FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOPラストナイトオンアース ≫ ラストナイトオンアース プレイ記1 Part3

ラストナイトオンアース プレイ記1 Part3

ラストナイトオンアース プレイ記1 Part2の続き

【ゾンビ側】
 ゾンビプレイヤー:I氏
【人間側】
 ビリー、ベッキー:私
 ジョニー、ジェニー:ゲン

ビリーが、ここさえしのげば…という山場を迎えたところからスタート
last16.jpg

しかし、運命は時として残酷である
最後の最後でサイコロの出目にめぐまれず、敗北
全員カードも底を尽きかけの状況…無念にもビリー、死亡

誰がこの状況を予想しただろうか
きっと前回のブログを読んだ誰しもが予想したに違いない(笑)

だが悲しんでいる暇などない
夜明け(15ターン)までに街を脱出し、この街で起こったことを伝えなければ

キャラクターが死亡すると所持カードは全て失われるが、新たなキャラクターが登場する
ランダムに引いたキャラクターはなんとアンダーソン保安官
last17.jpg

アンダーソン「なんだって!ビリーが!?」

映画ならそんなセリフとともに登場したかもしれないアンダーソン保安官
現実なら保安官のくせに今までどこにいたのかとバッシングを受けるレベルだろう
そんな彼は、HP3で初期装備に『Revolver』所持と無駄に高パラメータである

しかし、悠長に言っている時間はない
危機を切り抜けたベッキーとジョニーもほとんどゾンビは殺せておらず、依然ピンチである

アイテム探索のため、移動して近くの建物へ向かうジョニー
教会へ入ろうとしたその瞬間…

ゾンビカード『Locked Door』…!!
P1010740.jpg

残念ながらその扉には鍵がかかっているとI氏
これではジョニーはこのターン建物に入ることができない

そう思った瞬間…ジョニーが手札から『Keys』を公開
P1010731.jpg

なんと既にシナリオ達成条件でもある『Keys』を引いていたジョニー
これは持っているだけで『Locked Door』の効果を無視できる
先程まで無駄に集団リンチにあっていたわけではない(笑)

無事、教会へと入り、残るシナリオ達成条件『Gasoline』を探す
last18.jpg

そして、ついにベッキーが『Gasoline』をGET
P1010734.jpg

これでシナリオ達成条件の2つが揃った、まだいける!

だがまだ安心できない、真ん中のトラックに『Gasoline』を入れ、
『Keys』を所持し2人以上トラックの上にいる状態でターンを終えなければならない

達成アイテムを引いたことを察知したゾンビ側(I氏)は当然トラックにゾンビを集結させる
ここでアンダーソン保安官が探索したカード『Old Bessy』
last20.jpg

なんとこのカードにより1つのマスにいるゾンビ全員を足止めできる
last21.jpg

しかも、サイコロを振って5か6が出るまで毎ターンこの効果が続く
3体のゾンビを抑える老犬ベッシー、これでトラックには来れまい

もうベッキーは『Gasoline』をトラックに入れ終わった(残り2ターン)
これで『Keys』を持ったジョニーがトラックまで来れれば…

トラックまでは3マス、しかしジョニーが出した目は…2
不運にもゾンビターンを迎えさせてしまうことが確定する

ゾンビは基本1マス移動だが、『Shamble』といった最大6マス移動カードもあり危険
P1010737.jpg

まだ何が起こるかわからない
だが、ここで動いたのはジェニー(いたのか…)とアンダーソン保安官
last22.jpg

このゲーム、ゾンビの移動にはもう1つルールがあり、
隣接するマスに人間がいる場合、必ずその人間のいるマスへ移動しなければならないのだ
これでトラックの周りとジョニーを徹底的にガードするジェニーとアンダーソン保安官

ゾンビを引きつけるアンダーソン保安官
last23.jpg

アンダーソン保安官「俺に構わず、行けーー!!」

そんな妄想が駆け巡る中、
ゾンビが食い止められている内に『Keys』でトラックのエンジンをかけるジョニー
last24.jpg

無事、トラックで街を脱出(真ん中:ベッキーとジョニー)
シナリオ達成条件、クリア(残り1ターン)
アンダーソン保安官…そして、何故かジェニーも置いてけぼりだった(笑)

なにはともあれ人間側(私、ゲン)の勝利!
途中、ゾンビ側(I氏)もかなり人間側を追い詰めていたのに残念

単純なダイスゲーながら、必ず熱いドラマが生まれるこのゲーム
気が付けばゾンビ映画の主人公になったような緊張感が味わえる

また、今回は3人だったので1人で人間2役となってしまったが、
1人1役になればもっとキャラクターに感情移入でき、
仲間の為に犠牲になれるかどうかの瀬戸際など、より感動の展開が見られるかもしれない

当初は粗削りのようなゲームかと思ったがとんでもない、噂にたがわぬ名作である
まだ人間側しかやったことがないので、次はゾンビ側でもプレイしたい
関連記事
スポンサーサイト



Comment

No title
編集
前回、盛大にフラグが立ったと思ってたら、案の定(笑)
それでもギリギリ脱出はお見事。
2013年09月01日(Sun) 09:11
Re: No title
編集
>カニ
ホント、ギリギリだった
UPするための写真もギリギリだった(笑)
細かく書こうと思うとけっこう撮っておかないといけないね…

また是非5人とかでやりましょ~
2013年09月01日(Sun) 12:25












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
440位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
16位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-