FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOPレジスタンス ≫ レジスタンス:アヴァロン プレイ記1

レジスタンス:アヴァロン プレイ記1

私、Koma氏、Mori氏、Ab氏、Kawa氏でレジスタンス:アヴァロンをプレイ
チームでクエストに挑戦していく脱落者なしの人狼系ゲーム
そして、本セットにてマーリンの存在が加わり、その面白さは最高潮に

resi1.jpg

クエストと言っても、選抜されたメンバーが成功か失敗のカードを出すだけである
リーダーが信頼できる数名のメンバーを選び、(そして投票で過半数が賛成だったら)
選ばれたメンバーは秘密裏に成功or失敗カードを任意で選ぶ
メンバーが選んだカードをよく混ぜ、失敗が1枚でもあれば失敗、そうでなければ成功する

当然、他の人狼系ゲーム同様、最初に役割(正義側or悪側)が配られており、
選ばれたメンバーに悪側が含まれていれば、失敗する恐れがある
こうして先に3回成功なら正義側が、3回失敗なら悪側の勝ちである
(尚、悪側だけは最初から仲間が誰なのかわかっている)

resi2.jpg

しかし、このアヴァロンは上に述べた通常のレジスタンスルールに追加ルールがある
正義側(以下、アーサー王側)の中に1人マーリンと名の付く役職が存在し、
マーリンには悪側(以下、モードレット側)が誰なのか最初から見えている

なら正義側が絶対勝つと思うかもしれないが、そうではない
モードレット側に1人存在する暗殺者は、アーサー王側が勝利条件を満たした時、
マーリンが誰なのかを当てれば逆転勝利することができる
つまり、マーリンは決して自分がマーリンだと知られてはいけない

resi3.jpg

1戦目は役職の間違い等もありアーサー王側の勝利、気を取り直して2戦目(笑)
Ab氏、Kawa氏、私、Koma氏、Mori氏の5人プレイ
(アーサー王側3人、モードレッド側2人)

私の引いた陣営はモードレッド側、最初にAb氏もモードレッド側であることを確認
赤字:リーダーが選んだメンバー)
(○:選ばれたメンバーに対し賛成、●:選ばれたメンバーに反対)

<第1クエスト(選抜人数:2人)>
1回目 リーダー:Ab氏
         ○Ab氏、○Kawa氏、○私、○Koma氏、○Mori氏
         →失敗(失敗カード1枚)

Ab氏がいきなり仕掛ける、別にリーダーが自分をメンバーに入れることに違和感はない
これで皆の中ではAb氏かKoma氏のどちらかがモードレッド側という認識となった
当然、失敗カードを出したのはKoma氏だと主張するAb氏(笑)

<第2クエスト(選抜人数3人)>
1回目 リーダー:Kawa氏
         ○Ab氏、○Kawa氏、●、●Koma氏、●Mori氏
         →反対多数にてリーダー変更

私もメンバーに選ばれていたが、これは反対する一手
考え方にもよるが、Ab氏、Koma氏のどちらか1人がモードレッド側と考えれば、
Kawa氏、私、Mori氏の中にも1人モードレッド側がいることになるだろう
それをあえて述べることで、自然にリーダーのKawa氏へ疑いを向けることができる

2回目 リーダー:私
         ●Ab氏、○Kawa氏、○、○Koma氏、○Mori氏
         →失敗(失敗カード1枚)

先程の流れから、Kawa氏を外しKoma氏の真偽を確かめるふりをして失敗を出す私(笑)
私が含まれていても、当然ながらKoma氏と敵対を示しているAb氏は反対
これはいける!ただ1点気になる点が…マーリンが誰かわからない
マーリンがいるならばもう1票反対が出ていてもおかしくない、このマーリン…できる

<第3クエスト(選抜人数2人)>
1回目 リーダー:Koma氏
         ●Ab氏、●Kawa氏、●私、○Koma氏、○Mori氏
         →反対多数にてリーダー変更

ここでKoma氏はまだ失敗に関与していないKawa氏を選抜、これは妥当だろう
しかしながら、Kawa氏の信用を貰えずリーダーが流れてしまう

2回目 リーダー:Mori氏
         ○Ab氏、○Kawa氏、○私、●Koma氏、○Mori氏
         →成功

上記と同様の理由で、リーダーが自身とKawa氏を選抜に選ぶのは不思議じゃない?
いや、Mori氏から見れば第1第2クエストの犯人が同一人物(Koma氏)の可能性もあり、
そうなればKawa氏も潔白とはならない、ここは懸けたか

そして、実はここで私はミスを犯している(笑)
ここで私が賛成することはAb氏とKoma氏がモードレッド側だと言っているようなもの
第1クエストの結果からその可能性は低い、気付かれるか…

<第4クエスト(選抜人数3人)>
1回目 リーダー:Ab氏
         ○Ab氏、○Kawa氏、●私、●Koma氏、●Mori氏
         →反対多数でリーダー変更

Ab氏は第3クエストで成功したメンバーに自分を加え、王手をかけるもMori氏が反対
私が賛成を出していればここで勝ちだったか
Mori氏とKawa氏の両方が反対を出すことを恐れ、様子見してしまった(笑)

まずい、次のKawa氏が正解を導いたら…
第3クエストの結果からKoma氏目線で私とAb氏がモードレッド側なのは確定している
Mori氏もAb氏を疑っているということは、Koma氏が仲間だと思っているということだ

2回目 リーダー:Kawa氏
         ○Ab氏、○Kawa氏、●私、●Koma氏、●Mori氏
         →反対多数でリーダー変更

ここで迷ったかKawa氏がAb氏と同じ選抜をし、同じくMori氏が反対(笑)
そして、ついにリーダーが私の番

3回目 リーダー:私
         ○Ab氏、○Kawa氏、○、●Koma氏、●Mori氏
         →失敗

resi4.jpg


無事、Ab氏が賛成票に入れ、Kawa氏の信用も得ることができ、無事失敗(笑)
よって結果、モードレッド側の勝利

    アーサー王側:Mori氏(マーリン)、Kawa氏、Mori氏
【勝利】モードレッド側:私(暗殺者)、Ab氏

Mori氏かKoma氏がマーリンだとは思っていたが、Mori氏だったか
やはり第2クエストで失敗させたのは、マーリンを隠すためだったようだ

とは言え5人プレイだと実質3分の1でマーリンを当てることができてしまうため、
マーリン以外のアーサー王側がマーリンっぽく振る舞うことも大事である
人数的には6~7人くらいがちょうどいいんじゃないかなと思った

これは、ただでさえ面白いレジスタンスにこれしかないという要素を詰め込んだ傑作
そして、他にも役職を入れるヴァリエーションがあり、更に楽しめる仕様だ

まあ当分はこの通常役職で十分かと思われる、またやりたい
関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
440位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
16位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-