FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOPアイスクール ≫ アイスクール

アイスクール

アイスクール〈Ice Cool〉 ☆☆☆☆☆☆☆★★★ 7.0
ICE COOL

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:30分
対象年齢 :6歳以上
作者   :〈Brian Gomez〉
ルール量 :少
プレイ感 :軽
箱・タイプ:大(長い長方形)
備考   :2017年ドイツゲーム大賞 キッズゲーム大賞1位


ダルマ型の駒を弾いてコースを進めるアクションゲーム

プレイヤーが使用するのは1人1つのダルマ型ペンギン駒
これを壁で囲まれた5つの部屋内で動かし目的の達成を目指す
1人が捕まえ役、それ以外が逃げ役となり、役割によって目的は違う

動かし方はおはじきのように指で弾くだけだが、
駒がダルマ式のためペンギン駒は倒れることなくカーブしたりジャンプしたり、
弾き方によって様々な動きを見せることができる

部屋と部屋の間にはペンギン駒がギリギリ通る高さの開いたドアで繋がっており、
逃げ役の目的は3つのドアを通ることで、捕まえ役の目的は他のペンギン駒に当てること

順番に1回ずつペンギン駒を弾いていき、
逃げ役はドアを通過すれば得点カードを獲得し、
捕まえ役は他のペンギンに当てることで得点を獲得することができる

いずれかの逃げ役が3つのドアを通過するか、
捕まえ役が他のペンギン全員に当てればラウンド終了で、
捕まえ役を変えて新しいラウンドを行い、全員が捕まえ役をやればゲーム終了

目的はシンプルながら、ペンギン駒を真っ直ぐ飛ばすのが意外と難しい
しかし、そうした弾くのをミスしたりスカしたりするのも面白さの1つ
上手く弾ければ綺麗な曲線の軌道を描いたり、壁を横断するジャンプもでき、
あり得ないような失敗こそ笑いを生み、鮮やかな軌道を描けば歓喜を生む
そんな勝ち負けよりも内容を楽しめる作品

また、ゲームの箱自体がコースの一部になるというのも驚きの要素の1つ
不思議な駒の動きについつい惹きつけられるパーティゲームです



スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
15位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-