FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOPアクアスフィア ≫ アクアスフィア

アクアスフィア

アクアスフィア〈AquaSphere〉 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.0

アクア・スフィア(AQUA SPHERE)アクア・スフィア(AQUA SPHERE)
()
ホビージャパン

商品詳細を見る

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:100分
対象年齢 :12歳以上
作者   :ステファン・フェルト〈Stefan Feld〉
備考   :ドイツのゲーム
      2014年スカウトアクション 1位


ボットに様々なプログラムを行い海底探索を行うボードゲーム

ボード上のアイコンに科学者駒を配置して対応したアクションを行う
ワーカープレイスメントと呼ばれるシステムに更なる改変が加わった
科学者駒を置くためには事前にボットにプログラムをしておく必要があり、
そのプログラムにも様々な制約があるため計画通りに進めるのは容易ではない

手番にできるのは以下の2つの内どちらか
①1つのボットにプログラムする
②科学者駒をボードに配置して対応したアクションを行う

ゲームの目的は②のアクションによって、
資源を集めたり、ステータスを上げたりしながら得点を稼ぐ
そして、②を行うためには①によってアクションの予約(プログラム)を行わなければならない
プログラムはラウンド毎にランダムに選ばれる系統樹のようなプログラムパターンがあり、
そこから経路を選択することで決定する

プログラムは7種類、「時間獲得」「クリスタル獲得」「調査カード獲得」「拡張タイル獲得」
「大ダコ獲得(排除)」「1つのボットに(決められた)プログラムする」
この7種類のアイコンが描かれた扇状のボード6枚が円形に配置されており、
それぞれのボードで最後にアクションを行ったプレイヤーはそのボードの管理者となる
そしてラウンド終了時には管理するボードが多いプレイヤーは大幅に得点を獲得するため、
7種類のアクションから選ぶだけでなく、6つのボードで場所を取り合う駆け引きがある

約2000万通りのボード配置パターンと13440通りのプログラムパターンに加え、
調査カード配置パターンと基地拡張タイル配置パターンは最早無限に近い
遊んでも遊びきれない展開の多さ、完全オープンのプログラムのため他人との読み合いも熱い
それでいて上手くアクションを行うことができない悩ましさにリプレイ欲は満載
この制約の中でボットをコントロールしきれるのか、思考系ボードゲームの傑作です

関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
8/31(土)13:00~20:00
10/5(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
596位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
22位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-