FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ ◆紹介記事◆◆◆◆◆◆
CATEGORY ≫ ◆紹介記事◆◆◆◆◆◆

注目ゲーム 呟き3 ダークダーカーダーケスト

なんとなく気になったゲームについての呟き
去年発売されたホラー系ボードゲーム(国内は未発売)

ダーク・ダーカー・ダーケスト
ddd_a.jpg

ddd_b.jpg

ゾンビと炎が押し寄せる中、ゾンビ化するウイルスの特効薬を探すべく、
モーティマー博士の屋敷を探索する協力ゲーム

薬のある部屋へ行くためには、鍵となるコードを集めなければならず、
ゲームを始める前に「dark」「darker」「darkest」の3段階の難易度を選べる

キャラクターを担当し、決められた数のアクションを行うが、
負傷すればするほどアクション回数が減る
また、経験を積めばスキルを身に付けることができるシステム

そして、ゾンビとは別に最後に待ち受けるネメシス
果たして人間に未来はあるのか…


雰囲気満点のゾンビゲー、なんというバイオハザード(笑)
注目すべきは味のあるゲームデザインだけでなく、
作者があのパニックステーションのDavid Ausloosだということ

個人的にはパニックステーションの斬新なシステムがかなり面白かったため、
今回も協力ゲームとは言え、どうしても期待してしまう

とりあえず独Amazonにて購入したものの、
まだルール翻訳中なので、翻訳終わったらプレイしたい
あまり語学力がないので、いつになるだろうか…

購入ゲーム 紹介8 オペラ、ダークダーカーダーケスト

最近購入したゲームの紹介
ドイツAmazonで購入して6日後に到着、なんという早さ

・オペラ
Opera.jpg

オペラハウスを建設し、上演して収入を得るゲーム
モーツァルト、ベートヴェン、ワーグナーなど様々な作曲家の曲を披露し、
その時々によって変化する作曲家の名声に応じて得点していく
2~4人プレイで120分と割と重いゲームの印象
知名度が低いので、面白いかどうかはわからないが、
優雅なボードゲームに相応しいテーマで前々から気になっていた

・ダークダーカーダーケスト
Dark Darker Darkest

2~5人プレイでこちらも120分となかなか歯ごたえのありそうなゲーム
ゾンビ化するウイルスにより荒廃した世界を救うべく、
特効薬があるモーティマー博士の家を探索する協力ゲーム
押し寄せる火、ゾンビ、ネメシスを退けながら最後の希望を探す
パニックステーションの作者だけあって、独特のシステム満載
死んで敵側になることはないが、(ゾンビは置かれるけど笑)
死亡しても得た物を全て失うだけで、脱落することはない模様
協力ゲームはブログも書きやすいので、そのうちやりたい

購入ゲーム 紹介9 おかしな遺言、メイデイ!メイデイ!

最近購入したゲームの紹介

・おかしな遺言
Last Will

ボードゲームといえば、資金を効率よく回せるかが問われるものも多い
しかし、このゲームはいかにお金を散財し贅沢の限りを尽くせるかを競う
祖父の遺言により、最もお金を浪費した者に資産が相続されるらしい
ボードゲームの中とはいえ、これは優雅な生活が始まりそうな予感
2~5人プレイで約60分と軽すぎず重すぎず、プレイ時間もちょうどよい

・メイデイ!メイデイ!
Mayday Mayday

機長が倒れた航空機の中で、乗組員の中に潜む裏切り者を探すゲーム
最初に全員が目をつぶり、裏切り者だけが目を開ける人狼系の王道パターン
さあ、無事裏切り者を含めずコックピットに入るメンバーを選べるか
脱落者なし、プレイ時間25分の短期決戦、疑心暗鬼要素満載
5~8人プレイ、遥か上空が舞台の人狼ゲーム

注目ゲーム 呟き4 タシュ=カラール

最近、日本語版が発売されたボードゲーム、タシュ=カラール
販売元はホビージャパン「タシュ=カラール:伝説の闘技場

Tash-Kalar.jpg

なんでもマジックザギャザリングのようなボードゲームだとか
土地を出して、クリーチャーを召喚するのではなく、
マス目のあるボードにカラライト石を配置して、
その配列によってクリーチャーを召喚するらしい

