FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOPゲーム会 ≫ ゲーム会 感想23 ホビットの冒険、他

ゲーム会 感想23 ホビットの冒険、他

ゲーム会の感想、今回は入れ替わりも含め8人
私、Kawa氏、Haya氏、Mura氏、Koma氏、Mori氏、Misu氏、Mizu氏が参加
以下、プレイしたゲーム

カタン
P1030718.jpg

私、Kawa氏、Haya氏、Mura氏、Koma氏、Mori氏の6人プレイ
このゲームを通らずしてドイツゲームは語れない、1995年ドイツゲーム大賞の傑作
無人島を開拓し、領地の発展を競うゲーム

1戦目はHaya氏が圧倒的リードするも全員が歯止めをかけ、混戦へ突入
Koma氏の「独占」で足止めを食らうも、チャンカでポイントを引きMura氏の勝利
このゲームは最初に群を抜くと全力で阻止されるため、なかなか逃げ切るのは難しい

2戦目は街4軒のMori氏が逃げ切ると思いきや、家を建てる場所がなく後1点が伸びず
私もチャンカ戦略のラージェストアーミーとポイントで後1点まで詰め寄るも
最後はKawa氏とのロンゲストロード争いを制したMura氏が2連勝

花火
P1030740.jpg

私、Kawa氏、Mura氏、Koma氏の4人プレイ
2013年のドイツゲーム大賞受賞作、できるだけ多くの花火を打ち上げる協力ゲーム

序盤で私、Koma氏と続けて5の花火を捨ててしまうも、後半持ち直し22点
「これが~色じゃなくて、~の数字じゃなくて…」と皆の鋭い推理があって助かった
途中、若干リアクション等で察してしまうところもあったが、
やはり多少はリアクションないと面白くない、関西人だもの(笑)

カルカソンヌ
P1030747.jpg

私、Kawa氏、Mura氏、Kawa氏の4人プレイ
2001年ドイツゲーム大賞受賞作、前にやってまあまあ面白かったが、
ヘビーゲーム好きの私には合わないと思って封印してしまっていた
全員でタイルを繋げてマップを作っていき、城塞や道を完成させていくゲーム

序盤からKoma氏が巨大な城塞を建設しつつあったが、
1人勝ちさせるかと後から私、Kawa氏、Mura氏が入り込み結局プラマイゼロに
最後は教会を多く引いて点を稼いでいたKawa氏の勝利
今回、私以外は初プレイだったこともあり草原ルールを抜いてプレイしたため、
逆転要素が少し少なくなってしまったかもしれない、次は草原ありでやりたい

ホビットの冒険
P1030754.jpg

私、Kawa氏、Koma氏、Mura氏の4人プレイ
ロードオブザリングのモチーフにしたトリックテイキングゲーム
最近発売された5人迄プレイ可能な軽量ゲームということで早速プレイ
善側、悪側に分かれ、獲得したカードで敵側を攻撃したり味方を回復できる

全員でカードを出し合い大きい数字を出せば、出されたカードを獲得とルールは簡単だが、
各自、最初に配られたキャラクターによってカードを獲得した時の効果が違い
誰にカードを獲得させれば、自分側に有利になるのか考えるのが難しい
とりあえずわかったことは悪側は人数少ないけど強い、そして善側のトーリンは厄介

髑髏と薔薇
P1030773.jpg

私、Mura氏、Koma氏、Haya氏、Mori氏、Mizu氏、Misu氏の7人プレイ
2011年にフランスゲーム大賞を受賞した作品、赤箱を混ぜることで12人迄プレイ可能
ずっと眠っていた赤箱をついに解禁する日がこようとは

7人になると宣言できる数字が増え、数字の吊り上げが熱い
が、割と皆早めに仕掛ける傾向にあり7分の4とか5の勝負に
そんな中で薔薇をめくりきった時の達成感は凄い

とりあえずMura氏の髑髏率半端ない…私もか(笑)
Mori氏は慣れているだけあって髑髏を出すタイミングと仕掛けるタイミングが上手い
Haya氏とMisu氏は堅実、Koma氏とMizu氏は勝負に出るタイプ
何回もやってかなり白熱した、Mori氏、Haya氏、Mizu氏…あと誰が勝ったか忘れました

ストーンエイジ
P1030814.jpg

私、Mura氏の2人プレイ
2008年ドイツゲーム大賞、ドイツゲーム賞の両方にノミネートした作品
ダイスを多く使うタイプのワーカープレイスメント
家族を養いながら、資材を集め建物を建てたり技術を身に付けたりする

BGGでの高い評価だけあって、噂には聞いていたがこれは相当面白い
また詳細はプレイ記で書く…かもしれません

アグリコラ
P1030847.jpg

私、Mura氏の2人プレイ
2008年ドイツゲーム賞1位、そして私の中の個人評価ベスト1ゲーム
畑を耕したり、家を増築したり、家畜を飼ったりと自分の箱庭を豊かにするゲーム

ギリギリの食糧確保に追われながら自分のやりたいことをやるのは大変、でもそれが良い
こちらも書けたらプレイ記で


今回は来れなくなった人もいて最初4人集まるかどうかも不安だったけれど、
結果的に人が集まって本当によかった
こういうアナログゲームの世界があることを
1人でも多くの人に知ってもらえたらいいなぁと思う今日この頃
関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:13年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
4/4(土)13:00~20:00→中止

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
392位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
13位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-