FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP電力会社 ≫ 電力会社ルール概要

電力会社ルール概要

電力会社のルール概要

ルール概要とプレイ記を両方書くと長くなるので大まかな説明のみ

まずプレイヤーは50エレクトロ(紙幣の単位)を受け取りゲームスタート

電力会社10

ボードはこんな感じ、けっこう大きいです

これがドイツマップで裏面がアメリカマップになっています
(ゲームを始める前にどちらか選択します)

電力会社2

まずプレイヤーは発電所カード(以下、発電所)を1枚購入できます

このように8つの発電所が常に並びますが、購入できるのは上段の4枚のみ

下段の4枚は次に購入できるようになる発電所を表しています

価格はカード左上の数字を最低価格として購入するプレイヤーが任意で決定します

そして時計周りに次のプレイヤーがそれより高い価格を宣言すると、次のプレイヤーにその発電所の購入権が移ります

このようにオークション形式で最も高い値を宣言した人がその発電所を購入します

もちろんオークションで負けても残った発電所から1人1枚は購入できます
(発電所を買わないという選択肢もあり)

初めてプレイする方はとりあえず最低価格で買っておけばいいでしょう

購入した発電所は自分の前に置きます(所持できるのは最大3枚まで)

4枚目の発電所を購入する場合、1枚捨てます

電力会社3

次に発電に必要な資源を資源市場表から購入します

資源は石炭(茶色)、石油(黒)、もやせるゴミ(黄色)、ウラン(赤色)

資源の価格は資源市場表に書かれた数字(コインマーク)で決まりますが、右にいくほど価格が上がっているのがわかります

プレイヤーは左側に置いている資源から順に購入するため、同じ資源でも後に買う人ほど価格が高騰するのです

電力会社4

購入した資源は先ほど購入した発電所の上に置きます

プレイヤーは自分が持つ発電所に描かれた資源のみを、描かれている資源マークの数×2まで所持することができます
(これは石油マークなので、石油を6つまで所持できます)

また、この資源マークの横に書かれた家マークの数字は、その資源を消費して発電可能な都市の数を表しています
(この場合、石油を3つ消費して2都市まで発電可能であることを表しています)

電力会社5

次に電力を供給する都市を建設します

このように地名の書いているところにお金があれば何軒でも建てることができます
(都市は1つ10エレクトロ)

ただし2軒目以降は既に建てている都市から次に建てる都市までの電力網代を払う必要があります

画像でライプツィヒ→ハレに建てる場合10+10で20エレクトロで済みますが、ライプツィヒ→ドレスデンと建てると10+13(電力網代)+10で33エレクトロかかります

ちなみにこのゲーム、第1~第3ステージという区切りがあり、始めのうちは(第1ステージでは)1つの地名には1つの都市しか建てられません

電力会社6

この都市接続表で常に各プレイヤーの都市数はチェックします

もし誰かが7軒目の都市を建てたらゲームは第2ステージという扱いになり、1つの地名に2人目のプレイヤーが都市を建設できるようになります
(1つの地名に2人目が都市を建てる場合は15エレクトロ)
※尚、1人のプレイヤーが1つの地名に2軒建てることはできません

建設が終わると次に収入を得られます

各プレイヤーはここで先ほど述べたように、発電所に従い資源を消費して自分の建てている都市に電力を供給します

ここで供給できた都市の数に応じて収入が得られます
※ちなみに資源が余分にあっても発電所が発電できるのは記載された都市数までです

収入を得た後は資源市場表に一定数の資源の補充と、発電所カードを更新します(一番大きな数字を山札の底に置き、新しい発電所カードを引く)

ここまでが1ラウンドという扱いで基本的にはこれを繰り返します

電力会社7

またラウンドの最初にはプレイの順番が変わります

プレイの順番はこのプレイ順番表で表され、多く都市を建設している人ほど早くなります

ここで重要なのはプレイの順番が早い方が実は不利だということです

最初の発電所購入のみ、この順番で購入権がありますが、その後の資源購入と都市建設は、このプレイ順番表の逆順になります

つまりプレイ順番表で早い位置にいる程、高騰した価格で資源を買わなければならなかったり、建てたい地名に他のプレイヤーが先に都市を建ててしまうことがあります

なのでこの辺りの駆け引きが重要と言えます

電力会社13

尚、第2ステージと違い第3ステージになるタイミングは、発電所の山札から第3ステージカードを引いた時となります

第3ステージになると1つの地名に3人目のプレイヤーが都市を建てることができます
(ただし3人目は20エレクトロかかります)

また購入できる発電所のレベルも上がるので、ここからが本番です

そして誰かが17軒目の都市を建てたラウンドが最終ラウンドになるのですが、17軒目を建てた人が勝利するわけではありません

最終ラウンドで最も多く都市に電力を供給できた人が勝つのです

つまり17軒以上の都市を建てたとしても資源不足だったり、発電所の能力で他のプレイヤーより劣っていると勝つことができないのです

なので後半になると発電都市数の多い発電所が物凄く高騰したり、他人を勝たせないように資源を買い占めて枯渇させたり、激しい争いになることは間違いありません

さあ、この現実的とも言える競争の中であなたは最高の電力会社を築けるでしょうか
関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
368位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
18位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-