もちろんボードゲームなので4人まで対戦可能とのこと
トレーディングカードゲーム好きなボードゲーマーにはお薦めかもしれない

動画もあったのでリンクしておく

購入ゲーム 紹介10 七王国の玉座

最近買った…わけではないが、
随分前に買って眠らせていたゲームを紹介

・七王国の玉座(A Game of Thrones)
A Game of Thrones

ファンタジー小説『氷と炎の歌』を元にしたボードゲーム
ウェルタロス大陸を舞台に鉄の玉座を巡って王位争奪戦を繰り広げる
プレイヤーは1つの一族を担当し、領土の拡大を図る
ユニットを生産し広大なマップを支配していく陣取りゲーム風だが、
各ユニットの行動は指示トークンを配置して全員同時オープンする形式
カード選択の駆け引きによって一筋縄ではいかない戦闘も見物
3~6人までプレイ可能でプレイ時間3時間の大作
BGGでの平均評価8弱とまさにゲーマー向きの本格ボードゲーム

紹介動画があったのでリンク

ラロ・リーフプレート

ラロ リーフプレートS
リーフプレート
ボードゲームお役立ちアイテムの紹介
タイルやマーカー等を分けたりするのに地味に重宝する小皿
この間Franc francに行ったら丁度いい物が売っていたので紹介

「ラロ リーフプレート」です

ボードゲーム用小皿として色々なものが売られていますが、
やはり木製の方がボードゲームのコンポーネントには合います

また楕円という丁度いい大きさと深さがあるのでダイスカップにも使えたり
長くボードゲームライフを楽しむなら買ってみてはいかがでしょうか?

リーフプレート2  リーフプレート3

購入ゲーム 紹介11

最近購入したゲームの紹介

・プラエトル
P1060201.jpg

ローマの技術者となって建造物を造り名声を高めるゲーム
労働者を場のタイルに配置してアクションを行うワーカープレイスメント方式
サイコロで表される労働者は時間経過とともにその数字が大きくなり、
アクションで得られる恩恵も増えていく…が、最大(6)まで成長した後、引退する
また場のタイルはプレイヤーの意思によって構成されていくが、
正方形で成るタイルは、置く向きによっても得点が変わるため考える要素も多い
2~5人プレイ可能、まだ未プレイだが重厚系のボードゲームと予想、期待大

積みゲー 紹介1

積ゲー、それは買ったけどやる機会がなくて眠ってしまったゲームのこと
買うペースが早すぎてやる機会がなくて最近積ゲーが増えてきたので、
自分のメモも兼ねて未プレイゲームを集計してみる

①悪魔城への馬車〈The Castle of the Devil〉 →追記:プレイ済
The Castle of the Devil

正体隠遁系チーム戦、仲間を推理し勝利条件を揃えよう
4~10人プレイ

②狼の血〈Blood of the Werewolf〉 →追記:プレイ済
Blood of the Werewolf

自分の陣営がわからないまま進む人狼系ゲーム
4~9人プレイ

③オペラ〈Opera〉
Opera.jpg

オペラを上演して収入を増やすボードゲーム
2~4人プレイ

④ヴァルドラ〈Valdora〉
Valdora.jpg

お弁当を持って宝石集めに出かけるボードゲーム
3~5人プレイ

⑤ヴィニョス〈Vinhos〉
Vinhos.jpg

ワインを生産して品評会に出品するボードゲーム
2~4人プレイ

⑥キーフラワー〈Keyflower〉 →追記:プレイ済
Keyflower.jpg

労働者を使って土地を発展させる競りゲーム
2~6人プレイ

⑦キャメロットを覆う影〈Shadows Over Camelot〉
Shadows Over Camelot

様々なクエストに挑戦し、キャメロット城の危機を救う協力ゲーム
5~7人プレイ(1人裏切り者が潜んでいる可能性あり)

⑧ダークダーカーダーケスト〈Dark Darker Darkest〉 →プレイ済
Dark Darker Darkest

感染ウイルスにより人々がゾンビと化した世界を救うべく特効薬を探す協力ゲーム
2~5人プレイ(脱落・裏切りなし)

