FC2ブログ

優雅なボードゲーム生活

ボードゲーム、カードゲーム中心の日記、紹介、レビュー等
TOP ≫ CATEGORY ≫ ◆イベント◆◆◆◆◆
CATEGORY ≫ ◆イベント◆◆◆◆◆

ゲーム会 感想16 ブルゴーニュ、他

私、ゲン、カピバラの3人でゲーム会
I氏も来るはずだったが病欠、季節の変わり目には気をつけて…

・ワードバスケット
word0.jpg

カピバラ持参の激闘のしりとりゲーム
このゲーム、もう手札を見た瞬間から勝負は始まっているのだ
語彙力の低い私にできるのは、自分の手札で完結するコンボで全て繋げること
しかし、途中で邪魔が入るためそう上手くはいかない
なんだかんだで3人がちょうど1勝ずつして終わりました(笑)

・ラブレター
lov1.jpg

髑髏と薔薇クーに並ぶ安定のブラフゲーム
ラブレターを色んな人物を通して姫に届けてもらう
命懸けの展開に爆笑必死、これは本当に良い作品

・ブルゴーニュ
bur0.jpg

自分の庭を建物や家畜などで埋めていくゲーム
ダイスゲーで運に左右されるかと思いきや、出目を変える効果で計画性高し
面白いとは聞いていたが、ボードの色の薄さに長いこと敬遠していた
私は今回2回目のプレイとなるが、やはり満点級に面白い
途中、私とゲンが「振るぞー!」とか「いくぞー!」とか気合い入りまくりだった(笑)
今までやらなかったのを後悔、内容はプレイ記にて

ゲーム会 感想17 倉庫の街、他

私、Ab氏、Koma氏、Kawa氏、Mori氏、Haya氏の6人でゲーム会
以下、プレイしたゲーム

・アベ・カエサル
P1020807.jpg

ローマの戦車競走をモチーフにしたレースゲーム
私の知りうる中で最速で盛り上がる、まさに鉄板
皆の妨害行為(?)を喰らいまくり私が苦汁を強いられることに
とりあえず簡単にプレイ記書きます

・倉庫の街
P1020814.jpg

重要と供給をテーマにしたボードゲーム
5人までできる作品にして、その完成度・バランスは絶品
さすがはブルゴーニュの作者、フェルド氏の作品だけはある
途中、消防隊を巡り長蛇の列が…
こちらもプレイ記書きます

・ディクシット
P1020889.jpg

発想力と想像力のボードゲーム
笑いあり、驚きありの新鮮な体験にはまること間違いなし
今回はディクシット2も加え、より新しい空間へ
内容はプレイ記にて

・花火
P1020923.jpg

2013年を代表する協力ゲーム
勝敗がないのに必ず真剣になってしまう不思議なゲーム

1ゲーム目はいきなり白の花火が誤爆により消沈し18点
気を取り直して2ゲーム目は順調なチームワークを見せ、
21点、5人で20点越えはなかなかじゃないだろうか

・レジスタンス・アヴァロン
P1020934.jpg

脱落者なしの人狼ゲーム
全ての真実を知るも正体を知られてはならないマーリンの存在が絶妙
改良された疑心暗鬼バトルに白熱
こちらもプレイ記書きます


今回は珍しく5人以上が集まりゲームの選択肢が増えた
人を集めるのは大変だが未開封の多人数ゲームも多いため、
また少しずつ消化していきたい

ゲーム会 感想18 シヴィライゼーション、他

私、カニ、ゲン、ジラ氏の4人でゲーム会
以下、プレイしたゲーム

ブルゴーニュ
P1020944.jpg

私、カニ、ゲンの3人プレイ

序盤から相変わらずの鉱山狙いのゲン
私は大好きな知識タイルを集めるも活かすことができず
カニは初プレイながら船コンプ&家畜コンプで大量得点

結果はゲン194点、カニ177点、私176点でゲンの勝ち…私は最下位という

やはり鉱山強し、知識タイルは条件が揃えば強力だがなかなか難しい
そして、船で商品を綺麗に売りさばくことも大事である
つ、次こそは…(笑)

シヴィライゼーション
P1020969.jpg

私、カニ、ゲン、ジラ氏の4人プレイ

まだ1ゲーム3時間はかかるヘビーゲーム
元将棋部×3+ドクターが熱い猛攻を繰り広げる

プレイ記を書けたら書きます(笑)

