FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOPダークダーカーダーケスト ≫ ダークダーカーダーケスト プレイ記1 Part2

ダークダーカーダーケスト プレイ記1 Part2

ダークダーカーダーケスト プレイ記1 Part1の続き

DDD1_5.jpg

まず特効薬がある研究所に入るためにはセキュリティコードを解除しなければならない
(誰だ、楽勝なんて言ったのは…笑)
必要なのはランダムに選ばれた7つのコードトークンに対応するコードチップ
それは建物内に数多く存在するロックされたドアを開けることで入手できる

DDD1_3.jpg

ロックされたドアを開けるのにも条件がある
所持しているアイテムがコードチップに描かれているアイコンを満たしていなければならない

DDD1_4.jpg

早速、好都合なコードチップが目の前に
水色は今回関係ないが白色のアイコン2つは今回のキーとなる
探索でこれを満たすだけのアイテムを集めなければ

DDD1_12.jpg

そうこうしている内に近付く人の気配…いや、もうそれは人ではなかった
こちらの物音を察知し一瞬にして溢れる亡者の群れ、今までどこにいたんだ?

DDD1_13.jpg

すかさず火を吹いたのはKawa氏のハンドガン
弾丸には限りがあるが、一度の攻撃で生存者ダイスを3つ振れる
結果は命中判定の「成功」の出目がなんと3つ、1発でなんと3体を行動不能に

どうして1発の弾丸で3体に命中したのか…それはルールだから(笑)

DDD1_23.jpg

ゾンビを駆除しながらも探索でアイテムも引かなければならない
探索は同じ部屋の人数だけ生存者ダイスを振り、「成功」の出目の数だけアイテムを引ける
但し、「成功」以外が2つ以上出てしまうと恐怖ダイスの出目による悪いイベントが発生する
中でも6分の1の確率で出現するというクリーチャー、これだけはやばい

…が、仮に3人で振っても「成功」以外が2つ出る可能性は27分の20(「成功」は2面)
と考えればクリーチャーが現れる可能性は約8分の1なので割と確率は低かったりする

話し合いで今回はなるべく固まって探索する作戦でいこうということに
まあいきなりクリーチャーが出てくることもないだろう…

ダークダーカーダーケスト プレイ記1 Part3に続く
関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:13年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
4/4(土)13:00~20:00→中止

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
612位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
16位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-