安官は1人ずつ鞄の中を検閲してもよい
保安官は商人の鞄を開け中身を確認し、宣言した商品以外のカードがあれば
その枚数に応じて罰金を受け取ることができる
逆に全て宣言したカードなら保安官がその商人にお詫び金を支払わなければならない
検閲されなかった場合は、鞄の中の商品全てを公開して商人が獲得する

また、検閲する前に商人は以下の交渉してもよい
①所持金や手札の商品を任意の数渡す
②鞄の中の商品を宣言して渡す
③今後の約束

①~③いずれの場合もシェリフが一度承諾すれば鞄を検閲することはできない
②の場合は鞄の中にその商品がなかった場合渡さなくてよい(商人は嘘をついてよい)
③の場合は現在のラウンドのみ約束を守る(シェリフは以後のラウンドで約束を守らなくてよい)

全員の検閲(もしくはスルー)が終わったら手札を6枚まで補充し1ラウンド終了
ラウンド毎にシェリフが交代し規定ラウンド終了後に最も財産があるものが勝利する

このゲームの醍醐味は宣言できない禁制品をいかに保安官を出し抜き獲得するか
当然、禁制品の価値は高く、獲得できれば財産を大幅に増やすことができる

顔色を伺いながらギリギリの交渉を持ち掛ける何でもありの心理戦
2重も3重も手の込んだブラフを盛り込めるスリル満点のパーティゲームです

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
487位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
17位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-