ゲーム会 感想19 クー、他

私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人でゲーム会
今回は東京、大阪、京都、岡山、三重、滋賀と遠方メンバー

以下、プレイしたゲーム

花火
19_1.jpg

規則正しく花火を打ち上げる協力ゲーム
私、トモ、ニュクス、メシ、クマの5人プレイ
25点?楽勝だろ?…というおなじみのフラグをちらつかせながらスタート(笑)

相変わらず経験豊富なニュクスの読みは健在
途中、ノーヒント状態のクマが必死で回りにヒントを出しまくるサポート展開
まあそんなに重要なカード持ってなかったし…いや、いい仕事でした

19_2.jpg

なんだかんだで大きなミスもなく21点と高得点、これは好ゲーム

ゴキブリポーカー
19_3.jpg

害虫を他人に押しつけるブラフゲーム
私、トモ、ニュクス、メシ、クマの5人プレイ

1戦目はトモが害虫3種のトリプルリーチ状態になり、流石に耐えきれず
2戦目はかなり接戦だったが、
後半、メシの怒濤のようなラッシュを受けきれずクマが落とされる

それにしてもゴキブリ多すぎだろ(笑)

ブラフ
19_4.jpg

ダイスの出目数を予想するブラフゲーム
私、トモ、ニュクス、メシ、クマの5人プレイ

メシの星予想が絶妙だった、被害を最小限に抑える意味でも星予想は強いかも
途中、クマがダイス1個でかなりの健闘を見せたが、
センス溢れるニュクスが押し切り勝利、2連勝

アベ・カエサル
19_7.jpg

ローマの戦車競争をモチーフとしたレースゲーム
私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人プレイ
左回り赤コース、黄コース、右回り赤コース、黄コースと4ゲーム

トモの皇帝レーンでの牛歩戦術強し、はよ行けよ(笑)
しかし、止められたら止め返す「倍返しだ!」と、レーンの塞ぎ合いで混戦状態
ケントはゲーム毎に追い上げ型、独走型と堅実に戦略を試す
そして、案の定、勝利への算段を整えたケントが最終戦で勝利

1ゲーム目 1位ニュクス、2位トモ、3位クマ、4位メシ、5位ケント、6位私
2ゲーム目 1位メシ、2位クマ、3位トモ、4位ケント、5位私、6位ニュクス
3ゲーム目 1位ニュクス、2位私、3位トモ、4位メシ、5位ケント、6位クマ
4ゲーム目 1位ケント、2位ニュクス、3位私、4位メシ、5位トモ、6位クマ

クー
19_8.jpg

色んな人物になりすましてお金を稼ぎ、クーデターを起こすゲーム
私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人プレイ

序盤からみんな嘘つきすぎ、人のことは言えないが
ダメージ覚悟で指摘したダウトに摘発者続出だった(笑)

この手のゲームにおいてクマの誘導は半端ない(笑)
そして最後、3枚しかない山札が全部刺客というまさかの展開に爆笑
人数が増えると政治ゲーになりがちという話を聞いていたが、
6人でも全然面白かった、これは万能ゲーかもしれない

レジスタンス:アヴァロン
19_9.jpg

円卓の騎士の中に潜むモードレット側対アーサー王側の人狼系ゲーム
私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人プレイ

全てを知る者マーリンの存在により攻防は激化
こちらは書けたらまたプレイ記書きます

キャット&チョコレート:ビジネス編
19_10.jpg

社会におけるトラブルを役に立たないアイテムで切り抜けるゲーム
私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人プレイ

名古屋コーチン最弱説勃発、苦し紛れのいい訳にギリギリの判定多し
こちらも書けたらプレイ記にて

お邪魔者
19_11.jpg

金鉱堀対お邪魔者の疑心暗鬼ゲーム
私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人プレイ

トモがオシャレ堀りにより金鉱掘、お邪魔者双方からの要注意人物に
こちらも書けたらプレイ記で

ワンナイト人狼
19_12.jpg

少人数で遊べるようになった人狼ゲーム
私、トモ、ニュクス、ケント、メシ、クマの6人プレイ

人数が増えると情報量の少なさに難易度高し
しかし、ちょっとした言動が敗北につながることに
何故かクマとトモの疑われ率高し(私もか)、そして疑われないケント(笑)
1人狼で無言で回避できたゲームも多かったので、
人数が増えると寡黙は割と強いかもしれないと思った


