FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOPバトルライン ≫ バトルライン

バトルライン

バトルライン〈Battle Line〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.5
Battle_Line.jpg

プレイ人数:2人
プレイ時間:30分
対象年齢 :12歳以上
作者   :ライナー・クニツィア〈Reiner Knizia〉
ルール量 :並
プレイ感 :普通
箱・タイプ:中
備考


古代の戦争をモチーフとしたカードゲーム

6色、1~10の数字カード各1枚ずつの計60枚を山札とし、
各プレイヤー7枚のカードを引いてゲームスタート
場には9つのフラッグ(駒)が置かれており、カードを使ってこれを取り合う

手番が来たら手持ちのカードから好きな1枚を1つのフラッグの前に表向きで置く
そして山札から1枚のカードを引いて手番終了、これを交互に繰り返すだけ

制約としては1つのフラッグに対して各自3枚までしかカードを置けない
そしてお互いが3枚のカードを前に並べたフラッグはより強い方が獲得する
強い方とは3枚の組み合わせで以下の順に決まる(①が最強)

①ウェッジ(ストレートフラッシュ):すべて同じ色で連番
②ファランクス(スリーカード):すべて同じ数字
③バタリオン(フラッシュ):すべて同じ色
④スカーミッシャー(ストレート):すべての数字が連番
⑤ホスト:①~④のどれにも当てはまらない

同じ強さの場合は単に3枚の数字合計が大きいプレイヤーがフラッグを獲得する
こうしてどちらかが5つのフラッグもしくは隣合わせの3つのフラッグを獲得すれば勝利する

このゲームの面白いところは1つのフラッグの前に3枚目のカードを置いた時、
相手が3枚のカードを置いていなくてもフラッグを取れることがあるということ

場に出ているカードから、もう相手が何を置いても自分の方が強い、
ということさえ証明できればフラッグを獲得することができる
ただし、自分の手持ちのカードは証明に使えない(非公開情報の)ため、
証明のためにどこかのフラッグの前にカードを出すなど様々な戦略が生まれる

また、山札からカードを引く時、数字カードではなく戦術カードという
特殊なカードを引くことができるルールもあり実に奥が深い

ポーカーのようなシンプルなルールでありながら、
どこに何を置くかという相手との駆け引きだけで非常に考えさせられるゲーム
手軽に2人で盛り上がれる不屈の名作です
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
440位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
16位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-