⑨ツォルキン:マヤ神聖歴〈Tzolkin The Mayan Calendar〉 →追記:プレイ済
Tzolkin The Mayan Calendar

歯車によって場の状況が変化するワーカープレイスメント
2~4人プレイ

⑩トーレス〈Torres〉
Torres.jpg

お城を自由に築いていくアブストラクトゲーム
2~4人プレイ

⑪パスティーシュ〈Pastiche〉
Pastiche.jpg

絵具を集めて、より価値の高い絵画を模写するゲーム
2~4人プレイ

⑫果てしなき世界〈World Without End〉 →追記:プレイ済
World Without End

ケン・フォレットによる同盟小説のボードゲーム化
2~4人プレイ

⑬パトリツィア〈Patrician〉 →追記:プレイ済
Patrician.jpg

自分の地位を示すべく、貴族の塔を建てていくボードゲーム
2~5人プレイ

⑭バン!〈Bang!〉 →追記:プレイ済
Bang!.jpg

正体隠遁系、保安官とアウトローの銃撃戦
4~7人プレイ

⑮ハンザテウトニカ〈Hansa Teutonica〉 →追記:プレイ済
Hansa Teutonica

商人となって交易を広げていくゲーム
2~5人プレイ


とりあえずボードゲームはプレイしてから次を買いましょう(笑)
未プレイというだけで世間的に評価の高いゲームも多いので、
機会があれば誰かやりましょう

積みゲー 紹介2

新たに増えた積みゲーを紹介

①チケットトゥライド →追記:プレイ済
Ticket to Ride

カラフルな乗車券を駆使して様々なルートを旅するゲーム
2~5人プレイ

②ウォールストリートパニック
Panic_on_wall_street.jpg

経営者と投資家に分かれ、それぞれの中で最もお金持ちを目指すゲーム
3~11人プレイ

③アルケミスト →追記:プレイ済
Alchemist.jpg

錬金術師となって様々な材料を混ぜ合わせて薬品を作るゲーム
2~5人プレイ

④おかしな遺言 拡張
Last_will_getting_sacked.jpg

祖父の遺産を継ぐために、何故か破産を目指すゲームの拡張版
2~5人プレイ、今度の遺言は会社をクビにならなければならない

⑤陰謀の聖堂騎士
Templar Intrigue

修道士陣営と騎士団陣営に分かれて推理する人狼系ゲーム、脱落者なし
7~10人プレイ、修道士を装う騎士団1人と騎士団を装う修道士2人に疑心暗鬼必至

⑥テレストレーション →追記:プレイ済
Telestrations_20140828233512205.jpg

変わった伝言ゲーム、言葉→絵→言葉→絵と交互に表現し最後の人まで伝える
4~8人プレイ

⑦ストーンエイジ「文明への第一歩」 →追記:プレイ済
Stone Age Style is the Goal

大量ダイスのワーカープレイスメントの拡張版、資源に装飾品が追加され物々交換が可能に
最大人数も増えて2~5人プレイ

⑧アルカトラズ「厳重警備」
Alcatraz MS

全員で協力して脱獄を試みるが最後には1人取り残される鬼畜ゲームの第2弾
最大人数も増えて3~5人プレイ、「生贄」に加え新たな「間抜け」の存在がどう転ぶか

最近わかったことはゲームを消化するより増える方が速いということ
とりあえず鉄板の名作もいくつか含んでいるので誰かやりましょう

購入ゲーム 紹介12 アクアスフィア

予約していたボードゲームが早速届きました

アクアスフィア
AquaSphere_i1.jpg

2014年のスカウトアクションというドイツの新作人気投票で1位を獲得した期待の新星
ペガサス・シュピーレから発売されたこのゲームの作者はあのシュテファン・フェルト

フェルトと言えばブルゴーニュトラヤヌスノートルダム倉庫の街など思考ゲーム作りの鬼才
ペガサス・シュピーレと言えばイスタンブール村の人生ロココの仕立屋などでおなじみ
スカウトアクションで過去の1位にはロシアンレールロードキーフラワー世界の七不思議など

これらのゲームは私が過去に数少ない満点級の評価を付けたゲームばかり
となればこの作品もきっと面白くないはずがない

AquaSphere_i2.jpg

科学者となって深海のクリスタルを集めるべく、探索ロボットを効率よく働かせる
駒を配置してアクションを行うワーカープレイスメントを元に、
事前にプログラムを組み込みアクションを行う新感覚システム
他人がどのプログラムを組み込んでいるかで、ある程度次の行動を予想できる
ラウンドは全員がパスするまで終わらないテラミスティカ方式
作りこまれたアートワークに引き込まれること間違いなし

2~4人プレイ可能でプレイ時間60~100分の重厚系ゲーム
2015年を熱くするのは果たしてこのゲームか…楽しみです

プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:12年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
12/14(土)13:00~20:00
1/11(土)13:00~20:00

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
368位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
18位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-