今回は珍しく人が集まったので割と軽めのゲームを選んだが、
また機会があればカタン電力会社のような
多人数でもできる本格ボードゲームもやってみたい

ゲーム会 感想20 アベカエサル、他

私、キム、ヨーゾー、ワッキーの4人でゲーム会
以下、プレイしたゲーム

アベ・カエサル
P1030642.jpg

古代ローマの戦車競走をモチーフにしたゲーム
初の3~4人用コースでプレイ、青コース右回り、白コース右回り

人数が少なくなって渋滞も減るかと思いきや何のその、
1人用レーンが多く、いかに足止めするのかの駆け引きが熱かった

しかも、少し外周を回っただけで3周するのがギリギリとなる展開
これは下手したら6人プレイよりシビアかもしれない

1ゲーム目 1位ヨーゾー、2位私、3位ワッキー、4位キム(辿り着けず)
2ゲーム目 1位ヨーゾー、2位キム、3位私、4位ワッキー(辿り着けず)

モールオブホラー
P1030649.jpg

ホラーなテーマにはどこかロマンがある
さあ、ついにこの時がやってきた
走る戦慄、恐怖のゾンビゲーの始まりだ

人によって好みの傾向は異なるが必ずその人に合ったボドゲがある
このメンバーは割とゾンビゲーの食い付きがよい(笑)
これはもうプレイ記を書くしかない

ラブレター
P1030691.jpg

様々な人物を介し、姫に手紙を届けるゲーム
という名のサバイバルである(笑)

軽くて短時間の割になかなか盛り上がった
とりあえずヨーゾーの姫率は半端なかった(笑)

クー
P1030698.jpg

色んな人物に成り済まし、クーデターを起こすゲーム

やはり4人プレイは安定の面白さ
私は嘘をつき過ぎて序盤で脱落多し(笑)


今回はあまり時間もなかったので割と軽めのゲーム中心だった
しかし、やはりゾンビゲーの集中力は半端ない(笑)
これは次もゾンビゲーを用意しておこうと思った

ゲーム会 感想21 ロココの仕立て屋、他

私、カニ、ジラ氏の3人でゲーム会
以下、プレイしたゲーム

シヴィライゼーション
P1030247.jpg

様々な文明の指導者となり、発展を目指すゲーム
1戦目は私「ローマ」、カニ「アメリカ」、ジラ氏「ロシア」

P1030261.jpg

私は序盤から「ストーンヘンジ」を確保し芸術点を伸ばすも、
近隣のカニとの冷戦状態を保つため軍事力強化にも追われる

P1030263.jpg

カニもコインを貯め、経済的勝利も視野に入れるも、
孤立して着々と研究に勤しんだジラ氏の技術的勝利

P1030280.jpg

2戦目は私「アメリカ」、カニ「エジプト」、ジラ氏「中国」
私は偉人、銀行などでコインを集め経済的勝利を目指す
一度は10コインまで伸ばしたが、カニに都市を攻め落とされ経済力激減

P1030281.jpg

カニは文化的勝利まであと一歩だったが、
またしても後から来たジラ氏が芸術点でカニを追い抜き、文化的勝利

P1030287.jpg

3戦目は私「ローマ」、カニ「ドイツ」、ジラ氏「エジプト」
私はリベンジのローマ、今回は「ストーンヘンジ」に加え、
「空中庭園」「姫路城」までも確保し、盤石の防御体制に

P1030291.jpg

しかし、ジラ氏も「アポロ神殿」「自由の女神」を確保し、研究を加速

P1030294.jpg

そうはさせまいと、いち早く戦闘機の技術を会得したカニがジラ氏に仕掛けるも、
技術により戦力強化されたジラ氏を落としきれず

P1030300.jpg

ジラ氏が後一歩で技術的勝利となるところで、私の文化的勝利

ロココの仕立屋
P1030315.jpg

舞踏会の衣装の仕立屋となり、名声を上げるゲーム
期待の最新作、お手並み拝見である

デッキ構築型ということで、ドミニオンのようなゲームを想像したが、
やってみるとかなり違う印象だった
山札から好きなカードを持って来ることができる上、
他にも重要なアクションが多々あり、デッキ構築はシステムのほんの一部という感じ
あくまで、生地の材料調達や衣装作成でいかに効率よく進めるかがメイン
様々な得点要素あり、ルールも簡単、テーマもシステムに合っておりなかなかの良作
これは買って正解だった、またプレイ記書きます

