FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP未分類 ≫ スチームパンクラリー プレイ記1

スチームパンクラリー プレイ記1

私、Koma氏、Kawa氏、ニュクスでスチームパンクラリーをプレイ
初プレイだが、何やら未だかつてない熱いレースゲームの予感

P1140889.jpg

まず第一印象に箱絵のおっさんがいい笑顔過ぎて笑ったw

P1140954_2016033000210962a.jpg

今回使うコースを作り、ダイス、歯車、マシンカードをセットアップ
コースは組み合わせを変えて構成が変わる他、裏面にも別のコースがある

P1140955.jpg

そして16人いる歴史的発明家の中から1人を選びゲームスタート
私は熱と電気のハイブリッドは伊達じゃない、アレクサンダー・グラハム・ベル

P1140951.jpg

コースは短いようで長い、進めば1~3のダメージを受けるマスがいたるところにあり、
受けたダメージに等しい数だけマシンパーツが破壊されてしまう
各ラウンドにはカードドラフトでマシンパーツを手に入れたり、ダイスを得たりするが、
ドラフトは4枚なので1ラウンドに最大でも4つのマシンパーツしか増えないと言えば、
このダメージの恐ろしさがわかるだろうか

P1140967.jpg

しかし、カードをマシンパーツにばかりしているとダイスが手に入らない
このゲームはダイスを振ってマシンパーツに配置しないと進むことができないのだ
ドラフト中、マシンパーツにせず捨てることでカード右上に描かれたダイス等を得ることができる
そして得たダイスを振ってマシンパーツに置けば走ることができるという仕組みである
例えば右下のカードは赤色(熱)のダイス置き場が4つあり、
その時に置いたダイスの合計を3で割った数(切り捨て)だけ進むことができる

P1140961.jpg

マシンパーツに置いたダイスは基本的に歯車を使わないと取り除けないが、
マシンパーツの効果やブーストカードを使うことで取り除くこともできる
私はダイスを取り除くだけでなく、通ったプレイヤーに2ダメージを与える障害物化するという、
鬼畜ブーストカードを使い後続を断つ、勝負あったか

P1140963.jpg

皆がこのラウンドの進行を見送る中、強行突破を仕掛けるKoma氏
修繕のエキスパート、サキチ・トヨダの自己回復効果に加え、
ダメージ回復のブーストカードを使いエンジン全開、しかしそれでも5ダメージ…死ぬぞ

P1140970.jpg

と思いきや、丁度コックピットを除く5枚のマシンパーツ破壊で耐え忍び、
(コックピットが破壊される場合は代わりに最下位になる)
3枚以上マシンパーツが破壊された時にしか使えないブーストカードで更なる追加移動
このブーストカードの緊急脱出感が半端ない、ドロンボーかw

P1140975.jpg

あっと言う間に私のマスまで追いついたKoma氏
しかし、もうKoma氏のマシンパーツは0、持ち直すまで時間がかかるはず

P1140971.jpg

と思いきや、対戦相手全員にダメージを与えるという凶悪ブーストカードでKoma氏がダメ押し
しかも、先頭を走っているプレイヤー程効果大ということでよりによって私だけ3ダメージ
そろそろお気付きかもしれませんが、このレースは何でもアリなのですw

P1140966.jpg

そして、私とKoma氏がトップを並走する中、Kawa氏が動く
熱、蒸気、電気のオールマイティ、物理の父アルベルト・アインシュタイン
ラウンドのダメージチェックは全員の移動の後というルールを利用し、
マシン全壊のダメージ覚悟で限界を超えて前へ
そう、コックピットが壊れる程のダメージを受けた場合、
最下位でなければ自分を除く最下位のプレイヤーの1つ後ろのマスに移動する
確かに他人がそれなりに進む前提であればこの方が差が縮まる可能性は高い
まだ最終ラウンドでないことを見越した奇策、吉と出るか凶と出るか

P1140979.jpg

そして、ラストスパートのためにマシンを丹念に整備してきたニュクス
電気の申し子、二コラ・テスラのコックピットを軸にシナジー効果を考えたマシンパーツ構成
運命の最終ラウンドのダイスロール、6出過ぎw

P1140978.jpg

結果、ニュクス1位、私2位、Koma氏3位、Kawa氏4位でニュクスの勝利
最後まさかの私とニュクスが同着、同着の場合はマシンパーツの多い方の勝ちらしい
歯車でダイス目を変えられるとはいえ、ダイス目があまりに低ければ沈んでいたと思われるが、
逆転の目を残していたニュクスは流石、レースで私がピッタリつけられることはよくあることw
くっ、あの時のKoma氏の破壊光線がなければ…

なんだかんだで全員ゴールラインは突破
Kawa氏とKoma氏はやはり一度マシンが全壊したのがけっこうキツかったか
でもブーストカードの使い所を見極めればかなり強いので、このくらいの差はひっくり返るかも
マシンパーツも組み合わせで相性がいいものもあるので、使い方で大分変わってきそうですね

なかなか大味なゲームですが、ドラフトの際に戦略立てたものが形になるのが面白い
初めてだと意外と時間がかかりそうですが、慣れれば大人数で何度も回せそうな感じ
また裏面の上級コースや他の発明家なども試してみたい
関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
440位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
16位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-