FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOPゲーム会 ≫ ゲーム会 感想88 グラスロード、他

ゲーム会 感想88 グラスロード、他

カニ邸にて私、ジラ氏、キタムさん、カニでゲーム会
以下、プレイしたゲーム

・グラスロード
IMG_4022.jpg

あのアグリコラの作者ウヴェ・ローゼンベルクによる新感覚箱庭系ゲーム
敷地内で様々な資源を採掘し、工房でガラスとレンガを作成していく
プレイ人数×20分でプレイ時間の目安はアグリコラの3分の2と手頃

IMG_4015_2.jpg

なんといってもこのダイアル式の資源管理システムは独創的
上のダイアルは珪砂、食料、水、木炭、木材の数を管理し、
下のダイアルは木炭、粘土、食料の数を管理する

上のダイアルで管理する5つの資源を最低1個ずつ所持すれば、
自動的にそれらを1個ずつ消費してガラスが1つ作成され、
下のダイアルで管理する3つの資源を最低1個ずつ所持すれば、
自動的にそれらを1個ずつ消費してレンガが1つ作成される
このボードはこの処理をダイアル1メモリの回転だけで完結させる優れものなのだ

IMG_4021.jpg

ゲームは、資源を獲得したり真ん中のボードに並んだ建物を敷地に建てたりしていくが、
行動は各自15種類持つカードから5枚を選択することで決まる
この5枚が他人と被り過ぎたり被らなさすぎると行動数が減ってしまうのが悩ましい
途中、キタムさん→カニ→私と3人が同時に燃料収集人を伏せていた時は爆笑でした(笑)

IMG_4018.jpg

1ゲーム目はジラ氏22.5点、カニ19点、私19点、キタムさん15点でジラ氏の勝利
やはり序盤から随時効果のある建物(青い建物)はゲームを通しての働きが大きい
また、それらの数に応じた得点の建物も地味に強かった

IMG_4023.jpg

2ゲーム目は私24点、カニ23.5点、ジラ氏23.5点、キタムさん22.5点で私の勝利
全員±1点以内のほぼ同点という大接戦でした、なんとか森を伐採しない戦略で逃げ切り

IMG_4029.jpg

3ゲーム目は私31点、ジラ氏22.5点、カニ20点、キタムさん12点で私の勝利
とりあえず粘土採掘鉱だらけ、ただそれだけが意外にも伸びました

このゲームはカード選択だけでなく、戦略が被らない特化型が割と強そうな印象でした
つまり、ひねくれ者の私向きのゲーム?かもしれない笑

・シティビルダー
IMG_4040.jpg

2013年に高IQ団体によって選ばれるメンサ賞に輝いたゲーム
世界最大のボードゲーム評価サイトBGGで評価者1万人を超えて平均評価8弱を有する化物
ちなみにBGGで現在約8万種類のゲーム登録がある中、1万人以上が評価するものは100種類程度

IMG_4047.jpg

やることは手番にお金を払って真ん中の建物から買えるものを買って自分の街に繋げるだけ
ルールは非常に少ないが、タイル同士の関連性によって起こる処理が大変
これはコンピュータでやる方がいいのでは?という意見も出たほど…確かにそうかもしれない
と言ってものこの複雑なパターンは慣れれば色々試したくなりそう

IMG_4055.jpg

1ゲーム目は私119点、カニ86点、ジラ氏86点、キタムさん57点で私の勝利
とりあえず序盤で得点を稼ぎ後半は毎ターン借金状態でしたがギリギリ持ちこたえました
2ゲーム目はジラ氏103点、私80点、キタムさん74点、カニ72点でジラ氏の勝利

IMG_4057.jpg

後半はジラ氏が収入$20くらいをキープするという億万長者状態(もらえるのは$15ですが)
秘密の目的の「湖最小」も達成していたのも大きかった
2ゲーム目は皆割と投資マーカーを使ったりとテクニカルな街を作っていた印象

やることは単純ながらパターンはかなり複雑なゲーム
まあこれは間違わないようにしっかり処理を確認しながらやったらいいと思います
ゆっくりやってもシヴィライゼーションほど時間がかかることはないでしょう(笑)
余談ですが、このゲームで街タイルはボードの向こう側に回りこんでもいいそうです

・クゥワークル
IMG_4063.jpg

2011年のドイツゲーム大賞で1位に輝いたゲーム
6色6種類のタイルを並べて得点を稼いでいく
常に6枚のタイルを手元に保持し、手番に同じ色か同じ種類のタイルなら複数枚出せるというもの
繋がった列は同じ色か同じ種類でないといけないため、置ける場所が制限されるが、
手元が6色6種類になることはまずないので基本的には2つ以上は配置できると思われる

IMG_4064.jpg

結果は、私113点、キタムさん93点、カニ90点、ジラ氏75点で私の勝利
割と運もあるので重ゲー好きには物足りなさそうな感じでした
手軽にできるのでどちらかと言えばライトゲーマー向きかもしれませんね
とりあえず引き直すのは率が悪いような気がしますが実際のところどうなんでしょう?

地味なデザインが多いパズルゲームの中で、見た目が割とオシャレなので個人的には割と好き
というか私はパズル系のゲームをほとんど持ってないことに改めて気付きました
このゲーム、けっこう高額な割に得点表が同梱されてないという、ブロックが高いのでしょうか?
(ちなみに上の写真はBGGにUPされていたものを印刷しました)

この日はインスト勝ち多し、ということで私の説明不足感ハンパない(笑)
上手くルール説明できるように日々精進してまいります、またやりましょう


関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
440位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
16位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-