髑髏と薔薇
P1030338.jpg

髑髏をめくらずに薔薇をめくるブラフゲーム
軽くて安定の盛り上がりを見せるこのゲーム
やはり何度やっても面白い


とりあえずロココの仕立屋が思っていたほど重くなく、
最初から楽しめるゲームでよかった
まあ最近やたらシヴィライゼーションをやっているせいで、
感覚が麻痺してしまっているのかもしれないが(笑)

ゲーム会 感想22 アーサー王、他

私、ゲン、カピバラの3人でゲーム会
以下、プレイしたゲーム

ロシアンレールロード
P1030388.jpg

労働者を効率よく働かせ、シベリア鉄道の発展を競うゲーム
ハンス社が誇る重量級の最新作ということで早速ドイツから輸入
得点が400点越えの争いになる割にプレイ感は意外と軽い印象
面白すぎてもはや何回プレイしたかわからない(笑)
一見、ボードからは想像もつかないほど戦略の幅広し
これは文句なしで面白い、またプレイ記書きます

クー
P1030454.jpg

色んな人物になりすましクーデターを起こすゲーム
やればやるほど深みが増しているような気がするこのゲーム
ルールの中で嘘をつくのは本当に面白い

さるやま
P1030517.jpg

同じ色に隣接するようカードを積み上げるゲーム
巨匠クニツィア作のペンギンパーティというゲームの日本版リメイク
手札のカードを置き切ることを目的とするが、
置ける場所の制限があるため色の潰し合いになること必至
他人の邪魔をする必要があるが、出す色の順番もよく考えなければならない
軽いゲームながら実によくできている
6人までプレイでき箱もコンパクト、とても重宝するゲームである

アーサー王
P1030519.jpg

円卓を回し、権力争いをするゲーム
私とゲンの2人プレイ

駒を動かし円卓に書かれた数字分得点するが、
どれをどう動かすのがいいのかがよくわからなかった
重いというよりかは、戦略が難しいという印象
徹夜で体力的に限界だったということもあるが、
戦略の指標が見えず、楽しみ方がわからないまま終わってしまった
一説によれば、拡張ルール(本体同梱)を採用すれば面白くなるようなので、
次にやる時は拡張込で(できれば4人くらいで)プレイしてみたい
暫定評価は様子見という感じ

とりあえず今回の収穫はなんといってもロシアンレールロードだろう
個人的にはロココの仕立屋と合わせて、最近の中では最高の当たり作品である
これらと比較してしまうと、同じくドイツから輸入したアーサー王は、
少し期待外れという印象にならざるを得ない
ともあれ、これもデザイン・システムともに特徴あるゲームなので大事にしていきたい

ゲーム会 感想23 ホビットの冒険、他

ゲーム会の感想、今回は入れ替わりも含め8人
私、Kawa氏、Haya氏、Mura氏、Koma氏、Mori氏、Misu氏、Mizu氏が参加
以下、プレイしたゲーム

カタン
P1030718.jpg

私、Kawa氏、Haya氏、Mura氏、Koma氏、Mori氏の6人プレイ
このゲームを通らずしてドイツゲームは語れない、1995年ドイツゲーム大賞の傑作
無人島を開拓し、領地の発展を競うゲーム

1戦目はHaya氏が圧倒的リードするも全員が歯止めをかけ、混戦へ突入
Koma氏の「独占」で足止めを食らうも、チャンカでポイントを引きMura氏の勝利
このゲームは最初に群を抜くと全力で阻止されるため、なかなか逃げ切るのは難しい

2戦目は街4軒のMori氏が逃げ切ると思いきや、家を建てる場所がなく後1点が伸びず
私もチャンカ戦略のラージェストアーミーとポイントで後1点まで詰め寄るも
最後はKawa氏とのロンゲストロード争いを制したMura氏が2連勝

花火
P1030740.jpg

私、Kawa氏、Mura氏、Koma氏の4人プレイ
2013年のドイツゲーム大賞受賞作、できるだけ多くの花火を打ち上げる協力ゲーム

序盤で私、Koma氏と続けて5の花火を捨ててしまうも、後半持ち直し22点
「これが~色じゃなくて、~の数字じゃなくて…」と皆の鋭い推理があって助かった
途中、若干リアクション等で察してしまうところもあったが、
やはり多少はリアクションないと面白くない、関西人だもの(笑)

カルカソンヌ
P1030747.jpg

私、Kawa氏、Mura氏、Kawa氏の4人プレイ
2001年ドイツゲーム大賞受賞作、前にやってまあまあ面白かったが、
ヘビーゲーム好きの私には合わないと思って封印してしまっていた
全員でタイルを繋げてマップを作っていき、城塞や道を完成させていくゲーム

序盤からKoma氏が巨大な城塞を建設しつつあったが、
1人勝ちさせるかと後から私、Kawa氏、Mura氏が入り込み結局プラマイゼロに
最後は教会を多く引いて点を稼いでいたKawa氏の勝利
今回、私以外は初プレイだったこともあり草原ルールを抜いてプレイしたため、
逆転要素が少し少なくなってしまったかもしれない、次は草原ありでやりたい

ホビットの冒険
P1030754.jpg

私、Kawa氏、Koma氏、Mura氏の4人プレイ
ロードオブザリングのモチーフにしたトリックテイキングゲーム
最近発売された5人迄プレイ可能な軽量ゲームということで早速プレイ
善側、悪側に分かれ、獲得したカードで敵側を攻撃したり味方を回復できる

全員でカードを出し合い大きい数字を出せば、出されたカードを獲得とルールは簡単だが、
各自、最初に配られたキャラクターによってカードを獲得した時の効果が違い
誰にカードを獲得させれば、自分側に有利になるのか考えるのが難しい
とりあえずわかったことは悪側は人数少ないけど強い、そして善側のトーリンは厄介

髑髏と薔薇
P1030773.jpg

私、Mura氏、Koma氏、Haya氏、Mori氏、Mizu氏、Misu氏の7人プレイ
2011年にフランスゲーム大賞を受賞した作品、赤箱を混ぜることで12人迄プレイ可能
ずっと眠っていた赤箱をついに解禁する日がこようとは

7人になると宣言できる数字が増え、数字の吊り上げが熱い
が、割と皆早めに仕掛ける傾向にあり7分の4とか5の勝負に
そんな中で薔薇をめくりきった時の達成感は凄い

とりあえずMura氏の髑髏率半端ない…私もか(笑)
Mori氏は慣れているだけあって髑髏を出すタイミングと仕掛けるタイミングが上手い
Haya氏とMisu氏は堅実、Koma氏とMizu氏は勝負に出るタイプ
何回もやってかなり白熱した、Mori氏、Haya氏、Mizu氏…あと誰が勝ったか忘れました

ストーンエイジ
P1030814.jpg

私、Mura氏の2人プレイ
2008年ドイツゲーム大賞、ドイツゲーム賞の両方にノミネートした作品
ダイスを多く使うタイプのワーカープレイスメント
家族を養いながら、資材を集め建物を建てたり技術を身に付けたりする

BGGでの高い評価だけあって、噂には聞いていたがこれは相当面白い
また詳細はプレイ記で書く…かもしれません

アグリコラ
P1030847.jpg

私、Mura氏の2人プレイ
2008年ドイツゲーム賞1位、そして私の中の個人評価ベスト1ゲーム
畑を耕したり、家を増築したり、家畜を飼ったりと自分の箱庭を豊かにするゲーム

ギリギリの食糧確保に追われながら自分のやりたいことをやるのは大変、でもそれが良い
こちらも書けたらプレイ記で


今回は来れなくなった人もいて最初4人集まるかどうかも不安だったけれど、
結果的に人が集まって本当によかった
こういうアナログゲームの世界があることを
1人でも多くの人に知ってもらえたらいいなぁと思う今日この頃

ゲーム会 感想24 カタン、他

久々のゲーム会

今日はゲンに加えてK澤さん、Rikaさんの2人が初参加
2人ともボードゲーム初心者とは思えない手筋でカタンを始め中々熱かった

以下、プレイしたゲーム

・どうぶつ将棋
P1030930.jpg

3×4マスの小さい将棋
予定より早く来られたので、私がご飯を食べている間にゲンとK澤さんでやってもらった
狭い空間の割に奥が深い…けっこう長期戦で白熱した模様

カタン
P1030936.jpg

王道ボードゲーム、詳細はリンクを参照
3ゲームやって、毎回K澤さんの道戦略が猛威を奮っていた
誰が勝ってもおかしくない接戦の中、1戦目Rikaさん、2・3戦目ゲンが勝利

P1030933.jpg

ゲンがアメリカで買ってきたおみやげ
美味しく頂きました

花火
P1030938.jpg

定番となった協力ゲーム
こちらも皆すぐ理解して盛り上がっていた
2回やって2回目で23点と高得点、素晴らしい

ブルゴーニュ
P1030941.jpg

ブルゴーニュの城下町を豊かにしていくゲーム
私も久々で上手く説明できず、さぐりさぐりのスタートとなってしまった
案外、途中から少しずつ理解してくれて後半はかなりサクサク進んでいた
最後はゲンが経験者の貫録を見せて勝利
ただ、一番最後にやるには少し重かったかもしれない

最近の海外ボードゲームは本当に完成度が高い
重いゲーム、軽いゲーム、様々なジャンルのゲーム
好みは分かれてもその人に合ったゲームが少なからずある
日本ではまだマイナーだがもっともっと普及してほしいと願う
私のようなオタクだけの世界で終わらせてしまってはもったいない(笑)

ゲーム会 感想25 トラヤヌス、他

私、カニ、ジラ氏の3人でのゲーム会の感想

この日は待ちに待ったアグトライゼーション会(勝手に命名)
その名の通り、軽いゲームを一切挟まず、
アグリコラ→トラヤヌス→シヴィライゼーションをひたすら回す会である

アグリコラ
P1030985.jpg

畑を耕し、家畜を育て、家を改築し、自分の農場を豊かにするゲーム
農場の展開が自由自在だが、理想の状態に持っていくのが非常に難しい
目標に向かって悪戦苦闘する、なんとも言えない面白さを秘めたゲームである

最近ようやくアグリコラの「コ」くらいまで行き着いた感じ、それくらい奥が深いゲーム
今回は前回(アグリコラ プレイ記1)にて、全勝を収めたジラ氏への挑戦状
またもやジラ氏の圧勝なるか?…内容はプレイ記にて

トラヤヌス
P1040080.jpg

ローマ帝国の行政を司り、軍事、建築、貿易、権力などを高めていくゲーム
マンカラと呼ばれる、狙ったアクションをなかなかさせてくれない悩ましいシステム

以前、この3人で初めてやった時はルールを間違えており、
1時間程かけてゲームが終わったと思ったら実はまだ四半期(4分の1)だったというオチが
あの時の4倍の規模、果たして読み切れるか…内容はプレイ記にて

シヴィライゼーション
P1040202.jpg

様々な文明を担当し、軍事、文化、技術、経済のいずれかの頂点へ導くゲーム
これも言うまでもなくヘビーゲームの1つ
初めてやった時はコンポーネント準備からルール解読含めて7時間かかった

実はまだ一度も勝利したことがないというカニに果たして栄光はあるのか
こちらも内容はプレイ記にて

・将棋
私とジラ氏で久々にガチ将棋
穴熊のジラ氏に藤井システムを食らわすいつも通りの優勢展開(笑)
が、粘りに粘られ私の一瞬の隙を見逃さず必死をかけられ敗北
やはり居玉は薄い…油断禁物である、ジラ氏の鋭い手には参りました

ルービックキューブ
ボードゲームではないが、カニが完成させられる人を探してるとのことで、
3×3のルービックキューブを持ち出してくる
私は5×5も完成させたことがあるので、これは容易い
しかし、そこに立ちはだかるジラ氏
私が6面完成させるとすぐに「ちょっとかして」と、ぐちゃぐちゃにしてしまう
完成→ぐちゃぐちゃ→完成→ぐちゃぐちゃ→完成…
恐るべしジラ氏、最後は完成したところでカニに預けました(笑)

今回は重量級のゲームばかりだったが、やはり重いゲームの方が達成感がある
とりあえずこの面子はもうヘビーゲームだけでよいと思った
後はコンポーネントの準備にも時間がかかるので何か簡略する方法を考えたい
プロフィール

キタ

Author:キタ
ボドゲ歴:13年くらい

ボードゲーム、カードゲーム、脱出ゲーム等、アナログゲーム中心に好き勝手書いているブログです
割と身内向けの記事が多いです

マイナーなジャンルですが、TVゲームより洗練された世界の傑作アナログゲームの面白さを伝えられたらと思います

重量級ゲーム、瞬発系ゲーム、人狼系ゲームが特に好きです

追記:
リンク等随時更新していきます

次の優雅なボードゲーム会
4/4(土)13:00~20:00→中止

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
281位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
11位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-